2012年2月16日木曜日

戦国三河国人名辞典

------------------------------------------------------

【あ】

阿知波定基【あちわさどもと(15??~1543)】

奥平家臣。阿知波佐定の男。官途は民部。室は奥平貞昌の娘。1543年、三河国を攻める信州伊奈勢と戦い、嫡男阿知波源蔵と共に討死した。 

阿知波定直【あちわさだなお(1536~1620)】

阿和波定基の次男。官途は修理。別名奥平定直。室は奥平貞直の娘。継室は奥平小兵衛の娘。1543年、父と兄の討死により、叔父阿知波浅右衛門が阿知波家の家督を相続した。叔父阿知波雅楽介と共に後北条家に仕え、後に阿知波家の家督を相続した。1556年、今川義元に属す野田菅沼家らの攻撃を受けるが弟阿知波五郎右衛門と応戦し、先鋒野田勢を破るも、第二陣伊奈本多勢の攻撃を受け降伏した。1560年「尾張国丸根城の戦い」に参陣した。「大野田城の戦い」で一番乗りを果たし、菅沼伝内を討取った。「吉田城の戦い」では、日に三度の戦を行い。従弟阿知波佐宗らと敵首一級ずつを挙げた。1572年「三方ヶ原の戦」では奥平勢先鋒を務めた。1573年「美濃岩村城の戦い」で首級を挙げた。奥平貞能に伴われ武田晴信の御前に出ると戦功を賞せられ、陪臣の身でありながら刀を拝領した。奥平宗家の直臣として七族に列した。阿知波定直は七族座上(筆頭)を望んだが、座上には奥平定行がいるため、交渉は難航。奥平定行が甲斐に移ったため座上は空位となり七族座上となった。1575年、武者奉行として「長篠城の戦い」に参陣した。1576年、新城築城のため普請奉行を務めた。1584年「小牧、長久手の戦い」に参戦して、池田勢、森勢を追撃し、深追いする味方を諫め、手際よく撤兵させた。

阿知波五郎右衛門【あちわごろうざえもん(15??~15??)】

阿知波定基の次男。別名奥平五郎右衛門。1556年「雨山城の戦い」に参陣して菅沼定村を討取った。1575年「長篠城の戦い」に参陣した。
 
阿知波雅楽介【あちわうらくさい(15??~1575)】

阿知波佐定の三男。甥菅沼定直と共に後北条家に仕えた。後に帰参した。1575年「長篠城の戦い」に参陣したが、援軍到着前に討死した。

阿知波七兵衛【あちわしちざえもん(15??~15??)】

阿知波雅楽介の男。室は嵩山奥山播磨守の娘。一日に槍を七度合するため「七兵衛」を称したた剛勇の士。1575年「長篠城の戦い」参陣した。

阿部孫次郎【あべまごじろう(15??~15??)】

加茂郡上野城主。1493年、阿部孫次郎は、加茂郡寺部城の鈴木日向守、挙母城の中条出羽守、八草城の那須宗左衛門、伊保城の三宅清宜らと連合して松平親忠と「井田野の戦い」で敗れて松平親忠の麾下に属した。

荒川義広【あらかわよしひろ(15??~15??)】

吉良持清の次男。官途は甲斐守。別名吉良義広。室は松平元康の異母妹(市場姫)。東条城主吉良持清の次男として生まれる。東条吉良家の家督は兄東条持広が継いだため、荒川義広は別家荒川家を興した。1539年、今川家に属して兄吉良持広とその家老富永忠安を討取った。1561年、松平元康による東条城主吉良義昭攻めに協力し、その戦功により市場姫を娶ることになった。1563年「三河一向一揆」の際には、吉良義昭と共に一向衆の側について松平元康勢と戦った。一揆軍は敗北したため、吉良義昭は近江国へ、荒川義広は河内国へ亡命を余儀なくされた。

荒川弘綱【あらかわひろつな(15??~1599)】

荒川義広の男。通称次郎九郎。室は穴山信君の娘。松平元康に召し出されて3,000石を領した。嗣子なく、松平定綱を養子とした。1599年、伏見において没した。

荒川家臣団【あらかわけかしんだん】

矢田作十郎、高木清秀、鷹部屋鉾之助。

石橋久勝【いしばしひさかつ(15??~1535)】

石橋城主。奥平貞久の次男。官途は弾正忠。

石橋繁昌【いしばししげまさ(15??~15??)】

石橋久勝の男。官途は弾正忠。1535年、父石橋久勝の病没により石橋家の家督を相続した。石橋繁昌は謀反を企てたが、奥平貞勝が奥平定雄を大将に討伐勢を差し向け、石橋家中四十二人はことごとく討取られた。石橋繁昌の嫡男石橋太郎次郎は鳳来寺に落延びたが、黒谷重氏、黒谷重吉兄弟に討取られた。後年、石橋一族の死を哀れんだ徳岩明和尚が奥平貞勝に願い出、石橋弾正の城館跡を貰い受けて石橋山慈昌院を建立した。

生田勝重【いくたかつしげ(15??~15??)】

奥平家臣。通称四郎兵衛。奥平家五家老のひとり。

別所伊藤貞久【いとうさだひさ(15??~1559)】

北設楽郡別所城主。通称左京亮。伊藤貞久は長篠城主菅沼元直に属してその勢力を維持した。

別所伊藤貞次【いとうさだつぐ(15??~15??)】

伊藤貞久の男。通称源太郎。伊藤貞次も長篠菅沼家に属した。1560年「桶狭間の戦い」で今川義元が討死すると、長篠城菅沼家は松平元康に従った。1568、松平元康の「遠江国討伐」にともない、伊藤貞次は一党を率いて長篠菅沼家の軍勢に加わり「鶴ヶ城の戦い」「掛川城の戦い」に参陣した。「掛川城の戦い」では菅沼貞景が討死するほどの激戦であった。1571年、武田晴信の「三河国討伐」によって菅沼正貞ら山家三方衆が人質を出して武田方に降ると、伊藤貞次もそれに従った。

稲垣重賢【いながきしげかた(15??~1528)】

牛久保六騎衆のひとり。牧野家臣。文明年間、伊勢国から三河国宝飯郡牛久保に移り、稲垣藤助重賢が牧野家に仕えた。1528年、今川家に味方して松平清康勢を相手に奮戦した、吉田方面から牛久保に軍勢が押し寄せたときに、稲垣重賢は防戦して宝飯郡産女塚で麾下の十六名と共に討死にした。

稲垣重宗【いながきしげむね(1517~1594)】

稲垣重賢の男。牧野成定に仕え、度々戦功を挙げた。牧野成定が病没すると、牧野康成が牧野家の家督を相続したが若年の為、稲垣重宗は山本帯刀と協議の上、稲垣重宗の嫡男稲垣長茂が牧野康成の後見役として牧野家の家臣筆頭となった。1575年、今川氏真と遠江国の領有を争っていた松平元康は、遠江諏訪原城の城番に牧野康成を配置したが、その陣代として稲垣長茂は数々の戦功を挙げた。

稲垣氏連【いながきうじつら(15??~1561)】

稲垣重賢の次男。兄稲垣重宗と共に牧野成定に仕えて戦功を挙げる。松平元康に召し出されて60貫を領した。「大塚の戦い」にて敵兵二人を討取るが、最後は今川家臣の鵜殿新平に討たれた。

稲垣氏俊【いながきうじとし(15??~1562)】

稲垣重賢の三男。1562年「野田城の戦い」で討死した。

稲垣長茂【いながきながしげ(1539~1612)】

稲垣重宗の男。1558年、松平元康に属した牧野康成の寄騎衆となる。1565年、稲垣長茂は牧野成定と共に今川家を離反、松平元康に臣従した。牧野成定没後は父稲垣重宗らの協議によって牧野康成の家臣となり、以後は陣代として戦功を挙げ、「牧野康成の家に稲垣長茂あり」と称された。その後も各地で活躍した。1589年「小田原の役」では松平元康の特命で濠の水を掘って落とし、舟板で兵を渡す戦功を挙げた。1601年、上野国伊勢崎城10,000石を領した。

