2011年10月19日水曜日

戦国北伊勢国人名辞典

----------------------------

【あ】

赤堀忠綱【あかぼりただつな(15??~15??)】

三重郡赤堀城主。神戸具盛の次男。羽津宗武、浜田与五郎らと一揆を結んだ。1567年、「北伊勢国侵攻」で織田信長の家臣滝川一益勢に降伏した。1573年、「長島城の戦い」では、織田信長に人質を送った。

赤堀藤左衛門【あかぼりとうざえもん(15??~1568)】

朝明郡中野城主。1568年、「北伊勢国侵攻」で織田信長の家臣滝川一益勢の攻撃を受け保々西城などの諸城とともに落城した。

赤堀国虎【あかぼりくにとら(15??~15??)】

鈴鹿郡羽津城主。別名原田国虎。1559年、「茂福城の戦い」では、関盛信の家臣白子左衛門亮が500余りを率いて茂福城を攻撃すると家臣の森景宗、長松長右衛門、岩田縫右衛らとともにこれを支援した。

飯田左衛門尉【いいださえもんおじょう(15??~1568)】

員部郡上笠田城主。1568年、「北伊勢国侵攻」で織田信長の家臣滝川一益勢の攻撃を受け討死した。

家所祐藤【いえどこすけとう(15??~15??)】

長野藤定家臣。安芸郡家所城主。官途は三河守。

家所藤實【いえどことうかん(15??~15??)】

家所祐藤の男。官途は隼人正。

家所藤安【いえどことうあん(15??~1572)】

家所藤實の男。官途は三河守。1572年、織田信長勢との戦いで討死した。

稲生兼顕【いくいなかねあき(15??~1570)】

奄芸郡稲生城主。通称勘解由左衛門。1568年、「北伊勢国侵攻」では、滝川一益勢に従った。1570年、「曾原の戦い」では、織田信長勢に属して参陣したが討死した。

伊藤武右衛門【いとうぼうえもん(15??~15??)】

桑名郡桑名城主。通称四郎。北勢四十八家。1570年、「長島城の戦い」で願証寺証意勢の攻撃を受け討死した。

雲林院稙清【うじいたねきよ(15??~15??)】

安芸郡雲林院城主。長野稙藤の次男。長野藤定家臣。1550年、「垂水鷺山の戦い」では、長野藤定に従って参陣して北畠具教勢と戦い戦功を挙げた。1558年、長野藤定は北畠具教と和議を結び、北畠具教の次男長野具藤を養子に迎えたため、雲林院稙清も北畠具教に従った。以後は北畠具教勢に属して関盛信勢と戦った。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

雲林院祐基【うじいすけもと(15??~15??)】

雲林院稙清の男。官途は出羽守。1567年、「細野城の戦い」では、織田信長の家臣滝川一益勢の攻撃を受けた。長野具藤が織田信長の弟織田信包を養子に迎えると、雲林院祐基、草生与市左衛門、家所藤實、細野藤敦、乙部政直、中尾権頭らも織田信長に降伏した。1580年、織田信包は謀略で雲林院祐基の家臣野呂長門守を滅ぼし、雲林院祐基、雲林院祐光親子を追放した。1584年、「小牧、長久手の戦い」では、羽柴秀吉勢に属して参陣した。

雲林院祐光【うじいすけみつ(15??~15??)】

雲林院祐基の男。室は滝川一益の娘。

梅戸高実【うめどたかざね(1502~1561)】

三重郡田光城主。六角高頼の四男(梅戸家の養子)。通称左衛門尉。別名梅戸高貫。田光城が伊勢国八風街道を要所にあったため、度々攻撃を受けた。

梅戸高宗【うめどたかむね(15??~1554)】

梅戸高実の男。

梅戸実秀【うめどさねひで(15??~1568)】

梅戸高実の次男。通称左衛門尉。1561年、梅戸高実が病没すると、次男の梅戸実秀が梅戸家の家督を相続した。1568年、「田光城の戦い」で滝川一益勢の攻撃を受け討死した。

大木安芸守【おおあきのかみ(15??~15??)】

員弁郡大木城主。官途は駿河守。通称舎人助。北伊勢四十八家。1567年、「北伊勢侵攻」では、滝川一益勢に降伏した。1576年、滝川一益から長島城に招かれるが、金井城主種付秀信が謀殺されたため、西国に落延びた。

大矢知遠江守【おおやちおおみのかみ(15??~15??)】

朝明郡大矢知館主。北勢四十八家。1563年、織田信長勢に降伏して柴田勝家の寄騎衆を務めた。

小川宗晴【おがわむねはる(15??~15??)】

朝倉盈盛家臣。通称勘右衛門。

小串常政【おぐしつねまさ(15??~1577)】

員弁郡猪飼城主。通称次郎右衛門。1577年、「縄生城の戦い」で討死した。

乙部政直【おとべまさなお(15??~15??)】

長野藤定家臣。三重郡渋見城主。官途は勘解由。別名乙部藤政。乙部衆十人の筆頭役を務めた。1557年、伊勢参宮に向かう山科言継の警護役を務めた。

乙部源次郎【おとべげんじろう(15??~15??)】

乙部政直の男。別名進藤源次郎。室は織田信長の叔母。

乙部正次【おとべまさつぐ(15??~1612)】

乙部源次郎の男。通称三左衛門尉。別名進藤正次。宇喜多秀家のもとで本丸御番を務め600石を領した。1600年、「関ヶ原の役」後、敗走する宇喜多秀家の警護役を本多左兵衛、黒田勘十郎、森田小伝次、芦田作内らとともに務めた。

----------------------------

【か】

春日部俊家【かすかべとしいえ(15??~1573)】

朝明郡萱生城主。官途は大膳亮。通称太郎左衛門。北伊勢三家六人衆。千種忠治に仕え近郷十ヶ村を領した。1567年、「萱生城の戦い」では、滝川一益勢の攻撃を受けたが、北勢三家衆(神戸具盛、千種忠治)とともに五年間に渡り戦いを継続した。1573年、織田信長勢の攻撃を受け討死した。

春日部若狭守【かすかべわかさのかみ(15??~15??)】

春日部俊家家臣。員弁郡星川城主。1563年、「萱生城の戦い」で滝川一益勢の攻撃を受けた。

春日部太郎左衛門尉【かすかべたろうざえもんのじょう(15??~15??)】

春日部俊家家臣。員弁郡伊坂城主。1563年、「萱生城の戦い」で滝川一益勢の攻撃を受けた。

片岡掃部助【かたおかかもんのすけ(15??~15??)】

桑名郡上深谷城主。

片山主計【かたやましゅけい(15??~1577)】

上木城主。1577年、「縄生城の戦い」で討死した。

鹿伏兎定長【かぶとさだなが(15??~15??)】

関盛信家臣。鈴鹿郡加太城主。官途は左京佐。1536年、「林城の戦い」では、関盛信に従い先陣を務め、奄芸郡林城主林重越を安濃郡に逐った。1538年、三男の鹿伏兎定保を伴って林村に入り、奄芸郡東部を平定した。1542年、足利義晴に白鷹を献上した。1544年、北畠具教の意向を受け六角義賢勢に属して、京極高延勢と戦った。1567年、「北伊勢国侵攻」では、関盛信、関盛重、弟鹿伏兎坂定住らと織田信長勢に抵抗した。その後、神戸友盛が織田信長の三男織田信孝を養子に迎えて和議を結んだ。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

鹿伏兎宗心【かぶとむねしん(15??~1570)】

鹿伏兎定長の男。官途は豊前守。1570年、浅井長政が朝倉義景と結んで織田信長と戦うと、浅井長政勢に属した。鹿伏兎宗心は鹿伏兎城を弟鹿伏兎定義と叔父坂定住に任せ、自身は小谷城に入城した。「姉川の戦い」で織田信長勢の佐々成政、酒井忠次、小笠原長忠勢らと戦って討死した。

鹿伏兎定義【かぶとさだよし(15??~15??)】

鹿伏兎定長の次男。1582年、「本能寺の変」後、織田信孝勢に属した。1584年、「小牧、長久手の戦い」で織田信雄、羽柴秀吉勢の攻撃を受け落延びた。

川北藤元【かわきたふじもと(15??~15??)】

細野藤光の三男。通称内匠助。1567年、「北伊勢国侵攻」では、織田信長の家臣滝川一益勢の降伏した。分部光嘉とともに北畠具教の次男長野具藤を追放して、織田信長の弟織田信包を養子に迎えた。

神戸具盛【かんべとももり(15??~1551)】

河曲郡神戸城主。北畠材親の次男(神戸為盛の養子)。官途は下総介。通称は四郎。養父神戸為盛は継嗣に恵まれず、京都相国寺で仏門の修行していたが還俗して神戸家の家督を相続した。後に神戸城を築城して居城を移した。兄北畠具教の勢力を背景に楠木正具や赤堀忠綱に娘を嫁がせ、北伊勢国を中心に神戸家の勢力を拡大した。

神戸長盛【かんべながもり(15??~1552)】

神戸具盛の男。赤堀忠綱と結んで、関盛雄勢と戦った。

神戸具氏【かんべともうじ(15??~15??)】

神戸具盛の次男。

神戸利盛【かんべとしもり(1537~1559)】

神戸長盛の男。1552年、父神戸長盛の病没により神戸家の家督を相続した。1557年、六角義賢の家臣小倉三河守勢が千種忠基とともに柿城主佐脇長隆を攻撃すると、これを支援するため参陣した。家臣の岸岡城主佐藤中務丞、佐藤又三郎父子が六角義賢勢に内応して神戸城を奪われた。岸岡城を守る佐藤中務丞の家臣古市与助を内応させ岸岡城を攻落とした。長野具藤の支援を受け神戸城を奪還、佐藤中務丞、佐藤又三郎を謀殺した。

神戸具盛【かんべとももり(15??~1600)】

神戸長盛の次男。官途は下総守。通称蔵人大夫。別名神戸友盛。室は蒲生定秀の娘。もと福善寺の住職。1559年、兄神戸利盛の病没により、還俗して神戸家の家督を相続した。神戸具盛は、敵対していた関盛信との関係を修復し、関盛信とともに日野城主蒲生定秀の娘を娶って、勢力の回復に努めた。1567年、「北伊勢国侵攻」が開始されると家臣の山路弾正忠らとともに織田信長勢と戦い撤退に追い込んだ。1568年、織田信長に降り、織田信長の三男織田信孝を養子に迎え和議を結んだ。1571年、織田信孝を冷遇したため織田信長の怒りを買い、近江国日野城に幽閉された。織田信孝が神戸家の家督を相続したが、それに反対する家臣団の多くが謀殺された。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

木全忠澄【きまたただすみ(1534~1610)】

木全征詮の男。通称又左衛門。智謀に優れるとともに「木全の槍」といわれた槍の名人。苅安賀城主浅井政貞に仕えた。のちに滝川一益に仕えた。滝川一益が没落すると羽柴秀吉に仕えて小姓組にはいる。羽柴秀吉には謀略担当の近侍として仕えた。

木全忠征【きまたただゆき(1559~1635)】

木全忠澄の男通称彦五郎。官途は出雲守。別名滝川忠征。室は南部兼綱の娘。滝川一益に仕えた。1600年、「関ヶ原の役」後、松平元康に仕え、名古屋城築城の奉行衆を務めた。1615年、松平義直に仕えて6,000石を領した。

草薙出雲守【くさなぎいずものかみ(15??~15??)】

春日部俊家家臣。桑名郡御衣野城主。1567年、「北伊勢国侵攻」で織田信長の家臣滝川一益勢に多度城主小串伊豆守、猪飼城主小串詮通、小山城主高井民部少輔らとともに降伏した。

草生民部少輔【くさわみんぶしょうゆ(15??~15??)】

安芸郡草生城主。

草生越前守【くさわえちぜんのかみ(15??~15??)】

草生民部少輔の男。長野家が織田信長のに属した時、草生越前守も織田信長に属した。

楠木正充【くすのきまさみつ(1477~1532)】

三重郡楠木城主。神戸具盛家臣。

楠木正忠【くすのきまさただ(15??~15??)】

楠木正充の男。通称十郎左衛門。1567年、「北伊勢国侵攻」では、神戸具盛勢に属して織田信長勢と戦った。

楠木正具【くすまさまさとも(1516~1576)】

楠木正忠の男。通称七郎左衛門。1567年、「北伊勢国侵攻」で、北伊勢国諸勢力の手強い反撃に手を焼いた織田信長は、体制を整えるとふたたび北伊勢国に侵攻した。織田信長勢の攻撃により関盛信や神戸具盛らは織田信長と和議を結んだが八田城に拠る楠正具は降伏の勧めにも応ぜず抵抗を続けた。南伊勢国の北畠具教までが織田信長と和議を結んだため、八田城を支えきれず、大坂石山本願寺に落延びた。織田信長は楠正具の引渡しを本願寺顕如に迫ったが、本願寺顕如は楠正具を匿った。1576年、「木津川の戦い」で織田信長勢と戦い討死した。 参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。
 
楠正盛【くすのきまさもり(15??~1584)】

楠木貞孝の男。通称十郎。1568年、楠木正具が石山本願寺に落延びると、楠木正具の娘婿楠木正盛が織田信長の意向により城主となった。楠木正盛は北畠家を相続した織田信雄に仕えた。1582年、「本能寺の変」で織田信長が討死した後も織田信雄に仕えた。1584年、「小牧、長久手の戦い」では、織田信雄勢に属した。「美濃加賀野井城の戦い」で羽柴秀吉勢との戦いで討死した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。  

栗田季重【くりたよししげ(15??~1577)】

員弁郡縄生城主。官途は監物。北勢四十八家。1577年、滝川一益勢の攻撃を受け討死した。

国府盛邑【こくふもりむら(15??~15??)】

鈴鹿郡国府城主。亀山城の関家を本家に、国府城、沢城、 鹿伏兎城、峯城を分家とし「関一党」を構成した。

国府盛種【こくふもりたね(1540~1589)】

国府盛邑の男。通称次郎四郎。1584年、「小牧、長久手の戦い」では、織田信雄勢に属して、羽柴秀吉勢と戦った。羽柴秀吉勢の蒲生氏郷の攻撃を受け落城した。 

小阪政吉【こさかまさよし(15??~15??)】

桑名郡梅戸城主。通称源九郎。

後藤実重【ごとうさなしげ(15??~15??)】

三重郡宇野部城主。通称民部。

後藤弥五郎【ごとうよごろう(15??~15??)】

桑名郡別所城主。

後藤太郎左衛門【ごとうたろうざえもん(15??~15??)】

桑名郡糠田城主。

後藤藤勝【ごとうふじかつ(15??~1568)】

三重郡采女城主。官途は淡路守。通称采女正。1568年、「采女城の戦い」では、織田信長勢の攻撃を受け討死した。娘の千奈美姫も深井戸に身を投げて父の後を追った。

駒沢藤綱【こまざわふじつな(15??~15??)】

雲林院祐基家臣。前山城主。

近藤吉綱【こんどうよしつな(15??~15??)】

員弁郡白瀬城主。通称弾正左衛門尉。

近藤左京進【こんどうさきょうのしん(15??~15??)】

桑名郡深谷部北狭間城主。

近藤教恵【こんどうよしけい(15??~15??)】

近藤左京進の男。官途は右京亮。

----------------------------

【さ】

坂定住【さかさだずみ(15??~15??)】

鹿伏兎定長家臣。1567年、「北伊勢国侵攻」では、鹿伏兎定長は関盛信、関盛重、坂定住らと織田信長勢に抵抗した。

佐藤中務【さとうなかむ(15??~15??)】

鈴鹿郡岸岡城。神戸家六奉行。1557年、六角義賢が神戸具盛勢の柿城を攻撃した際、神戸利盛が救援に赴いた隙に佐藤中務、佐藤又三郎父子は謀叛を企て、六角義賢の家臣小倉三河守勢を神戸城に迎え入れた。佐藤中務家臣古市与介が謀反を起こして神戸利盛を岸岡城に迎えため、神戸利盛勢の反撃を受け、継嗣佐藤又三郎とともに謀殺された。

