2011年9月26日月曜日

戦国出雲国人名辞典

----------------------------

【あ】

青木貞久【あおきさだひさ(15??~15??)】

三刀屋頼扶家臣。1569年、「三刀屋城の戦い」では、山中幸盛らが尼子勝久を擁立して出雲国に侵攻すると、三刀屋頼扶は尼子勝久勢に属した。青木貞久は毛利元就勢に属して戦功を挙げた。参考文献:『防長将星録』by河村真就。

赤穴久清【あかなひさきよ(1471~1553)】 

飯石郡赤穴瀬戸山城主。尼子経久家臣。赤穴幸清の男。官途は駿河守。通称善太郎。1515年、隠居して赤穴家の家督を継嗣の赤穴光清に譲った。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、毛利元就勢の熊谷直続を討取る戦功を挙げたが、継嗣の赤穴光清が討死した。赤穴光清の継嗣赤穴詮清と次男赤穴定清は大内義隆勢に属して、北九州で討死したため、孫の赤穴盛清に赤穴家を相続させ、後見役を務めた。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

赤穴光清【あかなみつきよ(1493~1542)】

赤穴久清の男。官途は備中守。通称九郎太郎。1515年、父赤穴久清の隠居により赤穴家の家督を相続した。1527年、大内義隆の家臣陶興房勢が江田侵攻すると、佐東銀山城の城番を務めた。1542年、「第一次月山富田城の戦い」で陶晴賢勢と戦いで討死した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

赤穴詮清【あかなあききよ(15??~1544)】

赤穴光清の男。1544年、大内義隆勢に属して北九州に参陣して討死した。

赤穴定清【あかなさだきよ(15??~1542)】

赤穴光清の次男。

赤穴盛清【あかなもりきよ(1528~1595)】

赤穴光清の男。官途は右京亮。通称満五郎。1542年、父赤穴光清の討死後、瀬戸山城を奪還したため、大内義隆に人質とされていた、兄赤穴詮清と赤穴定清が処刑されたため、三男赤穴盛清が赤穴家の家督を相続した。祖父赤穴久清の後見を受けて尼子晴久に属して山陰地方を転戦するが、劣勢を覆すことができなかった。1562年、「石見山吹城の戦い」で毛利元就勢の攻撃を受け本城常光が降伏すると、赤穴盛清も内応した。1578年、「播磨上月城の戦い」では、吉川元春勢に属して参陣した。赤穴盛清は継嗣に恵まれず、弟赤穴幸清が家督を相続した。

赤穴幸清【あかなよしきよ(15??~15??)】

赤穴光清の四男。兄赤穴盛清は嫡男に恵まれず、弟赤穴幸清が赤穴家の家督を相続した。1587年、山陰方面を担当する吉川広家勢に従って各地を転戦した。
吉川広家が兄吉川元長の病没により吉川家の家督を相続すると、益田元祥、熊谷元直、古志重信、湯家綱らとともに起請文に連署した。

赤穴元寄【あかなもとより(15??~15??)】

赤穴幸清の男。父赤穴幸清の病死にともない赤穴家の家督を相続した。1590年、毛利輝元から遺領の相続が認められた。1591年、毛利輝元から1,668石の知行を安堵された。1591年、「文禄の役」に参陣した。1600年、「関ヶ原の役」後、毛利輝元が防長に転封なるとそれに従った。

秋上孝重【あきあげたかしげ(15??~15??)】

尼子経久家臣。1523年、大庭大宮の神職を相続した。

秋上綱平【あきあげつなひら(15??~15??)】

尼子経久家臣。森山城主。通称三郎左衛門。備後国内で10,000石を領した。1523年、兄秋上孝重が大庭大宮の神職を相続したため、次男の秋上綱平が尼子経久に仕えた。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」後、尼子義久が毛利元就に降伏すると、継嗣の秋上久家とともにそれに従った。1569年、山中幸盛が尼子勝久を擁して挙兵するとこれに従い毛利元就勢と戦った。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

秋上孝重【あきあげたかしげ(15??~15??)】

秋上綱平の男。叔父の秋上孝重と同名。秋上孝重の大庭大宮の神職を相続した。

秋上久家【あきあげひさいえ(15??~15??)】

秋上綱平の次男。通称助次郎。別名秋上宗信。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、白鹿城に援軍に赴き毛利元就勢と戦った。1566年、尼子義久が毛利元就に降伏するとそれに従った。1569年、尼子勝久を擁して山中幸盛らとともに挙兵した。1570年、「布部山の戦い」では、横道正光とともに毛利元就勢と戦うが敗れた。1571年、「米子城の戦い」では、羽倉孫兵衛が討死したため、野村信濃守らとともに毛利元就に降伏した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

朝山利綱【あさやまとしつな(15??~15??)】

尼子経久家臣(朝山重綱の養子)。八束郡佐太城主。1523年、出雲大社の会祭礼を尼子経久に報告した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

朝山綱忠【あさやまつなただ(15??~15??)】

朝山利綱の男。官途は越前守。父朝山利綱の跡を継ぎ出雲太神社の宮司職を務めた。1520年、「海老山城の戦い」では、佐太神社神領を横領した新田右馬頭守を討取る戦功を挙げた。

朝山貞綱【あさやまさだつな(15??~1562)】

朝山綱忠の男。1553年、「美作高田城の戦い」では、浦上宗景勢と戦い戦功を挙げた。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、松田誠保を支援するため参陣するが毛利元就勢の補足され討死した。

朝山慶綱【あさやまよしつな(15??~15??)】

朝山綱忠家臣。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で朝山貞綱が討死したため、朝山慶綱が朝山惣領家の家督を相続した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

尼子経久【あまごつねひさ(1458~1541)】

能義郡月山富田城主。尼子清定の男。官途は伊予守。通称又四郎。室は吉川経基の娘。1478年、尼子家の家督を相続し出雲国守護代職を務めた。1484年、社地押領等の罪により罷免されて追放処分を受けた。1486年、「月山富田城の戦い」では、守護代職の塩冶掃部介を討取り月山富田城を奪回した。1488年、三沢為忠、赤穴久清、三刀屋頼扶らの出雲国人衆を帰属させた。1524年、「大永の五月崩れ」では、伯耆国に侵攻して倉吉打吹城主山名澄之、羽衣石城主南条宗勝らを駆逐して次男の尼子国久を羽衣石城主にを任じた。1518年、「磨石城の戦い」では、桜井宗的勢と戦いで継嗣の尼子政久が討死した。1532年、「佐陀城の戦い」で謀叛を起こした塩冶興久を討取った。1537年、孫の尼子晴久に尼子家の家督を譲り後見役を務めた。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

尼子久幸【あまごひさゆき(15??~1541)】

尼子清定の次男。官途は下野守。沈毅にして勇猛の名将。兄の尼子経久は継嗣尼子政久の討死後、尼子久幸に家督を譲ろうとしたがこれを固辞した。1540年、「第一次吉田郡山城の戦い」では、兄尼子経久とともに出兵に反対したが、新宮党を率いて参陣した。1541年、大内義隆勢の反撃を受け撤退戦で討死した。

尼子政久【あまごまさひさ(1488~1518)】

尼子経久の男。官途は民部少輔。通称又四郎。室は山名兵庫頭の娘。別名「花実相応の大将」。勇武に優れた武将。1518年、「磨石城の戦い」では、謀反を起こした桜井宗的を討伐するため出陣した。長陣に疲れる兵士を労わるため、夜陰に紛れて笛を奏でていたが、桜井宗的勢に射殺された。尼子国久は磨石城を強襲させて城兵を虐殺させた。

尼子国久【あまごくにひさ(1492~1554)】

尼子経久の次男。官途は紀伊守。通称孫四郎。新宮党の目頭。1524年、「羽衣石城の戦い」後、羽衣石城は尼子国久が守備した。1540年、「第一次吉田郡山城の戦い」に尼子国久が出撃した隙をついて南条宗勝は奪還に動いたが撃退した。1544年、備後国布野に侵攻して毛利元就勢の福原貞俊、児玉就忠を撃破した。1544年、美作国に侵攻して医王山城などを攻落した。1546年、「橋津川の戦い」では、嫡男尼子豊久を喪うものの山名澄之勢を撃破、武田常信を討取り、南条宗勝を追うなどの戦功を挙げた。尼子晴久とは意見の対立をさせた。1554年、謀叛の嫌疑を受け、尼子晴久の急襲を受けて枝連衆とともに謀殺された。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

尼子興久【あまごおきひさ(1497~1534)】

尼子経久の三男。官途は宮内大輔。通称彦四郎。勇武に優れ、父尼子経久とともに出雲各地を転戦した。出雲国塩冶に9,000石を領した。1534年、亀井秀綱を介して父尼子経久へ700貫の所領増加を申し出るが断られ、亀井秀綱及び尼子経久に対して謀叛を起こしたが敗北、備後国甲山城主山内直通を頼って落延びる途中で自刃した。

尼子晴久【あまごはるひさ(1514~1560)】

尼子政久の男。通称三郎四郎。官途は修理大夫。室は尼子国久の娘。1537年、「磨石城の戦い」で父尼子政久が討死したため、祖父尼子経久の後見を受け尼子家の家督を相続した。1537年、「播磨置塩城の戦い」では、赤松晴政を播磨三木城に追い落した。1539年、「播磨英賀城の戦い」で三木通明を降伏に追い込んだ。1541年、「吉田郡山城の戦い」では、大内義隆勢の反撃を受け、湯原宗綱、三沢為幸、尼子久幸らが討死して大敗した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、大内義隆勢を撃退して大内義房を討取る戦功を挙げた。1548年、隠岐国、出雲国、伯耆国、因幡国、美作国、備前国、備中国、備後国の八ヶ国の守護職に任ぜられた。1552年、毛利元就の諜略により、新宮党を滅ぼした。1556年、吉川元春は大内義長領であった銀山を略取した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1558年、「石見国忍原の戦い」で毛利元就勢を撃破し、石見銀山を奪還した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

尼子義久【あまごよしひさ(1541~1610)】

尼子晴久の男。官途は右衛門督。通称三郎四郎。1560年、父尼子晴久の病没を受けて尼子家の家督を相続した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で毛利元就勢の攻撃を受け白鹿城を失った。1563年、尼子倫久、尼子吉久とともに毛利元就へ降伏した。ここに尼子経久、尼子晴久と続いた尼子家は滅亡した。落城後は安芸国の円妙寺に幽閉された。1589年、尼子元知を養子に迎えた。1596年、剃髪して出家した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

尼子倫久【あまごともひさ(15??~1623)】

尼子晴久の男。通称九郎四郎。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、白鹿城の支援に赴きながら失敗した。塩谷口を守備して山中幸盛、立原久綱、秋上庵介、大西高由らを率いて吉川元春、熊谷信直らと戦った。尼子義久が降伏すると安芸国円妙寺に幽閉された。1577年、「播磨上月城の戦い」で尼子勝久、山中幸盛らが討死すると毛利輝元に仕えた。1600年、「関ヶ原の役」に毛利輝元に従って参陣した。

尼子秀久【あまごひでひさ(15??~1609)】

尼子晴久の三男。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、宇山久兼、佐世清宗らを率いて小早川隆景勢と戦った。1566年、尼子義久が降伏すると、安芸国に幽閉された。1589年、安芸国に居館を構え毛利輝元に仕えた。

尼子誠久【あまごさねひさ(15??~1554)】

尼子国久の男。官途は式部大輔。通称孫四郎。室は多賀宗隆の娘。新宮党を率いて山陰地方各地を転戦した。継嗣の尼子氏久と対立して家督を取り上げようとし、それに怒った尼子氏久が尼子晴久に讒言したのが新宮党誅戮の契機となった。1554年、尼子晴久による新宮党とともに謀殺された。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

尼子敬久【あまごたかひさ(15??~1554)】

尼子国久の次男。官途は左衛門太夫。新宮党。父尼子国久とともに山陰地方各地を転戦し、尼子経久の勢力拡大に貢献した。1554年、尼子晴久が尼子国久、兄尼子誠久を謀殺すると、居館で自刃した。

尼子豊久【あまごとよひさ(15??~1546)】

尼子国久の三男。官途は兵部太夫。新宮党。父尼子国久とともに山陰地方各地を転戦し、尼子経久の勢力拡大に貢献した。1546年、「橋津川の戦い」で山名澄之勢と戦い討死した。

尼子氏久【あまごうじひさ(15??~1554)】

尼子誠久の男。官途は刑部少輔。1554年、父尼子誠久により廃嫡を迫られた尼子氏久が尼子晴久に父の横暴を訴えたため起きた。

尼子吉久【あまごよしひさ(15??~1554)】

尼子誠久の次男。通称神四郎。1554年、父尼子誠久兄弟とともに尼子晴久により謀殺された。

尼子常久【あまごつねひさ(15??~1554)】

尼子誠久の三男。通称善四郎。1554年、父尼子誠久兄弟とともに尼子晴久により謀殺された。

尼子勝久【あまごかつひさ(1553~1578)】

尼子誠久の五男。通称の孫四郎。1554年、祖父尼子国久、父尼子誠久らが尼子晴久によって謀殺されると、小川重遠の手引きで吉田永源寺に落延び出家した。1568年、還俗して山中幸盛、立原久綱らとともに出雲国の奪還を図った。1570年、「布部山の戦い」で毛利元就勢と戦って敗れ、京都へ落延びた。1578年、「播磨上月城の戦い」では、織田信長勢の支援を受け上月城に入城したが、毛利輝元、宇喜多直家勢に包囲された。1578年、別所長治が謀反を起すと、羽柴秀吉勢が撤退したため、城兵の助命を条件として尼子勝久は弟尼子通久、神西元通とともに自刃した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

尼子通久【あまごみちひさ(15??~1578)】

尼子誠久の六男。1554年、新宮党の謀殺事件以後他国に落延びていたが、尼子勝久を旗頭とする尼子残党の決起に参陣した。1578年、「播磨上月城の戦い」で敗れると、毛利輝元の要求で尼子勝久、神西元通らとともに自刃した。