岩瀬氏安【いわせうじやす(15??~15??)】

中島城主。1532年、岩瀬氏安は松平清康に攻められ降った。1535年、松平清康が「守山崩れ」で横死すると再び今川家に属した。

岩瀬氏俊【いわせうじとし(15??~15??)】

岩瀬氏安の男。1562年、松平元康に攻められて降った。岩瀬氏俊は松平元康の麾下に属して「長篠城の戦い」「高天神城の戦い」に参陣した。1590年、松平元康とともに関東に移り、房総の地に1,500石を領した。

岩瀬嘉竹斎【いわせかちくさい(15??~15??)】

牛久保六騎のひとり。岩瀬家は奥州岩瀬郡須賀川出身で藤原姓二階堂家の庶流。岩瀬嘉竹斎は宝飯郡に大塚城を築城、吉田城主小原肥前守に属した。

岩瀬忠家【いわせただいえ(15??~15??)】

岩瀬嘉竹斎の男。通称治部左衛門尉。牛久保、吉田両城への兵糧、煙硝、米穀の補給、また銭の融通など経済、物流関係への関与が目立ち今川領内での給付や酒造免許をうけた事などからも今川家との関係が深い。1556年、牧野貞成逆心の節には牧野定成の加担を内談にて押し止めるなど牧野山城守との関係が深かった。1564年、大塚城の本家岩瀬河内守が再度松平元康に降ると、稲垣家等とともに岡崎で松平元康に恭順した。

牛田政興【うしだまさおき(15??~15??)】

牛田城主。水野忠政家臣。通称玄蕃。1532年、牛田政興によって牛田城は築かれた。

鵜殿長持【うどのながもち(1513~1562)】

宝飯郡上ノ郷城主。鵜殿長将の男。今川家臣。官途は長門守。通称藤太郎。1560年「桶狭間の戦い」では、織田信長方に攻撃を受けた大高城を支援した。後続の本隊が織田信長に襲われ、今川義元が討たれると、自領に引き上げた。その後も、今川氏真に属した。鵜殿家の麾下の領主達は岡崎の松平元康に組し、今川方の最前線で孤立した。1562年、松平元康方の攻撃を受けた。先遣の松平清宗などの攻撃は防ぎきるものの、岡崎の本隊が加わった攻城軍には抗いきれず上ノ郷城は陥落。嫡男鵜殿長照と共に討死した。

鵜殿長照【うどのながてる(15??~1562)】

鵜殿長持の男。官途は長門守。通称蔵太郎。1560年「桶狭間の戦い」では大高城に駐留するも今川義元が討死すると自領に引き上げた。今川家の支配が弱まった三河では松平元康が台頭した。多くの領主達が松平元康に味方する中、鵜殿長照は今川家の縁戚であったことから今川方に留まった。今川家との密接な間柄を保持する上ノ郷城の鵜殿総領家だけで、周辺の下ノ郷城を有する分家などは松平元康の味方に転じていった。やがて「清洲同盟」を結んで織田家方に与し、今川氏真からの自立、決別色を強めた松平元康と敵対した。1562年、松平元康からの攻撃を受け討死した。 

鵜殿氏長【うどのうじなが(1549~1624)】

鵜殿長照の男。1562年、上ノ郷城が落城した際に松平勢に捕らえられ、今川氏真の元で人質となっていた瀬名姫、岡崎信康と人質交換され、再び今川方の武将として復帰した。今川家滅亡後は松平元康に降伏し「姉川の戦い」「長篠、設楽原の戦い」に参陣した。

鵜殿家臣団【うどのかかしんだん】

大竹古屋館主:大竹藤兵衛、下ノ郷城主:鵜殿又三郎長龍、不相城主:鵜殿平蔵長成、柏原城主:鵜殿長祐。

大河内信貞【おおこうちのぶさだ(15??~1558)】

寺津城主。大河内信政の男。東条吉良家家老職。

大河内秀綱【おおこうちひでつな(1546~1618)】

大河内信貞の男。通称孫太郎。吉良義昭に仕えた。1564年「三河一向一揆」の「東条城の戦い」で戦功をあげる[2]。吉良義昭の没落後、松平元康に仕えたえ、三河、遠江の租税に関わる事務に携わった。遠江国稗原城を領する。元康の関東移封に従い、武蔵国高麗郡で700石余を領し、代官として活躍した。

大河内久綱【おおこうちひさつな(1570~1646)】

大河内秀綱の男。通称は金兵衛。室は深井好秀の娘(龍泉院殿)。父大河内秀綱は「三河一向一揆」で吉良義昭とともに松平元康と戦うが、その後吉良義昭から離反して松平元康に仕える。1590年「関東転封」後は武蔵国高麗郡で710石を領した。1618年、父大河内秀綱が死去し家督を相続した。大河内久綱は代官、勘定奉行として活躍した。関東地方の幕府直轄領の年貢に関する実務を扱った。

大河内基高【おおこうちもとたか(1515~1612)】

東条吉良家臣。通称善左衛門。吉良義昭に仕えた。

大河内正綱【おおこうちまさつな(1544~1627)】

大河内基高の男。通称善一郎。室は大久保忠員の娘。吉良義昭没落後は紀伊国に移った。後に松平元康に仕え「姉川の戦い」「高天神城の戦い」などで戦功を挙げた。紀伊松平頼宣に仕えた。
 
大河内正勝【おおこうちまさかつ(1579~1640)】

大河内正綱の次男。通称善兵衛。1592年、松平元康の近習となり200俵。1625年、武蔵国橘樹郡で250石余を領した。

奥平貞昌【おくだいらさだまさ(1451~1535)】

南設楽郡作手城主。奥平貞久の男。今川氏親の曳馬城攻めに参加した。ついで井伊家の御嶽城を攻め落した。この頃の奥平家は戸田家とともに今川家の麾下の属して松平家や牧野家と争っていた。1530年、松平清康が東三河国に進出して来ると松平家の麾下に属して八名郡宇利城攻めに従った。
 
奥平貞勝【おくだいらさだかつ(1512~1598)】

奥平貞昌の男。官途は監物。室は水野清忠の娘。継室は田峯菅沼定広の娘。1530年「宇利城の戦い」で松平清康に従い戦功を挙げた。1542年「小豆坂の戦い」に参陣した。1555年、織田家からの誘いを受け今川義元から離反、鎮圧され再び今川義元に服属した。1560年「桶狭間の戦い」に参陣し、松平元康の大高城兵糧入れを支援した。今川義元敗死後は、松平元康に属した。1572年、武田晴信勢の秋山信友に攻撃され降伏、武田家に属した。1573年、嫡子奥平貞能は孫の奥平信昌と家中の大半を引き連れて武田家を離反し松平家に再属した。奥平貞勝は次男の奥平常勝と少数派とともに武田家に留まった。1582年、武田家に属した者は罰せられたが、老齢の奥平貞勝は不問とされた。五人の娘は松平康次、鵜殿長忠、菅沼定忠、山崎勝宗、奥平長兵衛に嫁いだ。

奥平貞直【おくだいらさだなお(1514~1573)】

奥平貞昌の次男。通称久兵衛。室は松平孫三郎の娘。1556年、兄と共に今川家から離反。秦梨城を攻め粟生永信を討取った。東条松平義春が兵200余りを率いて攻め込むと、城外にて応戦。松平義春勢に圧され、日近城まで退却した。松平義春は追撃をかけるも、城の櫓楼から鉄砲に撃たれ討死した。大将の討死の好機とし、貞直は追い討ちをかけた。しかし、殿軍松井正広の奮戦によって、芳しい戦果を挙げられず、岡崎勢を取り逃がした。奥平貞勝は日近城に駆けつけ、奥平貞勝ら日近衆の働きを賞した。1557年、奥平貞能は、奥平貞直の今川家離反に激怒し、奥平貞直の嫡男奥平彦九郎を謀殺した。奥平貞直を追放した。これにより日近領は宗家に没収された。