杉谷善住坊【すぎや(15??~1570)】

杉谷館主。別名萩原善住坊。1570年、「第一次越前討伐」で浅井長政が朝倉義景に内応すると、織田信長は京都に撤退した。六角義賢に依頼され、岐阜城に帰還する織田信長の謀殺を図るが失敗した。失敗した善住坊は逃亡したが潜伏先の近江国高島郡で捕縛され、鋸挽きの刑に処せられた。

関盛信【せきもりのぶ(15??~1593)】

鈴鹿郡亀山城主。伊勢下野守の男。官途は中務大輔。室は蒲生定秀の娘。別名関万鉄斎。蒲生定秀の娘を娶り、六角義賢勢に属した。1568年、織田信長が伊勢国に侵攻すると、織田信長勢に降伏した。織田信孝に寄騎衆に任じられた。1573年、織田信長の怒りを買い神戸具盛とともに近江国日野城に幽閉された。
1582年、「四国征伐」で織田信孝が総大将に任じられると、関盛信も許されて亀山城に戻った。「本能寺の変」で織田信長が討死すると、織田信孝のもとを離れ、蒲生氏郷に属した。1584年、「小牧、長久手の戦い」では、羽柴秀吉勢に属してたため、滝川一益勢の攻撃を受け落城した。

関盛忠【せきもりただ(15??~1574)】

関盛信の男。通称四郎。1568年、「北伊勢国侵攻」で滝川一益勢に降伏した。1574年、羽柴秀吉のもとを出奔した樋口直房を討取る戦功を挙げた。1574年、「伊勢長島城の戦い」に参陣して一向一揆勢と戦い討死した。

関一政【せきかずまさ(1564~1625)】

関盛信の次男。官途は長門守。通称四郎。室は蒲生賢秀の娘。父関盛信とともに織田信長、羽柴秀吉に仕えた。1584年、「小牧、長久手の戦い」では、羽柴秀吉勢に属して参陣した。父関盛信から家督を譲られ、蒲生氏郷の寄騎衆を務めた。1591年、蒲生氏郷が会津若松城に転封になると、白河城を領した。1598年、信濃国飯山城30,000石へ転封された。1600年、「関ヶ原の役」では、石田三成勢に属して尾張国犬山城を守備したが、後に松平元康勢に寝返り、井伊直政勢に属して戦功を挙げた。役後、伊勢国亀山城に転封した。1611年、伯耆国黒坂城50,000石に転封された。1614年、「大坂冬の陣」では、松平元康勢に属して京橋口攻めを担当した。1615年、「大坂夏の陣」でも京橋口を攻めて頸級50余りを取る戦功を挙げた。1618年、家中内紛のため、改易処分に処された。

関氏盛【せきうじもり(15??~16??)】

関盛吉の男。(関一政の養子)。1618年、養父関一政は改易処分に処されたが、近江国蒲生郡内で5,000石を領して関家を再興した。

関盛吉【せきもりよし(15??~16??)】

関盛信の男。官途は主馬。通称十兵衛。父関盛信が織田信長に属したのでこれに従った。のち柴田勝豊に仕え1,000石を領した。1579年、越前丸岡城に一揆衆の攻撃を受けたが、これを迎撃する戦功を挙げた。のち蒲生氏郷に仕えた。蒲生氏郷の会津若松城を領すると、猪苗代城代に任ぜられ7,000石を領した。1609年、主家内紛のため蒲生家を辞し、兄関一政に仕えた。1618年、関家が改易処分に処されると土井利勝に寄食した。

----------------------------

【た】

高井民部少輔【たかいみんぶしょうゆ(15??~15??)】

員弁郡小山城主。

多湖実元【たこしげもと(15??~1589)】

員弁郡笠田城主。官途は大蔵介。1568年、「北伊勢国侵攻」で織田信長勢に降伏した。1589年、「小田原の役」では、羽柴秀吉勢に従って参陣して討死した。

館薩摩守【たてさつまのかみ(15??~15??)】

三重郡阿倉川城主。

種村高盛【たねむらたかもり(15??~1572)】

員弁郡大泉金井城主。官途は大蔵太夫。1522年、「第一次金井城の戦い」では、土岐道誉勢の攻撃を受けたが、周辺の諸豪族とともにこれを撃退して土岐道誉を討取る戦功を挙げた。1532年、「第二次金井城の戦い」では、土岐掃部助勢の攻撃を受けたが、この時も周辺の諸豪族が連合して戦い伏兵をもってこれを撃退、土岐掃部助を討取った。

種村秀政【たねむらひでまさ(15??~15??)】

種村高盛の四男。通称弾正左衛門尉。1542年、父種村高盛が病で倒れたため、種村家の家督を相続した。1568年、「北伊勢国侵攻」では、滝川一益勢の攻撃を受け降伏した。

種村秀信【たねむらひでのぶ(15??~1569)】

種村秀政の男。滝川一益勢に従って、畿内各地を転戦した。1569年、滝川一益に謀反の疑いをかけられ伊勢長島城内で自刃した。

千種忠治【ちぐさただはる(15??~1563)】

三重郡千種城主。官途は常陸介。北伊勢三家六人衆。別名千種忠房。1555年、「第一次千種城の戦い」では、六角義賢勢の攻撃を受け和議を結ぶが、六角義賢の家臣後藤賢豊の次男千種忠基を養子に迎え、隠居を余儀なくされた。後に、千種忠治は継嗣の千種又三郎に、千種家の家督を譲ろうと画策するが千種忠基に発覚、千種又三郎とともに追放処分に処された。1558年、「第二次千種城の戦い」では、萱生城主春日部大膳、星川城主春日部若狭守らと結び千種城の奪還を図るが失敗した。1563年、観音寺城内で六角義賢に謀殺された。

千種忠基【ちぐさただもと(15??~15??)】

後藤賢豊の男(千種忠治の養子)。通称三郎左衛門尉。室は千種忠治の娘。千種忠基は北畠具房の養嗣子となった織田信雄から千種城を安堵された。この際、千種忠基は富田知信の甥千種顕理を養子とした。

千種顕理【ちぐさあきよし(15??~1615)】

富田知理の甥(千種忠基の養子)。1615年、「大坂夏の陣」では、羽柴秀頼に従って参陣したが討死した。

富永筑後守【とみながちくごのかみ(15??~15??)】

員弁郡長深城主。

----------------------------

【な】

中尾駿河守【なかおするがのかみ(15??~15??)】

長野具藤家臣。

中尾新左衛門【なかおしんざえもん(15??~15??)】

中尾駿河守の男。1568年、長野具藤を追放して、織田信長から織田信包を長野家の養子に迎えた。1576年、織田信長から忠勤を賞された。後に、羽柴秀吉に仕えた。1600年、「関ヶ原の役」では、石田三成勢に属したため、役後に改易処分に処された。

中野藤太郎【なかのふじたろう(15??~15??)】

朝明郡中野城主。1567年、「北伊勢国侵攻」では、持福城主朝倉盈盛、保々西城主朝倉詮真、富田城主南部兼綱らと結んで、織田信長勢に対抗した。

長野通藤【ながのみちひさ(1478~1530)】

鈴鹿郡長野城主。長野藤直の男。官途は尾張守。安濃郡、奄芸郡地頭職を務めた。1514年、父長野藤直の病没により、長野家の家督を相続した。

長野稙藤【ながのたねふじ(1504~1562)】

長野通藤の男。官途は宮内大輔。1530年、父長野通藤が病没により、長野家の家督を相続した。中伊勢の支配権をめぐって北畠晴具や北畠具教と争った。継嗣の長野藤定に家督を譲り隠居した後も、長野藤定とともに政務を執った。1547年、北畠晴具との抗争はその後も続いたが、次第に劣勢に立たされた。

長野藤定【ながのふじさだ(1526~15??)】

長野稙藤の男。官途は大和守。1543年、中伊勢の支配権をめぐって北畠晴具、北畠具教らと争った。後に北畠晴具と和議を結び、六角定頼とともに浅井久政を攻撃した。1547年、北畠晴具勢の攻撃を受けた。1558年、北畠具教と和議を結び、北畠具教の次男長野具藤を養子に迎えて家督を譲った。

長野具藤【ながのともふじ(1552~15??)】

北畠具教の次男(長野藤定の養子)。1558年、父北畠具教と長野藤定が和議を結ぶと、養子として長野家の家督を相続した。父北畠具教に従って伊勢国を転戦した。1559年、赤堀城主赤堀忠綱や亀山城主関盛信と戦ったが、いずれも敗北した。1568年、織田信長勢が伊勢国に侵攻すると、徹底抗戦をしようとしたが、同じく抗戦を主張した細野藤敦と対立して内紛を起こした。長野具藤は細野藤敦との戦いに敗れ多芸城に落延びた。1569年、織田信長に降伏し、織田信長の弟織田信包を養子に迎え家督を相続させた。

長野左京進【ながのさきょうのしん(15??~1584)】

長野具藤家臣。1569年、「大河内城の戦い」では、大河内城に籠城して織田信長勢と戦った。のちに織田信雄に仕えた。織田信長の意向により藤方朝成の家臣加留左京とともに三瀬館に行って北畠具教を謀殺した。1584年、「小牧、長久手の戦い」では、織田信雄勢の木造具政に属したが、羽柴秀吉勢に寝返った。家所修理亮と争って謀殺された。

成田隼人正【なりたはやとのじょう(15??~15??)】

神戸具盛家臣。須賀城主。

南部兼綱【なんぶかねつら(15??~15??)】

朝明郡富田城主。官途は治部少輔。1567年、「北伊勢国侵攻」では、持福城主朝倉盈盛、保々西城主朝倉詮真、中野城主中野藤太郎らと結んで、織田信長勢に対抗した。

西野左馬助【にしのさうまのすけ(15??~1577)】

員弁郡野尻城主。北勢四十八家。1577年、「縄生城の戦い」で小串常政とともに滝川一益勢と戦い討死した。

西松要人【にしまつようじん(15??~1571)】

桑名郡柚井村城主。北勢四十八家。1571年、「柚井村城の戦い」で柴田勝家、氏家卜全勢の攻撃を受け討死した。

沼木宗治【ぬまきむねはる(15??~1557)】

神戸具盛家臣。朝明郡柿城主。1557年、「柿城の戦い」では、六角義治の家臣
小倉実隆の攻撃を受け討死した。

野村兵庫助【のむらひょうごのすけ(15??~1568)】

員弁郡島田城主。1568年、「島田城の戦い」で滝川一益に勢の攻撃を受け討死した。

野呂長門守【のろながとのかみ(15??~1580)】

雲林院祐基家臣。家老職を務めた。1580年、織田信包に謀殺された。

----------------------------

【は】

畑与九郎【はたよくろう(15??~15??)】

三重郡切畑城主。

畑定政【はたさだまさ(15??~1577)】

畑与九郎の男。1577年、「切畑城の戦い」で織田信長勢の攻撃を受け討死した。

浜田与五郎【はまだよごろう(15??~15??)】

三重郡浜田城主。

羽津宗武【はねつむねたけ(15??~15??)】

赤堀忠綱家臣。三重郡羽津城主。羽津宗昌の男。官途は遠江守。赤堀三家のひとつ。1572年、滝川一益の意向を受けた山口家によって茂福城へ呼び出され謀殺された。

田原元綱【はらだもとつな(15??~1576)】 

三重郡浜田城主。官途は肥前守。1576年、滝川一益の攻撃を受け討死した。

田原重綱【はらだしげつな(15??~1589)】

田原元綱の男。1576年、「浜田城の戦い」で織田信長の家臣滝川一益勢の攻撃を受けて落城、父原田元網は討死したため、美濃国に落延びた。その後、織田信雄に仕えた。1589年、「美濃加賀野井城の戦い」で織田信雄に従って参陣して討死した。

治田山城守【はるたやましろのかみ(15??~15??)】

員弁郡治田城主。

平田賢元【ひらたかたもと(15??~15??)】

鈴鹿郡平田城主。官途は将監。織田信長の「北伊勢侵攻」でも屈せず最後まで抵抗した。

古市与介【ふるいちよすけ(15??~15??)】

佐藤中務家臣。1557年、神戸利盛が柿城の救援に向かった際、佐藤中務が六角義賢に内応して、神戸城を奪い取った。古市与介は神戸利盛に内応して、岸岡城に神戸利盛を迎い入れた。

細野藤光【ほそのふじみつ(1511~1560)】

安濃郡津城主。長野通藤の次男。室は峰道正の娘。兄長野稙藤の意向を受けて、細野家の家督を相続した。

細野藤敦【ほそのふじあつ(1541~1603)】

細野藤光の男。官途は壱岐守。剛勇を以て知られるが、長野具藤とは仲が悪かった。1568年、織田信長が北伊勢国に侵攻すると、和議を主張する分部光嘉らの反対を押し切って、織田信長勢と戦った。分部光嘉、川北藤元らが織田信長勢に内応したため降伏した。1577年、「津城の戦い」では、織田信包勢の攻撃を受け分部光嘉、川北藤元らが討死した。自身は蒲生氏郷を頼って落延びた。その後、羽柴秀吉に仕えて、松丸殿や大政所の家司を務めた。1600年、「関ヶ原の役」では、石田三成勢に属して失領した。

保々越前守【ほほえちぜんのかみ(15??~15??)】

員弁郡保々城主。

----------------------------

【ま】

金井松岡家勝【まつおかいえかつ(15??~15??)】

員弁郡金井城主。松岡家政の次男。春日部俊家家臣。通称彦之進。北勢四十八家のひとつ。

水谷與三兵衛【みずこしさひょうへ(15??~15??)】

桑名郡大鳥井城主。

峯安政【みねやすまさ(15??~1550)】

鈴鹿郡峯城主。神戸具盛家臣。

峯広政【みねひろまさ(15??~1573)】

峯安政の弟。官途は筑前守。1550年、兄峯安政の討死により、峯家の家督を相続した。1567年、「北伊勢国侵攻」により、神戸具盛が織田信長に降ると、峰広政も織田信長勢に属した。

峯盛祐【みねもりすけ(15??~1574)】

峰広政の男。通称八郎四郎。織田信長の「北伊勢侵攻」により神戸信孝に属した。1574年、「長島城の戦い」で峯盛祐が討死した。

峯盛治【みねもりはる(15??~1584)】

峯広政の次男。通称与八郎。1574年、「長島城の戦い」で兄峯盛祐が討死後、岡本下野守が峯城主となった。1583年、関盛信の家臣若藤左衛門が滝川一益に内応すると、滝川儀太夫勢の攻撃を受け落城した。1584年、「小牧、長久手の役」では、織田信雄勢に属して加賀井城に籠城したが、羽柴秀吉勢の攻撃を受け討死した。

毛利次郎左衛門【もうりじろうざえもん(15??~15??)】

員弁郡桑部城主。

森小一郎【もりこいちろう(15??~15??)】

桑名郡中江城主。

森清十郎【もりきよじゅうろう(15??~15??)】

森小一郎の男。

----------------------------

【や】

矢田市郎右衛門尉【やだいちろううえもんのじょう(15??~15??)】

桑名郡走井城主。北勢四十八家。

矢田市郎左衛門【やだいちろうざえもん(15??~1567)】

桑名郡愛宕山城主。1567年、「北伊勢侵攻」で滝川一益勢の攻撃を受け討死した。

矢田俊元【やだとしもと(15??~15??)】

桑名郡矢田城主。1567年、「北伊勢侵攻」で滝川一益勢の攻撃を受け討死した。

山路正幽【やまじまさゆう(15??~15??)】

神戸具盛家臣。河曲郡高岡城主。官途は紀伊守。室は神戸具盛の娘。神戸四百八十人衆。

山路弾正少弼【やまじだんじょうしょうひつ(15??~1571)】

山路正幽の男。1567年、「高岡城の戦い」で織田信長の攻撃を受たが、山路種常らとともに、織田信長勢を撃退した。神戸具盛、長野具藤が相次いで織田信長に属するとこれに従った。1571年、織田信孝に謀殺された。

山路種常【やまじたねつね(1550~1619)】

山路正幽の次男。官途は久之丞。通称は勘兵衛。別名長尾一勝。神戸信孝家臣小島兵部の家臣。後に福島正則に仕え福島家三家老と称された。1589年、「小田原の役」では、福島正則に従って参陣し、北条氏規が籠城する韮山城を攻撃した。城壁に三度よじ登り、城内から三度突き落とされて負傷した。1600年、「関ヶ原の役」後、福島正則が安芸国に入ると、備後国東城五品嶽城主に任じられた。1614年、「大坂冬の陣」でも戦功を挙げた。