池田新三郎【いけだしんざぶろう(15??~15??)】

尼子晴久家臣。1554年、新年の挨拶のため富田城に登城しようとした尼子敬久を謀殺しようとしたが、尼子敬久の反撃により戦意を喪失した。

石原久右衛門尉【いしはらひさえもんのじょう(15??~15??)】

立原久綱家臣。1578年、毛利輝元によって立原久綱とその娘とともに安芸国で幽閉された。立原久綱は嵐の夜に船を奪い、織田信長のもとに落延びた。

牛尾幸清【うしおよしきよ(15??~15??)】

大原郡牛尾城主。尼子経久家臣。官途は遠江守。「尼子分限帳」では備前国内で100,000石を領した。1511年、「山城舟岡山の戦い」では、尼子経久に従って参陣した。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、窮地にあった安芸国武田信実の擁護に赴いた。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣した。小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。

牛尾久信【うしおひさのぶ(15??~1586)】

牛尾幸清の男。官途は信濃守。通称太郎左衛門。『尼子分限帳』では、伯耆国内に17,000石を領した。1560年、父牛尾幸清とともに本城常光への援軍に赴いた。1561年、福屋隆兼とともに石見福光城を攻撃したが失敗した。1562年、「白鹿城の戦い」で白鹿城主松田誠保の救援に赴いて毛利元就勢熊谷信直勢らと激闘したが負傷した。のち父牛尾幸清、弟牛尾弥二郎とともに毛利元就に降伏した。備前国宇留津城で討死した。。

牛尾幸信【うしおゆきのぶ(15??~1570)】

牛尾幸清の次男。官途は弾正忠。1570年、「布部山の戦い」では、尼子勝久勢に属して参陣したが敗退した。「牛尾城の戦い」では、妻子及び弟牛尾隣西堂、牛尾甚次郎らとともに毛利元就勢に抵抗したが力尽き自刀した。

牛尾久清【うしおひさきよ(15??~15??)】

鰐走城主。1561年、福屋隆兼の仲介役として、福原隆兼の次男二郎を尼子義久への人質とした。1562年、家臣山崎某は毛利勢の松山城攻めで討たれた。1563年、松田誠保とともに白鹿城に籠もる。援軍に来る予定だった毛利隆元が急死し、毛利元就は白鹿城攻めを弔い合戦とした。白鹿城落城により月山富田城に落延びた。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、兵糧が尽きたため降伏した。

馬田慶信【うまたよしのぶ(15??~15??)】

大原郡大東馬田城主。官途は尾張守。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1554年、元旦に行われた連歌会に列席して和歌を詠じた。

馬田慶篤【うまたよしあつ(15??~1570)】

大原郡童山城主。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受け降伏した。1562年、本城常光が謀殺されると再び尼子晴久に属した。1570年、「伯耆尾高城の戦い」では、尼子勝久に従い杉原盛重勢と戦い討死した。

宇山久秀【うやまひさひで(15??~15??)】

邑智郡宇山城主。官途は飛騨守。尼子家筆頭家老職を務めた。『尼子分限帳』では、石見国内で187,700石を領した。

宇山久兼【うやまひさかね(15??~1566)】

宇山久秀の男。官途は飛騨守。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣したが大内義隆勢の反撃を受け大敗した。1544年、「第一次備前高田城の戦い」では、三浦貞久勢の反撃を受け敗走した。1548年、「第二次備前高田城の戦い」では、三浦貞久が病没すると高田城を攻落とし城代を務めた。1553年、「美作高田城の戦い」では、浦上宗景勢の攻撃を受けるが撃退した。1559年、「第三次高田城の戦い」では、三浦貞勝勢の攻撃を受け落城した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、尼子倫久勢に属して亀井秀綱らと白鹿城を救援に赴くが敗退した。尼子義久の寵臣大塚与三右衛門讒言を受けて尼子義久に誅殺された。

宇山弥四郎【うやまよしろう(15??~1566)】

宇山久兼の男。1566年、毛利元就に内応したため、尼子義久に謀殺された。

宇山久信【うやまひさのぶ(15??~15??)】

宇山久兼の次男。1544年、「第一次備前高田城の戦い」に参陣して三浦貞久勢と戦った。1548年、「第二次備前高田城の戦い」では、三浦貞久が病没後、三浦貞勝勢を攻撃して降伏に追い込んだ。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1559年、「第三次高田城の戦い」では、三浦貞勝勢の反撃を受け落城した。1566年、尼子義久に父宇山久兼と兄宇山弥四郎が謀殺されため、毛利元就に降伏した。

大塚与三衛門【おおつかよさえもん(15??~15??)】

尼子義久家臣。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、宇山久兼が毛利元就勢に寝返ろうとしていると讒言して自刃に追い込んだ。城内は混乱状態となり大西高由に討取られた。

----------------------------

【か】

加藤政貞【かとうまささだ(15??~1578)】

尼子勝久家臣。加藤清久の男。通称彦四郎。『尼子分限帳』では、足軽大将を務め美作国内で5,217石を領した。1566年、尼子義久が毛利元就に降伏し加藤政貞も従った。1569年、尼子勝久勢が出雲国に兵を進めるとこれに参陣した。1570年、「布部山の戦い」では、尼子勝久勢の敗退後も尼子勝久に従って山陰地方を転戦した。1578年、「播磨上月城の戦い」で尼子勝久が毛利輝元勢に降伏すると、尼子勝久尼子通久、神西元通とともに自刃した。

亀井秀綱【かめいひでつな(15??~1566)】

尼子経久家臣。亀井安綱の男。官途は能登守。寺社奉行を務めた。1511年、「山城舟岡山の戦い」では、足利義稙勢に属した尼子経久に従って足利義澄勢と戦った。1523年、相合元綱を推して毛利元就の排斥を図った。1524年、平浜八幡に灌頂具を寄進した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、因幡竹内城で毛利元就勢の杉原盛重に謀殺された。

亀井茲矩【かめいこれのり(1557~1612)】

湯永綱の男(亀井秀綱の養子)。官途は武蔵守。通称新十郎。別名湯国綱。亀井秀綱の次女(時子)。継室は多胡重盛の娘。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で尼子義久が毛利元就勢に敗れると京都に落延びた。1568年、尼子勝久に仕えて山中幸盛勢に属した。1581年、「因幡鹿野城の戦い」では、吉川春元勢と戦った。1582年、「本能寺の変」後も鹿野城を守備した。1586年、「九州征伐」では宮部継潤勢に属して参陣した。1589年、因幡国鹿野城13,800石を領した。羽柴秀吉に「琉球征服」を進言した。海外貿易に進んで参加し、朱印船をのべ350艘も南方各地に送りこみ他を圧倒した。1595年、羽柴秀吉のもとで伯耆国日野山の銀山を経営、大井手用水の開発なども手がけた。また茶、桑の栽培など殖産興業にも力を入れて領内の繁栄を図った。1594年、伏見城普請を分担した。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して役後、因幡国高草郡内などで38,000石を領した。

亀井政矩【かめいまさのり(1590~1619)】

亀井茲矩の男。官途は豊前守。通称新十郎。室は松平康重の娘(休子)。1602年、松平元康に謁して松平秀忠の近習を務めた。1612年、父亀井茲矩の病死により亀井家の家督を相続した。1614年、「大坂冬の陣」では、兵1,700余りを率いて本多正信勢に属して両陣に参陣した。1617年、坂崎直盛が改易処分に処されると、石見国津和野三本松城43,000石を領した。京都伏見で落馬しその傷がもとで病没した。

亀井利綱【かめいとしつな(15??~1532)】

亀井安綱の次男。通称新次郎。尼子興久が父尼子経久と対立した後も尼子興久に付き従い、兄亀井秀綱と戦った。1532年、亀井利綱は盲戦とは知りつつも尼子興久勢に属して討死した。兄亀井秀綱は謀略に富んでいたが、純朴正直な弟に恥じて涙を流さなかった。

河副久盛【かわぞえひさもり(15??~1569)】

尼子経久家臣。英田郡林野城代。官途は美作守。吉川興経、大内義隆らの取次役を務めた。1530年、尼子経久と毛利元就の調停役を吉川経世に依頼した。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣したが大内義隆勢と戦い大敗した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、尼子晴久に従って大内義隆勢と戦い戦功を挙げた。1544年、「美作林野城の戦い」後、林野城の城代に任じられた。江見久盛と結び三星城主後藤勝国を降伏に追い込んだ。「第一次美作竹山城の戦い」では、新免宗貞を追い落とした。1555年、「第二次美作竹山城の戦い」では、新免宗貞勢を撃退した。1569年、目賀多幸宣、立原久綱、立原久綱、山中幸盛らとともに尼子勝久を擁立して出雲国に侵攻したが、まもなく病没した。

熊谷新右衛門【くまたにしんうえもん(15??~15??)】

永井新蔵の男。山中幸盛、立原久綱と並んで尼子三傑と呼ばれる剛勇。尼子経久に仕え出雲国熊谷郷を領した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、尼子義久に従って籠城した。1568年、尼子勝久、山中幸盛、立原久綱らが出雲国に兵を進めるとこれに従った。1578年、「播磨上月城の戦い」まで、尼子勝久とともに毛利輝元勢と戦った。

熊野久家【くまのひさいえ(15??~1562)】

八束郡熊野城主。尼子晴久家臣。別名「西阿」。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、毛利元就勢に降伏した。1562年、「三刀屋城の戦い」では、毛利元就勢に属した三刀屋久扶と戦い討死した。

熊野久忠【くまのひさただ(15??~15??)】

熊野久家の男。官途は兵庫介。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、毛利元就勢に内応したが、本城常光が謀殺されると尼子義久に帰参した。「熊野城の戦い」では、毛利元就勢の猛攻を撃退した。1569年、尼子勝久勢が出雲国に侵攻すると参陣し各地で転戦した。1570年、「布部山の戦い」に敗れ、熊野城に籠城した。ここでも再び毛利元就勢を悩ませたが、牛尾久信が拠る三笠牛尾城が落城すると、毛利元就の説得を受け容れて降伏した。

黒正甚兵衛【くろまさじんべい(15??~15??)】

尼子経久家臣。1541年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣した。大内義隆の家臣陶晴賢勢の反撃を受け敗走した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、赤穴光清とともに瀬戸山城を守り熊谷直続を討取る戦功を挙げた。陶晴賢勢の攻撃を受け赤穴光清が討死すると、瀬戸山城は降伏し捕縛された。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、三刀屋久扶、三沢為清、吉川興経との取次役を務めた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

河本隆任【こうもとたかとう(15??~15??)】

尼子経久家臣。通称弥兵衛。1540年、「吉田郡山の戦い」では、尼子晴久に従って参陣して大内義隆勢と戦った。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1560年、本城常光救援に参陣した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、尼子義久に従って月山富田城に籠城した。1565年、大塚与三右衛門の讒言を受けて毛利元就に降伏した。1569年、尼子勝久、山中幸盛らが出雲国に侵攻すると、毛利元就の家臣天野隆重が籠城する月山富田城を攻撃したが撃退された。晩年は伯耆国において大山の麓に隠棲した。

河本隆政【こうもとたかまさ(1521~15??)】

尼子久幸家臣。通称大八。1540年、「吉田郡山の戦い」では、尼子晴久に従って参陣したが、陶晴賢勢と戦って負傷した。以後月山富田城下の城安寺に住した。著書に『雲陽軍実記』。

古志吉信【こしよしのぶ(15??~15??)】

神門郡栗栖山城主。古志宗信の男。『尼子分限帳』では、出雲国内で4,372石を領した。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久の意向を受け、尼子国久勢に属して備後国大場城を攻落としたが、毛利元就勢の宍戸隆家らの反撃を受け撤退した。尼子晴久勢が大内義隆勢の反撃を受け大敗すると三沢為清、三刀屋久扶らとともに大内義隆勢に内応した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、大内義隆勢が敗退したため、三沢為清、三刀屋久扶らとともに尼子晴久勢に帰参した。1562年、「月山富田城の戦い」では、尼子義久に従って毛利元就勢と戦った。

古志豊信【こしとよのぶ(15??~15??)】

古志宗信の次男。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、兄古志吉信に従って毛利元就勢と戦った。

古志重信【こししげのぶ(15??~15??)】

古志吉信の男。官途は出雲守。通称新十郎。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣した。1560年、「石見銀山城の戦い」では、本城常光の支援に赴いた。1569年、尼子勝久らが出雲国に侵攻すると参陣した。1570年、「十倉城の戦い」では、吉川元春勢の攻撃を受けて降伏した。1578年、「播磨上月城の戦い」では、毛利輝元勢として山中幸盛らと戦った。

----------------------------

【さ】

相良与一左衛門【さがらよいちざえもん(15??~15??)】

尼子晴久家臣。1554年、新年の挨拶のため月山富田城に登城した尼子敬久の謀殺を図った。

桜井宗的【さくらいそうてき(15??~1518)】

尼子経久家臣。大原郡阿用磨石城主。1518年、尼子経久が伯耆国に出兵すると、謀反を起こした。「第一次阿用磨石城の戦い」では、尼子政久勢の攻撃を受けたが、逆に尼子政久を討取る戦功を挙げた。「第二次阿用磨石城の戦い」では、尼子国久勢の反撃を受け受け、城を焼いて自刃した。

佐世幸勝【せさよしかつ(15??~15??)】

尼子経久家臣。大原郡佐世城主。備後国旗頭。『尼子分限帳』では、備後国120,000石を領した。

佐世清宗【させきよむね(15??~15??)】

佐世幸勝の男。官途は伊豆守。宇山久兼、牛尾幸清らとともに家老衆を務めた。1540年、「安芸吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣したが大内義隆勢の反撃を受け大敗した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、菅谷口を守備して小早川隆景勢を何度も撃退した。毛利元就に降伏したが、三男の佐世大二郎が謀殺された。