奥平次郎左衛門【おくだいらじろうざえもん(15??~1575)】

奥平貞昌の三男。額田郡鳥川砦主。1575年「長篠城の戦い」で討死した。
 
奥平正堅【おくだいらまさかた(15??~15??)】

奥平貞昌の四男。通称十郎左衛門。額田郡明見砦主。1570年「姉川の戦い」に参陣した。1575年「長篠城の戦い」では長篠城に籠城した。

奥平貞能【おくだいらさだよし(1537~1599)】

奥平貞勝の男。官途は美作守。室は牧野成種の娘。1560年「桶狭間の戦い」において今川義元が討死した後、東三河の諸侯に遅れて今川家から離反し、松平元康に属した。松平元康の「遠江国侵攻」に従い各地を転戦した。1570年「姉川の戦い」にも参陣した。1571年、武田晴信の「三河国j侵攻」が始まると、奥平貞能は松平元康に属したが、父奥平貞勝は、武田方に転じた。1573年、武田晴信が病没すると、武田家方の国衆に動揺が起り、長篠城主菅沼正貞は松平元康には降伏し城を明け渡した。奥平家の取り込みを重視した松平元康は奥平貞能の嫡男奥平貞昌と亀姫との婚約など奥平家に有利な同盟を結んだ。奥平貞能は一族郎党を率いて作手城を退去し松平家方に走った。1573年、嫡男奥平信昌に家督を譲って隠居し、自身は家康の許にあって、奥三河の地勢や人物関係を教える助言役に徹していた。1575年「長篠の戦い」で酒井忠次に属して鳶ヶ巣山奇襲隊として参陣し、窮地に陥っていた長篠城救援に貢献した。

奥平信昌【おくだいらのぶまさ(1555~1615)】

奥平貞能の男。官途は美作守。松平元康の娘(亀姫)。奥平家は奥平貞勝の代までは今川家に属していたが「桶狭間の戦い」後、松平元康の麾下に属した。1572年、武田家の「三河国侵攻」が始まると武田家に属した。武田晴信が病没すると、再び松平元康の麾下に属した。1573年、武田勝頼は奥平家が差し出していた次男仙千代を含め人質三人を処刑した。1575年、武田勝頼は兵15,000余りを率いて長篠城へ押し寄せた。奥平貞昌は長篠城に籠城し、酒井忠次率いる織田、松平連合軍の分遣隊が包囲を破って救出に来るまで武田勢の攻勢を凌ぎきった。「設楽原の戦い」で織田、松平連合軍は武田勢を破り勝利をおさめた。戦後、父奥平貞能は隠居して、奥平家の家督を相続した。1590年、関東へ国替えとなった松平元康と共に関東に移封し上野国甘楽郡宮崎城30,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では松平秀忠勢に属した。役後は京都の治安維持のため、京都所司代を務めた。1601年、美濃国加納城100,000石へ転封された。1602年、加納城で隠居し、三男奥平忠政に家督を譲った。

奥平仙千代【おくだいらせんちよ(1560~1573)】

奥平貞能の次男。武田勝頼のもとに人質として送られていた。父奥平貞能と兄奥平信昌が松平元康に属したために、武田家の手によって他に二人とともに処刑された。

奥平貞国【おくだいらさだくに(15??~15??)】

奥平貞能の三男。1575年「長篠城の戦い」では籠城した。1600年「関ヶ原の役」後、兄奥平貞治の跡を継ぐ形として松平元康の馬廻衆となった。後に尾張松平義直付けとなった。

奥平家昌【おくだいらいえまさ(1577~1614)】

奥平信昌の男。官途は大膳大夫。室は本多忠勝の娘(法明院)。1601年「関ヶ原の役」後、父奥平信昌が京都所司代として功績を挙げ美濃国加納城100,000石に任じられると、上野国宮崎城領に奥平家昌を残し、三男奥平忠政を伴って配地へ赴任した。1602年、奥平家昌も加納城とは別に下野国宇都宮城100,000石を領した。以後は宇都宮城の城下町整備に尽力し、七族五老制度を改革を行った。1614年「大坂冬の陣」のため参陣を命ぜられるも病を患い遠征には不参となったが間もなく病没した。

奥平家治【おくだいらいえはる(1579~1592)】

奥平信昌の次男。官途は右京大夫。別名松平家治。1589年、松平元康の養子に望まれた。この時、奥平家では鳥居強右衛門、黒屋甚九郎といった「長篠の戦い」などで討死を遂げた家臣の子弟を奥平家治に付随させた。松平元康の「関東移封」に伴い、上野国長根城7,000石を領したが、まもなく病没した。

奥平忠政【おくだいらただまさ(1580~1614)】

奥平信昌の三男。菅沼定利の養子官途は飛騨守。室は里見義頼の娘。1597年、菅沼定利の養子となり、菅沼姓を称した。菅沼定利が死去すると養子縁組を解消され、実父奥平信昌の隠居により、家督を継ぎ美濃国加納城主となったが家政は父奥平信昌が担った。1614年、父奥平信昌に先立って病没した。

奥平忠明【まつだいらただあきら(1583~1644)】

奥平信昌の四男。松平元康の養子。官途は下総守。別名松平忠明。室は織田信包の娘。継室は小出吉政の娘。兄奥平家治が病没したため、その家督を継いで上野国長根城7,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では父奥平信昌と共に松平方として参陣した。1610年、伊勢国亀山城50,000石を領した。1614年「大坂冬の陣」では美濃の諸大名を率いて河内口方面の大将となった。元々、美濃の諸将を率いるのは加納城主奥平忠政の役割であったが、出陣前に病没し、加納からは父奥平信昌による代参陣も無く兵だけが奥平忠明の麾下に遣わされた。そこで奥平忠明が代わって加納の兵力を含む美濃諸将を束ねることになった。奥平忠明の動員兵力は所領分よりも異様に高かった。後に休戦協定が羽柴家との間で結ばれると、松平元康の命令で大坂城外堀、内堀の埋め立て奉行を担当した。1615年「大坂夏の陣」では「道明寺の戦い」「誉田の戦い」で戦功を挙げた。1632年、大御所松平秀忠の遺言で近江彦根藩主井伊直孝と共に松平家光の後見人に任じられた。

和田奥平貞盛【おくだいらまさもり(15??~15??)】

奥平貞俊の次男。官途は出雲守。作手和田を領したため、和田家と呼ばれる。以後、和田奥平家当主は代々、出雲守を世襲。奥平家には七族五老という重臣制度がある。七族とは次男、三男が別家を立てて臣列に連なったもので、いわば一門衆のことである。主に軍事面で重きをなした。五老は在地豪族の中から功績のあった者を家老として抜擢したもので、主に行政面を司った。和田奥平家は奥平七族座上(筆頭)の地位にあった。
 
和田奥平定信【おくだいらさだのぶ(15??~15??)】

奥平貞盛の男。1560年、今川義元の尾張攻めに参陣した。「丸根砦の戦い」で戦功を挙げ、松平元康から田原鏃五十本を拝領した。
 
和田奥平定雄【わださだお(15??~15??)】

奥平貞盛の次男。官途は土佐守。1537年、石橋繁昌の謀反を起こしたが、奥平定雄は討伐勢の大将として石橋家中四十二名を討取って戦功を挙げた。

和田奥平定行【おくだいらさだゆき(15??~15??)】

奥平定信の男。1573年、甲斐武田家方に属して嫡男奥平長兵衛と共に甲斐国に移った。これにより七族座上の地位は剥奪された。武田家滅亡後、作手城に帰参したが、筆頭の地位を回復することは出来なかった。稲木元喜に嗣子が無いため、稲木家の家督を相続した。
 
和田奥平長兵衛【おくだらちょうべい(15??~15??)】

奥平定行の男。室は奥平貞勝の娘。1573年、父奥平定行と共に甲斐国へ移る。これにより、室とは離縁した。武田家滅亡後、作手城へ帰参した。これまでの経緯から、一族内での待遇は良いものではなかった。日近家に嫁した妹の二女は、奥平信昌の養女として松平定勝の室となった。そのため、伊予松山久松松平家に仕え、老臣格となった。