山路正国【やまじまさくに(1546~1583)】

山路正幽の三男。通称に将監。柴田勝家に仕えた。1582年、「本能寺の変」後、近江国長浜城主となった柴田勝豊の附家老職を務めた。羽柴秀吉の攻撃を受けて、柴田勝豊とともに羽柴秀吉勢に降伏した。1583年、「賤ヶ岳の戦い」では、柴田勝豊の陣代を務めた。佐久間盛政の調略を受けて柴田勝家勢に寝返った。その後、佐久間盛政勢に属して羽柴秀吉勢に奇襲をかけて一時は成功したものの、羽柴秀吉の反撃を受けて佐久間盛政勢は壊滅し、加藤清正に討取られた。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

横瀬勝五郎【よこせかつごろう(15??~15??)】

朝明郡広永城主。北勢四十八家。

分部光定【わけべみつさだ(1489~1564)】

安濃郡分部城主。長野藤定家臣。分部光直の男。官途は若狭守。通称四郎次郎。室は峯道正の娘。1514年、「五百野口の戦い」で戦功を挙げた。

分部光恒【わけべみつつね(1508~1549)】

分部光直の次男。官途は左京亮。通称与三左衛門尉。室は豊島言溥の娘。1549年、「長野家の乱」で戦功を挙げた。

分部光高【わけべみつたか(1527~1569)】

分部光恒の男。官途は若狭守。通称四郎次郎。室は豊島大和守の娘。1558年、「国府の戦い」で戦功を挙げた。1569年、「羽野の戦い」で北畠晴具の家臣山崎左馬介に討取られた。この際、山崎左馬介は栗毛の馬に騎乗していたので、これ以降、分部家では栗毛の馬を倦厭し騎乗しなくなった。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

分部光嘉【わけべみつよし(1552~1601)】

細野藤光の次男(分部光高の養子)。官途は右京亮。通称四郎次郎。室は分部光恒の娘(分部光高の養女)。1568年、織田信長が伊勢国に侵攻すると、兄細野藤敦と違って和議を主張し、織田信長の弟織田信包の長野家養子入りを進めるなど、織田信長に従属した。1570年、織田信包の意向により、伊勢上野城を築城した。1582年、「本能寺の変」後も織田信包に属した。羽柴秀吉から10,000石の加増を受け、織田信包ら独立して諸侯に列した。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して安濃津城を石田三成勢の攻撃から上野城を守った。1600年、「関ヶ原の役」後、戦傷がもとで病没した。

分部光勝【わけべみつかつ(1571~1599)】

分部光嘉の男。通称忠兵衛。伊勢国に侵攻してきた織田信長に降伏した父分部光嘉に従い、織田信包に仕えた。織田信長没後には馬廻衆として羽柴秀吉に仕えた。

分部光信【わけべみつのぶ(1591~1643)】

長野正勝の男(分部光嘉の養子)。官途は左京亮。室は渡辺久勝の娘。継室は酒井重忠の娘。1600年、「関ヶ原の役」では、分部光嘉が松平元康勢に属したため、人質として富田信高のもとに送られた。1601年、分部光嘉が病没後、分部家の家督を相続した。1614年、「大坂冬の陣」では、本多忠政に属して戦功を挙げた。1615年、「大坂夏の陣」でも戦功を挙げ、近江国大溝城に転封された。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

渡辺掃部助【わたなべかもんのすけ(15??~15??)】

桑名郡東方城主。

渡辺八右衛門督【わたなべはちえもんのじょう(15??~1567)】

員弁郡御薗城主。1567年、「北伊勢国侵攻」で織田信長勢の攻撃を受け討死した。

----------------------------

【資料Ⅰ】

北伊勢国(8郡/240,000石)

員弁郡:
桑名郡:桑名城、長島城。
朝明郡:持福城。
三重郡:赤堀城、浜田城。
鈴鹿郡:峯城。
河曲郡:高岡城。
庵芸郡:
安濃郡:長野城、分部城、安濃津城。

----------------------------

【資料Ⅱ】

三家六人衆【さんけろくにんしゅう】

南伊勢は北畠家が領し、安濃郡長野を拠点とする長野家、鈴鹿郡関、亀山に拠った関家がそれぞれ勢力を振るい、合せて「伊勢の三家」と称された。これに加えて、三重郡千種城主の千種家、河芸郡神戸城主の神戸家、朝明郡萱生城主である春日部家の三家を合せて「六人衆」と呼ばれて、それぞれ勢力は強大であった。さらに、北伊勢には四十八家と称される諸領主が割拠していた。

桑名衆【くわなしゅう】

自由都市「十楽の津」。十楽(じゅうらく)の津とは、十楽とは、仏教用語で、極楽のようなという意味で、武家の支配下での「座」に属さない、誰でも自由に商売が出来きた。美濃、尾張を貫流する木曽川、揖斐川、長良川の三河川が伊勢海に注ぐ河口部に位置した港町。鈴鹿山脈を横断する伊勢山越えルートの起点でもあり、そのため美濃、尾張の内陸部と伊勢海、そして畿内中央部の三地域を結節する流通の要衝として栄えた。1527年、桑名を訪れた連歌師宗長は「みなとのひろさ五六町。寺々家々数千軒」とし、さらに数千艘の船が停泊していたことを記しており、大きく繁栄していた。 この繁栄を支えたのが、「宿」(宿屋兼取引場)における各地からの商品の取引であった。1558年、木曽川流域からは米のほか美濃の紙、信濃の芋、越後と越中の布などが運ばれいた。尾張、三河からは瀬戸焼や木綿などが運び込まれたと思われ、先述の紙や布などとともに保内商人らによって陸路で京都方面に運ばれた。

北方一揆衆【きたかたいっきしゅう】

南北朝期以降成長してきた中小の在地領主が主体となった員弁郡を中心とした豪族衆。幕府は、畿内近国という幕府の本拠地に近い国々の中小領主である一般御家人を一揆として組織した奉公衆。

十ヶ所人数【じゅっかしょにんずう】

朝明郡の朝倉家を中心とした豪族衆。

四本商人【しほんしょうにん】

中世後期、鈴鹿山脈を超え伊勢、美濃方面との隔地間取引に従事した南近江国の商人衆。得珍保(保内)商人(八日市)、石塔商人(蒲生郡)、小幡商人(神崎郡)、沓掛商人(愛知郡)。

長島一向一揆【ながしまいっこいっき】
 
戦国時代には各地に群雄が割拠し、桑名郡には40余りの砦が築かれ、北勢地方には、四十八家と呼ばれるほど多くの豪族がいた。全地域を治めるほどの大勢力はなく、宗教上ほとんどの豪族を門徒とする長島願証寺門徒衆があった。長島願証寺は格式が高い寺で、門徒衆100,000人を擁し、本願寺派の東海地方に本拠地でした。石山本願寺に呼応して、願証寺を中心に長島一向一揆が起きたとき、桑名、多度、員弁の豪族達も門徒衆に加勢した。

----------------------------

【資料Ⅲ】

北伊勢国【きたいせのくに】

----------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社、『戦国大名系譜人名辞典(東国編)』by新人物往来社、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)』by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

2011年10月6日木曜日

戦国北越後国人名辞典

----------------------------

【あ】

赤橋玄蕃頭【あかはしげんばのかみ(15??~15??)】

新発田重家家臣。北蒲原郡赤橋館主。別名榎本玄蕃頭。1582年、「新発田重家の乱」では、新発田重家に従って長尾景勝勢と戦った。

鮎川藤長【あゆかわふじなが(15??~15??)】

岩船郡大葉沢城主。本庄時長家臣。官途は摂津守。

鮎川清長【あゆかわきよなが(15??~1571)】

鮎川藤長の男。官途は信濃守。1530年、「上条定憲の乱」では、他の揚北衆とともに上条定憲勢に属して長尾為景勢と戦った。1539年、下渡島城を巡って本庄房長と争った。小川長資や色部勝長とともに本庄城を攻撃して、本庄房長を羽前国に追落した。1561年、「第四次川中島の戦い」では、本庄繁長、色部勝長らとともに、武田晴信勢と戦った。1568年、「本庄繁長の乱」では、長尾景虎勢に属した。本庄繁長は長尾景虎と和議を結んだが、本庄繁長の所領の一部が鮎川清長に与えられた。1571年、本庄房長の法要十三回忌の席場で本庄繁長に謀殺された。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

鮎川盛長【あゆかわもりなが(15??~15??)】

鮎川清長の男。通称孫次郎。1568年、「本庄房長の乱」では、長尾景虎勢に属して本庄房長と戦った。1582年、「御館の乱」では、本庄繁長が長尾景勝勢に属したため、長尾三郎景虎勢に属したが敗北した。1581年、「新発田重家の乱」では、長尾景勝にも新発田重家にの属さず中立を維持した。長尾景勝が会津若松城1,200,000石に転封になるとそれに従った。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

鮎川長憲【あゆかわながのり(15??~15??)】

鮎川清長家臣。1541年、鮎川清長と本庄房長との争いに関する起請文に連書した。

荒川長実【あらかわながざね(15??~1561)】

色部勝家臣。岩船郡荒河城主。官途は伊豆守。越後十七将のひとり。長尾景虎の影武者を務めた。1561年、「第四次川中島の戦い」で先陣を務めた。その際、武田晴信勢に攻撃をけか、武田晴信に三太刀斬りつけ、二箇所に傷を負わせたが討取ることは出来なかった。長尾景虎勢が撤退すると、武田晴信勢に包囲され討死した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

荒川弥次郎【あらかわよじろう(15??~15??)】

荒川長実の男。

有明平右兵衛【ありあけさへい(15??~15??)】

本庄房長家臣。1535年、本庄房長に謀反を企てたが露見したため、須貝伊賀守の支援を受け羽前国に落延びた。

飯岡刑部大輔【いいおかぎょうぶだいほ(15??~15??)】

色部勝家臣。岩船郡飯岡館主。

飯岡長行【いいおかながゆき(15??~15??)】

飯岡刑部大輔の男。

池ノ端掃部介【いけのはたかもんのすけ(15??~1582)】

新発田重家家臣。北蒲原郡池ノ端城主。別名高橋掃部介。1582年、「小坂の戦い」で長尾景勝勢と戦い討死した。

池ノ端鴨之助【いけのはたかもんのすけ(1557~15??)】

池ノ端掃部介の男。1582年、「新発田重家の乱」では、父池ノ端掃部介とともに新発田重家に従って参陣した。1583年、「放生橋の戦い」で、冑頸と、母袋武者二騎を討取る戦功を挙げた。1587年、「新発田城の戦い」で新発田城が落城すると池端鴨之助は城兵30騎余りを率いて血路を開き、7騎が包囲を撃破り落ち延びた。
 
五十公野景家【いじみのかげいえ(15??~15??)】

新発田綱貞家臣。通称弥三郎。1531年、『越後衆連判軍陣壁書』に連署した。1530年、「上条定憲の乱」では、長尾為景勢に属して上条定憲勢に属した他の揚北衆と戦った。その後、上条定憲に属した。

五十公野信宗【いじみののぶむね(15??~1578)】

長沢光国家臣(新発田綱貞の養子)。蒲原郡五十公野城主。室は新発田綱貞の娘。越中国湯山城代長沢光国の小姓だった。1569年、長沢光国が長尾景虎に降った。越後三条街奉行を任じられた。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属して、義兄五十公野治長とともに加地城主加地秀綱や三条城主神余親綱を攻撃した。1580年、新発田長敦が病没し、新発田治長が新発田重家と称し新発田家の家督を相続すると、代わりに五十公野家を相続した。1581年、新発田重家が長尾景勝に謀反を起こすとこれに属した。1587年、藤田信吉が率いる長尾景勝勢に五十公野城を囲まれ、籠城中に家老の河瀬次太夫、羽黒権太夫が藤田信吉に内応したため、落城し五十公信宗も討死した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

稲葉名兵衛【いなばなへい(15??~15??)】

本庄繁長家臣。1547年、本庄繁長が羽前国の庄内地方を領すると、これに従い庄内に転封した。1569年、本庄繁長が長尾景虎に降伏すると、責任を取り、猿沢城に隠居した。

今井源右衛門【いまいげんえもん(15??~15??)】

長尾景勝家臣。北蒲原郡笹岡城主。1578年、「御館の乱」後、上郷城から今井源右衛門が転封した。1585年、新発田重家勢の攻撃を受けた落城した。

色部清長【いろべきよなが(15??~15??)】

岩船郡平林城主。通称弥三郎。1535年、砂越氏維宛の連署状に中条藤資らと連署した。

色部憲長【いろべのりなが(15??~15??)】

色部清長の男。官途は遠江守。越後国守護代長尾為景が越後国を掌握すると、度重なる軍役は国人衆の財政を圧迫した。1530年、「上条定憲の乱」で上条定憲と長尾為景が戦うと、長尾為景勢に属した。1531年、『越後衆連判軍陣壁書』に岩船郡、蒲原郡、刈羽郡の諸将十八名とともに連署した。1542年、「伊達天文の乱」で小河長基らととも上条定憲を支援した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

色部勝長【いろべかつなが(1493~1569)】

色部憲長の男。官途は修理進。通称弥三郎。1530年、「上条定憲の乱」で本庄房長、黒川清実、中条藤資ら揚北衆とともに上条定憲勢に属して長尾為景と戦い長尾為景を隠居に追い込んだ。1542年、「伊達天文の乱」では、本庄房長、黒川清実らとともに伊達晴宗勢に属して、伊達稙宗勢に属した鳥坂城主中条藤資を攻撃した。小川長資、鮎川清長らが本庄繁長に謀反を起こすと、その調停を行った。1561年、「第四次川中島の戦い」では、柿崎景家、安田長秀らとともに戦功を挙げた。1564年、「下野佐野城の戦い」で戦功を挙げた1569年、「本庄繁長の乱」で本庄繁長勢の夜襲に遭い討死した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

色部顕長【いろべあきなが(1549~1587)】

色部勝長の男。官途は修理亮。通称弥三郎。1569年、「本庄繁長の乱」で父の色部勝長が討死すると家督を相続した。1576年、病弱を理由に隠居し色部家の家督を弟色部長実に譲り隠居した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

色部長実【いろべながざね(1553~1592)】

色部勝長の次男。官途は修理大夫。通称惣七郎。室は新発田綱貞の娘。1576年。兄色部顕長が病弱を理由に隠居すると、色部家の家督を相続した。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属して、長尾三郎景虎勢と戦った。1581年、「新発田重家の乱」では、内室が新発田重家の妹であったため、新発田重家との折衝役を務めた。1588年、長尾景勝の上洛に随行し、直江兼続、須田満親とともに羽柴秀吉から豊臣姓を授けられた。1590年、「仙北一揆」では、羽柴秀吉の意向を受けて出羽国平鹿郡大森城で大谷吉継とともにその鎮圧に戦功を挙げた。1592年、「文禄の役」では、長尾景勝に従って肥前名護屋城に赴いたが、その途上に発病し帰国した。大石綱元と木戸元斎に自分の病没後色部家を直江兼続に託す遺言状を残し病死した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

色部光長【いろべみつなが(1587~1640)】

色部長実の男。官途は修理亮。通称与三郎。室は樋口兼豊の娘。1592年、色部長実が死去したため、幼少で家督を継ぐ。色部長実の遺言に従って直江兼続の妹を室に迎え、元服するまでは後見人となった直江兼続の助けを借りて家中を治める。1598年、長尾景勝が会津転封になると出羽国置賜郡金山城主に任じられた。1600年、「長谷堂城の戦い」では、先陣を務め最上義光勢と戦った。長尾景勝が減封になると出羽国置賜郡窪田村を領した。1614年、「大坂冬の陣」に参陣した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