佐世正勝【させまさかつ(15??~15??)】

佐世清宗の男。官途は伊豆守。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で父佐世清宗や弟佐世元嘉とともに毛利元就勢に降伏した。1594年、大原郡佐世郷850石余りは、毛利輝元の意向を受け山内隆通から返還され、本領を回復した。継嗣をもうけることができず、弟の佐世元嘉の継嗣佐世正景を養子に迎えた。

佐世元嘉【させもとよし(1546~1620)】

佐世清宗の次男。官途は石見守。通称三左。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で、父佐世清宗、兄佐世正勝らとともに毛利元就勢に降伏した。1592年、「文禄の役」では、安芸広島城の留守居役を務めた。1600年、「関ヶ原の役」でも広島城の留守居役を務めた。

宍道経慶【しんじつねよし(14??~15??)】

尼子経久家臣。意宇郡坂口館主。室は尼子国久の娘。

宍道隆慶【しんじたかよし(15??~15??)】

宍道経慶の男。通称八郎。官途は遠江守。1540年、「吉田郡山城の戦い」に尼子晴久に従って参陣した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」で大内義隆勢に降伏した。大内義隆勢が大敗すると、周防国に落延びた。大内義隆に仕えた。1555年、「周防姫山城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受け降伏した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で尼子義久が降伏すると旧領に復帰した。

宍道政慶【しんじまさよし(15??~15??)】

宍道隆慶の男。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、父宍道隆慶とともに参陣した。

神西久通【じんざいひさみち(15??~15??)】。

神西竹王城主。『尼子分限帳』では、美作国内で4,660石を領した。1535年、隠居した。

神西元通【じんざいもとみち(15??~1578)】

神西久通の男。官途は越前守。通称三郎左衛門。室は森脇久仍の姉。1535年、父神西久通の隠居により神西家の家督を相続した。1562年、「第二次富田月山城の戦い」で尼子義久が毛利元就に降伏すると、伯耆国末石城主に任じられた。1569年、尼子勝久、山中幸盛らが伯耆国に侵攻するとこれに従い毛利元就勢と戦った。1578年、「播磨上月城の戦い」では、毛利輝元、宇喜多直家勢の攻撃を受け落城した。尼子勝久、神西通久、神西元通らとともに自陣した。内室は京都誓願寺で尼となったが、織田信長の近習不破将監に見初められ、操を守るために自刃した。

末次讃岐守【すえつぐさぬきのかみ(15??~15??)】

尼子経久家臣。尼子晴久の右筆。高い鼻をしていたが、尼子誠久に言い掛かりをつけられ鼻の骨を砕かれた。

----------------------------

【た】

大西高範【だいざいたかのり(15??~15??)】

尼子経久家臣。郡大西鞍掛城主。『尼子氏分限帳』では、備中国内30,000石を領して中老職を務めた。

大西高由【だいざいたかよし(15??~1588)】

大西高範の男。通称十兵衛。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、大内義隆勢と戦い毛利元就の陣を急襲して敗走させた。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、森脇東市正、平野又右衛門らとともに尼子倫久勢に属して塩谷口を守備した。1565年、尼子義久が安芸国に幽閉されるとそれに従った。

大西久範【だいざいひさのり(15??~15??)】

大西高由の男。1588年、父大西高由が謀殺された後を受け大西家の家督を相続した。

高尾豊前守【たかおぶぜん(15??~1541)】

尼子経久家臣。1541年、「吉田郡山城の戦い」で尼子晴久に従って参陣したが、毛利元就勢の攻撃を受け討死した。

高橋元綱【たかはしもとつな(15??~1541)】

尼子経久家臣。1541年、「吉田郡山城の戦い」で尼子晴久に従って参陣したが、毛利元就勢の攻撃を受け本城信濃守らとともに討死した。

多賀元龍【たがもとたつ(15??~1579)】

飯石郡羽倉山城主。官途は左京亮。1542年、「第一次月山富田城の戦い」で大内義隆勢に降伏した。大内義隆が敗退すると、宍道正隆とともに山口に落延びた。
1555年、大内義隆が滅亡すると、毛利元就家に仕えた。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、毛利元就に従って参陣して長屋元定とともに戦功を挙げた。1565年、尼子義久が降伏すると旧領に復帰した。

立原幸綱【たちはらゆきつな(15??~15??)】

大原郡加茂立原城主。『「尼子氏分限帳』では、中老衆を務め美作国内で23,000石を領した。1540年、尼子晴久は日御碕神社に旧領石見波志浦を還付する命を下し、立原幸綱がその命を同神社に伝えた。

立原幸隆【たちはらゆきたか(15??~15??)】

立原幸綱の男。官途は備前守。通称次郎左衛門。1543年、鰐淵寺造営に伴う尼子晴久の命令を同寺に伝えているのを始めとし、吏僚的活動が多く見られる。本城常光救援戦や白鹿城攻防にも派遣された。尼子義久が毛利家に降伏すると、これに同道して安芸国へ赴いた。その後安芸国志道において死去した。

立原久綱【たちはらひさつな(1531~1613)】

立原幸綱の次男。通称源太兵衛。山中幸盛の母は立原久綱の姉。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」後、毛利元就への使者を務め、尼子義久の助命に尽力した。毛利元就から2,000貫で仕官するよう誘われたがこれを固辞して京都に隠棲した。1568年、山中幸盛、神西元通らとともに尼子勝久を擁して毛利元就勢と戦った。織田信長に援助を請うため上洛すると、「好漢」と評されて太刀一振を与えられた。1578年、「播磨上月城の戦い」では、籠城に反対するも山中幸盛の言に従って戦った。敗れて吉川元春に捕縛されたが脱走、福屋隆兼を頼って落延びた。

田中三郎左衛門【たなかさぶろうざえもん(15??~15??)】

尼子晴久家臣。尼子晴久に仕えて弓頭を務めた。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、大内義隆勢に包囲された赤穴城救援に赴いた。1560年、「石見銀山城の戦い」でも、本城常光を支援するため援軍として派遣された。その後尼子晴久に暇を乞い隠棲した。

津森幸俊【つもりゆきとし(15??~15??)】

尼子晴久家臣。官途は越後守。通称惣兵衛。1547年、尼子晴久から寺社奉行に抜擢され、出雲大社、成相寺などとの取次役を務めた。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、尼子義久に従って籠城するも、落城し流浪の身となった。1565年、尼子勝久勢が出雲国に侵攻すると参陣した。

----------------------------

【な】

中井久包【なかいひさかね(15??~15??)】

尼子晴久家臣。官途は駿河守。通称助右衛門尉。別名中井綱家。『尼子氏分限帳』では筆頭家老職を務め美作国内で87,000石を領した。1540年、「吉田郡山城」では、尼子晴久に従って継嗣の中井久家とともに参陣したが敗退した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次富田月山城の戦い」では、尼子義久を守って毛利元就勢と戦った。宇山久兼とともに私財を投じて兵糧の確保に務めたが、大塚与三衛門が讒言したために、宇山久兼は謀反を疑われ自刃した。降伏後、した。その後に伯耆国法勝寺で病死した。

中井久家【なかいひさいえ(15??~15??)】

中井久包の男。尼子義久が幽閉された後も尼子家再興のために戦った。

中井平蔵兵衛【なかいへいぞうびょうえ(15??~15??)】

尼子経久家臣。大髭をしていたが、尼子誠久に言い掛かりをつけられ畳に顔を擦り付けられた。大変な屈辱であり、刀に手をかけようとしたほどだった。尼子晴久は平蔵兵衛が左の髭のみ剃ったことを不思議に思い、理由を尋ねた。そこで尼子誠久の横暴を知り、中井平蔵兵衛には両方の髭を剃るよう命じた。

鯰江長言【なまずえながこと(15??~15??)】

尼子経久家臣。通称与十郎。1562年、「第二次月山富田城の戦い」後、毛利元就勢に捕縛された。以後、出雲杵築に残された尼子義久夫人(宋旭禅尼)に仕えた。

----------------------------

【は】

羽倉元陰【はぐらもとかげ(15??~15??)】

秋上久家家臣。通称孫兵衛。1571年、「伯耆国米子城の戦い」では、兵500余りを率い、毛利元就勢の城将福原元秀を討取る戦功を挙げた。

鉢屋加茂弥三郎【はりやかもよさぶろう(15??~15??)】

立原久綱家臣。因幡国、伯耆国、出雲国、石見国の鉢屋衆を束ねた。1486年、「月山富田城の戦い」では、山中勘兵衛、鉢屋衆らとともに尼子経久に従い楽曲を奏でつつ城門へと進んだ。城方は何の疑いもなくこれを通し鉢屋衆は城内へ入った。亀井秀綱、真木上野介、山中勘兵衛ら旧臣は鉢屋加茂弥之三郎、鉢屋加茂治郎三郎と鉢屋加茂兵衛三郎の協力で搦手より忍び込んだ。鉢屋衆が狼煙を上げると、尼子経久勢が乱入し、塩谷掃部介を討取った。

平野又右衛門【ひらのまたざえもん(15??~15??)】

尼子晴久家臣。1554年、尼子晴久の意向を受け、月山富田城に登城しようとした尼子国久を謀殺した。本田豊前守が尼子国久とともに崖から落ちると、尼子国久を討つため谷を下った。

平野久利【ひらのひさとし(15??~1565)】

尼子晴久家臣。通称又右衛門。『尼子分限帳』では、御手廻衆として出雲国内で18,000石を領した。1544年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って備後国参陣するが、毛利元就勢と戦いこれを撃破するが、三吉広高勢の反撃を受け敗走した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「白鹿城の戦い」で戦功を挙げた。1565年、美作国小田草城主斎藤玄蕃の要請を受け、援軍として派遣されるが逆襲を受け討死した。

本田家吉【ほんだいえよし(15??~15??)】

尼子義久家臣。官途は豊前守。通称四郎左衛門尉。奉行職を務めた。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、小早川景隆勢に側面攻撃をかけ戦功を挙げた。1566年、尼子義久の意向を受け宇山久信を謀殺した。降伏後、尼子義久が安芸国に幽閉されるとそれに従った。

本田豊前守【ほんだぶぜんのかみ(15??~1554)】

尼子晴久家臣。1554年、新年の挨拶のため富田城に登城しようとした尼子国久を誅殺した。この時、尼子国久に組み付いたまま崖から落ちた。

----------------------------

【ま】

真木朝親【まきともちか(15??~15??)】

真木城主。官途は上野介。娘は尼子清定に嫁いだ。尼子経久の外祖父。1484年、尼子経久が出雲国守護職の京極政経に追放されると、 尼子経久とともに真木城に落延びた1486年、「月山富田城の戦い」では、毎年恒例の万歳が行われている内に奇襲を仕掛け、塩冶掃部介から合算富田城を奪回した。この戦功により執事を務めた。

松尾遠江守【まつおとおとうみのかみ(15??~15??)】

尼子晴久家臣。十神山城主。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で毛利元就の家臣児玉就忠勢の攻撃を受け落城した。

松田満久【まつだみつひさ(14??~15??)】

島根郡白鹿城主。出雲十旗の筆頭。室は尼子経久の娘。1484年、三沢為清、三刀屋久扶らとともに京極政経勢に属して尼子経久を追放した。尼子経久の復帰戦では尼子経久勢に属した。1562年、「白鹿城の戦い」では、救援に赴いたが敗れて細工峠で自刃した。

松田誠保【まつださねやす(15??~15??)】

松田満久の男。官途は兵部少輔。毛利元就の勢力が拡大するとこれに降ったが、本城常光が毛利元就に謀殺されると再び尼子晴久勢に属した。1562年、「月山富田城の戦い」では、毛利元就勢の大軍を引き受け善戦した。1569年、尼子勝久勢が出雲国に侵攻すると、それに従った。1570年、「布部山の戦い」に参陣した。1578年、「播磨上月城の戦い」では、尼子勝久に従って参陣した。

三沢為忠【みさわためただ(15??~15??)】

仁多郡三沢城主。三沢為時の男。官途は遠江守。1509年、仙洞御所の院宣を受けて横田庄を地頭請所として守護すべく、藤ヶ瀬城を築いた。尼子経久の敵対勢力であり、尼子経久追放の首謀者のひとり。

三沢為国【みさわためくに(15??~1536)】

三沢為忠の男。1531年、「三沢城の戦い」で尼子経久勢の攻撃を受け降伏した。1536年、尼子経久に謀反を疑われ、謀殺された。

三沢為幸【みさわためゆき(1503~1541)】

三沢為忠の次男。官途は備前守。1508年、大内義興の上洛戦に参陣した。1522年、「西条鏡山城の戦い」に参陣した。1536年、兄三沢為国が尼子経久に謀殺されたため、三沢家の家督を相続した。三沢為幸は尼子経久、尼子晴久に従って各地を転戦した。1541年、「吉田郡山の戦い」では、尼子晴久を守って討死した。

三沢為清【みさわためきよ(1536~1588)】

三沢為幸の男。官途は下野守。通称三郎衛門。尼子晴久とともに各地で転戦した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、大内義隆勢に内応したが、大内義隆が敗走すると、再び尼子晴久に属した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、毛利元就勢に降伏した。1574年、男三沢為虎に家督を譲り、自身は亀嵩城に隠居した。1578年、「播磨国上月城の戦い」では、三沢為虎とともに尼子勝久らと戦った。

三沢為虎【みさわためとら(15??~15??)】

三沢為清の男。官途は摂津守。通称少輔八郎。1574年、父三沢為清の隠居により三沢家の家督を相続した。1578年、「播磨上月城の戦い」では、父三沢為清ともに参陣した。1582年、「備中国高松城の戦い」にも毛利輝元に従って参陣した。1600年、「関ヶ原の役」では、赤間関の警護役を務めた。

三刀屋頼扶【みとやよりすけ(15??~15??)】

飯石郡三刀屋城主。尼子経久家臣。

三刀屋久扶【みとやひさすけ(15??~1591)】

三刀屋頼扶の男。官途は弾正忠。通称新四郎。別名三刀屋久祐。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久勢に属して参陣するが、三沢為幸が討死するなどして大敗した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」では、大内義隆勢に属して参陣するも、大内義隆勢が大敗すると、尼子晴久勢に帰参した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、毛利元就勢に属した。以後は毛利元就勢に属して、中国、北九州地方を転戦した。1588年、毛利輝元に従って上洛した際、松平元康と親交を図ったとして所領没収された。