小原長重【おばらながしげ(15??~15??)】 

加茂郡市場城主。小原親信の男。足助鈴木家臣。別名鈴木長重。足助城主鈴木家の枝連衆の鈴木親信が市場城を築いて居城した。

小原直重【おばらなおしげ(15??~15??)】

小原長重の男。官途は伊賀守。別名鈴木直重。

小原重愛【おばらしげよし(15??~15??)】

小原直重の男。官途は越中守。別名鈴木重愛。1570年「姉川の戦い」で戦功を挙げた。1581年「高天神城の戦い」に参陣した。1592年、関東への転封に従わず没落した。

------------------------------------------------------

【か】

加納貞英【かのうさだえい(15??~15??)】 

加茂郡宮口城主。官途は備中守。1560年、織田勢に攻められ落城した、加納貞方とともに猿投城の三宅家へ落延びた。

加納貞方【かのうさだかた(15??~15??)】

加納貞英の男。通称孫五郎。1580年、宮口城下に帰農した。

片岡権右衛門【かたおかごんざえもん(15??~15??)】

片岡弥左衛門の男。1575年「長篠城の戦い」では籠城した。 
 
片岡惣右衛門【かたおかそうざえもん(15??~15??)】

奥平家臣。通称宗右衛門。室は生田重綱の娘。合戦中片眼を矢で射られ失明した。1575年「長篠城の戦い」では籠城した。1584年「小牧、長久手の戦い」で戦功を挙げた。

片岡次郎右衛門【かたおかじろうざえもん(1568~15??)】

片岡惣右衛門の男。室は片岡権右衛門の娘。1584年「小牧、長久手の戦い」では、生田勝重の介添えによって戦功を挙げた。

川手肥後守【かわてひごのかみ(15??~15??)】

三州武節城主。室は山崎高元の娘。後に領地を失う。嫡男川手勝宗を山崎家に養子に出した。
 
川手小右衛門【かわてこざえもん(15??~15??)】

川手肥後守の次男。1575年「長篠城の戦い」では籠城した。
 
川手与太夫【かわてよふだいふ(15??~15??)】

川手小右衛門の男。室は生田吉次の娘。

西条吉良義郷【きらよしさと(15??~1539)】

幡豆郡西条城主。吉良義堯の男。反今川派。弟吉良義安が東条家の養子となり、三河国西部支配を固めた。1517年、斯波義達の「遠江遠征」敗退。1537年、今川家との抗争で、荒川(西条吉良)義広と争い討死した。

西条吉良義安【きらよしやす(1536~1569)】

吉良義堯の次男。西条吉良家の家督は兄吉良義郷が継ぎ、次男の吉良義安は東条城主吉良持広の養子に入った。兄吉良義郷が死去したため、西条吉良家に戻って兄の跡を継いだ。東条吉良持広も死去したため、西条吉良家は弟吉良義昭に継がせ、自らは東条吉良家の家督を相続した。1549年、今川義元が織田信広を攻めた際、吉良義安は織田家に協力したため今川家の人質として駿府へ送られた。今川義元は西条吉良義昭に東条吉良家も継がせ、吉良家を統一させて今川家配下に置いた。吉良義安は人質として暮らすことになった。1560年「桶狭間の戦い」で今川義元が討死したため、松平元康とともに人質から解放されて三河国に戻った。弟吉良義昭は今川家の後援を失って孤立し、松平元康に従属した。1562年、吉良義昭は再起を図って「三河一向一揆」と結び、松平家と戦ったが敗れて三河から逃亡する。以後吉良義安が東西両吉良家を統一して領有することが松平元康から認められた。

西条吉良義昭【きらよしあき(15??~15??)】 

吉良義堯の三男。西条吉良氏は、長兄吉良義郷が継いでいたが、やがて吉良義郷は死去し、次兄の吉良義安が相続した。東条吉良家の吉良持広も死去したため、兄吉良義安はこちらの家督を継ぎ、西条吉良家の家督は吉良義昭が相続することになった。1549年、今川義元が安祥城主・織田信広を攻めた際、兄吉良義安は織田家に協力したため、今川家に捕らえられて駿府へ送られた。吉良義昭は逆に今川勢に協力したため、今川義元より東条吉良家も併せて継ぐよう命じられて東西の吉良家を統一させて今川家に臣従することとなった。1560年「桶狭間の戦い」で今川義元が討死すると、松平元康は今川家の後ろ盾を失った吉良義昭をしばしば攻めるようになった。1561年、松平家への降伏を余儀なくされた。1563年、「三河一向一揆」と結び、再び松平元康との戦ったが敗れ、東条城は落城した。吉良義昭も三河からの撤退を余儀なくされた。

東条吉良持清【きらもちきよ(15??~1532)】

幡豆郡東条城主。吉良義藤の男。官途は左京大夫。西条吉良家は常に京都に住していたのに対して、東条吉良家の当主は通常は在国し、稀に上洛するという形をとっていた。1509年、吉良持清は上洛して将軍足利義稙に年始の祝儀として太刀一腰を献上した。在京の折に冷泉為和に歌道を学んだ。1522年、冷泉為和を東条城に招いた。

東条吉良持広【きらもちひろ(15??~1539)】

吉良持清の男。通称は左兵衛佐。東条吉良持広は今川家に接近して、織田家に款みを通じた西条吉良家に備えた。織田信秀と対立関係にあった松平広忠とも結び織田家に対抗した。1535年、吉良持広は松平広忠が松平一族の紛争で居城の岡崎城を追放されるとこれを保護した。1536年、松平広忠の岡崎城に復帰する際は、吉良持広の家老富永忠安の幡豆郡室城に入城した。1539年、織田信秀の軍事的脅威の懸念のなか吉良持広は病没した。東条吉良家の家督は、西条吉良義堯の次男吉良義安が相続した。

熊谷実長【くまがいさねなが(15??~1530)】

宇利城城主。官途は備中守。1530年、奥三河に松平家の勢力が及ぶようになると、新城地方のほとんどの豪族衆は今川家から松平家に転じました。宇利城主熊谷実長は今川家方に味方しました。宇利城は松平清康の攻撃を受け城主熊谷実長は少ない兵力だったが険しい地形を利用して松平勢を翻弄した。松平家方の天野源兵衛忠俊、大浜源内、宮野平七、宮野平八、鈴木主殿助、安達助作、近藤治右衛門が討死したが、城内に松平方に内応する者があり討死した。この戦いでは,野田菅沼定則や作手奥平貞勝が松平清康に味方し、案内役をつとめた。熊谷実長の嫡男熊谷直安は信濃国伊那郡に落延びた。次男熊谷正直は西三河に落延び帰農した。

熊谷家臣団【くまがいけかしんだん】

近藤満用、近藤平左衛門、近藤力之丞。

黒屋重氏【くろやしげうじ(15??~15??)】

奥平家臣。通称甚右衛門。奥平家五家老のひとり。

黒屋勝直【くろやかつなお(15??~1594)】

黒屋重氏の男。通称甚右衛門。

黒屋正勝【くろやまさかつ(1578~1612)】

奥平貞行の男。奥平信昌の養子。通称掃部。1594年、黒屋勝直が嗣子の無いまま亡くなったため、その跡式を相続した。1600年「関ヶ原の役」では、松平秀忠勢に属す奥平家昌の麾下として参陣した。「上田城の戦い」で戦功を挙げた。奥平家昌が宇都宮城100,000石を領すると、自身は1,000石を領した。

巨海道綱【こみみちつな(15??~1517)】

幡豆郡巨海城主。大河内貞綱の弟。巨海越中守の養子。西条吉良家臣。通称新左衛門。巨海道綱は大河内家から巨海家に養子に入った。1517年、今川氏親の遠江侵攻に頑強に抵抗し、斯波義達と結び引馬城に兄大河内貞綱とともに引馬城に籠城して兄とともに自刃した。