色部長継【いろべながつぐ(15??~15??)】
 
色部勝長家臣。1535年、色部勝長の家臣田中長義、早田守吉、布施家秀らが出奔すると、彼等と色部勝長の和議斡旋を本庄房長に依頼した。
 
色部中務少輔【いろべなかつかさしょうゆ(15??~15??)】

色部勝長家臣。1542年、「伊達天文の乱」で色部勝長が伊達晴宗勢を支援すると、色部勝長から離反して色部大蔵少輔らとともに伊達稙宗勢を支援した。
 
色部大蔵少輔【いろべおおくらしょうゆ(15??~15??)】

色部勝長家臣。1542年、「伊達天文の乱」で色部勝長が伊達晴宗勢を支援すると、色部勝長から離反して色部中務少輔らとともに伊達稙宗勢を支援した。

上野九兵衛尉【うえのくへいのじょう(15??~15??)】

柿崎晴家家臣。1578年、「猿毛城の戦い」では、長尾三郎景虎勢に属した篠宮出羽守が守備する猿毛城を長ヶ部半兵衛、田中喜兵衛らとともに猿毛城を攻落とした。この戦功により柿崎家は柿崎憲家によって再興された。

牛屋右近丞【うしやうきょうのじょう(15??~15??)】

色部勝長家臣。岩船郡牛屋館主。569石を領した。

大川忠秀【おおかわただひで(15??~1561)】

岩船郡藤懸城主。官途は駿河守。1561年、「第四次川中島の戦い」に参陣して海津城を守備した。山県昌景勢と戦い奮戦するが討死した。

大川長秀【おおかわながひで(15??~15??)】

大川忠秀の男。1569年、「本庄繁長の乱」では、二人の弟が本庄繁長勢に属して藤懸城を奪ったため、長尾景虎の意向により奪還戦の指揮を執った。本庄繁長の降伏により、再び藤懸城を居城とした。

大室主計【おおむろしゅけい(15??~15??)】

北蒲原郡大室館主。1583年、「新発田重家の乱」では、長尾景勝勢に属して先陣を務め、新発田重家勢と戦った。

小川長資【おがわながすけ(15??~1551)】

上杉定実家臣。本庄時長の次男(小川長基の養子)。1542年、「伊達天文の乱」では、兄本庄房長とともに伊達晴宗勢に属したが、対立する上杉定実、小川藤資らに内応して、本庄房長が出陣中に鮎川清長とともに本庄城を占拠した。本庄房長が陣中で病没すると、幼少の本庄繫長を本庄惣領職に擁立して自らはその陣代となり本庄家を専横した。1551年、本庄房長の十三回忌に参列した際、本庄繁長に謀殺された。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

小国頼久【おぐによりひさ(15??~15??)】

蒲原郡天神山城主。官途は修理亮。通称主水入道。1553年、「第一次川中島の戦い」では、後詰を務めた。

小国頼恭【おぐによりのり(15??~1601)】

小国重頼の男。官途は石見守。別名小国重頼。1573年、父小国頼久の隠居により小国家の家督を相続した。1582年、小国家の家中で内紛があり、長尾景勝の意向を受け樋口兼豊の次男小国実頼を養子に迎えた。

小国実頼【おぎにさねより(1562~1622)】

樋口兼豊の次男(小国頼恭の養子)。官途は但馬守。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属した。1582年、長尾景勝の意向を受けて天神山城主小国重頼の養子となり、小国家の家督を相続した。1586年、「新発田重家の乱」に参陣して、新潟城を焼打にした。1598年、長尾景勝が会津黒川城に転封になると、南山城代として21,000石を領した。1600年、神指城を築城では、直江兼続とともに普請奉行を務めた。「関ヶ原の役」後、羽前国高畠城代として7,000石を領した。1604年、直江兼続と本多政重との養子縁組に反対し、本多政重を迎えるために使者、西山宗秀、飯田元貞を謀殺した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

【か】

柿崎利家【かきざきとしいえ(15??~15??)】

中頸城郡柿崎城主。1507年、長尾為景が上杉定実を擁して上杉房能と戦うと長尾為景勢に属した。

柿崎景家【かきざきかげいえ(1513~1574)】

柿崎利家の男。官途は和泉守。通称弥次郎。室は黒田秀忠の娘。長尾晴景と長尾景虎が長尾家の家督をめぐって争うと、長尾景虎勢に属した。1558年、春日山城の留守居役を務めた。1561年、「第四次川中島の戦い」では、先陣を務め八幡原の武田晴信勢本陣を壊滅寸前にまで追い込んだ。柿崎景家の活躍は軍事面にとどまらず、内政面では斎藤朝信とともに奉行に任じられ、領内の諸役免除などの重要な施策に携わった。1570年、北条氏康との越相同盟締結においても尽力し、次男柿崎晴家を人質として小田原城へ送るなど、外交面でも活躍した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

柿崎祐家【かきざきすけいえ(15??~15??)】

柿崎景家の男。1572年、「越中朝日城の戦い」で一向一揆と銃撃に遭い深手を負った。柿崎家の家督は次男の柿崎晴家が相続した。

柿崎晴家【かきざきはるいえ(15??~1578)】

柿崎景家の次男。官途は和泉守。通称左衛門大夫。1570年、長尾景虎と北条氏康が「越相同盟」を結んだとき、子の無い長尾景虎に代わって柿崎景家が北条氏康に対する人質として柿崎晴家を差し出した。北条氏康が病没して同盟が破棄されると柿崎景家のもとに戻った。1574年、柿崎景家が亡くなると、家督を継いで柿崎家の家督を相続した。1578年、「御館の乱」では、長尾三郎景虎を支持したため、長尾景勝勢によって春日山城内で謀殺された。

柿崎憲家【かきざきのりいえ(15??~15??)】

柿崎晴家の男。官途は能登守。通称弥次郎。1578年、「御館の乱」では、柿崎憲家を擁した上野九兵衛らが長尾景勝勢に属したため、柿崎憲家を当主として柿崎家は存続した。

加地春綱【かじはるつな(15??~15??)】

加地秀経の男。官途は安芸守。室は長尾為景の娘。七手組大将のひとり(本庄繁長、色部勝長、中条藤資、竹俣清綱、新発田長敦、柿崎景家)。1530年、「上条定憲の乱」では、本庄房長、鮎川清長、水原政家、黒川清実、中条藤資、五十公野景家、新発田綱貞、竹俣昌綱らとともに上条定憲に従い守護代長尾為景から離反した。窮した長尾為景は加地春綱に娘を嫁がせることで和議を結んだ。長尾為景の病没後は長尾景虎に仕え重く用いられた。1564年、飯山城代に任じられた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

加地秀綱【かじひでつな(15??~1587)】

加地春綱の男。長尾景虎に従って数々の戦いで参陣して戦功を挙げた。1578年、「御館の乱」では、長尾三郎景虎勢に属したが、長尾景勝勢の五十公野治長と五十公野信宗から攻撃を受け降伏した。1581年、「新発田重家の乱」でも、新発田重家勢に属して長尾景勝勢と戦った。1587年、長尾景勝勢の攻撃を受け討死した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

加地景綱【かじかげつな(15??~15??)】

加地秀綱の男。1587年、父加地秀綱が討死すると、加地景綱は長尾景勝に帰参した。1598年、長尾景勝の会津転封には従わず帰農した。1600年、「関ヶ原の役」では、竹俣壱岐守とともに越後国内で一揆勢を指揮した。

河瀬行親【かわせゆきちか(15??~15??)】

五十公野信宗家臣。通称次太夫。1587年、「五十公野城の戦い」で長尾景勝の家臣藤田信吉勢の攻撃を受けると、羽黒権太夫とともに藤田信吉に内応した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

黒川盛実【くろかわもりざね(15??~15??)】

北蒲原郡黒川城主。1509年、中条藤資、築地忠基、黒川盛実、安田長秀らとともに長尾為景勢に属した。

黒川清実【くろかわきよざね(15??~15??)】

黒川盛実の男。官途は備前守。室は色部憲長の娘。1530年、「上条定憲の乱」では長尾為景に属した。1547年、長尾晴景と長尾景虎が府中長尾家の家督を争うと、長尾晴景勢に属して長尾景虎勢に属した中条藤資と対立した。1554年、長尾景虎から郡司不介入の特権を認められた。1578年、「御館の乱」では、長尾三郎景虎勢に属し、長尾景勝勢に属した鳥坂城主中条景泰を攻撃した。築地城主築地資豊勢の攻撃を受け長尾景勝勢に降伏した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

黒川為実【くろかわためざね(15??~1619)】

黒川清実の男。官途は豊前守。室は本庄繁長の娘。1589年、長尾景勝が会津黒川城に転封になると3,800石を領した。1601年、長尾景勝が羽前国米沢城300,000石に減封になると、1,193石を領した。1614年、「大坂冬の陣」に参陣した。

草壁彦五郎【くさかべひこごろう(15??~15??)】

本庄房長家臣。1509年、『耕雲寺納所帳』に草壁彦五郎、草壁源三郎、天神太夫らとともに連署した。

黒川為実【くろかわたべざね(15??~1619)】

黒川清実の男。官途は豊前守。通称左馬介。1598年、黒川為実は長尾景勝の会津転封に従い3,800石を領した。1601年、米沢転封以降は1,292石となり、七手隊となった。1614年、「大坂冬の陣」に参陣した。

黒田秀忠【くろだひでただ(1492~1546)】

西蒲原郡黒滝城主。上杉定実家臣。胎田常陸介の男(黒田長門守の養子)。官途は和泉守。通称久三郎。室は三条信景の娘。1542年、「伊達天文の乱」では、伊達実元を養子に迎える工作を行った。長尾為景の意向を受け、黒田長門守の養子となり、黒田家の家督を相続した。1545年、長尾晴景が府中長尾家の家督を相続すると、謀反を起こし、長尾晴景の弟長尾景康、長尾景房らを謀殺した。「黒滝城の戦い」では、長尾景虎の家臣村山与七郎勢の攻撃を受け降伏した。1546年、再び謀反を起こすが敗れ自刃した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

河野次左衛門【こうのつぎざえもん(15??~15??)】

新発田長敦家臣。普請奉行衆。新発田長敦の意向を受け、新発田領内の道路整備を行った。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

----------------------------

【さ】

坂木磯八【さかきいそはち(15??~15??)】

柿崎景家家臣。1561年、「第四次川中島の戦い」では、柿崎景家に従って参陣した。萩田三与兵衛、吉田喜四郎、河田軍兵衛らとともに山本晴幸勢を包囲して、山本晴幸を討取る戦功を挙げたが、武田晴信勢の追撃を受け、その頸級は奪い返された。

佐々木晴信【ささきはるのぶ(15??~15??)】

新発田重家臣。蒲原郡八幡館主。1583年、「新発田重家の乱」では、新発田重家に従って長尾景勝勢と戦った。

山辺里長門守【さべりながとのかみ(15??~15??)】

本庄繁長家臣。岩船郡山辺里館主。家老職を務め300貫を領した。

山辺里筑後守【さべりちくごのかみ(15??~15??)】

山辺里長門守の男。

猿橋和泉守【さるはしいずみのかみ(15??~15??)】

新発田重家家臣。通称刑部。蒲原郡猿橋城主。1587年、「新発田城の戦い」では、新発田城の守備についていた猿橋和泉守は、長尾景勝に内応して、猿橋口から長尾景勝勢を引き入れた。

篠宮出羽守【しのみやでわのかみ(15??~15??)】

柿崎晴家家臣。1578年、「猿毛城の戦い」では、長尾三郎景虎勢に属して柿崎晴家の旧臣を集めて猿毛城を守備した。長尾景勝勢に属した上野九兵衛尉、長ヶ部半兵衛、田中喜兵衛らの攻撃を受け討死した。

新発田綱貞【しばたつなさだ(1512~1561)】

蒲原郡新発田城主。新発田長綱の男。官途は伯耆守。長尾為景が守護職の上杉房能を倒し越後国を平定するとこれに従った。1530年、「上条定憲の乱」では、本庄房長、鮎川清長、水原政家、黒川清実、中条藤資、五十公野景家、加地春綱、竹俣昌綱らとともに長尾為景と戦った。長尾景虎が越後国守護代に任じられると臣従した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

新発田長敦【しばたながあつ(1538~1580)】

新発田綱貞の男。官途は尾張守。七手組大将のひとり(本庄繁長、色部勝長、中条藤資、加地春綱、竹俣清綱、柿崎景家)。1530年、「上条定憲の乱」では、長尾為景勢に属して上条定憲勢に属する国人衆の切り崩しに功を挙げた。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属して武田勝頼との和議を締結するなど外交手腕を発揮したが、まもなく病没した。新発田家の家督を養子として五十公野家の家督を相続していた弟の新発田重家が相続した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

新発田重家【しばたしげいえ(1547~1587)】

新発田綱貞の次男。官途は因幡守。通称名源太。別名五十公野治長。室は小田切貞遠の娘(於栄)。1561年、「第四次川中島の戦い」では、諸角虎定を討取る戦功を挙げた。1578年、「御館の乱」では、安田顕元とともに長尾景勝勢に属して、長尾三郎景虎勢に属した加地秀綱を降し、三条城主神余親綱を討取り、芦名盛氏、伊達輝宗勢を撃退する戦功を挙げた。1582年、「新発田重家の乱」では、芦名盛隆勢の津川城主金上盛備、赤谷城主小田切盛昭らの支援を受け新発田城に籠城して長尾景勝勢を撃退した。1586年、長尾景勝勢の攻撃を受け、新潟城と沼垂城が落城すると、新潟湊からの補給路を失った。1587年、長尾景勝勢の攻撃を受け、水原城、加地城、今泉城、赤谷城、五十公野城が落城すると、芦名盛隆からの補給路を失った。「新発田城の戦い」では、新発田重家の突撃を最後に新発田城は落城、新発田重家は自刃した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

新発田治時【しばたはるとき(15??~1587)】

新発田重家の男。1587年、「新発田重家の乱」では、新発田重家勢に属したが、長尾景勝勢の攻撃を受け、父新発田重家ともに討死した。

新発田盛喜【しばたもりよし(15??~15??)】

新発田綱貞の三男。官途は駿河守。1586年、「新潟津の戦い」、山吉景長の討取られた。

渋谷近宗【しぶやちかむね(15??~15??)】

五十公野信宗家臣。通称八郎右衛門。

志村長門守【しむらながとのかみ(15??~15??)】

新発田重家臣。蒲原郡真木山砦主。1583年、「新発田重家の乱」では、新発田重家に従って長尾景勝勢と戦った。

下条実頼【しもじょうさねより(15??~15??)】

蒲原郡下条城主。官途は薩摩守。揚北衆のひとり。1559年、「披露太刀之次第」披露太刀之衆第二十八位。1561年、「第四次川中島の戦い」に参陣した。

下条忠親【しもじょうただちか(15??~1617)】

河田長親の次男(下条実頼の養子)。官途は采女正。室は安田長秀の娘。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属した。長尾景勝の会津移封時には秋山定綱とともに二本松城代を務めた。1601年、長尾家の米沢転封にも従った。1608年、鮎貝城代に任じられた。1614年、「大坂冬の陣」に参戦した。

下重実【しもしげざね(15??~1552)】

黒川清実家臣。官途は伊賀守。1542年、「伊達天文の乱」では、中条藤資勢に属した。伊達稙宗の意向を受け伊達実元を迎え入れる準備を行ないが、伊達晴宗が反対したため、失敗に終わった。1552年、長尾景虎に自刃に追い込まれた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

下久長【しもひさなが(15??~1578)】

下重実の男。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属した。「赤田の戦い」で長尾三郎景虎勢と戦い討死した。

下秀久【しもひでひさ(15??~15??)】

下重実の次男。通称次右衛門。官途は対馬守。室は土肥政繁の娘。天正17年、尾浦城主となり荘内三郡の代官職を務めた。1,600年、「羽前谷地城の戦い」で戦功を挙げた。「関ヶ原の戦い」で石田三成勢が大敗したため、長尾景勝勢は撤退を図ったが、下秀久勢は谷地城に孤立し、最上義光勢の猛攻を受け降伏した。「尾浦城の戦い」では、最上義光の先陣を務め、戦功を挙げ20,000石を領した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

水原政家【すいはらまさいえ(15??~15??)】

北蒲原郡水原城主。1530年、「上条定憲の乱」では、上条定憲勢に属して長尾為景勢と戦った。上条定憲と揚北衆の取次役を務めた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