三刀屋孝扶【みとやたかひさ(15??~16??)】

刀屋久扶三の男。1588年、父刀屋久扶三が罷免された後も、毛利輝元に仕えたが旧領を回復することができなかった。

三刀屋宗忠【みとやむねただ(15??~1570)】
 
尼子晴久家臣。通称蔵人。『尼子氏分限帳』では、御手廻衆として備中国内で10,114石を領した。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1565年、尼子義久に属し中尾弾正忠、福山肥後守らとともに富田城正面口を守った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」後、尼子勝久の近習となってその擁立に加わった。1570年、「佐陀勝間城の戦い」で毛利元就の家臣志道左馬助と戦って討死した。

目賀田幸宣【めかたゆきのぶ(15??~1569)】

尼子晴久家臣。通称新兵衛。1562年、「第二次月山富田城の戦い」後、浪人となった。1569年、山中幸盛らが尼子勝久を擁して出雲国に侵攻すると、参陣したがまもなく病死した。

目黒惣兵衛【めぐろそうべい(15??~15??)】

尼子秀久家臣。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、津森幸俊、佐世伊豆守、森脇長門守らとともに尼子秀久勢に属して菅谷口を守備した。

本田家吉【もとだいえよし(15??~15??)】

尼子経久家臣。官途は豊前守。通称四郎左衛門。『尼子氏分限帳』では、中老衆を務め、出雲国内で5,000石を領した。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」後、尼子義久らに安芸国長田に幽閉された。

森田左衛門【もりたさえもん(15??~15??)】

赤穴光清家臣。赤穴盛清が毛利元就に降伏すると、森田左衛門はあくまで毛利に降伏することに反対した。そのため、赤穴盛清の降伏後も森田は各地で一揆を起こして毛利勢をゲリラ的に苦しめた。これに激怒した毛利元就は赤穴盛清を叱責したが、赤穴盛清は「自分は主家を裏切って毛利家に従いました。ですが彼らは真の忠臣です」と述べ、毛利元就をうならせた。

森脇久貞【もりわきひささだ(15??~15??)】

尼子経久家臣。能義郡布部山城主。

森脇久仍【もりわきひさのり(1533~1616)】

森脇久貞の男。官途は東市正。室は宇山久兼の娘。『尼子氏分限帳』では、中老衆を務め美作国内で28,785石を領した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で月山富田城が落城まで尼子義久に仕えた。1569年、山中幸盛らが尼子勝久を擁して出雲国に侵攻すると参陣した。1575年、「因幡私都城の戦い」後、吉川元春に降伏した。

----------------------------

【や】

屋葺幸保【やぶきゆきやす(15??~15??)】

尼子晴久家臣。官途は右兵衛尉。通称七郎兵衛。1558年、「石見温湯城の戦い」では、毛利元就勢の攻撃を受けた小笠原長雄を支援するため、尼子晴久に従って参陣したが小笠原長雄が毛利元就に降伏したため支援は失敗に終った。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、松田誠保を支援するが敗退した。1569年、山中幸盛らが尼子勝久を擁して出雲国に侵攻すると、これに従った。

山中勝重【やまなかかつしげ(1547~1538)】

尼子経久家臣。山中幸満の男。官途は左京進。通称勘兵衛。別名山中満盛。室は三沢土佐守の娘。1484年、尼子経久が守護京極政経に追放されると、改易処分に処された。1486年、「月山富田城の戦い」で尼子経久が月山富田城を攻落とすと、戦功により家老職に任じられた。1488年、尼子経久の意向を受け、三沢為幸に仕えた。三沢為幸が兵を尼子経久に向けると寝返って、三沢為幸を討取った。

山中満重【やまなかみつしげ(15??~15??)】

山中幸満の次男。通称甚十郎。

山中満幸【やまなかみちゆき(1520~1546)】

山中勝重の男。官途は三河守。別名尼子久幸。室は立原綱重の娘(なみ姫)。父山中勝重の隠居により山中家の家督と相続して4,000貫を領した。1544年、父山中勝重に先んじて病没した。

山中幸高【やまなかゆきたか(15??~15??)】

山中満幸の男。通称甚太郎。別名山中久盛。1560年、病弱なため、山中家の家督を弟の山中幸盛に家督を譲った。山中家に代々伝わる三日月の前立と鹿の角の脇立のある冑を譲り渡して出家した。

山中幸盛【やまなかゆきもり(1545~1578)】

山中満幸の次男。通称鹿之介。室は亀井秀綱の娘。兄山中幸高の病没により山中家の家督を相続した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、毛利元就勢の品川大膳を討取る戦功を挙げた。1569年、尼子勝久を擁して出雲国に侵攻したが、毛利元就の家臣天野隆重の反撃を受け大敗した。1570年、「布部山の戦い」にも大敗して末吉城に籠城した。1571年、吉川元春に捕縛されたが、脱走した。1574年、鳥取城主山名豊国とともに出雲侵攻を図るが、山名豊国が毛利輝元勢に属したため失敗に終わった。1578年、「播磨上月城の戦い」では、織田信長勢の支援を受け、上月城に籠城したが、織田信長勢の撤退により尼子勝久は降伏して自刃した。1578年、山中幸盛は安芸国に護送中、吉川元春により謀殺された。

湯泰敏【ゆのやすひさ(15??~15??)】

尼子経久家臣。湯泉津城主。

湯惟宗【ゆのこれむね(15??~15??)】

湯泰敏の男。官途は信濃守。1540年、「吉田郡山城の戦い」で尼子晴久に従って参陣した。1558年、「石見銀山城の戦い」では、刺賀長信が城兵の助命を申し出ると、毛利元就勢に取次ぎ、銀山城から退去させた。1561年、「石見福光城の戦い」では、牛尾幸清、福屋隆兼らとともに福光城を攻撃したが敗退した。1562年、本城常光が毛利元就勢に降伏すると、石見国から撤退した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」では、白鹿城の支援に赴いたが失敗に終わった。

湯家綱【ゆのいえつな(15??~1551)】

尼子経久家臣。玉造城主。

湯永綱【ゆのながつな(15??~15??)】

尼子晴久家臣。出雲国八束郡湯之館主。室は多胡辰敬の娘。

湯原宗綱【ゆはらむねつな(15??~1540)】

湯原信綱の男。通称弥次郎。1527年、父湯原信綱から伯耆国時山城を譲り受けその城主となった。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子経久に従って兵1,500余りを率いて参陣した。「池の内の戦い」で小早川興景勢と粟屋元良勢から挟撃され討死した。

湯原春綱【ゆはらはるつな(15??~15??)】

湯原宗綱の男。1555年、「美保関の戦い」では、山名家海賊衆の攻撃を受けたが、美保関海賊衆を率いてこれを撃退した。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で尼子義久が毛利元就に降伏すると、毛利元就に仕えた。1575年、小川元政、塩谷元真とともに美作国医王山城の在番を務めた。1580年、「美作医王山城の戦い」では、侵攻してきた羽柴秀吉に属した宇喜多直家勢の攻撃を受けたがこれを撃退した。。1582年、羽柴秀吉と毛利輝元が和議を結ぶと美作国が宇喜多秀家領になったため、医王山城を退出した。

横道正光【よこじまさみつ(15??~1570)】

尼子晴久家臣。横道清高の男。官途は兵庫介。尼子十勇士。1562年、「第二次月山富田城の戦い」で尼子義久が毛利元就に降伏すると、畿内に落延びて松永久秀に仕えた。1569年、山中幸盛らが尼子勝久を擁して出雲国に侵攻すると、尼子勝久勢に参陣して山陽地方各地を転戦した。1570年、「布部山の戦い」で毛利元就勢と戦い、敵将粟屋又左衛門、田門左衛門を討取るが、娘婿の中井善左衛門に討取られた。

横道高光【よこみちたかみつ(15??~15??)】

横道清高の次男。通称源助。1570年、「伯耆八橋城の戦い」で毛利元就勢の攻撃を受け降伏した。吉川元春に仕えた。

横道久宗【よこみちひさむね(15??~15??)】

尼子義久家臣。官途は石見守。通称三郎左衛門尉。1566年、月山富田城開城まで尼子義久に従った。

吉田義辰【よしだよしとき(15??~1561)】

尼子晴久家臣。官途は左京亮。1524年、尼子経久から伯耆八橋城主に任じられた。尼子晴久に従って備中国侵攻で戦功を重ねた。庄高資が毛利元就から離反すると、援軍を率いて松山城に赴いたが庄高資を松山城から追放して松山城の在番を務めた。1561年、「備中松山城の戦い」では、毛利元就、三村家親勢の支援を受けた庄高資勢の攻撃を受け自刃した。

吉田源四郎【よしだげんしろう(15??~15??)】
 
吉田義辰の男。1561年、父吉田義辰が討死したため、吉田家の家督と八橋城を相続した。1565年、「伯耆八橋城の戦い」で三村家親勢の攻撃を受けて出雲国に落延びた。その後八橋城奪還を目指すが、尼子義久の衰亡により成功しなかった。

米倉正勝【よねくらまさかつ(15??~1540)】

尼子経久家臣。通称平内。1540年、「備中紫城の戦い」では、尼子晴久の意向を受け平川久親を攻撃したが陣中で病没したため、尼子晴久勢は撤退した。

米原綱広【よねはらつなひろ(15??~15??)】

尼子経久家臣。簸川郡高瀬城主。尼子十旗で備中国など17,500石を領した。1532年、「塩冶興久の乱」では、塩冶興久の救出を試みるが失敗した。

米原綱寛【よねはらつなひろ(15??~1613)】

米原綱広の男。通称平内兵衛。1540年、「吉田郡山城の戦い」では、尼子晴久に従って参陣した。1562年、「高瀬城の戦い」で毛利元就勢の攻撃を受け降伏した。「第二次月山富田城の戦い」では、小早川隆景勢に属して菅谷口を攻撃した。毛利元就の使者として、尼子義久の降伏を促した。1568年、「筑前立花城の戦い」では、毛利元就勢に従って参陣した。1569年、山中幸盛らが尼子勝久を擁して出雲国に侵攻すると、尼子勝久勢に属して高瀬城に籠城した。1570年、「布部山の戦い」で尼子勝久勢が大敗したため、高瀬城で孤立した。1571年、「高瀬城の戦い」で毛利輝元、吉川元春勢の攻撃を受け新山城に落延びた。

米原綱俊【よねはらつなとし(15??~15??)】

米原綱寛の男。1571年、父米原綱寛の隠居により米原家の家督を相続した。

若林伯耆守【わかばやしほうきのかみ(15??~1532)】

尼子経久家臣。末次城主。1532年、「塩冶興久の乱」では、尼子経久勢に属した。1532年、「末次城の戦い」で塩冶興久勢の攻撃を受け討死した。

----------------------------

【資料Ⅰ】

出雲国(10郡/182,000石)

意宇郡:
能義郡:月山富田城、安来城、熊野城、馬潟街、白潟街、玉造城、宍道街。
島根郡:白鹿城、松江城、末次城、美保湊、佐陀神社。
秋鹿郡:
楯縫郡:
出雲郡:高瀬城、神西城、杵築神社、鰐淵寺。
神門郡:栗栖山城、出雲大社。
飯石郡:三刀屋城、赤穴瀬戸山城。
仁多郡:三沢城。
大原郡:牛尾三笠城、横田城、大西城、馬木城、赤穴城、佐世城。

----------------------------

【資料Ⅱ】

尼子十旗【あまこじゅっき】

島根郡白鹿城主松田誠保、仁多郡三沢城主三沢為清、飯石郡三刀屋城主三刀屋久扶、飯石郡赤穴瀬戸山城主赤穴久清、大原郡牛尾三笠城主牛尾幸清、高瀬城主米原綱寛、神西城主神西元通、真木城主真木朝親、大西鞍掛城主大西高由、因幡国八束郡熊野城主熊野久忠。

尼子三家老【あまこさんかろう】

宇山久兼、牛尾幸清、佐世清宗。

尼子十勇士【あまこじゅうゆうし】

秋宅庵介、横道兵庫介、植田早苗介、早川鮎介、尤道理介、寺本生死介、深田泥介、藪中荊介、小倉鼠介、川岸柳之介、井筒女之介、五月早苗之介、破骨障子之介、上田稲葉之介、大谷猪介、荒浪碇介、高橋亘介。

----------------------------

【資料Ⅲ】

出雲国【いずものくに】

日本海に面する山陰道の国。東は伯耆国、西は石見国、南は備後国と境を接し、北は海峡を挟んで隠岐国に臨む。北部には島根半島と弓ヶ浜によって囲まれた宍道湖と中海の二つの内海があり、漁業が発達している。特に塩湖である中海と汽水湖である宍道湖では特産物である魚介類も豊富である。また斐伊川の流れる出雲平野を中心に農業も盛んであり国力も高い。産業は日本有数の鉄鋼生産地であり、出雲国の産地の玉鋼を用いた鉄器生産も盛んである。

----------------------------

戦国人名辞典は1500~1620年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

参考文献がある場合は文献を表示していますが、架空歴史小説も含まれるため、記載されている人物が史実上の人物とは限りません。

あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

諸将の表記は、陶隆房は陶晴賢、尼子詮久は尼子晴久、大友宗麟は大友義鎮、黒田如水は黒田孝高、立花道雪は戸次鑑連、武田信玄は武田晴信、上杉謙信は長尾景虎、斎藤道三は長井規秀、豊臣秀吉は羽柴秀吉、徳川家康は松平元康に統一しています。

参考文献:『戦国大名家臣団辞典(西国編)』by新人物往来社、『戦国大名系譜人名辞典(西国編)』by新人物往来社、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)』by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社、『(歴史と旅臨時増刊)戦国大名家臣団総覧』by秋田書院、『新雲陽軍実記』byハーベスト出版、『岡山戦国合戦史』by吉備人出版、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