権田重行【ごんだしげゆき(15??~15??)】

奥平家臣。奥平貞昌の猶子。通称藤八郎。奥平貞勝の嫡男が生まれる、自ら家臣となった。

------------------------------------------------------

【さ】

西郷正勝【さいごうまさかつ(15??~1562)】

八名郡月ヶ谷城主。西郷正員の男。室は菅沼定村の姉。通称弾正左衛門。今川義元に従っていた。1560年「桶狭間の戦い」で今川義元が討死すると松平元康の調略に応じ、設楽貞通、菅沼定盈等の他の東三河国人衆とともに松平元康の麾下に属した。吉田城に捕らわれていた人質甥の西郷孫四郎正好らに向けられ、東三河諸豪族が差し出していた人質たち十三人は、城下の龍拈寺で串刺し刑に処せられた。1561年、月ヶ谷城を嫡男西郷元正に譲り、五本松城を築城して三河西郷家の本城した。1562年、三河国の東端を領有していたのが災いし、遠江国からの今川勢に攻められる。防戦するものの多勢に無勢で、嫡男西郷元正は討死。自身も五本松城に火を放って自刃した。

西郷元正【さいごうもとまさ(15??~1562)】

西郷正勝の男。1562年、今川氏真勢の朝比奈泰長に攻められ、防戦するものの月ヶ谷城は落城、討死した。

西郷清員【さいごうきよかず(1533~1594)】

西郷正勝の次男。通称孫九郎。室は酒井忠親の娘。1562年、今川氏真勢の朝比奈泰長により西郷氏の居城である五本松城や、月ヶ谷城を攻められ父西郷正勝、兄西郷元正を失ったが、西郷清員は野田城まで落延びた。松平元康は、大須賀康高や本多信俊らを援軍として送り、五本松城を見事奪還した。松平元康から西郷家の家督を継ぐよう命じられたが、幼年の甥西郷義勝への家督相続を認めさせた。西郷清員は、西郷義勝の陣代として粉骨砕身の働きを示した。1571年、秋山信友の侵攻を受けたため、菅沼定盈らと懸命の迎撃戦を展開した。武田勢を退ける事に成功するが西郷義勝は討死した。西郷清員は西郷義勝の嫡男西郷家員を養子に入れての家系を継承させた。

西郷義勝【さいごうよしかつ(15??~1571)】

西郷元正の男。通称孫太郎。継室は戸塚忠春の娘(於愛姫)。1562年、祖父西郷正勝と父西郷元正の討死により西郷家は家運衰退の危機に陥った。松平元康は、西郷義勝の叔父である西郷清員に西郷の家督を継がせようとしたが、これを西郷清員は西郷義勝に西郷家の家督を相続させた。1571年、秋山信友が三河へ侵攻。縁戚である菅沼定盈の要請を受け、武田勢を一時的に退ける事に成功したが、西郷義勝はこの戦いで討死した。西郷義勝は室に先立たれた後、寡婦となっていた従姉妹(戸塚忠春娘)である於愛を継室に迎えた。この継室はのちに松平元康の側室に望まれ、徳川幕府の第二代将軍となる松平秀忠や松平忠吉の生母となる西郷局である。

西郷正友【さいごうまさとも(15??~1604)】

西郷元正の次男。通称藤左衛門。1571年、秋山信友による三河侵攻に対抗。懸命の迎撃戦により武田勢を退ける事に成功したものの兄西郷義勝は討死した。松平元康からは西郷家の後継に、従兄弟西郷家員が指名された。1587年、井伊直政の麾下に属して2,000石を領した。

西郷家員【さいごういえかず(1556~1597)】

西郷清員の男。通称弾正左衛門。1571年、西郷義勝の討死により西郷家の家督を相続した。その後「三方ヶ原の戦い」「長篠の戦い」「小田原の役」などの合戦に参戦して活躍した。松平元康の「関東転封」後は安房国東条城10,000石を領した。1597年、嫡男西郷忠吉を近藤秀用の養子に出して、次男西郷忠員を跡目とした。

西郷忠員【さいごうただかず(1570~1601)】

西郷家員の次男。通称孫九郎。兄西郷忠吉は庶子だった為、近藤秀用の養子とされた。1595年、松平秀忠の御前において大久保忠常たちと一緒に元服した。1600年「関ヶ原の戦い」では武者奉行に任じられた。役後、江州佐和山城の城地受け取りを内藤信正、石川康道らと務めた。1601年、佐和山城内で病没した。実子が無く、弟西郷康員を跡目とした。

西郷康員【さいごうやすかず(1585~1613)】

西郷家員の三男。官途は出羽守。通称新太郎。室は戸田重元の娘。1601年、兄西郷忠員の病没によって西郷家の家督を相続した。西郷康員にも実子が無く、弟西郷正員を跡目とした。

西郷正員【さいごうまさかず(1593~1638)】

西郷家員の四男。官途は若狭守。通称孫六郎。1613年、西郷康員の病没によって西郷家の家督を相続した。1615年、松平定綱、牧野忠成、本多忠朝らとともに小田原城接収した。松平康長らとともに大久保忠隣の改易に連座した里見忠義の館山城を接収した。1619年、遠江国久野城の城番役を務めた。1620年、安房国東条城(朝夷郡19ヵ村6,894石、長狭郡4ヵ村3,106石)10,000城を領した。

西郷家臣団【さいごうけかしんだん】

調査中。

篠束西郷俊雄【さいごうとしお(15??~15??)】

篠束城主。西郷家臣。通称内蔵助。1560年、今川義元が「桶狭間の戦い」で討死後、今川家方に城砦を攻撃する松平元康に今川氏真は、西郷俊雄を使者に派遣した。1562年、西郷俊雄は松平元康が東三河平定に乗り出すと松平家に臣従した。

坂井利兵衛【さかいとしべい(15??~15??)】

夏山奥平家臣。1573年、奥平貞能をはじめとする松平元康への寝返りを画策してた家中主流派が、作手城を棄てて額田郡方面へ逃亡した。坂井利兵衛も主流派の中にあり、甲州勢の追撃に遭う。このときに甲州派奥平助次郎定包を討取った。

佐宗大膳【さそうだいせん(15??~15??)】

臼子城主。奥平家臣。富永家が田峰菅沼家から菅沼定則を主として野田館に迎えると、臼子城は奥平家にとって最南端に位置する城なり佐宗大膳を城主に据えた。

佐宗勝重【さそうかつしげ(15??~15??)】

佐宗大膳の男。1545年、豊川沿いに勢力を伸ばしていた菅沼定継が臼子城に攻撃をかけた。佐宗勝重は防戦したが、城は落ち、菅沼定継のものとなってしまった。1556年、菅沼一族が織田方と今川方に分かれて争う「布里城の戦い」「雨山城の戦い」が起きた。菅沼定継と奥平貞勝は織田方に付いたが、菅沼定継らの討死よって奥平家は今川方へ帰順した。奥平貞勝の嫡男奥平貞能が臼子城を攻めて、菅沼家から奪還した。

佐宗重昌【さそうしげまさ(15??~15??)】

佐宗勝重の男。奥平貞能は佐宗勝重の嫡男佐宗重昌を城代とした。1575年、佐宗重昌は「長篠城の戦い」で、松平勢に属して戦い馬場信房を討取る戦功を挙げた。

塩瀬久次【しおせひさつぐ(15??~15??)】

塩瀬城主。富永家臣。通称甚兵衛。祖父富永資時から塩瀬姓を称した。富永家が没落後に田峰菅沼家に仕えた。1505年、田峰菅沼定忠の三男菅沼竹千代が富永家の家督を相続するとそれに従った。中島市兵衛の屋敷の東方、徳定に館を構えた。菅沼竹千代が野田城に入ると、徳定屋敷に居住した。