水原満家【すいばらみついえ(15??~15??)】

水原政家の男。官途は壱岐守。1560年、上杉憲政を擁して関東に出陣した長尾景虎に従軍したようで、翌永禄四年、景虎が小田原攻めを行ったときの名簿に隆家の名が記されている。さらに、同年秋に行われた「川中島の戦い」にも従軍した。1575年、水原隆家が揚北の国人衆として把握され、軍役数八十七をつとめた。1578年、「御館の乱」には本庄、色部家らとともに長尾景勝方に属し、乱を制した長尾景勝が家督を相続するとこれに仕えた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

水原親憲【すいばらちかのり(15??~15??)】

大関親信の男(水原満家の養子)v。1561年、「第四次川中島の戦い」に参陣して戦功を挙げた。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属した。1579年、「広瀬城の戦い」で戦功を挙げた。1580年、深沢利重、栗林政頼らとともに上田城の在番を務めた。1586年、「新発田重家の乱」で討死した水原満家の家督を相続した。1598年、長尾景勝が会津黒川城に転封すると、猪苗代城代として5,500石を領した。1600年、「長谷堂城の戦い」では、鉄砲隊200余りを率いて最上義光勢の追撃を撃退した。1614年、「鴫野の戦い」でも鉄砲隊を率いて戦功を挙げた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

須貝伊賀守【すがいいがのかみ(15??~15??)】

色部長真家臣。蒲原郡貝附城主。

菅名源三【すがなげんざぶろう(15??~15??)】

蒲原郡菅名城主。

菅名綱輔【すがなつなすけ(15??~1582)】

菅名源三の弟。官途は但馬守。通称孫四郎。長尾景虎に仕えた。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属して、長尾三郎景虎勢の本庄秀綱の拠る栃尾城を攻撃して三条城の神余親綱を牽制した。1582年、「放生橋の戦い」で新発田重家勢と戦い討死した。

諏訪部岑輝【すわべみねてる(15??~15??)】

蒲原郡佐渡山城。諏訪部益則の男。

諏訪部光頼【すわべみつより(15??~15??)】

諏訪部岑輝の男。

諏訪部春氏【すわべはるうじ(15??~15??)】

諏訪部光頼の男。別名霜鳥六左衛門。1561年、「第四次川中島の戦い」で戦功を挙げ1,000石を領した。1564年、諏訪部隼人正がを諏訪神社を創立した。1578年、新発田行房の讒言を受け改易処分に処された。

諏訪部元良【すわべもとよし(15??~15??)】

諏訪部春氏の男。通称六左衛門。

----------------------------

【た】

竹俣清綱【たけのまたきよつな(15??~15??)】

蒲原郡竹俣城主。竹俣清忠の男。七手組大将のひとり(本庄繁長、色部勝長、中条藤資、加地春綱、新発田長敦、柿崎景家)。1507年、「永正の乱」で上杉房能が討死した後も本庄時長、色部昌長らとともに長尾為景勢と戦い続けた。長尾為景勢に属した中条藤資、築地資豊らの攻撃を受け降伏した。以後は長尾為景に仕えた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

竹俣慶綱【たけのためつな(1524~1582)】

竹俣清綱の男。官途は三河守。別名竹俣為綱。長尾景虎の奉行衆を務めた。1559年、長尾景虎の上洛祝いのため太刀を献上した。「第四次回川中島の戦い」に参陣して戦功を挙げ馬一頭と鎧一領を賜った。1581年、越中松倉城を守備した。1582年、「越中魚津城の戦い」で自刃した。

竹俣昌綱【たけのまたまさつな(15??~15??)】

竹俣清綱の次男。官途は筑後守。1530年、「上条定憲の乱」では、本庄房長、鮎川清長、水原政家、黒川清実、中条藤資、五十公野景家、加地春綱、新発田綱貞らとともに上条定憲勢に属して長尾為景勢と戦った。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

竹俣重綱【たけのまたしげつな(15??~15??)】

竹俣昌綱の男。室は上条政繁の娘。
 
竹俣利綱【たけのまたとしつな(15??~1613)】

竹俣為綱の男。官途は三河守。別名長尾景人。1593年、断絶していた竹俣家の家督を継承した。『上杉定能員数目録』では、921石を領して55余りの軍役を担った。1598年、長尾景勝が会津黒川城に転封になると、会津守山城代2,100石を領した。1602年、羽前国米沢城に減封になるとそれに従った。

竹俣清房【たけのまたきよふさ(15??~15??)】

市河房綱の男(竹俣利綱の養子)。通称市川左衛門尉。1614年、「大坂冬の陣」に参陣した。

田中喜兵衛【たなかきちべい(15??~15??)】

柿崎晴家家臣。1578年、「猿毛城の戦い」では、長尾三郎景虎勢に属した篠宮出羽守が守備する猿毛城を上野九兵衛尉、長ヶ部半兵衛、田中喜兵衛らとともに猿毛城を攻落とした。この戦功により柿崎家は柿崎憲家によって再興された。

田中長義【たなかながよし(15??~15??)】

色部憲長家臣。通称太郎左衛門。1534年、色部憲長が病没すると、色部勝長の補佐役を務めた。1535年、色部勝長のもとで勢力を拡大すると、他の家臣の反発を招き、早田守吉、布施家秀らとともに本庄房長を頼って出奔した。本庄房長の仲介で色部勝長と和議を結び帰参した。1542年、「伊達天文の乱」では、伊達実元の越後上杉家養子入りに反対した。
 
田中長頼【たなかながより(15??~15??)】

田中長義家臣。1535年、田中長義、早田守吉、布施家秀が出奔すると、彼等と色部勝長の和議斡旋を本庄房長に依頼した。

築地忠基【つきじただもと(15??~15??)】

中条藤資家臣。官途は修理亮。1509年、「本庄城の戦い」では、本庄時長勢を撃破った。1510年、「平林城の戦い」でも、色部昌長勢を撃破る戦功を挙げた。
1511年、上杉顕定勢が越後国に侵攻すると、長尾為景勢に属して越後国内を転戦した。1515年、「安田城の戦い」では、中条藤資勢とともに上杉房能勢に内応した安田実秀を攻撃した。1516年、「上田城の戦い」で上杉房能勢を撃破った。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。
永禄二年
築地資豊【つきじすけとよ(15??~15??)】

築地忠基の男。1578年、「鳥坂城の戦い」では、長尾景勝勢に属した鳥坂城主中条景泰が長尾三郎景虎勢に属した黒川清実の攻撃を受けると、築地資豊が黒川城を攻撃した。1582年、「越中魚津城の戦い」で中条藤資の養嗣子中条景泰が柴田勝家勢と戦い自刃すると、長尾景勝は中条景泰の継嗣中条三盛に家督を相続させ、築地資豊が後見役を務めた。1586年、「新発田重家の乱」では、中条三盛の陣代を務め戦功を挙げた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

【な】

長沢義風【ながさわよしかぜ(15??~1587)】

新発田重家家臣。別名五十公野道如斎。新発田重家の義妹の婿。1587年、「新発田重家の乱」では、新発田重家に従い長尾景虎勢と戦った。「五十公野城の戦い」で討死した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

中条藤資【なかじょうふじすけ(15??~15??)】

北蒲原郡鳥坂城主。中条定資の男。1494年、父中条定資が討死により中条家の家督を相続した。1507年、「永正の乱」で長尾為景が上杉房能を討取り上杉定実を擁立すると、長尾為景勢を支援して他の揚北衆と戦った。1542年、「伊達天文の乱」では、伊達稙宗の次男伊達実元を上杉定実の養子に迎え守護権力の回復を図ったが失敗に終わった。1548年、中野城城主高梨政頼、栖吉城城主長尾景信、箕冠城城主大熊朝秀、与板城城主直江実綱、三条城城主山吉行盛、本庄実乃らとともに越後国守護代として長尾晴景を擁立すると、長尾晴景を擁する坂戸城城主長尾政景、黒川城城主黒川清実勢と戦った。上杉定実の仲介により和議が結ばれ、長尾景虎が府中長尾家の家督を相続した。

中条景資【なかじょうかげすけ(1532~1573)】

中条藤資の男。室は高梨政頼の娘。1568年、父中条藤資が病没後、中条家の家督を相続した。本庄繁長が武田晴信の調略に応じて謀叛を企てると、中条景資にも誘いの密書が送られたが、密書の封をそのままに長尾景虎に送り届け、本庄城を攻撃した。その後も長尾景虎勢に属して、信越、関東を転戦した。中条景資には継嗣がおらず、河田堅親を婿養子に迎えた。

中条景泰【なかじょうかげやす(1558~1582)】

吉江景資の次男(中条景資の養子)。官途は越前守。通称与次。室は中条景資の娘(俊子)。1573年、「朝日山城の戦い」では、籠城する一向一揆のと戦いで戦功を挙げた。1574年、中条景資の娘(俊子)を娶って中条家の家督を相続した。鳥坂城には家老職の築地資豊を城代に充て、長尾景虎の側に仕えた。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属して本庄秀綱の籠もる栃尾城を攻落す戦功を挙げた。1582年、「魚津城の戦い」で織田信長勢と戦い自刃した。

中条三盛【なかじょうみつもり(1573~1607)】

中条景泰の男。通称与次。別名中条資盛。1582年、「魚津城の戦い」で父中条景泰が討死したため、中条家の家督を相続した。幼少のため、家老職の築地資豊の後見を受けた。1598年、長尾景勝が会津黒川城に転封になると、出羽国置賜郡鮎貝城主に任じられ10,000石を領した。1600年、「関ヶ原の役」では、水原親憲らとともに最上義光勢の支城を攻略した。役後、長尾景勝が米沢城に減封となると、引き続き鮎貝城主を務め1,800石を領した。

中条資種【なかじょうすけたね(15??~15??)】

中条景泰の次男。通称帯刀。
 
中条資春【なかじょうすけはる(15??~15??)】

中条景泰の三男。通称七蔵。
 
中条盛直【なかじょうもりなお(15??~15??)】

中条三盛の男。通称市正。
 
中条玄蕃充【なかじょうげんばのじょう(15??~15??)】

中条藤資家臣。1551年、長尾政景勢との戦いで戦功を挙げた。

長ヶ部半兵衛【ななべはんんべい(15??~15??)】

柿崎晴家家臣。1578年、「猿毛城の戦い」では、長尾三郎景虎勢に属した篠宮出羽守が守備する猿毛城を上野九兵衛尉、長ヶ部半兵衛、田中喜兵衛らとともに猿毛城を攻落とした。この戦功により柿崎家は柿崎憲家によって再興された。

新津信資【にいつのぶすけ(15??~15??)】

長尾為景家臣。蒲原郡新津館主。官途は越前守。別名金津信資。1506年、護代長尾為景に従った。

新津大膳亮【にいつたいざんりょう(15??~15??)】

新津信資の男。1559年、長尾景虎の上洛を祝して太刀を献上した。1573年、越中国に参陣した。1575年、『上杉氏軍役帳』では、軍役91人を負担した。

新津勝資【にいつかつすけ(15??~15??)】

新津大膳亮の男。官途は丹波守。長尾為景の二十八将のひとり。1598年、長尾景勝が会津黒川城に転封となると、それに従った。

----------------------------

【は】

羽黒権太夫【はぐろごんだいふ(15??~15??)】

五十公野信宗家臣。1587年、「五十公野城の戦い」で長尾景勝の家臣藤田信吉勢の攻撃を受けると、河瀬次太夫とともに藤田信吉に内応した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

早田守吉【はやはだもりよし(15??~15??)】

色部憲長家臣。1534年、色部憲長が病没すると色部勝長を補佐した。1535年、色部家中での権力を強めたことが原因で他の家臣の反発を招き、家臣団が本庄房長を頼って出奔した。色部勝長は出奔した重臣三名の帰参を願い、本庄房長もその和議を斡旋した。本庄房長の家臣有明平右兵衛が謀反を起こすと、その首謀者のひとりとして疑われた。

早部甚甫守【はやべじんぼのかみ(15??~15??)】

長尾景虎家臣。蒲原郡加茂山城。1578年、「御舘の乱」では、加茂山城は長尾三郎景虎勢の拠点となったが、長尾景勝に属した菅名綱輔勢の攻撃を受けて落城した。

平賀重資【ひらやましげつけ(15??~15??)】

蒲原郡護摩堂城主。官途は左京亮。通称助四郎。

布施家秀【ふせいえひで(15??~15??)】

色部憲長家臣。1534年、色部憲長が病没すると色部勝長を補佐した。1535年、色部家中での権力を強めたことが原因で他の家臣の反発を招き、家臣団が本庄房長を頼って出奔した。色部勝長は出奔した重臣三名の帰参を願い、本庄房長もその和議を斡旋した。

本庄房長【ほんじょうふさなが(15??~1539)】

岩船郡村上城主。本庄時長の次男。官途は大和守。1509年、「村上城の戦い」で父本庄時長、兄本庄弥次郎が長尾為景勢と戦い討死したため、本庄家の家督を相続した。1539年、上杉定実と伊達実元の養子縁組に反対して上杉定実や中条藤資、伊達晴宗勢の援軍と戦った。伊達実元の上杉家入嗣に反対した。中条藤資勢の攻撃を受け、弟小河長資に本庄城を奪われ陣中で病没した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

本庄繁長【ほんじょうしげなが(1540~1614)】

本庄房長の男。官途は越前守。通称弥次郎。室は上杉景信の娘。継室は須田満親の娘。側室は大川忠秀の娘。長尾景虎に仕え、戦場を縦横無尽に駆け巡って戦功を重ねた。1551年、小川長資を捕縛して自刃に追い込み、本庄家の実権を取り戻した。小川長資を支援していた長尾景虎と対立していた。1558年、長尾景虎勢に属した。1561年、「第四次川中島の戦い」など、長尾景虎に従って各地を転戦し、戦功を挙げた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

本庄顕長【ほんじょうあきなが(1564~15??)】

本庄繁長の男。官途は豊後守。1568年、父本庄繁長が武田晴信に内応して長尾景虎に謀反を起こしたが、長尾景虎勢の猛攻を受け降伏すると、人質として長尾景虎に差し出された。1578年、「御館の乱」では、父本庄繁長が長尾景勝勢に属したのに対し、長尾三郎景虎勢に属したため、乱後本庄家の家督相続権を失った。1591年、「藤島一揆煽動」で本状繁長と弟武藤義勝(武藤義興の養子)が改易処分に1されると、別家を興して蒲原郡加茂で2,298石を領した。1597年、須田満胤、柿崎憲家らとともに改易処分に処された。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

本庄充長【ほんじょうみつなが(1573~1623)】

本庄繁長の次男(武藤義興の養子)。別名大宝寺義勝。室は島津利忠の娘。長尾景勝は武藤義氏と結んで最上義光と敵対した。1583年、武藤義氏が家臣によって謀殺され、後を継いだ長尾義興も最上義光に謀殺されため、長尾景勝は、本庄義勝を武藤義興の養子に送り込み武藤家の家督を相続させた。1588年、「十五里ヶ原の戦い」では、父本庄繁長とともに最上義光勢を撃破った。武藤義勝は長尾景勝を介して羽柴秀吉勢に属した。1591年、「太閤検地」で一揆扇動の咎を受けて改易処分に処された。1592年、「文禄の役」に参陣して罪を許され、長尾景勝に仕えた。

本庄久長【ほんじょうひさなが(15??~16??)】

本庄繁長の四男。通称外記。はじめ仏門に入り出家していたが還俗して、長尾景虎に仕えた。1614年、「大坂冬の陣」で長尾景勝ともに参陣して戦功を挙げた。

本庄孫五郎【ほんじょうまごごろう(15??~15??)】

本庄房長家臣。本庄時長の三男。1539年、兄本庄房長の病没後、弟の小河長資や本庄房長の家臣矢羽幾長南が争った。矢羽幾長南が謀殺されると、小河長資勢の攻撃を受けた。1541年、色部勝長の仲介で小河長資と和議を結んだ。
 
本庄宗緩【ほんじょう(15??~15??)】

本庄房長家臣。1554年、庄田定賢とともに本誓寺に長尾景虎上洛の便宜を図ったことの謝意を伝えた。1555年、長尾景虎が安田景元へ宛てた出陣要請の起請文に名がある。1569年、中条藤資と黒川家の所領争いで中条藤資に加勢した。
 