2011年9月11日日曜日

戦国上総国人名辞典

------------------------------------------------------

【あ】

秋元義政【あきもとよしまさ(15??~1565)】

小糸城主。里見家臣。官途は将監。1565年、秋元義政は激しく抵抗したものの小糸城は陥落して秋元義政は嫡男秋元義久とともに討死した。

秋元義久【あきもとよしひさ(15??~1565)】

秋元義政の男。通称は小次郎。秋元家は宇都宮家の諸家で、江戸時代に大名となった秋元長朝の同族。里見家の麾下に属した。1563年「第二次国府台の戦い」で里見家が敗れると、北条氏康の命を受けた千葉胤富らの攻撃を受けるようになる。小糸城の西にあった里見義弘の居城佐貫城が北条勢に奪われると孤立無援に陥った。1565年、秋元義久は激しく抵抗したものの小糸城は陥落して秋元義久は討死した。

飯島玄蕃亮【いいじまげんばのすけ(15??~15??)】

天羽郡更和館主。1574年、牛頭天王宮の棟礼に石渡戸縫殿助とともに名前が残る。

石井宗大夫【いしいそうだゆう(15??~15??)】

正木大膳亮の家臣。正木大膳亮の元を出奔、里見忠義に属した。

石黒隼人助【いしぐろはやとのすけ(15??~15??)】

土岐家臣。1589年、羽柴秀吉が小田原城の後北条家を攻める姿勢を鮮明にすると、万木城にも北条氏政、北条氏直父子から土岐頼春宛に陣触れが届き、300騎を小田原城に送った。これを見計らって、庁南城の武田豊信が突如、手薄になった万木城を急襲した。武田豊信は鶴ヶ城、亀ヶ城の後詰を警戒し、家臣の石黒隼人助に騎馬50、弓70、徒歩100名を与えて鶴ヶ城を警戒させ、同様に鶴見甲斐守にも兵を与えて亀ヶ城の佐々木駿河守を警戒させた。万木城の土岐頼春は巨岩、巨木を投げ落とし、鉄砲をつるべ撃ちに応戦、そのうちに支城の矢獄城等の援兵が寄せ手の背後を襲い、潰走する庁南勢に退路の伏兵が待ち伏せし猛射撃を加え、家臣の多賀六郎左衛門をはじめ93の首級を挙げ快勝した。

井田友胤【いだともたね(15??~1565)】

山武郡大台城主。井田胤俊の男。官途は美濃守。室は山室常隆の娘。。父井田胤俊の頃より千葉昌胤の元服に参列するなど着実に勢力を拡大していた。井田友胤は飯櫃城主山室常隆の娘を室に迎え一門として勢力さらに拡大した。1538年、小弓公方足利義明と北条氏康家とが争った「第一次国府台の戦い」では、井田友胤は千葉昌胤とともに後北条家方に付き戦功を挙げた。1548年、大台城を築城して本城とした。1555年、隣接する坂田城主三谷胤興の内訌に介入し、山室常隆とともに千葉家に属する三谷胤興を討取った。

井田胤徳【いだたねのり(15??~1613)】

井田友胤の男。官途は因幡守。通称平三郎。1556年、里見家麾下の正木家と攻防を繰り広げた。1564年「第二次国府台の戦」では後北条方として参戦した。1568年、井田胤徳は後北条家との同盟強化を図り鷹を贈っている。1569年、岩槻城在番を命じられ、北条氏政から蜜柑と酒を贈られるなどした。後北条家による千葉家の臣従化が進むと、佐竹家の領国と接する最前線の後北条家方の城である岩槻城番、牛久城番などに動員され、度々佐竹方の多賀谷重経などに攻め込まれているが、これを撃退している。1590年「小田原の役」では、居城坂田城には留守部隊のみを置き、自身は300騎を率いて小田原城に入城した。井田胤徳は湯本口を守ったが、小田原城は開城したため下総国へ戻り、佐倉城主となった武田(松平)信吉に仕えた。

井田家臣団【いだけかしんだん】

神保長門守、津辺城主白桝和泉守、山中城主和田五郎左衛門尉胤信。

市原郡豪族衆【いちはらぐんごうぞくしゅう】

木々土清重、芦野丹波守、忍丹波守、忍民部少輔、高島恒重、湯浅七良右衛門、土橋守秀、土橋平蔵忠吉、村上大輔義芳。

牛尾胤仲【うしおたねなか(15??~15??)】

多古城主。官途は能登守。1573年、牛尾城主牛尾胤仲が攻め落とし居城とした。1555年、牛尾胤仲は飯櫃城の山室常隆、大原城の加藤兵庫らを攻めようと画策、多古城下高根真弘寺での騎射に招き謀殺しようとしたが、住職の重如坊の密告で失敗、山室常隆、加藤兵庫は協力して多古城を攻めた。1585年、多古城は落城、牛尾胤仲は弟牛尾薩摩守とともに討死にした。

------------------------------------------------------

【か】

烏山時貞【からすやまときさだ(15??~1534)】 

烏山時正の男。里見家臣。通称弾正左衛門。娘は里見義豊の室。1534年「稲村の変」では里見義豊に属して里見義堯と戦い稲村城で討死した。

黒熊景吉【くろくまかげよし(15??~15??)】

長柄郡本納城主。官途は大膳亮。1565年、土気城主酒井胤治は後北条家の土気城来襲後、後北条家についたが、本納城主黒熊景吉は安房国の里見家についており、両者の間に軍事的緊張が高まった。1569年、黒熊景吉勢の土気攻撃計画を知るや、酒井胤治が本納城を急襲。黒熊景吉は自刃した。

後藤兵庫助【ごとうひょうごのすけ(15??~15??)】

真里谷武田家臣。不和になった鶴見信仲を討つため、北条氏康に内通。1543年、後藤兵庫助の笹子城を攻め落とした。

------------------------------------------------------

【さ】

 東金酒井敏治【さかいとしはる(15??~15??)】

東金城主。

東金酒井敏房【さかいとしふさ(1520~1577)】

酒井敏治の男。1535年、酒井家の家督を相続する。1538年、里見義堯に従い「第一次国府台の戦い」で北条氏綱勢と戦った。敗走する里見義堯勢をまとめて殿軍を務めた。のち北条家に仕えた。

東金酒井政辰【さかいまさとき(1551~1603)】

酒井敏房の男。通称左衛門佐。1590年「小田原の役」では浅野長政隊と戦うが戦後東金城を退去、上総国幸野に隠棲した。

東金酒井家臣団【さかいけかしんだん】

河内新左衛門尉、市藤弥八郎、早野、宮田。

土気酒井玄治【さかいすみはる(15??~1555)】

山辺郡土気城主。酒井定治の男。千葉家臣。通称左衛門次郎。1540年、東金城主酒井隆敏と紛争を生じたが臼井城主原家の斡旋で和解した。
1553年、千葉親胤とともに関東乱入してきた長尾景虎を迎撃して敗北した。

土気酒井胤治【さかいたねはる(1536~1577)】

吹野出雲守の男。酒井玄治の女婿。官途は中務丞。室は千葉昌胤の姉妹桂林尼。初めは千葉家に従っていたが、千葉家が後北条家の影響下に入ると後北条家麾下の武将として関東各地で転戦した。「第二次国府台の戦い」の準備が年始の急な出陣命令のために手間取っているうちに、北条氏康が酒井胤治が出陣しない事に不信感を抱き始めているという報を聞いた酒井胤治は突如里見義弘に通じて離反して、敗走する里見義弘を救援した。このため、一転して里見家の房総半島における最前線となった土気城には毎年のように後北条勢が攻め入るようになった。酒井胤治は上杉謙信や里見義弘の支援を受けながら悉くこれを退けた。1576年、同族の東金城の酒井敏房による切り崩しと北条勢による徹底した破壊の為に、遂に酒井胤治も嫡子酒井康治を人質に差し出して降伏に追い込まれ、間もなく解放された酒井康治に家督を譲って引退した。 

土気酒井康治【さかいやすはる(1546~1608)】 

酒井胤治の男。官途は伯耆守。通称小太郎,左衛門佐。北条氏康、北条氏政の二代に仕えた。1590年「小田原の役」で、後北条家が敗れると、酒井康治は蟄居した。松平元康の大久保忠隣隊に属した。

佐是(武田)国信【さぜくにのぶ(15??~1552)】

佐是城主。武田信高の三男。通称三郎。天文年間、佐是城を築き城主となる。庁南武田家は足利義氏を小弓公方として立て、上総国、安房国の諸将と同盟して下総進出をはかる。1538年「第一次国府台の戦い」で後北条家に敗れて上総国に撤退した。1552年、椎津城主真里谷(武田)信政が後北条方に内通したため里見勢の猛攻を受け、援軍として赴いた佐是三郎国信は討死した。佐是城もこのとき落城した。

椎津隼人佐【しいづはやとのしょう(15??~1538)】

真里谷武田家臣。上総椎津一帯に勢力を持った国人衆。1538年「第一次国府台の戦い」で小弓公方足利側に属すも討死した。

椎津中務少輔【しいづなかつかさしょうゆ(15??~15??)】

蟻木城主。1575年、里見義弘の攻撃を受けて落城。城主椎津中務少輔、其の弟椎津帯刀は討死した。

須田将監【すだしょうげん(15??~15??)】

一宮城主。里見家臣。1554年、後北条家による上総侵攻、久留里城包囲戦では、一宮城主須田将監が里見勢に加勢して活躍した。1555年、再度後北条家が久留里城に来攻した際に、須田将監は北条方に内通、城外の入城寺に北条勢を誘い込み、住職とも共謀して城内に火を放ち北条勢を招きこむ作戦であったが、事前に里見義堯に露見して、住職と須田将監以下内通者は処断された。

------------------------------------------------------

【た】

多賀高明【たがたかあき(15??~1564)】

池和田城主。里見家臣。官途は越後守。1538年「第一次国府台の戦い」では里見勢の一翼として参陣した。1564年「第二次国府台の戦い」で討死にした。

多賀越中守【たがえっちゅうのかみ(15??~15??)】

多賀高明の男。通称蔵人。1564年、北条氏政率いる10,000余りが来襲、多賀蔵人、多賀兵衛兄弟は池和田城に籠って奮戦したが、城内に内応者が出て落城した。

高山左衛門【たかやまさえもん(15??~1552)】

真里谷武田家臣。1552年、武田信政に属すも里見勢に討たれた。堀江藤左衛門、富田佐平次、大沢甚平、畑右近は正木勢に討たれた。山口新太郎、原田惣蔵は万喜土岐勢に討たれた。

庁南(武田)宗信【ちょうなんむねのぶ(1459~1551)】

庁南城主。庁南道信の男。惣家の真里谷家の内紛の調停に奔走した。1517年、真里谷信保、里見義堯らと共に足利義明を擁して小弓城に原基胤を討つ。

庁南(武田)吉信【ちょうなんよしのぶ(15??~1568)】

庁南宗信の男。真里谷信隆、真里谷信応の内紛では真里谷信応を持して真里谷信隆と対立した。1538年、小弓公方足利義明の勢力拡大を危惧する古河公方足利晴氏は、後北条家を頼んで下総葛西城を攻め、さらに小弓城を攻略せんとした。これに対し、小弓公方足利義明は房総諸豪に参陣を求めた。里見義堯、真里谷信応、真里谷信助、そして、庁南武田吉信、さらに土気酒井敏房、東金酒井玄治らが国府台に集った。「第一次国府台の戦い」であり、結果は、後北条方の勝利に終わった。小弓公方足利義明は討死し、里見、両武田、両酒井家らは自領に敗走した。

庁南(武田)清信【ちょうなんきよのぶ(15??~15??)】

庁南吉信の男。庁南(武田)清信は早世した。

庁南(武田)豊信【ちょうなんとよのぶ(15??~1590)】

多賀土佐守高好の男。武田清信の養子。1564年、里見義弘に従い「第二次国府台の戦い」では庁南氏信と共に参陣した。1570年、越相同盟に対抗し、里見義堯と武田晴信の同盟を仲介した。1589年、後北条家は領内の諸将に軍勢を率いて小田原に参陣するように命じた。これに、万喜城主の土岐頼春も応えて300騎余りを小田原に送った。万喜城が手薄になったのを見た庁南武田豊信は、兵を率いて万喜城に押し寄せた。武田勢は松丸に陣を布いて万喜城を激しく攻撃したため、さすがに万喜城も危うくなった。土岐頼春方の矢竹城主浅生主水助と国府台城主加治五郎らが、松丸の武田勢を急襲した。城攻めに注意を取られていた武田勢は大敗を喫し退却した。土岐勢はその退路を断とうとして、山中甲斐守らを火の子坂に配置し武田勢を攻撃した。激戦が展開されたが、ここでも武田勢は敗れ、重臣多賀六郎左衛門を討たれるなど散々の体で庁南城に撤退した。1590年、大軍を率いて京都を進発羽柴秀吉した。後北条方は籠城に決し、関東の諸将に小田原防衛に駆け付けるように檄を飛ばした。これに千葉、原、高城らの千葉一族、土気、東金の両酒井家、万喜城主の土岐家らが小田原に兵を送った。このとき、真里谷武田信高と庁武田豊信はどちらに加担するべきか迷ったため、小田原に兵を送った様子もなく、羽柴秀吉のもとへ参陣もしていない。里見義康は羽柴秀吉の求めに応じたが、万喜城の土岐家と合戦をしていため出陣が遅れた。その後、房総征伐を担当した松平元康に攻められ自刀した。