塩瀬善助【しおせぜんすけ(15??~15??)】

田峰菅沼家臣。1571年、一族塩瀬甚六と共に野田城攻めの案内役となる。他に鈴木助右衛門、鈴木久内、兵藤新左衛門も案内役となった。1573年、武田家に降伏した野田菅沼定盈の護衛となり、預け先の長篠城まで同行した。塩善助と兵藤新左衛門は、後に野田菅沼定盈に仕えた。

設楽清広【したらきよひろ(1507~1570)】

設楽郡広岩城主。設楽郡惣領職。別名富永清広。設楽貞通は舅の設楽清広を説いて松平方に付かせた、共に松平元康の命を受けて戦功を挙げた。

設楽清政【したらきよまさ(1544~15??)】

設楽清広の男。別名富永清政。1570年、父設楽清広が病没した際、嫡子設楽清政は若年であったため、設楽貞通が松平元康の命を受けて後見人となった。陣代設楽貞通と抗争。1574年、設楽清政は陣代の設楽貞通と抗争を起こし、家伝来の系図や重器を持ち出して出奔した。設楽清政は北条氏直に仕えて八王子城を守った。1590年、後北条家滅亡により、八王子城を離れて帰農した。

川路設楽貞重【したらさだしげ(15??~15??)】

設楽郡川路城主。

川路設楽貞通【したらさだみち(1534~1596)】

足助鈴木重直の男。設楽貞重の養子。室は設楽清広の娘。官途は越中守。通称小四郎。今川氏真に属していたが、松平元康の勢力が奥三河に及ぶと松平家に属した。1563年「三河一向一揆」でも松平方に属した。以後、松平元康の側近くで調略の実行を任されるなど陰謀の中枢となる。1573年「野田城の戦い」では、継室の実家野田菅沼家を支援すべく、僅かではあるが手勢を率いて野田城に籠城した。1574年、本家の設楽清政が出奔、設楽家の領地は設楽貞通が相続した。1575年「長篠の戦い」では、酒井忠次の鳶ヶ巣山奇襲隊を支援するため、手勢500余りで八名郡樋田に布陣した。設楽貞通は設楽勢兵500率いて樋田に進出、武田勢を多く討取って戦功を上げた。1590年、松平元康の「関東移封」に従った。設楽貞通は嫡男設楽貞清とともに武蔵国礼羽館1,500石を領して陣屋を構えた。1596年「文禄、慶長の役」のさなかに病没した。

川路設楽貞清【したらさだきよ(15??~15??)】

設楽貞通の男。1590年、松平元康の「関東移封」には父設楽貞通と共に従った。

川路設楽貞信【したらさだのぶ(15??~15??)】

設楽貞通の次男。1601年、分家して設楽の地に戻り竹広に陣屋を構えた。

川路設楽家臣団【したらけかしんだん】

来迎松城主:夏目宮内小輔信久、夏目宮四郎清宗。

城所藤五郎【じょうしょとうごろう(15??~15??)】

富永家臣。後に田峯菅沼家に仕えた。

城所信景【じょうしょのぶかげ(15??~15??)】

田峰菅沼家老職。城所藤五郎の男。通称六左衛門。別名城所道寿。没落した富永家を見限り、田峯菅沼家臣となった。1561年、布里菅沼定直は松平元康の麾下に属して遺領を安堵された。田峰菅沼定忠は、布里菅沼定直の後見を受け、家老として城所信景、城所清蔵、伏木久内尉、今泉孫右衛門道善らが幼年城主を支えた。1571年、秋山信友が兵2,300余りを率いて奥三河に進出してきた。目的は山家三方衆(田峯菅沼、長篠菅沼、作手奥平)と野田菅沼(野田城)の調略。秋山信友はまず田峯城の城所信景を調略した。田峯城では菅沼定直や次席家老の今泉道善らが武田家に付くことに反対したが、菅沼定忠は主席家老の城所信景を信頼し武田家の麾下に属した。そして長篠城の菅沼正貞、亀山城(作手)の奥平貞能も武田の威風に従った。1575年「長篠の戦い」以降、事績不明。武田滅亡後、菅沼定忠と共に誅殺された。

足助鈴木重政【すずきしげまさ(15??~15??)】

加茂郡足助城主。1525年、松平清康は加茂郡を北上して足助城に2000余の軍勢で攻め寄せた。鈴木重政は松平清康に降伏して松平家に服属した。この際、松平清康から、妹の久子を鈴木重政の嫡男である鈴木重直の室として迎えた。

足助鈴木重直【すずきしげなお(15??~1584)】

鈴木重政の男。官途は越後守。1535年「守山崩れ」で松平清康が横死すると、鈴木重直は松平家から離反して独立した。1554年、今川勢の馬場幸家、堀越義久等が岡崎城から3,500余で足助城に攻めせた、鈴木重直は抵抗したが降伏した。1564年、松平元康は兵3,000余りを率いて足助城を攻撃、鈴木重直は嫡男鈴木信重を人質に差し出して降伏した。再び松平家の軍門に降った足助鈴木家は、松平家に従い「姉川の戦い」など数々の合戦に参陣した。1571年、武田晴信は兵25,000余りを率いて伊那口より三河国に乱入した足助城主鈴木重直はこれに抵抗できず岡崎城に退去した。足助城が落城すると周辺の諸城もすべて落城した。足助城は武田家の支配下に入り足助城には城代として下条信氏が置かれた。1573年、武田晴信が病没すると、松平信康が武田勢が守備する足助城を3,000余の軍勢で攻撃、武田家の勢力を駆逐した。松平元康は鈴木信重に足助城を与えた。1582年「高天神城の戦い」において、松平勢が討ち取った武田勢の首級688のうち、鈴木信重と家臣の鈴木重愛が138級を挙げる戦功を挙げた。1590年、松平家の関東移封に従い、鈴木康重も関東に転封した。

寺部鈴木重明【すずきしげあき(15??~1567)】

加茂郡寺部城主。官途は日向守。寺部(鈴木)重明は松平清康と抗争を繰り返した。

寺部鈴木重教【すずきしげたつ(15??~1567)】

鈴木重明の男。官途は日向守。通称重辰。1558年、鈴木重教は今川家から離反、広瀬城主三宅高清と結び織田信長方に寝返った。1558年、今川義元の命を受けた能見(松平)重吉、松平元康の攻撃を受ける。1560年「桶狭間」の後に松平家と抗争する。1566年佐久間信盛の攻撃で降伏臣従。1572年「三方ヶ原の戦い」に奮戦した。

則定鈴木重次【すずきしげつぐ(15??~15??)】

加茂郡則定城主。

則定鈴木正三【すずきしょうさん(1579~1655)】 

鈴木重次の男。曹洞宗の僧侶で仮名草子作家。長男ではあるが家を継がず別家を興した。1600年「関ヶ原の役」では本多正信隊に属して、松平秀忠を護衛した。1614年「大坂の冬陣」で戦功を挙げて200石の馬廻衆となった。鈴木正三は、仏教に傾倒し職務の間を縫って諸寺院に参詣した。1619年、大坂城番勤務の際、同僚であった儒学者の「仏教は聖人の教えに反する考えで信じるべきではない」との意見に激しく反発し、『盲安杖』を書いてこれに反論した。1620年、馬廻衆の出家は禁止されていたが、鈴木正三は出家、松平秀忠の温情で罰せられるこはなかった。

則定鈴木重成【すずきしげなり(1588~1653)】 

鈴木重次の三男。通称三郎九郎。松平元康、松平秀忠に仕えた。1614年「大坂の両役」に参陣した。1620年、父鈴木重次に家督を譲られ700石を領した。1637年「島原の乱」では松平信綱に従い「原城の戦い」で一番乗りの戦功を挙げた。1641年、天草の代官に任じられたが天草は「島原の乱」による荒廃で疲弊していた。鈴木重成はこの地域への植民を促進し再検地を行い幕府に対して年貢米の減免を願い出た。キリシタン対策を行い、兄鈴木正三を呼び寄せて説法を行わせ仏教への改宗を勧めたり「破切支丹」を刊行を行った。1653年、年貢米の減免は再三の要請にもかかわらず幕府に聞き入れてもらえず、訴状を残して江戸の自邸で自刃を遂げた。この抗議によって幕府は減免を行なった。