本庄清七郎【ほんじょうきよしろう(15??~15??)】

本庄房長家臣。1571年、武田晴信が上野国厩橋城へ向けて進軍すると、それに対抗するため沼田城へ向かった。1573年、一向一揆に備えるため越中に派遣された。1578年、長尾三郎景虎に加勢するため御館に入る。長尾景勝に敗れ、栃尾に撤退した。やがて降伏した。

----------------------------

【ま】

三潴長政【みつまながまさ(15??~15??)】

色部勝長家臣。1569年、色部勝長が病没すると、長尾景虎の意向を受け色部顕長の補佐役を務めた。

嶺岸佐左衛門【みねぎしさざえもん(15??~15??)】

色部勝長家臣。1587年、「新発田城の戦い」で新発田重家は、色部長真勢に突入して、甲冑を脱ぎ捨て真一文字に腹を掻き切って自刃した。嶺岸佐左衛門は新発田重家の頸を取って長尾景勝の本陣に赴いた。

村松山城守【むらまつやましろのかみ(15??~15??)】

蒲原郡村松城主。新発田長敦家臣。

村松新右衛門尉【むらまとしんえもん(15??~15??)】

村松山城守の男。1561年、「第四次川中島の戦い」では、新発田長敦とともに海津城の守備を務めた。武田晴信の家臣諸角虎光を討取る戦功を挙げた。

元井為宗【もといためむね(15??~15??)】

本庄房長家臣。官途は日向守。1561年、「第四次川中島の戦い」に参陣した。

----------------------------

【や】

安田長秀【やすだながひで(1516~1582)】

北蒲原郡安田城主。安田実秀の男。官途は治部少輔。通称新太郎。別名安田有重。室は長尾房長の娘。1530年、「上条定憲の乱」では、長尾晴景勢に属した。1561年、「第四次川中島の戦い」では、揚北衆の色部勝長、中条藤資らとともに戦功を挙げた。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属した。「安田城の戦い」では、長尾三郎景虎勢を支援する芦名盛隆勢の攻撃を受けた。参考文献:『戦国大名家臣団事典(東国編)』by新人物往来社。

安田堅親【やすだかたちか(1557~1639)】

河田元親の三男(安田長秀の養子)。官途は筑前守。室は安田長秀の娘。中条藤資の養子となるが、中条家臣団との対立などから河田家の戻った。後に安田長秀の養子となり、安田家の家督を相続した。1592年、「文禄の役」では、長尾景勝に従い参陣した。1598年、長尾景勝が岩代国黒川城に転封に従い、仙道2,500石の領した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

矢島清左衛門【やじませいざえもん(15??~15??)】

新発田長敦家臣。新発田長敦の意向を受け、新発田領内の道路整備を行った。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

矢羽幾長南【やはぎちょうなん(15??~1541)】

本庄房長家臣。下渡島城主。本庄房長の病没後、小川長資、本庄孫五郎と家中の権力争いに陥った。1541年、小川長資勢に謀殺された。
 
矢羽幾孫次郎【やはぎまぎじろう(15??~15??)】

本庄房長家臣。1542年、「伊達天文の乱」では、本庄房長に従い伊達稙宗勢を支援した。

山田源八郎【やまだげんぱちろう(15??~15??)】

新発田重家臣。蒲原郡浦村城主。1583年、「新発田重家の乱」では、新発田重家勢に属して法正橋で長尾景勝勢と戦った。

山吉能盛【やまよしよしもり(15??~15??)】

蒲原郡三条城主。蒲原郡惣領職。長尾為景が上条上杉定実を擁立すると、これに属して上杉房能を自刃に追い込んだ。揚北衆が謀反を起したが、長尾為景勢に属して本成寺の僧兵らとともに三条城を守った。

山吉政久【やまよしまさひさ(1496~1556)】

山吉能盛の男。官途は伊予守。室は高梨頼宗の娘。1530年、「上条定憲の乱」では、長尾為景が上杉定実を擁立すると、上条定憲勢に属して長尾景虎勢と戦った。上条定憲が劣勢になると降伏した。1542年、「伊達天文の乱」では、上杉定実勢に属した。長尾景虎が長尾家の家督を相続すると、これに従った。1552年、隠居して山吉家の家督を山吉豊守に譲った。

山吉豊守【やまよしとよもり(1525~1578)】

山吉政久の男。官途は丹波守。通称孫次郎。別名山吉。室は本庄実乃の娘。1552年、父山吉政久の隠居により山吉家の家督を相続した。『上杉家軍役帳』では、家中筆頭375名の軍役を負担した。長尾景虎が越中国に侵攻すると、春日山城留守居役を務めた。

山吉盛信【やまよしもりのぶ(1525~15??)】

山吉豊守の男。1575年、父山吉豊守の病没後、山吉家の家督を相続してまもなく病没した。

山吉景長【やまよしかげなが(1565~1611)】

山吉豊守の次男。別名山吉景盛。1575年、父山吉豊守が病没すると、兄山吉盛信が山吉家の家督を相続したが、その山吉盛信も若くして病没したため、叔父山吉景久の後見を受けて山吉家の家督を相続したが、領地半減のうえ三条城から木場城に転封に処された。1578年、「御館の乱」では、上杉景勝勢に属して木場城を守備した。1583年、「新発田重家の乱」でも長尾景勝勢に属して新発田重家勢と戦った。「沼垂城の戦い」では、新発田盛喜を討取る戦功を挙げた。1589年、「八王子城の戦い」では、羽柴秀吉勢に属した長尾景勝に従い戦功を挙げた。1598年、長尾景勝が会津黒川城に転封になるとそれに従った。

吉江宗信【よしえむねのぶ(1505~1582)】

西蒲原郡吉江城主。吉江景宗の男。官途は常陸介。長尾景虎に従って越中国や下野国を転戦した。1578年、「御館の乱」では、長尾景勝勢に属した。「越中増山城の戦い」では、柴田勝家勢に内応した木舟城主石黒成綱を攻撃した。1582年、「越中魚津城の戦い」では、柴田勝家勢の攻撃を受け吉江景資、寺島長資、中条景泰、山本寺孝長、竹俣慶綱らとともに自刃した。

吉江景資【よしえかげすけ(1527~1582)】

吉江宗信の男。官途は織部佑。馬廻衆として仕えた。春日山城留守居役を務めた。1567年、「唐沢山城の戦い」では、北条氏康勢と戦った。1582年、「魚津城の戦い」では、柴田勝家勢の攻撃を受け父吉江宗信、継嗣の寺島長資、次男の中条景泰とともに自刃した。

吉江資賢【よしえすけかた(1537~1582)】

長尾景虎家臣。1575年、「上杉家軍役帳」によると105人の軍役を課せられていた。1578年、「御館の乱」では、上杉景勝勢に属して戦功を挙げた。1582年、「魚津城の戦い」では、柴田勝家勢の攻撃を受け河田長親とともに自刃した。

和納伊豆守【わのういずのかみ(15??~15??)】

蒲原郡和納城主。1578年、「御館の乱」では、長尾三郎景虎勢に属して長尾景勝勢と戦った。1580年、天神山城主小国実頼勢の攻撃を受け落城した。

----------------------------

【資料Ⅰ】

南越後国(3郡/250,000石)

岩船郡:村上城、平林城。

北蒲原郡:安田城、鳥坂城、津川城。

蒲原郡:新潟城、新潟湊。

----------------------------

【資料Ⅱ】

揚北衆【あがきたしゅう】

北越後国の揚北(阿賀野川北岸)に割拠した国人衆。小泉庄を所領とした秩父党(本庄家(宗家)、色部家、鮎川家)、奥山庄を所領とした三浦党(中条家(宗家)、黒川家)、加地庄を所領とした佐々木党(加地家(宗家)、新発田家、竹俣家、五十公野家、大見家)、白河庄を所領とした大見党(安田家(宗家)、水原家、下条家)。「伊達天文の乱」で中条藤資と本庄房長、色部勝長、鮎川清長らが争って揚北衆は分裂、独立性は衰退した。

----------------------------

【資料Ⅲ】

北越後国【きたえちごのくに】

日本海に面して南北に長く伸びた北陸道の国。東北は出羽国、東は岩代国、東南は上野国、南は信濃国、西南は越中国と境を接する。西は広く日本海に面し、佐渡海峡を隔てて佐渡国と向かい合う。陸続きの各国との境には山岳地帯があり、これが国境防衛に大きな役割を果たしている。出羽との境の朝日山地、飯豊山地、岩代国、上野国との境の越後山脈、信濃国との境の妙高高原、越中国との境には急峻な親不知の険がある。日本海側には中部の越後平野と南部の高田平野があり、農業、漁業とおに盛んである。山岳地帯と日本海に囲まれた地形から冬期には豪雪地帯となり、部隊の移動はほとんど不可能になる。国土防衛には適した環境であるが、他国へ侵攻を行うには時季が重要となる。文化的には、国土が南北に長く、多数の国と国境を接しているため、国内は上越、中越、下越の三地域に分割され、それぞれ独立性を保っている。

高根金山【たかねきんざん】

岩船郡鳴海山にあった金山。1568年、高根金山は本庄繁長の直轄領にあったが、長尾景虎に反抗したため没収、以後は長尾家の直轄領となった。

----------------------------

戦国人名辞典は1500~1630年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

武田信玄は武田晴信、徳川家康は松平元康、豊臣秀吉は羽柴秀吉、上杉謙信は、長尾景虎で統一しました。養子の上杉景勝と上杉景虎については、それぞれ長尾景勝、長尾三郎景虎に統一しました。

参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社、『戦国大名系譜人名辞典(東国編)』by新人物往来社、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社、『武田信玄』by新潮社、『武田勝頼」by講談社、『戦国最強上杉武将伝」byPHP文庫、『上杉三郎景虎」by光文社、『天と地と(全3巻)』by文春社、『謀将直江兼継(全2巻)』by角川文庫、『上杉謙信』byPHP文庫。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

2011年10月1日土曜日

戦国能登国人名辞典

----------------------------

【あ】

明日輪七郎右衛門【あすわしちょろうえもん(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。f

天野彦次郎【あまのひこじろう(15??~15??)】

畠山義統家臣。天野慶景の男。通称彦次郎。1480年、天野家の家督を相続した。

天野俊景【あまのとしかげ(15??~15??)】

畠山義統家臣。天野章慶の男。通称次郎右衛門。1480年、父天野章慶の隠居により天野家の家督を相続した。1513年、「永正の乱」では、畠山義元勢に属して、戦功を挙げ、本領安堵に加え、鹿島郡の守護料所の代官職を得た。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

天野加賀守【あまのかがのかみ(15??~15??)】

天野俊景の男。1576年、「田鶴濱館の戦い」では、長尾景虎勢の攻撃を受け落城した。

安国寺留雲斎【あんこくじりゅううんさい(15??~15??)】

能登国安国寺の僧。細川高国の男。畠山義続の政僧や七人衆の使僧として功を上げた。1551年、本願寺顕如との取次役を務めた。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

飯田与三右衛門【いいだよざうえもん(15??~15??)】

遊佐続光家臣。珠洲郡飯田館主。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢に降伏して、所領を安堵され、貫高に応じて鑓、馬上、鉄砲等の軍役を賦課した。

飯川越後守【いがわえちごのかみ(15??~15??)】

畠山義続家臣。官途は越後守。1553年、本願寺顕如との取次役を務めた。

飯川国弘【いがわくにひろ(15??~15??)】

畠山義総家臣。1524年、三条西実隆のもとに『百番歌合』を届ける使者を務めた。

飯川宗春【いがわそうしゅん(14??~15??)】

飯川光助の男。通称半隠斎。歌道愛好の禅僧として畠山義総に仕えた。1517年、能登国を訪れていた冷泉為広の門弟になった。1518年、飯川宗春の継嗣が早世すると、その供養に冷泉為広が列席した。1525年、三条西実隆のもとに訪れ、和歌を交換した。1523年、七尾城で行われた「賦何路連歌」「賦何人連歌」に列席した。

飯川光範【いがわみつのり(15??~15??)】

飯川宗春の男。官途は若狭守。通称新七郎。連歌に精通していた。1517年、能登国を来訪していた冷泉為広の門弟となった。1523年、七尾城で行われた「賦何路連歌」「賦何人連歌」に父飯川宗春ととも列席した。

飯川光誠【いがわみつのぶ(15??~15??)】

畠山義綱家臣。飯川光範の男。官途は大炊助。能登七人衆のひとり。1566年、「永禄九年の政変」で畠山義慶が擁立され畠山義綱が近江国に落延びると、それに従った。1568年、「七尾城奪還戦」を支援したが失敗に終わった。

飯川義実【いがわよしざね(15??~1574)】

長続連の四男(飯川義宗の養子)。1566年、「永禄九年の政変」で畠山義慶が擁立され畠山義綱が近江国に落延びると、養父飯川光誠とともに越後国に落延びた。畠山義慶の意向で能登国に帰還したが、畠山義慶が謀殺されると、飯川義実も謀殺された。

飯川義清【いがわよしきよ(15??~1577)】

飯川義実の男。祖父飯川光誠とともに越後国に落延びたが、畠山義綱の意向により復帰した。1577年、「七尾城の戦い」で長尾景虎勢と戦い討死した。

飯川義宗【いがわよしむね(15??~15??)】

豊田光広の次男(飯川義明の養子)。官途は肥前守。畠山義綱に仕えるが、謀反の疑いを受け飯川義実、飯川義清とともに越後国に落延びた。その後、畠山義綱の意向を受け帰参した。

飯川正誠【いがわまさのぶ(15??~15??)】

畠山義綱家臣。奉行人を務めた。1561年、畠山義綱が珠洲群三崎高勝寺に臨時課税をした際、長連理、佐脇長隆、今井綱秀、井上英教らとともに連署した。

池田大炊助【いけだおおいのすけ(15??~15??)】

遊佐続光家臣。通称大炊助。1575年、『東福寺栗棘庵文書』に署名した。

池森長右衛門【いけもりちょうえもん(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

伊丹総堅【いたみふさかた(15??~1553)】

畠山義続家臣。通称宗右衛門。1551年、畠山義続のもとで七人衆のひとりとして活躍した。1553年、「大槻一宮の戦い」で畠山義綱、温井総貞と遊佐続光が争うと、遊佐続光勢に属して参陣したが討死した。

伊藤貞信【いとうさだのぶ(15??~15??)】

温井総貞家臣。通称新右衛門尉。1569年、『東福寺栗棘庵文書』に連署した。

伊藤延家【いとうのぶいえ(15??~15??)】

温井総貞家臣。通称孫左衛門尉。1569年、『東福寺栗棘庵文書』に連署した。

井上英教【いのうえひでのり(15??~15??)】

畠山義綱家臣。官途は下野守。通称弥九郎。1558年、畠山義綱の奉行人を務めた。

井上英安【いのうえひでやす(15??~15??)】

畠山義続家臣。官途は美濃守。1566年、「永禄九年の政変」で畠山義続、畠山義綱父子が能登国を追放されて近江国坂本に落延びると、これに従った。

井上総英【いのうえふさひで(15??~15??)】

井上統英の男。通称蔵人。畠山義総に仕え、書に優れていた。また和歌にも長じ、家中随一の文人と称された。1534年、三條西実隆に和歌の教えを受けた。1541年、鹿島郡府中において和歌会を行った。

今井綱秀【いまいつなひで(15??~15??)】

畠山義綱家臣。官途は出羽守。畠山義綱の奉行人を務めた。1562年、畠山義綱が正親町天皇の勅許を得て能登一宮気多大社の造営をした際、寺岡紹経とともに社務奉行を務めた。1556年、「諸橋文書」に奉行人として連署した。1563年、「諸橋文書」に奉行人として連署した。

内田駒太郎【うちだこまたろう(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

宇野石見守【うのいわみのかみ(15??~15??)】

温井孝宗家臣。珠洲郡正院館主。官途は石見守。1559年、正院本住寺を建立した際、長谷川等伯に仏画の制作を依頼した。

大塚連家【おおつかつらいえ(15??~15??)】

畠山義慶家臣。通称孫兵衛尉。1570年、岩倉寺へ燈明銭を寄進した。

隠岐統朝【おきむねとも(15??~15??)】

畠山義統家臣。官途は豊前守。通称藤四郎。1487年、畠山義元が家督を相続した後も信任を受けた。1500年、遊佐統秀らに擁立された畠山慶致が家督を相続すると、畠山義元が越後国の落延びると失脚した。1508年、畠山慶致と畠山義元が和議を結ぶと、隠岐統朝も復帰した。