庁南(武田)信方【ちょうなんのぶかた(15??~15??)】

移地山砦主。武田宗信の次男。白井平胤の養子。別名白井河内守。庁南武田家の家老。

庁南(武田)信勝【ちょうなんのぶかつ(15??~15??)】

庁南信方の男。官途は但馬守。庁南武田家に仕える。移地山砦主。1590年、後北条が滅亡すると帰農した。後に旗本中根正成に仕え、代官職となる。

庁南(武田)宗治【ちょうなんむねはる(15??~15??)】

庁南武田家臣。1538年「第一次国府台の戦いで」小弓公方足利方に属した。

庁南家臣団【ちょうなんけかしんだん】

大泉伊賀守、榎本之介豊俊、太田新六郎。

鶴見信仲【つるみのぶなか(15??~1543)】

笹子城主。真里谷武田家臣。通称五郎。1543年、後藤兵庫助に笹子城を攻められ討死した。

万喜土岐頼定【ときよりさだ(15??~15??)】

夷隅郡万喜城主。

万喜土岐為頼【ときためより(1523~1583)】

土岐頼定の男。里見義堯家臣。官途は弾正小弼。里見義堯の後室に自分の娘(正蓮院)を入れ、また斎藤道三に領国を追われた土岐宗家の美濃守護土岐頼芸を受け入れるなど大きな勢力を有していた。1542年、北条氏綱に内応を求められるが、これを断り、逆にこれに応じた真里谷信政を攻略に参陣している。1564年「第二次国府台の戦い」での里見家の敗北後は後北条家に属した。その後は北条家に従って里見家と戦い、要害を生かして万喜城を守り通した。1579年、嫡男土岐義成に家督を譲っていた。

万喜土岐(義成)頼春【ときよりはる(1546~1590)】

土岐為頼の男。1579年、父土岐為頼の隠居により土岐家の家督を相続した。1588年、里見義康と戦う。1590年「小田原の役」では、再び里見義康と戦い敗走した。

万喜土岐家臣団【ときけかしんだん】

鶴見甲斐守、佐々木駿河守、鈴木山城守、石黒隼人助、国府台城主:三階図書之允、亀ヶ城主:佐々木信家、鶴ヶ城主:鶴見弥正行綱、浅生近郷(主水正)。

------------------------------------------------------

【な】

成東胤定【なるとうたねさだ(15??~15??)】 

山武郡成東城主。千葉勝胤の五男。官途は、兵部少輔。通称八郎。1530年、名籍が絶えていた成東家を千葉勝胤が五男成東(千葉)胤定を成東城に入れて、成東家を再興した。

成東将胤【なるとうまさたね(15??~1590)】

成東胤定の男。官途は兵庫介。1590年「小田原の役」において小田原城に籠城して討死した。

二条若狭守【にじょうわかさのかみ(15??~15??)】

大戸城主。1552年、里見義堯配下の二条若狭守が築城した。

------------------------------------------------------

【は】

東平安芸守【ひがしだいらあきのかみ(15??~15??)】

千本城主。1578年、里見義弘は佐貫城で病没した。里見義弘には晩年近くまで嗣子が無く、弟里見義頼を養子として後嗣にしていたが、晩年近くに室(足利晴氏息女)に梅王丸が生まれ、里見義弘と里見義頼の関係は悪化、里見義弘の葬儀には里見義頼をはじめ安房譜代家臣団は参列しなかった。里見義頼は岡本城に在城して梅王丸と対立したが、千本城主の東平安芸守、東平右馬允(光徳)父子らを中心とした小櫃川流域の家臣団や大多喜城主正木憲時、造海城主正木淡路守時盛らは梅王丸を支持した。1580年、里見義頼は東平安芸守らの立て籠もる千本城、久留里城などの小櫃川流域の諸城を攻めて降伏させ、次いで造海城の正木淡路守も降伏、佐貫城で梅王丸の後見をしていた加藤伊賀守信景の内通を誘い、佐貫城を開城させた。梅王丸は岡本城で出家させられ淳泰と号した。梅王丸の母と妹は高滝右京に預けられ、琵琶首館に幽閉された。

------------------------------------------------------

【ま】

正木(通綱)時綱【まさきときつな(1492~1533)】

夷隅郡勝浦城主。里見家臣。通称大膳亮。1518年、北条早雲によって三浦家が滅ぼされた時に、幼児であった正木通綱が安房国正木郷に落ち延びて、成長して後に三浦家と友好関係にあった里見家に仕えた。里見義通の後を継いだ里見義豊の命を受けて武蔵国品川湊への攻撃を指揮した。里見実堯と里見義豊の関係が不穏になると、里見実堯に近い通綱に対しても譜代の重臣の反発が高まるようになる。1533年、稲村城において里見義豊によって里見実堯ともども謀殺された。

正木弘季【まさきひろすえ(15??~1564)】

正木時綱の男。1564年「第二次国府台の戦い」において討死した。

大多喜正木憲時【まさきのりとき(15??~1581)】

正木弘季の男。官途は大膳亮。1578年、里見義弘が没すると遺児里見義重(梅王丸)と里見義頼の間に家督争いが起き、里見義頼は里見義重を出家させて里見家の家督を相続した。1580年、里見義頼の家督相続に不満を抱き挙兵、安房国に侵攻して里見義頼勢と戦ったが敗れた。1581年、本拠大多喜城を攻められ、正木憲時は家臣に謀殺され落城した。

大多喜正木時茂【まさきときしげ(1576~1632)】

里見義頼の男。官途は大膳亮。通称正木弥九郎。1581年、正木憲時討伐後、大多喜城に入ってその名跡を継ぐ。1590年「小田原の役」後里見家は下総国の領地を没収され、正木時茂は館山城主となった。1603年、兄里見義康が死去すると幼少の里見忠義(梅鶴丸)を補佐した。1606年の「里見家分限帳」では8,000石を領した。1614年「大久保忠隣事件」に連座して里見家は改易、里見忠義、正木時茂は鳥取倉吉に預けられた。1622年、里見忠義が病没すると鳥取潘池田光政に預けられた。

正木時茂【まさきときしげ(1513~1561)】

正木時綱の次男。官途は大膳亮。通称弥九郎。1533年、里見家内部で「稲村の変」が発生し、父正木時綱と兄正木時綱が討死したため家督を相続した。1534年、里見義堯に寄騎として属し、里見義豊討伐に参陣した。1538年「第一次国府台の戦い」にも参陣した。1542年、真里谷家の勢力が衰退すると東上総に進出し勝浦城を攻め落としている。1544年、真里谷朝信を討ち、その所領である大多喜城を奪って居城とした。1561年、越後長尾景虎が関東出陣すると、里見義堯の嫡男里見義弘に従って嫡男の正木信茂とともに参陣した。正木時茂は槍術に優れており、その恐るべき武勇から「槍大膳」と称された。

正木時忠【まさきときただ(1521~1576)】

正木時綱の三男。官途は左近大夫。1544年、上総国の真里谷家の内紛への介入を里見義堯から命じられた兄正木時茂は、真里谷朝信を討ち取るなど、東上総をまたたくまにその傘下におさめた。1552年、正木時忠は勝浦城を任され、勝浦正木家を興し、真里谷朝信から奪った大多喜城に入った大多喜正木時茂を補佐した。里見義堯から東上総国の軍権を任された兄正木時茂に従い、真里谷家の残党や下総国の千葉家など近隣の勢力と戦ったり、上総国に海を越えて勢力を伸ばそうとする後北条家と争い、多くの戦功を挙げた。兄正木時茂の病没後は、弱体化した大多喜正木家に代わり正木家の実力者となっていた。次第に里見家からの自立を志向するようになる。1564年「第二次国府台の戦い」後に北条氏康に接近し、子の正木時長(頼忠)を人質として北条氏康に差し出し、軍事的な支援を受けるようになった。その後は後北条氏の傘下の勢力として里見氏と争ったが、後北条家が駿河を巡って甲斐武田家との抗争を繰り広げるようになると、思うような支援が得られなくなったため、まもなく里見家方に帰参した。

正木時通【まさきときみち(15??~1575)】

正木時忠の男。通称十太郎。官途は左近将監。1564年「第二次国府台の戦い」に父と共に参加した。戦後父が北条家に降るとこれに従った。上総国一宮城を攻略した。父正木時忠とともに里見家からの自立を図るようになり弟正木頼忠を人質として北条氏康に差し出すと、里見家から離反して、あくまで里見家に従う従兄弟正木憲時を攻撃して上総国に勢力を伸ばす。以後、里見家と争うが、正木時通はあくまでも里見家によって抑え込まれていた自己の勢力拡大に主眼を置いており、同じ後北条傘下の千葉胤富を攻撃してその領土を奪った事から次第に周辺勢力から孤立する。そこで天正年間初頭には再び里見家に復して、後北条方との戦っている。

正木道俊【まさきみちとし(15??~1611)】

正木時茂の男。官途は石見守。父死後、大多喜城を正木憲時が継いだので道俊は金山城主となった。1580年、正木憲時が謀叛を起こすとこれに呼応し里見義頼と戦うが敗北。1581年、正木憲時が暗殺されると里見義頼に降伏した。1590年、知行530石を領した。

正木頼忠【まさきよりただ(15??~1622)】

正木時忠の次男。官途は左近大夫。通称権五郎。室は北条氏尭の娘。継室に里見義堯の娘。1564年、大多喜正木家の勢力が弱まると、父正木時忠は里見家からの自立を目論み、北条氏康に属した。このとき、次男である正木頼忠は人質として小田原城に送られた。小田原において結婚し、正木為春と於万を儲けている。後に正木時忠とその跡を継いだ兄の正木時通は後北条家から離れ里見家に再属した。正木頼忠は後北条家の縁戚であるため殺害されなかったが、その日常生活は厳しく監視された。1575年、兄正木時通が病没、翌年には父も死去したため、正木頼忠が勝浦正木家の家督を相続し、勝浦城に戻ったが、室や嫡男正木春達は小田原に残すことになった。その後、里見義頼に味方し、その当主擁立に協力し、それに反発した大多喜正木家の正木憲時が反乱を起こすと、里見義頼とともにこれを攻め滅ぼした。その後、里見義堯の娘を継室として迎えた。1587年、後北条家と交渉し、人質となっていた二人の子を呼び戻した。また前室は蔭山氏広の室となった。1590年、羽柴秀吉の「小田原征伐」により後北条家が滅亡すると、里見家は上総国の領国を失い、勝浦正木家も所領を捨てて安房国へ去ることになった。1592年、正木頼忠は隠居した。娘の於万が松平元康に見初められ側室として寵愛を受けた。1598年、松平元康より出仕を求められたが自らは固辞し、嫡男正木為春が出仕した。

真里谷(武田)信清【まりやつのぶきよ(1478~1534)】

望陀郡真里谷城主。真里谷信勝の男。官途は三河守。通称八郎五郎。別名恕鑑(じょかん)。上総において千葉氏や原氏などと勢力を競い、1516年、相模国の伊勢盛時(北条早雲)から援軍を受けて下総国の原家と戦っている。1518年、真里谷武田家の勢力を拡大するため、古河公方の足利高基と対立していた足利義明と結び小弓公方として擁立した。このため、真里谷武田家は、古河公方陣営にとどまった本家筋の長南武田家を凌ぐ勢力を誇るようになった。武蔵を巡って後北条家と扇谷上杉家との抗争が激化すると、扇谷上杉家の要請を受けて後北条氏の北条氏綱と敵対した。1524年、品川港を勢力圏に置いた。さらに、安房の里見家の里見義豊と同盟を結び、後北条家との抗争を優位にすすめ、勢力圏を武蔵国まで拡張させ、鎌倉をも勢力圏に置くようになった。

真里谷(武田)信秋【まりやつのぶあき(15??~1549)】

佐貫城主。真里谷信勝の次男。官途は大学頭。別名全方(全芳)。1534年、兄真里谷信保の死後に、その嫡子真里谷信応と庶長子の真里谷信隆との間で家督争いが起きたが、真里谷全芳は真里谷信応を補佐し活躍した。1537年、家督騒動は真里谷信応の勝利で終結した。里見義堯の仲介により、真里谷信隆に味方した北条氏綱と和解し、真里谷信隆の居城であった峰上城が真里谷全芳に預けられたという。以後、真里谷信応の補佐役として小弓公方との交渉にあたった。

真里谷(武田)信隆【まりやつのぶたか(15??~1551)】

真里谷信清(恕鑑)の庶長子。通称八郎太郎。安房国里見家に「稲村の変」が起きると、父真里谷信清は里見義豊を支持したが、真里谷家の一族の一部は対立者の里見義堯を支持した。里見家の内紛は里見義堯の勝利に終わった。1534年、父真里谷信清と嫡子の真里谷全鑑が同時期に死去した。真里谷信清の死後、真里谷家は相模の北条氏綱への従属姿勢を強めた。1537年、真里谷家の家督を弟真里谷信応と争う(上総錯乱)ようになった。真里谷信隆は本城峰上城を中心に造海城、天神台城などを版図におき、小弓公方足利義明に支持された真里谷信応に対抗するため、里見義堯や後北条氏綱に援軍を求めるなど頑強に抵抗したが、結局は敗れ、峰上城を明け渡し足利義明に降伏した。真里谷信隆は北条氏綱を頼って落延びた。真里谷家は真里谷信応が当主となり、佐貫城の真里谷信秋、真里谷義信父子が実権を握った。1538年「第一次国府台の戦い」で足利義明が討死した。足利義明の後ろ盾を失った真里谷信応の勢力が弱まると、北条氏綱方に加わっていた真里谷信隆はその支援を得て、椎津城を本拠とし復権を果たした。里見義堯と結んだ真里谷信応の勢力も衰えることはなかった。1541年、再び真里谷一族での内紛(中尾城の内紛)が再発した。真里谷信隆は家臣の後藤家や鶴見家の讒言を受けて対立する笹子城の武田信茂を殺害した。この内紛は、北条氏綱、里見義堯それぞれが真里谷武田家の介入を強めた。1544年、真里谷信隆派の重鎮であった小田喜城主真里谷朝信が正木時茂のために討たれている。内紛の末に勢力を弱めた真里谷家は、房総の強国の地位から転落した。