酒呑鈴木重興【すずきみしげおき(15??~15??)】

矢並城主矢並鈴木重就の男。鈴木重時が勢力を伸ばす松平家を押さえるために酒呑城を築いた。

酒呑鈴木重信【すずきしげのぶ(15??~1574)】

鈴木重興の男。通称次郎左衛門。酒呑(鈴木)重信より松平家の麾下に属した。

田峯菅沼定忠【すがぬまさだただ(15??~1534)】

菅沼定信の男。官途は大膳太夫。通称新三郎。1515年、今川氏親が遠江の勝山に陣をしいた時、豊田郡水巻城を守って戦功を挙げた。

田峯菅沼定房【すがぬまさだふさ(15??~15??)】

菅沼定信の次男。織田信長に仕えた。

田峯菅沼定広【すがぬまさだひろ(15??~1565)】

菅沼定忠の男。官途は大膳亮。通称新三郎。父菅沼定忠と共に今川氏親に属して活躍し、菅沼家の勢力を拡張させた。疱瘡の跡が残る顔から「蜂の巣大膳」と呼ばれた。

田峯菅沼鵬雲【すがぬまほううん(15??~15??)】

菅沼定忠の次男。足疾だったため出家し、永住寺を創建した。

田峯菅沼新七【すがぬましんしち(15??~15??)】

菅沼定忠の四男。松平清康に仕えた。

田峯菅沼定継【すがぬまさだつぐ(15??~1556)】

菅沼定広の男。官途は大膳亮。1556年、妹を後妻とする作手城主奥平貞勝と共に織田家に属し今川義元から離反した。奥平貞勝が額田郡の二ヶ所、菅沼定継が設楽郡で蜂起した。奥平貞勝は額田郡の秦梨城を攻撃。東条松平忠茂に率いられた今川方の鎮圧勢を日近で撃退した。菅沼定継に枝連衆は同調せず今川方に留まって敵対した。菅沼家枝連衆で菅沼定継の叔父菅沼定則、菅沼定村、野田定圓、野田定自、島田菅沼家の孫太夫、恩原城主山川清兵衛、山川家臣筒井与次右衛門、筒井太郎兵衛などが菅沼定継に加勢した程度で、一家を挙げて支援に参ずる分家は無く、宗家としての面目を失った。「布里の戦い」で枝連衆と戦いこれを撃破した。今川義元から指示を受けた東三河の諸将は、親族として奥平家に組する阿知波家の所領である額田郡での「雨山の戦い」で奥平貞勝は敗れ降伏した。孤軍となった菅沼定継は弟たち菅沼枝連衆による反撃に晒され敗退したして自刃した。

田峯菅沼左衛門次郎【すがぬまさえもんじろう(15??~1556)】

菅沼定広の次男。1556年「布里の戦い」で今川勢と戦い討死した。

田峯菅沼定直【すがぬまさだなお(15??~1576)】

菅沼定広の三男。南設楽郡布里城主。通称弥三右衛門。兄菅沼定継、菅沼左衛門次郎が織田家に属すと、家老林左京亮と共に枝連衆を取り纏め、今川派の勢力を形成した。兄弟相克の末、今川家の助勢を得て勝利した。菅沼定継の嫡男菅沼定忠を当主とし、筆頭家老となった。1572年「長篠の戦い」の際、田峯城留守居役を務めた。戦後、敗将となった菅沼定忠の帰城を拒む。1574年、菅沼定忠に攻められ討死した。今泉孫右衛門と共に田峰城平野の辻に首を晒された。
 
田峯菅沼定氏【(1521~1623)】

菅沼定広の四男。通称十郎兵衛。菅沼定忠の次席家老。八名郡大野を領す。1561年、野田城攻めに乗じた今川勢に攻められる。定氏は新城を守り抜くが、この合戦で城は大きな痛手を受け、後に破却されることとなった。後に徳川家に属す。1568年、掛川城攻めでは定忠の名代として参戦。1572年「三方ヶ原の戦い」に参陣した。大敗直後の夜襲を行い戦功を挙げた。松平元康から恩賞として吉川、塩沢、鳥原、竹輪、曽津川の五邑の領地と長谷部国重の脇差を与えた。

田峯菅沼定仙【すがぬまさだのり(15??~1606)】

菅沼定広の五男。官途は常陸介。通称八右衛門。菅沼定忠の三番家老。八名郡井代を領した。当初は今川家に属していたが、後に松平家、次に武田家に仕えた。1571年、再び松平家に仕えた。

田峯菅沼定吉【すがぬまさだよし(15??~15??)】

菅沼定氏の男。父菅沼定氏と共に松平元康に仕えて「三方ヶ原の戦い」「長篠城の戦い」「小牧、長久手の戦い」で戦功を挙げた。1590年、松平元康の「関東転封」後には3,500石を領した。

田峯菅沼定忠【すがぬまさだただ(15??~1582)】

菅沼定継の男。官途は刑部少輔。1556年、父菅沼定継が討死したため幼くして田峯菅沼家の家督を相続した。1571年、武田勢に城を攻められ降伏した。「野田城の戦い」の際には道案内役として参陣したが、枝連衆である野田菅沼家一族の命を少しでも救うため、武田家勢をわざと道を遠回りさせた。「長篠城の戦い」後、武田勝頼と共に居城である田峯城に入城しようとしたが、家老今泉道善や叔父菅沼定直らの反逆に合って帰城を拒まれ、武節城に逃れて武田勝頼を甲斐国へ送った。その後、追撃をして来た松平勢に武節城を攻められた菅沼定忠は家臣と共に飯田城に落延びた。1576年、菅沼定忠は田峯城を攻撃、城内にいた老若男女九十六人を惨殺し、主犯格である今泉道善を生きたまま鋸引きの刑に処した。武田家滅亡後、松平元康へ赦免を願い出たが許されず、信濃国伊那郡知久平で牧野康成に謀殺された。

田峯菅沼定利【すがぬまさだとし(15??~1602)】

菅沼定直の男。官途は大膳大夫。通称小大膳。1571年、父菅沼定直を始めとして田峯の菅沼一族は武田晴信に属したが、菅沼定利はこれに反対して田峯菅沼家から離反した。支族である野田菅沼定盈を頼って、松平元康に仕えた。1582年、織田信長の「武田家討伐」で武田家が滅亡したとき、菅沼定忠も松平勢の追討を受けて謀殺されたため、田峯菅沼家の後継に任命された。1590年「小田原の役」後、松平元康が関東に移ると上野国吉井城20,000石を領した。そして領内で検地を実施し、六斎市を催すなど、治政の安定化に努めた。1600年「関ヶ原の役」では松平秀忠勢として、真田昌幸と戦った。

田峯菅沼忠政【すがぬまただまさ(1580~1614)】

奥平信昌の三男。菅沼定利の養子。別名奥平忠政。継嗣の無かった菅沼定利の養子となって家督と遺領を継承した。

菅沼左衛門次郎【すがぬまさえもんじろう(15??~15??)】

田峯菅沼定広の次男。兄菅沼定継が織田家に属すとそれに従った。
 
田峯菅沼定常【すがぬまさだつね(15??~15??)】

菅沼定継の次男。通称七郎右衛門。室は長篠菅沼道満の娘。1556年、織田家に属した。元服の際、討死した島田菅沼孫太夫の所領三州設楽郡島田を賜った。「長篠城の戦い」後、奥平信昌に仕えた。1584年「小牧、長久手の戦い」で奥平勢の鉄砲隊を率い、森税へ一斉射撃を行う。1600年「信州上田城の戦い」に参陣した。