隠岐賢広【おきかたひろ(15??~15??)】

畠山義綱家臣。官途は右近大夫。1566年、畠山義綱が病に倒れると、山城国祇園社宝寿院から祈祷御守、牛王と御壇供を送られた礼状を返信した。

隠岐続朝【おきつぐとも(15??~15??)】

畠山義綱家臣。奉行人を務めた。

荻野宗忠【おぎのむねただ(15??~15??)】

温井総貞家臣。通称四郎左衛門。

奥村宗道【おくむらむねみち(15??~15??)】

長続連家臣。奥村元道の男。通称文之丞。長谷川等伯の父。

奥田光宗【おくだみつむね(15??~1581)】

奥村宗道の男。通称帯刀左衛門。1577年、七尾城が落城すると、遊佐続光勢に属した。長連龍が捕縛された際、一緒に処刑された。

織田隆長【おだたかなが(15??~15??)】

温井総貞家臣。通称三左衛門尉。1569年、『東福寺栗棘庵文書』に連署した。

尾館喜兵衛【おだてきちべい(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

小幡宗硯【おばたすずり(15??~15??)】

畠山義総家臣。

小幡永閑【おばたえいかん(15??~15??)】

畠山義総家臣。別名「能登永閑」。兄小幡宗硯とともに畠山義総に仕えた。京都と能登を往復し、畠山義総と三条実隆との取次役を務めた。著書に『万水一露』。

----------------------------

【か】

甲斐庄家繁【かいじょういえしげ(15??~15??)】

畠山義綱家臣。官途は駿河守。1555年、「弘治の乱」では、畠山義綱勢に属して戦功を挙げた。1557年、温井続宗勢の山庄直秋と戦った。

加治直誠【かじなおのぶ(15??~15??)】

畠山義元家臣。通称又五郎。1510年、『東福寺栗棘庵文書』に連署した。

笠松新介【かさまつしんすけ(15??~1531)】

畠山義元家臣。1531年、「加賀大小一揆」で加賀国に派遣され討死した。

笠松但馬守【かさまつたじまのかみ(15??~15??)】

笠松新介の男。通称平四郎。1531年、「加賀大小一揆」では、父笠松新介が加賀国に派遣されたが討死した。1555年、「温井党の乱」では、畠山義綱勢に属して戦功を挙げた。1566年、「永禄九年の政変」で畠山義綱が追放された後も畠山義綱を支援した。1568年、畠山義綱から離れて、畠山義慶から知行安堵を得た。

吉良中務入道【きらなかつかさにゅうどう(15??~15??)】

温井総貞家臣。別名持徳齊。1551年、温井総貞の使者として本願寺証如のもとに赴いた。

玉蔵坊英性【ぎょくぞうぼうえいしょう(15??~15??)】

輪島湊の商人。1524年、温井孝宗が重蔵宮の本殿造営を行った際、奉行職を務めた。輪島湊の実質的な担い手である。1555年、「弘治の内乱」では、畠山義綱勢を支援した。

熊木続兼【くまきつぐかね(15??~15??)】

畠山義続家臣。通称金右衛門。1566年、「永禄九年の政変」で畠山義続、畠山義綱が近江国に落延びた際、これに従った。のち畠山義綱の能登奪還に協力した。

熊木兵部【くまきひょうぶ(15??~1577)】

松波義親家臣。熊木続兼の男。1577年、長尾景虎の攻撃を受け、討死した。

孝恩寺存貞【こうおんじぞんてい(15??~15??)】

畠山義綱家臣。永光寺の住職。畠山義綱に仕え政治的助言を行った。

河野続秀【こうのぐひで(15??~1554)】

畠山義続家臣。羽咋郡堀松城主。通称藤兵衛尉。畠山義続政権の奉行人。1552年、『東福寺栗棘庵文書』に連署した。1553年、「大槻一宮の戦い」で畠山義綱、温井総貞と遊佐続光が争うと、遊佐続光勢に属したが討死した。

河野肥前守【こうのひぜんのかみ(15??~1577)】

河野続秀の男。官途は肥前守。1577年、「柳ヶ瀬の戦い」で長尾景虎勢と戦い討死した。

河野土佐守【こうのとさのかみ(15??~1577)】

河野肥前守の男。官途は土佐守。1577年、「柳ヶ瀬の戦い」で父河野肥前守とともに長尾景虎勢と戦い討死した。

河野藤兵衛【こうのとうべい(15??~15??)】

河野土佐守の男。長連龍に従った。

国分慶胤【こくぶのりたね(15??~15??)】

西谷内畠山家俊家臣。官途は備前守。1566年、「永禄九年の政変」では、畠山義続と畠山義綱が追放されると、遊佐続光、長続連、八代俊盛らとともに北畠義慶を擁立した。

後藤総員【ごとうふさかず(15??~15??)】

畠山義元家臣。官途は兵部丞。1542年、半隠斎宗春とともに室町幕府との取次役を務めた。1541年、能州に下向した冷泉為和の門人となった。

----------------------------

【さ】

佐脇綱盛【さわきつなもり(15??~15??)】

畠山長隆家臣。官途は美濃守。通称四郎右衛門尉。別名佐脇長隆。1561年、「須々神社文書」「諸橋文書」に他の奉行人らとともに連署した。1566年、「永禄九年の政変」では、畠山義続と畠山義綱が追放されると、近江国に従った。畠山義綱のもとを離れ畠山義慶勢に属した。1571年、畠山義慶の筆頭奉行衆となった。

佐脇秀隆【さわきひでたか(15??~15??)】

畠山義元家臣。通称与次郎。珠洲郡下町野荘行遠を領した。1510年、岩蔵寺観音堂造営料として寄進した。

成身院宗歓【じょうしんいんそうかん(15??~15??)】

畠山義総家臣。鳳至郡の真言宗明千寺の僧。畠山義総と三条西実隆との文芸交流の交渉や、室町幕府、石山本願寺との取次役を務めた。1517年、能登国に下向した冷泉為広の門弟となった。

神保長秀【じんぼながひで(15??~15??)】

神保長頼の男。1577年、「七尾城の戦い」後、松波城に落延びた。「松波城の戦い」で松波城が落城すると長連龍に仕えた。

神保慶明【じんぼのりあき(15??~15??)】

神保長誠の次男。官途は出雲守。1520年、「越中永正の乱」では、能登畠山義総、河内畠山尚順、長尾為景との取次役を務めた。

神保総誠【じんぼふさのぶ(15??~15??)】

畠山義総家臣。通称宗左衛門尉。別名神保綱誠。1517年、能洲に下向した冷泉為広の門弟となった。1528年、畠山義総の使者として三条西実隆のもとに赴いた。

神保元康【じんぼもとやす(15??~15??)】

畠山義元家臣。通称与一。代官職を務めた。

神保綱親【じんぼつなちか(15??~15??)】

畠山義慶家臣。官途は伯耆守。1573年、珠洲の永光寺の末寺、峰寺に田地と屋敷を寄進し、諸役を免除した。

鈴木因幡守【すずきいなばのかみ(15??~15??)】

長連龍家臣。1578年、長尾景虎が春日山城で病没すると、温井景隆、三宅長盛勢と織田信長の支援を受けた長連龍勢に属して、能登国内を転戦して戦功を重ねた。1580年、八伏山の堡塁を焼き払った。1582年、「本能寺の変」後、前田利家勢に属した。1584年、佐々成政、神保氏張の来襲に備え、窪田館を守備した。

杉山則直【すぎやまのりなお(15??~15??)】

長続連の次男(杉山家の養子)。畠山義隆に仕えた。

----------------------------

【た】

高田中務少輔【たかだちゅうむのしょう(15??~15??)】

畠山義慶家臣。1576年、「七尾城の戦い」で長尾景虎勢と戦った。

鷹合兵衛【たかごうひょうい(15??~15??)】

畠山義総家臣。鹿島郡国分村を領した。

瀧波興左三衛門【たきなみこうざえもん(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

長英連【ちょうひでつら(15??~15??)】

鳳至郡穴水城主。畠山義元家臣。長教連の男。1488年、「第一次穴水城の戦い」では、加賀一向一揆勢の攻撃を受け、父長教連が討死した。長英連は落ち延びた。1531年、「第二次穴水城の戦い」で穴水城を奪還した。

長続連【ちょうつぐつら(1515~1577)】

平盛信の次男(長英連の養子)。室は長英連の娘。畠山義続に仕えた。1543年、「石塚の戦い」で遊佐続光勢と戦った。1550年、遊佐続光は州崎兵庫(加賀一向一揆衆徒)の支援を受け能登国に侵攻した。1565年、長家の家督を長綱連に譲った。1576年、長尾景虎、織田信長の両家から圧迫を受け、織田信長勢に属して長尾景虎勢と戦った。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢と戦ったが、長尾景虎勢に内応した遊佐続光に謀殺された。

長綱連【ちょうつなつら(1539~1577)】

長続連の男。1565年、長家の家督を相続した。1574年、畠山義慶が病没すると、畠山義隆の後見役を務めた。1577年、「七尾城の戦い」では、織田信長勢に属して長尾景虎勢と戦ったが、長尾景虎勢に内応した遊佐続光に父長続連とともに謀殺された。

長連龍【ちょうつらたつ(1546~1619)】

長続連の次男。1577年、「七尾城の戦い」では、織田信長勢に属して長尾景虎勢と戦った。長連龍は援軍を求める使者として織田信長のもとに派遣されたが、七尾城に籠城する父長続連、兄長綱連は、長尾景虎勢に内応した遊佐続光に謀殺された。1578年、能登国に帰還して穴水城を奪還したが、温井景隆勢の攻撃を受け越中国の神保氏張のもとに落延びた。1579年、温井景隆は長尾景虎の家臣鯵坂長実を追放して能登七尾城を奪った。1580年、「飯山の戦い」では、温井景隆勢を撃破った。

長景連【ちょうかげつら(15??~1582)】

長続連家臣。主家没落後は長尾家に通じて珠洲郡正院川尻城主となる。1579年、織田信長方温井景隆らに攻められて越後国へ落延びた。織田勢の魚津城攻略中に能登鳳至郡棚木城に拠って織田信長に抗したが、長連龍に攻めこまれて落城した。

長連理【ちょうつらまさ(15??~1577)】

畠山義綱家臣。官途は三河守。奉行人筆頭を務めた。1566年、「永禄九年の政変」では、畠山義慶勢に属した。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢と戦い能登国各地を転戦した。「穴水城の戦い」の撤退戦で殿を務め討死した。

筒井孫次郎【つついまごじろう(15??~15??)】

温井孝宗家臣。1531年、鹿島郡重蔵宮の神輿を再興する際、温井孝宗の奉行職を務めた。

寺岡紹経【てらおかしょうけい(15??~15??)】

畠山義綱家臣。四郎左衛門尉。奉行人を務めた。1562年、寺岡紹経は畠山義綱が正親町天皇の勅許を得て能登一宮気多大社の造営をした際、今井綱秀とともに社務奉行を務めた。1573年、畠山義慶が気多社の造営を行った。「永禄九年の政変」で畠山義綱が追放された後は、畠山義慶に仕えた。

富来綱盛【とぎつなもり(15??~15??)】

畠山義綱家臣。通称小次郎。奉行人を務めた。1565年、奉行人として富山湾の鰤漁に規制をかけ、諸役を課した。1566年、「永禄九年の政変」で畠山義綱が追放されると、畠山義綱に従って北近江国に落延びた。曲直瀬道三との取次役を務めた。飯川光誠とともに畠山義綱に最後まで従った。

得田秀章【とくだしゅうしょう(15??~1577)】

畠山義綱家臣。羽咋郡得田館主。官途は佐渡守。別名「秀章」。1567年、安養寺に七間四方の講堂を建立、社領も寄進して熊野社の再興をはかった。1577年、「鹿島荒山の戦い」で長尾景虎勢と戦い討死した。参考資料:『半島国の中世史』by東四柳史明。

得田章種【とくだあきたね(15??~1577)】

得田秀章の男。1577年、「鹿島荒山の戦い」で父得田秀章とともに、長尾景虎勢と戦い討死した。

富田九郎兵衛【とみたくろうべい(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

----------------------------

【な】

中西図書【なかにしとしょ(15??~15??)】

畠山義綱家臣。1577年、「七尾城の戦い」で畠山春王丸が滅ぶと長連龍に仕えた。

中西定親【なかにしさだちか(15??~15??)】

誉田康俊家臣。官途は大炊助。1558年、誉田康俊が岩倉寺に寄進を行った際、その使者を務めた。

奈志見光連【なじみみつつら(15??~15??)】 

畠山義慶家臣。鳳至郡南志見城主。官途は中務大輔。1570年、畠山義慶の奉行人を務めた。1571年、奥能登外浦の代官職を務めた。

新保兼家【にいほかねいえ(15??~15??)】

国分慶胤家臣。通称左介。1559年、熊野権現の奉加札を奉納した。

仁岸宗心【にぎしそうしん(15??~1550)】

長英連家臣。馬場城主。官途は石見守。室は長英連の妹。1550年、「能登天文の乱」では、温井総貞勢に属した。「天神河原の戦い」で遊佐続光勢と戦い討死した。

仁岸右衛門尉【にぎしうえもんのじょう(15??~15??)】

仁岸宗心の男。

温井総貞【ぬくいふささだ(1494~1555)】

畠山義総家臣。温井孝宗の男。官途は備中守。畠山義総時代文芸に深く畠山家臣団の筆頭となった。畠山義続の家督相続に尽力した。1553年、「大槻一宮の戦い」で畠山義綱を擁して遊佐続光と戦い、これを撃破った。筆頭家老職を務め、畠山家を専横を極めた。1555年、権力の回復を図る畠山義綱に討取られた。

温井続宗【ぬくいつぎむね(1513~15??)】

温井総貞の男。官途は兵庫助。1551年、温井家の家督を相続した。1555年、権力回復を目指す畠山義綱により父温井総貞が討たれると温井続宗の力は没落した。継嗣の温井景隆とともに加賀国に落延びた。

温井景隆【ぬくいけげたか(1532~1582)】

温井続宗の男。官途は備中守。1555年、祖父温井総貞が、畠山義綱によって謀殺されると加賀国に落延びた。1566年、「永禄九年の政変」で畠山義綱が追放されると、畠山義慶に仕えた。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢に内応して、長尾景虎勢を七尾城に引き入れた。1578年、長尾景虎が病没すると七尾城代の鰺坂長実を追放して織田信長勢に属した。長連龍と対立したため、長尾景勝を頼って落延びた。1582年、「本能寺の変」後、能登国に侵攻して前田利家勢と戦ったが、佐久間盛政勢の猛攻を受けて討死した。

温井続基【ぬくいつぐもと(15??~15??)】

温井総貞家臣。1555年、温井総貞が畠山義綱によって討たれると阿岸本誓寺ら一向一揆と結んでこれに対抗した。1555年、敗北、加賀国に落延びた。

----------------------------

【は】

能登畠山義総【はたけやまよしふさ(1491~1545)】

能登郡七尾城主。畠山慶致の男(畠山義元の養子)。能登国守護職。1515年、畠山義元が病没したため、能登畠山家の家督を相続した。七尾城を築城して領国支配を進め、また文人、公卿らを招いて城下街の形成、文化移入に多大な功績を残した。古典、和歌、文学に造詣深く、大いにこれを保護して30年に亙る安定期を築いた。

能登畠山義繁【たはけやまよししげ(15??~1542)】

畠山義総の男。

能登畠山義続【はたけやまよしつぐ(1517~1590)】

畠山義総の次男。1542年、兄畠山義繁が早世したため、能登畠山家の家督を相続した。1545年、畠山宗家の河内畠山稙長が病没した際、その後継者にも目されたが、父畠山義総が病没したため、相続することが出来なかった。家臣団の力が強く、畠山義続は象徴の地位しか保てずに、実質上領国は能登畠山七人衆による合議制のもとに運営された。1551年、継嗣の畠山義綱に能登畠山家の家督を譲り、出家した。