真里谷(武田)信応【まりやつのぶまさ(1515~1552)】

真里谷(信清)恕鑑の次男。正室の次男として産まれたので、正式には真里谷嫡男であったが、誕生時には既に庶兄真里谷信隆が後継者として立てられていたため、父真里谷信清が隠居したときに真里谷家の家督を相続できなかった。しかし、庶兄真里谷信隆への家督継承には、父真里谷信清の対立者であった足利義明からの横槍が入る。そこへ一族の有力者である真里谷全方らの支持も加わって、兄真理谷信隆を破って家督を相続した。1538年、「第一次国府台の戦い」での小弓公方足利義明が討死したため後ろ盾を失う。北条氏綱と手を結んだ真里谷信隆の反撃に遭って再度家督を奪われ、追放された。真里谷信応は里見義堯を頼って落延びた。真里谷信隆の後を継いだ真里谷信政が里見義堯に攻められると、突然、里見義堯に反旗を翻してこれに抵抗して甥である真里谷信政を助ける。既に同族の真里谷朝信が里見義堯家臣の正木時茂に討たれて大多喜城を奪われており、里見義堯の野望が真里谷家そのものに向けられているという危機感を抱いたためである。1552年、椎津城陥落のために真里谷信政が自刃。時を同じくして真里谷信応も自刃に追い込まれた。

真里谷(武田)信高【まりやつのぶたか(15??~15??)】

真里谷信応の男。1564年「第二次国府台の戦い」では、里見家に属して出陣した。「第二次国府台の戦い」の緒戦は里見家、太田家連合軍の優勢に進んだが、北条氏康の奇襲によって形勢逆転をきした。真里谷信高、庁南豊信らは奮戦したが、里見家らとともに敗走し一族の真里谷信秀が討死した。後北条勢は敗走する里見義弘勢を追って南下し椎津城に迫った。真里谷信高、庁南豊信、土岐家、東金の酒井家らは後北条家に款を通じて里見家から離脱した。里見義弘方に残ったのは土気の酒井家、秋元城主の秋元家、池和田城主の多家らであった。1567年、後北条家は里見義弘討伐勢10,000余り北条氏政、北条氏照を大将に房総に送り込んだ。里見義弘は、正木時茂の出陣を促し、みずからも佐貫城から出陣した。里見義弘は後北条家を地の利を生かす戦術を展開して、後北条勢を撃破した。後北条勢は岩付城主太田氏資をはじめ、多くの将士が討死した。里見勢の勝利により真里谷信高や庁南豊信らは里見家の麾下に属した。1590年「小田原の役」では、真里谷武田信高と庁武田豊信は中立的態度を取った。小田原城が落城すると、浅野長吉を将とする羽柴勢が進攻し後北条側に加担したり、中立的態度をおったりした諸将の居城を攻め落としていた。里見義康は参陣が遅れたという理由で上総国、下総国の地を没収され安房一国だけが与えられた。態度が不鮮明だった両武田家も没落した。

真里谷(武田)義信【まりやつよしのぶ(15??~15??)】

真里谷信秋の男。

真里谷(武田)直信【まりやつなおのぶ(15??~15??)】

大多喜城主。真里谷(恕鑑)信清の嫡男。1524年、真里谷家の家督を相続したが「品川の戦い」で討死したため、次弟の真里谷(武田)信隆が真里谷家の家督を相続した。

真里谷(武田)朝信【まりやつとものぶ(1500~1544)】

真里谷直信の男。室は真里谷信隆の家臣である後藤家の娘。里見家の内紛(天文の内訌)の際に、真里谷信清の命により自分の娘婿でもある里見義豊の救援に向かう。だが、里見義豊は里見義堯に討たれてしまい、真里谷朝信は対抗して安房国天津城を占拠して城主となる。真里谷信清の病没後の後継者争いでは、真里谷信応を支持する真里谷信秋など一族の意向に反し、朝信は信応の庶兄である真里谷信隆を支持して信応方についた里見義堯と再び争った。1541年、里見義堯の家臣正木時茂が天津城を攻められ落城した。真里谷朝信の勢力圏は正木時茂、正木時忠兄弟の攻勢にさらされるようになった。真里谷武田家は内紛で弱体化し、上総は北条氏綱、里見義堯の草刈場と化していた。正木時茂、正木時忠の北上は続き、劣勢の真里谷朝信は抗戦した。1544年「上総刈谷原の戦い」において正木時茂によって討たれ、大多喜城は正木時茂によって落城した。以後、正木時茂の大多喜正木家が東上総を支配することになった。真里谷朝信は、嫡男真里谷信正とともに椎津城れたが討死した。

真里谷(武田)家臣団【まりやけかしんだん】

真里谷(武田)源三郎信常、真里谷(武田)四郎次郎、真里谷(武田)丹波守、真里谷(武田)左近、西弾正、堀江藤左衛門、富田左兵次、山口新太郎、大竹信満、大鐘隼人、。

三上但馬守【みかみたじまのかみ(15??~15??)】

真名城主。1516年、三上家は扇谷上杉家の求めに応じ、古河公方足利高基派の千葉家臣の原家らが籠る亥鼻城を攻撃した。上総国中央部の真里谷城、庁南城を本拠にしていた上総武田家は養老川上~中流域の畔蒜庄から、上総、下総国境の市原郡方面へ進出し、下総側国境の小弓城の原氏、真名城の三上但馬守らと対立、真里谷城主真里谷(武田)信保は苦戦していた。151)年、真里谷城の真里谷信保の求めに応じ北条早雲が援軍を派遣、三上但馬守の籠る真名城を攻撃し落城させた。

三谷信慈【みたにしんじ(15??~15??)】

山武郡坂田城主。1555年、飯櫃城主山室勝信は坂田郷、千田荘方面へ侵攻、井田因幡守友胤は山室勝信、和田胤信らの援軍を得て、金光寺に参詣した三谷大膳亮信慈を奇襲「宝馬野の戦い」で三谷家に大勝し、三谷家は滅亡した。坂田城は井田家が乗っ取った。1556年、敗れた三谷信慈の一族、三谷蔵人佐は香取二の原で挙兵し坂田城奪回を試みたが、井田胤徳に反撃されて敗走した。この戦いでは井田友胤の弟、井田氏胤が討死にした。井田友胤は合戦後剃髪入道し、嫡男井田胤徳が相続した。

本吉三郎兵衛【もとよしさぶろうびょうえい(15??~15??)】     

亀山城主。里見家臣。1564年、里見家が「第二次国府台の戦い」で敗退し後北条家の勢力が上総国に及んでくると本吉三郎兵衛は、後北条方にな内通した。1579年、里見義弘は、岡本左京亮頼元を大将とし、久留里城代の山本弾正、小糸城の秋元勘解由らの手勢をもって亀山城を攻めさせた。本吉は奮戦したが、討死にして、城も落城した。

------------------------------------------------------

【や】

山室常隆【やまむろつねたか(15??~15??)】

山辺郡飯櫃城主。1532年、山室常隆は飯櫃城を築城し武射郡山室城から本拠を移し勢力を拡大した。山室常隆は大台城主の井田因幡守、山中城主の和田胤信らを麾下に、徐々に勢力を伸ばして行き、最盛期には芝山を中心として50,000石を領した。下総国の千葉家に属して行動した。1555年、山室常隆は多古城主牛尾胤仲と騎射のことで論争となり戦いに発展した。山室常隆は牛尾胤仲の弟牛尾薩摩守を射殺、多古城を攻撃し城に火を放って奪い取った。

山室勝信【やまむろかつのぶ(15??~15??)】

山室常隆の男。1555年、牛尾胤仲は飯櫃城の山室勝信、大原城の加藤兵庫らを攻めようと画策、多古城下高根真弘寺での騎射に招き謀殺しようとしたが、住職の重如坊の密告で失敗した。1585年、山室勝信と加藤兵庫は協力して多古城を攻め落城させ牛尾胤仲を討取った。

 山室光勝【やまむろみつかつ(15??~15??)】

山室勝信の男。1590年、羽柴秀吉の「小田原の役」で、後北条家が滅ぶと、後北条家に属していた山室勝信の飯櫃城は松平勢の大軍に囲まれ、嫡男山室光慶、次男山室光重、三男山室重昌、一門の山室弾正左衛門、山室太郎、山室監物三郎、家老の怒賀源太左衛門入道ら、さらに上下総州落城え生き残った諸将士らが加勢して、飯櫃城には800余騎の武者が籠ったというと籠城むなしく城は落城した。

山室家臣団【やまむろけかしんだん】

調査中。

鑓田勝定【やりたかつさだ(15??~15??)】

夷隅郡小浜城主。土岐家臣。官途は美濃守。1588年、里見義頼の命を受けて相模三浦に侵攻して北条氏直と戦うが、その隙に小浜城を正木左近大夫(頼忠)に奪われた。里見家は援軍を送って小浜城の奪回を図ったが、攻め落とすことができなかった。1589年、無念に思っていた鑓田勝定は夜陰に乗じて激しく城を攻め、ついに奪還に成功した。1590年、松平元康の関東入部に抵抗し、本多忠勝の攻撃を受けて没落した。

吉原玄蕃助【よしわらげんばのすけ(15??~15??)】

真里谷武田家臣。峰上城尾崎郭二十二人衆(根古屋衆)の頭領。1549年、里見家の金谷城を攻めで放火した。真里谷武田家が内乱で弱体化すると、後北条家に属した。1554年、北条氏康の命により里見義堯と戦った。

和田胤信【わだたねのぶ(15??~15??)】

山武郡山中城主。井田胤徳家臣。山中城は和田胤信によって築城され、その所領は2,500石と150騎の軍役を負担した。

和田胤富【わだたねとみ(15??~15??)】

和田胤信。官途は伊賀守。和田胤富は、井田胤徳の陣代として武蔵国、常陸国を転戦した。井田家が後北条家の麾下に属すると、井田家300騎の軍役の内30騎を負担した。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

上総国(9郡)

市原郡:池和田城。
望陀郡:久留里城、真里谷城、椎津城、久保田城。
周淮郡:
埴生郡:庁南城、舎人城、玉前神社。
長柄郡:一宮城、榎本城。
山辺郡:土気城、飯櫃城、東鏡城。
武射郡:鳴土城。
天羽郡:造海(百首)城、佐串城、峯上城、勝見城。
夷隅郡:大喜多城、勝浦城、小浜城。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

国の集団。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

国の詳細。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※参考文献:「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「房総戦国土豪の終焉」崙書房、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

------------------------------------------------------

2011年9月7日水曜日

戦国対馬国人名辞典

----------------------------

【あ】

井手智正【いでともまさ(15??~15??)】

宗義調家臣。通称彌六左衛門。1600年、宗義智の意向を受け、国交回復を図るため、日本で捕虜になっていた李氏朝鮮の人々返還した。

扇鹿之助【おうぎしかのすけ(15??~15??)】

宗義調家臣。1592年、「文禄の役」で密陽に進撃中、李氏朝鮮勢が陣を張っていることを、宗義調に報告した。宗義智、小西行長勢は山の後から李氏朝鮮勢を攻撃、これを撃ち破った。

大石智久【おおいしともひさ(15??~15??)】

宗義調家臣。通称荒河介。1592年、「平壌城の戦い」では、窮地に陥った宗義智勢を救うため、甲冑を脱ぎ浴衣となって櫓に上り、退路を見いだした。1594年、停戦中には、弟とともに虎と格闘した。宗義智から戦功第一として佐護郡内で領地を領した。役後、戦功が抜きんでているとされた他の三人とともに佐護郡代に任じられた。奮戦した家臣は多数いたが、与える知行地がなく、「追って沙汰する」と伝えたのみで終わった。

小田彦左衛門【おだひこざえもん(15??~15??)】

対馬国志賀多の貿易商人。

小田盛長【おだもりなが(15??~15??)】

宗晴康家臣。1527年、宗盛親が謀反を起こすと、大山城に籠城して抵抗した。

----------------------------

【か】

規伯玄方【きはくげんぽう(1588~1661)】

宗晴康家臣。景轍玄蘇の弟子。宗義智、宗義成に仕え、外交僧として活躍した。1611年、師である玄蘇が病没すると修行のため京都へ赴いた。1621年、副使は宗智順。1629年、副使は杉村釆女には正使として朝鮮に赴いた。1629年、漢城(ソウル)へ訪れた。1634年、「国書改竄事件(柳川騒動)」が起きた。1635年、柳川調興、玄方ともに喧嘩両成敗として両名とも配流となった。1658年、赦免され、京都南禅寺へ移り大坂の南禅寺末寺である九昌院で病没した。

木村智清【きむらともきよ(15??~1592)】

宗義智家臣。1592年、「大同江渡河の戦い」に参陣したが討死した。

倉野茂通【くらのしげみち(15??~15??)】

宗義智家臣。通称藤右衛門。

景轍玄蘇【けいてつげんそ(1537~1611)】

宗晴康家臣。臨済宗中峯派の僧。河津隆業の男。字は景轍。号は仙巣。筑前国宗像郡の出身。1558年、博多聖福寺の住持となり、京都東福寺の住持となる。1580年、対馬国宗義調の招きにより対馬国に渡った。以酊庵を開創して日本国王使として朝鮮外交を行った。1592年、「文禄の役」の際には、羽柴秀吉に用いられ、朝鮮と和議の交渉に当たった。1595年、羽柴秀吉の命により中国の明に渡り、その際に明の万暦帝から本光国師の号を賜った。1609年、「己酉条約」を成立させるなど、朝鮮外交の任に当たり、朝鮮からは「仙巣」の図書(銅印)を授けられた。

----------------------------

【さ】

佐須盛廉【さすもりかど(15??~15??)】

宗晴康家臣。官途は兵部少輔。1527年、兄佐須国親のあとを受けて対馬国守護代となる。1528年、「宗盛治の乱」では鎮圧に戦功があった。宗晴康、宗義調の時代まで守護代を勤めた。1560年、弟の佐須盛円に守護代を譲った。

佐須盛円【さすもりのぶ(15??~15??)】

佐須盛廉の弟。兄より対馬国守護代を受け継ぐ。約二十年間、宗家政権の中心を担い、島外諸領主や博多商人との交渉に頻繁に関わった。1580年、守護代の地位を嫡男佐須景満に譲った。