能登畠山義綱【はたけやまよしつな(1535~1593)】

畠山義続の男。1551年、父畠山義続の隠居により能登畠山家の家督を相続した。1555年、畠山義綱は復権を図って七人衆筆頭の温井総貞を謀殺したため、家中の反感を買った。た。1558年、謀反を起こした畠山晴俊を討取ると、七人衆は長尾景虎に内応して、畠山義綱の追放を策謀した。1566年、「永禄九年の政変」で父畠山義続とともに七人衆に能登国から追放された。

能登畠山義慶【はたけやまよしのり(1554~1574)】

畠山義綱の男。1566年、「永禄九年の政変」で祖父畠山義続と父畠山義綱が重臣たちによって追放されると、遊佐続光、長続連、八代俊盛らに擁立され能登畠山家の家督を相続した。1574年、病没した。

能登畠山義隆【はたけやまよしたか(1556~1576)】

畠山義綱の次男。1566年、「永禄九年の政変」で父畠山義綱が七人衆によって追放され、兄能登畠山義慶が擁立されるとこれを補佐した。1574年、畠山義慶が病没すると能登畠山家の家督を相続した。1576年、病没したため、能登畠山家は滅亡した。

能登畠山春王丸【はたけやまはるおうまる(1572~1577)】

畠山義隆の男。1576年、父能登畠山義隆が七尾城内で病没した、能登畠山家の家督を相続した。幼年のため、実権は長続連が握った。

勝山畠山晴俊【はたけやまはるとし(15??~1558)】

鹿島郡勝山城主。畠山義元家臣。別名畠山晴俊。1555年、畠山義綱と争い内乱を引き起こした。武田晴信、加賀一向一揆、能登阿岸本願寺らと結んで畠山義綱を七尾城に追い詰めるなど優勢であったが、長尾景虎、椎名康胤らが畠山義綱勢に属したため劣勢となった。1558年、「勝山城の戦い」で破れ討死した。

西谷山内畠山家俊【はたけやまいえとし(1465~1531)】

鹿島郡西谷山内城主。畠山政栄の男。官途は大隅守。別名畠山家俊。領国と京都を往復して有力公家と婚姻を結んだり、冷泉為広らと和歌を通じて親交を持った。1531年、「享禄の錯乱(加賀大小一揆)」では、若松本泉寺を支援して畠山義総、朝倉教景、富樫稙泰、富樫泰俊らとともに加賀国に参陣した。「加賀太田の戦い」で下間頼秀、下間頼盛勢と戦い討死した。畠山義総勢が壊滅したため、朝倉教景、富樫稙泰、富樫泰俊らは撤退した。姉は本願寺蓮如蓮如の後室。娘は万里小路惟房に嫁いだ。

西谷山内畠山将監【はたけやましょうげん(15??~15??)】

西谷山内畠山家俊の男。1550年、「能登天文の乱」に、兵100余りを率いて参陣した。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢に属して参陣した。

平治勘左衛門【ひらはるかんざえもん(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

平総知【ひらふさとも(15??~15??)】

畠山義続家臣。平光知の男。官途は加賀守。七人衆のひとり。

平堯知【ひらたかとも(15??~15??)】

平総知の男。官途は加賀守。通称新左衛門。畠山義綱のもとで年寄衆をを務めた。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢に降伏した。1579年、温井景隆らとともに七尾城代で長尾景虎の家臣鰺坂長実を追放して織田信長勢に属した。1581年、織田信長勢が能登国に侵攻すると七尾城から逃亡した。

平光知【ひらみつとも(15??~15??)】

畠山義続家臣。通称新左衛門。近江国余呉荘に邸宅を持ち、能登国と京都の取次役を務めた。北野社領能登羽咋郡菅原荘、上賀茂社領土田賀茂荘の代官職を務めた。

広瀬貞成【ひろせさだなり(15??~15??)】

温井総貞家臣。官途は隼人佐。1569年、『東福寺栗棘庵文書』に連署した。

誉田弾正【ほんだだんじょう(15??~15??)】

畠山義綱家臣。1577年、「七尾城の戦い」では、七尾城を守備した。「富木城の戦い」では、藍浦長門を攻撃してこれを討取った。

誉田康俊【ほんだやすとし(15??~15??)】

畠山義綱家臣。通称勘解由左衛門尉。1558年、岩蔵寺に田を寄進して武運長久、子孫繁昌、安穏息災、諸願成就を祈願した。1561年、岩蔵寺に田を永代寄進した。

誉田頼重【ほんだよりしげ(15??~15??)】

畠山義総家臣。官途は出雲守。家老職を務めた。

----------------------------

【ま】

真舘氏矩【まだちうじのり(15??~1550)】

畠山義続家臣。真舘氏寧の男。1550年、「天神河原の戦い」で長続連勢に属して参陣するが討死した。

松百越後守【まつどえちご(15??~15??)】

畠山義綱家臣。鹿島郡松百館主。1557年、「弘治の内乱」では、平続重、甲斐庄家繁とともに参陣した。温井総貞勢の山庄直秋と戦った。

松波常重【まつなみつねしげ(15??~1570)】

珠洲郡松波城主。畠山義遠の男。能登畠山家の庶流に過ぎなかったが、能登珠洲郡の土豪松波家を吸収し、有力国人領主の長英連と縁戚関係を結び勢力を拡大した。1569年、「鶏塚の戦い」では、畠山義慶勢に属して参陣、八代俊盛勢と戦い戦功を挙げた。

松波義龍【まつなみよしたつ(15??~1572)】

松浪常重の男。妹は長英連に嫁いだ。菩堤所万福寺の末寺として涌金、宝光のニ寺を建立した。

松波義親【まつなみよしちか(1527~1577)】

畠山義綱の次男(松波義龍の養子)。官途は常陸介。別名松浪義季。室は公家烏丸家の娘。松波義龍が早世したため、松波家の家督を相続した。1569年、「鶏塚の戦い」では、養父松波常重とともに畠山義慶勢に属して参陣、八代俊盛勢と戦い戦功を挙げた。1577年、「七尾城の戦い」では、家臣の生森長右衛門を松波城代に任じ長尾景虎勢と戦った。敗れて松波城に落延びたが、長尾景虎の家臣長沢光国勢の攻撃を受け自刃した。松浪義親の内室は前田まつの侍女となった。

松波義行【まつなみよしゆき(15??~15??)】

松波義龍の次男。1577年、「七尾城の戦い」では、畠山義慶勢に従って奮戦したが落城した。「松波城の戦い」では、義兄松浪義親とともに長尾景虎勢と戦ったが敗れて松浪義親は自刃した。松波義行は堀松城に落延び抵抗を続けた。後、松平元康に仕え1,000石を領した。

松波連親【まつなみつらちか(15??~15??)】

松波義親の男。人質として長尾景虎のもとに送られた。1580年、長連龍に仕えた。

松波義直【まつなみよしなお(15??~15??)】

松波義親の次男。1580年、兄松波連親とともに長連龍に仕えた。

松波重左衛門【まつなみしげざえもん(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

松波六郎大夫【まつなみろうろうだいふ(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

松波重兵衛【まつなみしげべい(15??~15??)】

松波義智家臣。1474年、畠山義統の意向を受け松波義智が松波城を領するとそれに従った。参考文献:『能登畠山史要』by三宅邦吉。

三宅俊長【みやけとしなが(15??~1531)】

鳳至郡崎山城主。畠山義元家臣。三宅忠俊の男。官途は伊賀守。七人衆のひとり。1513年、騒乱の間、年寄衆として政務を沙汰した。1531年、「加賀太田の戦い」で加賀一向一揆勢と戦い討死した。

三宅総広【みやけふさひろ(15??~15??)】 

三宅俊長の男。官途は筑前守。温井総貞と結んで権勢を振った。1550年、「能登天文の乱」では、温井総貞と遊佐続光が争うと、温井総貞勢に属して遊佐続光勢を撃破った。

三宅長盛【みやけながもり(15??~1582)】

温井続宗の男(三宅総広の養子)。官途は備後守。通称彦次郎。別名三宅総賢。1553年、「大槻一宮の戦い」では、温井総貞と遊佐続光が争うと、父三宅総広とともに温井総貞勢に属して遊佐続光勢を撃破った。1555年、「弘治の内乱」で温井総貞が畠山義綱に謀殺されと、加賀一向一揆衆を扇動し、温井景隆勢を支援するが敗北、温井景隆とともに加賀国に落延びた。1566年、「永禄九年の政変」では、遊佐続光、長続連、八代俊盛らが畠山義慶を擁立して畠山義続、畠山義綱を追放すると能登国に帰還した。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢に降伏した。1579年、長尾景虎が病没すると、織田信長勢に内応したがまもなく長連龍と対立して能登国を追われた。1582年、「本能寺の変」後、温井景隆とともに石動山衆徒と結んで能登国への侵攻を図るが、佐久間盛政勢の攻撃を受けて討死した。

三宅続長【みやけつぐなが(15??~15??)】

三宅総広家臣。鳳至郡鵜川城主。

三宅綱久【みやけつなひさ(15??~15??)】

畠山義綱家臣。通称次郎右衛門。1555年、畠山義綱が温井総貞を討取ると、これに抵抗して謀反を起こした。その後一向一揆と結んで義綱に対抗したが、鎮圧された。

----------------------------

【や】

山庄直秋【やまじょうなおあき(15??~15??)】

温井総貞家臣。通称藤兵衛。1558年、「弘治の内乱」では、兵500余りを率いて敷波で苅田を行った。畠山義綱勢の攻撃を受けたが温井総貞勢の支援を受け撃退した。

山田左近助【やまださこんのすけ(15??~15??)】

長英連家臣。山田城主。1558年、「弘治の内乱」では、畠山義綱勢に属したが、後に温井総貞に内応した。

遊佐統秀【ゆさむねひで(14??~15??)】

畠山義統家臣。遊佐忠光の男。官途は美作守。別名「宗円」。能登国(珠洲郡)、越中国(砺波郡、蓮沼城)の守護代を務めた。1477年、五井兵庫頭が高座宮社領を押領して訴えられると、在京中の畠山義統に代わってこれを審理し、畠山義統に裁許を求めた。1500年、畠山義元が守護職を罷免されると、畠山義統の次男畠山慶致を擁立した。その守護代として実権を握った。畠山慶致と畠山義元が和議を結ぶと、畠山慶統派の家臣筆頭家老として実力を保った。連歌を好み、守護館や自邸での連歌会に列席した。

遊佐秀盛【ゆさひでもり(15??~1531)】

遊佐統秀の男。官途は信濃守。通称孫右衛門。1517年、能州に下向した冷泉為広の門人となった。1521年、「越中永正の乱」では、加賀一向一揆とともに越中国に侵攻して神保慶宗、越中一向一揆らと戦った。1531年、「加賀津幡の戦い」で討死した。

遊佐秀頼【ゆさひでより(15??~15??)】

遊佐秀盛の男。官途は豊後守。畠山義総のもとで足利義晴に対し尾州畠山稙長の家督相続問題では、畠山義総との取次役を務めた。1553年、「大槻一宮の戦い」では、遊佐続光勢に属して温井総貞と戦い敗れて加賀国に落延びた。1554年、温井総貞、神保総誠、長続連らとともに本願寺に「太刀、馬代」として500疋を献上した。

遊佐続光【ゆさつぐみつ(15??~1581)】

遊佐秀頼の三男。官途は美作守。室は平信光の娘。畠山七人衆のひとり。1553年、「大槻一宮の戦い」で温井総貞と戦い敗れて加賀国に落延びた。1555年、温井総貞が畠山義綱に謀殺されたため、帰還して畠山義慶に仕えた。1566年、「永禄九年の政変」では、長続連、八代俊盛らとともに畠山義慶を擁立して畠山義続、畠山義綱を追放した。1574年、畠山義慶が病没すると、筆頭家老職として権力を握った。長続連が織田信長勢と結ぶと、長尾景虎勢と結でいた遊佐続光は家中の主導権を失った。1577年、「七尾城の戦い」では、長尾景虎勢に内応、長続連と枝連衆を謀殺して、家中の実権を把握した。1579年、長尾景虎が病没すると、織田信長勢に降伏したが菅屋長頼に捕縛され斬頸に処された。

遊佐盛光【ゆさもりみつ(15??~1581)】

遊佐続光の男。通称四郎右衛門。1554年、「永禄九年の政変」で父遊佐続光が温井総貞との政争に敗れて加賀国に落延びると、これに従った。1570年、畠山義慶から長綱連、温井景隆、平尭知らとともに家老職に任じられ、長尾景虎との取次役を務めた。1577年、「七尾城の戦い」では、父遊佐続光とともに長尾景虎勢に属した。1579年、長尾景虎が病没すると、父遊佐続光とともに織田信長勢に降伏したが菅屋長頼に捕縛され斬頸に処された。

吉見統範【よしみむねのり(14??~15??)】

畠山義統家臣。通称孫太郎。1478年、総持寺に櫛比庄を寄進した。

吉見統頼【よしみむねより(15??~15??)】

畠山義統家臣。官途は兵部大輔。1470年、総持寺に富来院を寄進した。

遊佐右衛門尉【ゆさうえもんのじょう(15??~15??)】

畠山義綱家臣。1568年、畠山義綱が能登国に侵攻すると、馬廻衆としてそれに従った。

遊佐熊石丸【ゆさくまいしまる(15??~15??)】

畠山義綱家臣。1558年、町野庄の岩蔵寺に所領を寄進して武運長久、子孫繁昌を祈願した。

遊佐秀倫【ゆさひでみち(15??~15??)】

畠山義総家臣。官途は左馬允。長尾景虎との取次役を務めた。

和田光章【わだみつあき(14??~15??)】

畠山義統家臣。羽咋郡志雄館主。和田信章の男。

----------------------------

【資料Ⅰ】

能登国(4郡/210,000石)

羽咋郡:末森城、末吉城(石高60,000石)。
鹿島郡:七尾城、勝山城、石動山城(石高60,000石)。
鳳至郡:穴水城(石高40,000石)。
珠洲郡:松浪城(石高20,000石)。

----------------------------

【資料Ⅱ】

畠山家七人衆【はたけやまけしちにんしゅう】

遊佐続光、温井総貞、長続連、遊佐宗円、平総知、三宅総広、伊丹総堅。能登畠山家を事実上支配した政治組織及び、それを務めた七人の畠山家の重臣を指す。筆頭の温井総貞と守護代の遊佐続光によって主導された。

畠山家政僧三人衆【はたけやまけせいそうさんにんしゅう】

畠山義総に仕えた成身院宗歓(真言宗明千寺)、畠山義続に仕えた安国寺留雲斎、畠山義綱に仕えた孝恩寺存貞。

畠山八臣【はたけやまはっしん】

遊佐続光、神保総誠、平総知、誉田、温井総貞、三宅総広、甲斐庄家繁、伊丹総堅。

----------------------------

【資料Ⅲ】

能登国【のとのくに】

能登半島の大部分を占める北陸道の国。東は越中国と宝達丘陵の稜線沿いに国境を作り、南は加賀国と能登半島基部の狭い平地で接する。三方を日本海に囲まれた小国で、低平な丘陵性地形が国土の大部分を占める。丘陵地帯には小河川が流れ、谷あいに小さな平野を作っている他、海岸部にも小規模な平地を持つ。半島の突端部では、奥能登丘陵が北東から南西に走り、半島基部の口能登には最大の平野部がある。半島の東側は内浦でリアス式海岸となり、能登島を抱く七尾湾には良港が存在する。西と北の外浦は断崖や岩場が多いという対象性を見せる。この日本海に突出した立地条件から、産業としては漁業や製塩業が盛んである。古くは日本と渤海の交渉の拠点として水運や貿易も活発に行なわれ、早くから大陸文化が流入した。陸続きで隣接するのは越中、加賀の二国だが、水路対馬海流に乗れば越後から東北地方の沿岸部に移動するのは容易い。従って、この方面への進出は容易であるが、国土が狭いだけに越中国、加賀国方面からの侵入は防ぎにくい。

----------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

徳川家康は松平元康、豊臣秀吉は羽柴秀吉に統一しました。

※参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社、参考文献:『戦国大名系譜人名辞典(東国編)』by新人物往来社、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、参考文献:『戦国大名家辞典』by東京堂出版、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)』by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------