佐須景満【さすかげみつ(15??~1590)】

佐須盛円の男。対馬国守護代。1590年、柳川調信と不和になり、讒言によって宗義智の疑惑を招き、登城して弁明しようとしたが登城を許されず、古川智次らに殿中で斬殺された。

杉村広幸【すぎむらひろゆき(15??~15??)】

佐須盛円の次男。古川智次、平田、とともに三老臣の一つの家柄。

杉村調長【すぎむらしげなが(15??~15??)】

杉村広幸の男。

杉村智清【すぎむらともきよ(15??~1593)】

杉村調長の男。宗家臣。通称宇吉郎。1592年、「大同江の戦い」で左相尹斗壽都、元帥金命元、巡察使李元翼が守る平壌城を攻撃した。宗義智は兵を分けて、沙灘から上陸して高彦伯大将に夜襲を画策したが、浮碧樓から綾羅の渡ったが明国勢に夜襲を受け討死した。

宗将盛【そうまさもり(1509~1573)】

下県郡厳原城主。官途は刑部少輔。相次ぐ家臣の反乱を鎮圧した。1539年、本城を囲まれたために城から退去、家臣に庇護を求めるが拒否されて逼塞、そのまま一生を終えた。

宗晴康【そうはるやす(1475~1563)】

宗盛俊の男(宗将盛の養子)。官途は大和守。僧籍にあったが家臣団に擁立されて還俗して、宗将盛を追放して宗家の家督を相続した。惣領家以外の枝連衆が「宗」姓を名乗ることを禁止、権力の安定化に尽力した。1552年、対馬国内の検地を行い、結果8,250石余りだった。

宗義調【そうよししげ(1532~1588)】

宗晴康の男。官途は形部少輔。1553年、宗家の家督を相続した。佐須盛兼を対馬国守護代に任じた。1555年、「佐賀浦の戦い」では、倭船が李氏朝鮮に乱暴を働いたため、これを捕らえ李氏朝鮮に引渡した。1557年、山本康範、津奈調親らの謀反を鎮圧した。1564年、柚谷康広を李氏朝鮮に派遣して歳遣船を30隻にするように依頼した。1567年、継嗣の宗茂尚に家督を譲るが、病弱のため後見役を務めた。1580年、博多の聖福寺の僧玄蘇を招いて対李氏朝鮮との取次役に任じた。

宗茂尚【そうしげひさ(1547~1569)】

宗将盛の男。1566年、宗義調の禅譲を受けて家督を相続した。1569年、病弱を理由に弟宗義純に家督を譲るが、まもなく病没した。

宗義純【そうよしずみ(15??~1580)】

宗将盛の次男。1569年、兄宗茂尚より宗家の家督を譲られた。1571年、「浦海の戦い」では、波多政の意向を受けて壱岐国に侵攻するが敗退した。1580年、病気を理由に弟宗義智に家督を譲った。

宗義智【そうよしとし(1568~1615)】

宗将盛の三男。洗礼名は「ダリオ」。室は小西行長の娘(マリア)。1580年、兄宗義純の後を受けて宗家の家督を相続した。1586年、壱岐国に侵攻したが敗退した。1587年、「九州征伐」では、宗義調とともに羽柴秀吉のもとに参陣して所領安堵を受けた。1589年、朝鮮通信使を伴って上洛した。1591年、朝鮮に渡って戦争の回避を目指したが不成功に終わった。1592年、「文禄の役」では、5,000余りを率いて渡海した。1597年、「慶長の役」に参陣した。1599年、松平元康の意思を受けて李氏朝鮮との交渉に当たるが、使者が捕らえられて交渉は不調に終った。1600年、斎村政広、藤原惺窩らの尽力により朝鮮人虜囚らが帰国、明軍も李氏朝鮮を去った。「関ヶ原の役」後、講和交渉が再開された。1604年、松雲大師惟政、孫文彧が対馬国に来島し、宗義智はこれと講和内容について談合した。1605年、宗義智は松雲惟政を伴って松平元康、松平秀忠に謁見した。1606年、朝鮮は講和条件を提示して和議が結ばれた。1609年、「慶長条約(己酉約定)」を結んだ。

宗義調が後見した。

宗義成【そうよしなり(1604~1656)】

宗義智の男。官途は対馬守。通称彦七郎。1615年、父宗義智の病没により宗家の家督を相続した。1615年、「大坂夏の陣」では、京都丹波口を守備した。1617年、朝鮮通信使を江戸まで警固した。1627年、金国(のちの清国)は明国と誼を持つ李氏朝鮮に侵攻し、朝鮮使節は対馬に対し援助を求めてきた。朝鮮にとって日本は不穏な隣国であったが、金、清に対する背後防備の考えからも日本使節団を絶えることなく送った。1631年、柳川調興が領知返上を申し出て宗義成と対立した。1635年、松平家光の親裁により柳川調興は津軽弘前に、規伯玄方は南部盛岡に配流となった。1636年、朝鮮に要請して通信使の派遣を懇望し、それに応えて朝鮮も通信使を派遣した。1650年、佐須に銀山を拓いた。

宗智順【そうともしげ(15??~15??)】

宗義純の次男。朝鮮出兵のおりの四部隊長の一人で、およそ300人を率いた。平壌において、初の明軍との戦いで奮戦。柳川騒動に際しては江戸に召還され取り調べを受けた。

----------------------------

【た】

橘智正【たちばなともまさ(15??~15??)】

宗義調家臣。別名井手弥六左衛門。

津奈調親【つなしげちか(15??~1557)】

宗義調家臣。通称弥八郎。1557年、山本康範とともに海賊衆を率いて宗義調に謀反を起こして船越浦を攻撃したが仁位盛家勢に撃退された。津奈調親は、壱岐国に落延びたが宗義調に謀殺された。

天荊【てんけい(15??~15??)】

宗義調家臣。妙心寺の僧。1577年、使者として朝鮮に渡海。1592年、「文禄の役」では、宗義智勢に属して朝鮮に渡海した。仁同城で宗義智に代わり、逃散した農民に仕事に戻るよう促し、兵士の乱妨を禁じる榜文を出した。著書に『西征日記』『朝鮮国往還日記』。

----------------------------

【な】

中里利三郎【なかざとりさぶろう(15??~16??)】

対馬国の商人。1600年、宗義智の意向を受け戦に備えて武器、弾薬を調達した。

中原安忠【なかはらやすただ(15??~15??)】

宗義調家臣。通称久内。1592年、「文禄の役」では、明国勢の劉克良と金元命の攻撃を受けたが、これを山の背後から攻撃してこれを撃破する戦功を挙げた。

仁位盛家【にいもりいえ(15??~15??)】

宗義調家臣。官途は豊前守。1557年、山本康範、津奈調親が謀反を起こすと、宗義調の意向を受けこれを討伐した。

仁位智信【にいとものぶ(15??~15??)】

宗義調家臣。1592年、「文禄の役」では、四番隊(仁位党)を率いて朝鮮各地を転戦した。1615年、宗義智の継嗣宗義成が宗家の家督を相続すると、家老衆に任じられた。

----------------------------

【は】

秦盛幸【はたもりゆき(15??~15??)】

対馬国の貿易商人。ジャワ、シャム、九州、朝鮮に往来し、貿易活動を行った。

原田助兵衛【はらだすけべい(15??~15??)】

対馬国久原の貿易商人。

古川智次【ふるかわともつぐ(15??~15??)】

宗義調家臣。1590年、柳川調信と不仲になった佐須景満を宗義智の意向を受け殿中で謀殺した。

平田成幸【ひらたなりゆき(15??~15??)】

宗義調家臣。官途は将監。

----------------------------

【ま】

松尾智保【まつおともやす(15??~15??)】

宗義調家臣。通称七左衛門。

----------------------------

【や】

山本康範【やまもとやすのり(15??~1557)】

宗義調家臣。通称右馬。1557年、津奈調親とともに海賊衆を率いて宗義調に謀反を起こして船越浦を攻撃した。仁位盛家勢の反撃を受け壱岐国に落延びたが宗義調に謀殺された。

柳川調信【やながわしげのぶ(1539~1605)】 

津奈調親家臣(津奈調親の養子)。官途は下野守。室は津奈調親の娘。1577年、津奈調親が山本康範とともに海賊衆を率いて宗義調に謀反を討死すると、宗義調に仕えた。1591年、副使として李氏朝鮮に派遣されるなど、外交交渉で功を上げた。李氏朝鮮から「嘉善大夫」とゆう官職を与えられた。1592年、「文禄の役」では、半島南部に構築された洞倭城代を務めた。

柳川智永【やながわとしなが(15??~1614)】 

柳川調信の男。官途は豊前守。1600年、「関ヶ原の役」では、石田三成勢に属して、島津義弘勢とともに伊勢口を突破して帰国した。このため宗家に疑いがかかるも、宗義智の弁明で事なきを得た。1608年、副使として朝鮮に派遣。「慶長条約(己酉約定)」に尽力し、柳川家に対して年一隻の貿易船派遣が許された。

柳川調興【やながわしげおき(1603~1684)】

柳川智永の男。官途は豊前守。家老職を務めた。対朝鮮外交上の手腕や松平家光とのつながりを基盤に宗義成と対立した。1636年、宗家の国書偽造を幕府に直訴したが、松平家光の裁定により敗訴となり陸奥国津軽に流罪となった。

柳川智信【やなぎとものぶ(15??~15??)】

宗智順の男(柳川調信の養子)。別名柳川景直。

柚谷康広【ゆずややすひろ(15??~15??)】

宗義調家臣。1564年、宗義調の意向を受け李氏朝鮮と交渉し、貿易制限の一部緩和に尽力した。1587年、日朝間交渉にあったが、羽柴秀吉の意思が通るはずも無く、交渉は決裂した。

柚谷智広【ゆずやとしひろ(15??~1600)】

柚谷康広の男。1598年、「慶長の役」後、李氏朝鮮国との国交回復を図るべく宗家は数度使者を送ったが、送った三人の使は誰一人として帰国しなった。それでも柚谷智広は景轍玄蘇とともに日朝交渉に尽力し、自ら交渉を持つべく李氏朝鮮に渡るが捕らえられ、幽閉のまま病没した。

----------------------------

【資料Ⅰ】

対馬国(2郡/30,000石)

上県郡:佐護城、仁位湊
下県郡:厳原(府中)城

----------------------------

【資料Ⅱ】

宗家三家老【そうけさんかろう】

杉村広幸、古川智次、平田成幸。

----------------------------

【資料Ⅲ】

対馬国【つしまのくに)】

対馬国は、日本の九州の北方、玄界灘にある日本六番目の大きさの島。対馬国の大半を占める主島の対馬島のほか、100以上の属島が存在する。一般的にはこの対馬島と属島をまとめて対馬と称される。地理的に朝鮮半島に近いため、古くから大陸と日本列島の文物が往来し、日本にとっては大陸との文化的、経済的交流の窓口の役割を果たした。全体的に山がちで険しいが、下島の方が標高が高い。下島中央部には最高峰の矢立山があり、舞石ノ壇山、龍良山などの矢立山系が内山盆地を囲む。その北東に有明山があり、浅茅湾南岸に白嶽がある。上島の最高峰は北部にある御嶽である。島内の分水界は東に偏っていて、主要六河川のうち佐護川、仁田川、三根川、佐須川、瀬川の五河川まで西向きに流れる。東へ流れる最大のものは舟志川である。各河川の下流部には谷底平野があるものの、耕作に適した平地は少なく、陸上交通も概して不便である。

朝鮮木綿【ちょうせんもめん】

日本に輸入された朝鮮製の木綿。朝鮮の木綿生産は、高麗国の恭愍王が中国に送られた使者が木綿の種子を持ち帰ったことに始まる。李氏朝鮮王朝が成立する同世紀末期には「綿紬」とともに「綿布」が「布貨」として用いられるまでに木綿が普及し始めていた。

唐木綿【からもめん】

中国から輸入された木綿布。中国での本格的普及は元代からであり、さらに1365年の明の太祖洪武帝による木綿栽培奨励を契機として木綿栽培、織布が発展期を迎える 。日本でも木綿が本格的に生産されるが、国産の小倉木綿などを「田舎木綿」として唐木綿と区別しており、唐木綿が上質の木綿布として珍重されていた。

嶋木綿【しまもめん】

東南アジア、南アジアから日本に輸入された木綿布。左の地域からもたらされたことから「嶋渡り」の木綿、「嶋木綿」と呼ばれたとみられる。染め糸による鮮やかなストライプが織り込まれており、上質で珍重された。

虎皮、豹皮【とらかわ、ひょうかわ】

朝鮮半島や中国東北部で狩られたとみられる虎や豹の皮。日本では行縢などに用いられている。 朝鮮国王から琉球国王への進上物として何度か虎皮や豹皮が贈られていることが史料上にみえるが、琉球国王は南海産の象牙や胡椒、蘇木などを贈っているにも関わらず虎皮や豹皮は含まれていないことから、東南アジア産ではなく、朝鮮産の品物であるとみられる。

高麗鷹【こうらいたか】

朝鮮半島から日本に輸入された鷹狩り用の鷹。中世の武士たちにとって鷹狩りは一種のステータスであり、鷹は威信品でもあったと思われる。その中でも朝鮮半島から舶来した鷹は特に珍重された。

----------------------------

戦国人名辞典は1520~1620年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

参考文献がある場合は示していますが、歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。

あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

大友宗麟は大友義鎮、武田信玄は武田晴信、上杉謙信は長尾景虎、斎藤道三は長井規秀、豊臣秀吉は羽柴秀吉、徳川家康は松平元康、徳川家光は松平家光に統一しています。

参考文献:『戦国大名家臣団辞典(西国編)』by新人物往来社、『戦国大名系譜人名辞典(西国編)』by新人物往来社、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)』by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社、『戦国関東名将列伝』by隋想社、『(歴史と旅臨時増刊)戦国大名家臣団総覧』by秋田書院、『甲州武田家臣団』by新人物往来社。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------