野田菅沼定則【すがぬまさだのり(1493~1547)】

北設楽郡野田城主。菅沼定忠の三男。室は奥平貞昌の養女。1505年、設楽郡野田城主富永久兼から後嗣を望まれたが、富永家中では入嗣に反対する勢力があり野田城への入城は拒否された。1506年、富永久兼の後継として菅沼姓のまま富永家の遺領を継承し、野田菅沼家を称した。1516年、今川氏親の「遠江国討伐」に呼応して「曳馬城戦い」を陥落させた。1531年、松平清康の東三河平定戦の「宇利城の戦い」に参陣するため、今川家から離反した。1535年、松平清康が「守山崩れ」で横死すると今川家に再帰属した。

野田菅沼定村【すがぬまさだむら(1521~1556)】

菅沼定則の男。通称新八郎。室は深溝松平忠定の娘。1544年、父菅沼定則の隠居により菅沼家の家督を相続した。1556年、奥平貞勝と田峯菅沼家が今川義元に対して謀反を起こした。菅沼定村は謀反に加担しなかったが、野田三右衛門定圓、野田伝一郎定自ら菅沼定村に不満を持っていた弟二人が謀反に加わった。今川義元の討伐勢として奥平貞勝方が立て籠もる雨山城に攻撃をかけたが、城主阿知波五郎兵衛から放たれた矢によって、馬上から下知する菅沼定村は左喉から耳を貫かれ、落馬絶命。大将を失った野田勢は、新三左衛門定貴、半五郎定満ら定村の弟二人による立て直しも空しく、弟たちも討死し壊滅した。

野田菅沼定盈【すがぬまさだみつ(1542~1604)】

菅沼定村の男。1560年「桶狭間の戦い」で今川義元が討死後は松平元康に属した。松平元康の「三河平定戦」や「刑部城の戦い」に参陣して戦功を挙げた。1571年、田峯菅沼定忠や長篠菅沼満直などの一族が秋山信友に勧められて武田晴信に属すなか、菅沼定盈は一貫して松平元康に属した。1,572年、武田晴信が居城の野田城へ攻め寄せて来ると籠城して奮戦したが、井戸の水を抜かれて水源を断たれたため武田勢に降伏した。松平元康に人質として出されていた奥平家などの人質との交換で再び松平元康の元へ戻った。「長篠城の戦い」では酒井忠次隊に属して鳶ヶ巣山砦の武田信実と戦った。その後も「小牧、長久手の戦い」などの諸合戦で活躍した。1590年、松平元康が関東転封になると上野国阿保城10,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」後は、伊勢国長島城20,000石を領した。

野田菅沼定仍【すがぬまさだより(1576~1605)】

菅沼定盈の男。父菅沼定盈の隠居後に家督を継承したが、若くして病没した。

野田菅沼定芳【すがぬまさだよし(1587~1643)】

菅沼定盈の三男。継嗣の無かった兄菅沼定仍の養子となって家督と相続した。1614年「大坂冬の陣」では本多忠政と共に戦いった。1615年「大坂夏の陣」では道明口で羽柴勢と戦った。1534年、丹波国亀山城41,000石を領した。

野田菅沼虎之助【すがぬまとらのすけ(15??~15??)】

菅沼定村の次男。兄に謀反を起こそうとしたため幽閉された。

長篠菅沼満成【すがぬまみつなり(15??~15??)】

長篠城主。田峯菅沼資長の次男。通称三郎左衛門。1508年、長篠城の士豪長篠家を駆逐して長篠菅沼家を称した。
 
長篠菅沼元成【すがぬまもとなり(15??~15??)】

菅沼満成の男。通称新九郎。今川氏親に属した。1508年、長篠城を築城した。
 
長篠菅沼俊則【すがぬまとしのり(15??~15??)】

菅沼元成の男。官途は下野守。今川氏親に属した。
 
長篠菅沼元直【すがぬまもとなお(15??~15??)】

菅沼俊則の男。官途は左馬允。今川家に仕えた。
 
長篠菅沼満直【すがぬまみちなお(15??~1582)】

菅沼俊則の次男。官途は伊豆守。田峯菅沼家臣城所道寿に誘われ、菅沼正貞の武田家従属のための説得に加担した。松平元康勢に長篠城を攻められた際、武田勢の来援まで待つよう開城に断固反対した。武田勝頼からの信任も厚かった。長篠開城後は岩小屋へ撤退。後に甲信地方に移る。武田家滅亡後、嫡男八左衛門らと共に松平家への帰属を願い出たが誅殺された。

長篠菅沼貞景【すがぬまさだかげ(15??~1569)】

菅沼元直の男。通称三郎左衛門。今川家に仕えた。永禄年間、松平家に属した。1568年「掛川城の戦い」に参陣した。1569年「掛川城の戦い」討死した。
 
長篠菅沼正貞【すがぬままささだ(15??~1582)】

菅沼貞景の男。通称新九郎。1571年、武田家臣秋山信友に攻められる。大叔父菅沼伊豆守、田峯菅沼家臣城所道寿の説得により、積極的ではないものの、松平家から武田家へ寝返った。人質として伊豆守の男、八左衛門と、長篠家臣浅井半兵衛の男、小三郎を甲斐国に送る。背信を理由に、松平家に長篠城を攻められた。1573年、菅沼伊豆守らの反対を押し切り開城したが捕縛される事も無く、鳳来寺まで退く。この行為を知った武田信豊、土屋昌次らは、菅沼正貞が松平家に内通していると疑いを受け小諸城に幽閉された。
 
長篠菅沼政勝【すがぬままさかつ(15??~1641)】

菅沼正貞の男。通称半兵衛。1582年「武田家滅亡」の際、母に伴われて松平元康に赦免を願い容れられ田口に500石を領した。1616年、紀伊松平頼宣に仕え800石を領した。1619年、紀伊御国入りに際し1,000石に加増された。
 
長篠菅沼貞俊【すがぬまさだとし(15??~1573)】

菅沼元直の次男。室は菅沼道満の娘。通称弾正左衛門。菅沼家中の親松平家派筆頭格とされ、甥の菅沼正貞に松平家への帰属を強く進言した。武田家派が主流となった長篠城内で、叔父菅沼満直に反論した。在城していた武田家臣室賀一葉軒を討ち、松平元康に詫びよと進言した。菅沼正貞はその意見に耳を傾けるが、他の一族が賛同しないため孤立し長篠城を退去し戸田忠次の寄騎衆になった。
 
長篠菅沼定昌【すがぬまさだまさ(15??~1616)】

菅沼貞俊の次男。通称三郎左衛門。室は本多忠俊の娘。父菅沼貞俊と共に長篠城を退去し戸田忠次の寄騎衆になった。
 
長篠菅沼道満【すがぬまどうまん(15??~1571)】

長篠菅沼家枝連衆。東田内を領した。1571年、甲斐武田家に属した遠州天野家の長篠城攻めで討死した。

島田菅沼定行【すがぬまさだゆき(15??~15??)】

菅沼定成の男。田峰菅沼家臣。父菅沼定成と共に田峯城から島田城へ移り住み、島田菅沼家を称した。
 
島田菅沼定家【すがぬまさだいえ(15??~15??)】

菅沼定行の男。
 
島田菅沼定盛【すがぬまさだもり(15??~15??)】

菅沼定家の男。弟孫太夫に島田を譲り、天文年間、田内に移住した。
 
島田菅沼定勝【すがぬまさだかつ(15??~15??)】

菅沼定盛の男。官途は伊賀守。田峯菅沼家の内乱後、嫡男菅沼定清と共に田峯城を一時占拠した。1561年、今川家との合戦で戦功を挙げた。
 
菅沼三照【すがぬまみつてる(15??~1615)】

菅沼定勝の男。田峯菅沼家臣城所信景の調略により、松平元康から武田勝頼に寝返った。後に松平家に帰参した。越前松平家に仕えてた。1615年「大坂の陣」にも参陣した。
 
菅沼定重【すがぬまさだしげ(15??~1622)】

島田菅沼三照の次男。通称半左衛門。越前松平家に仕えた。嗣子無く家系は断絶した。
 
島田菅沼定孝【すがぬまさだたか(15??~15??)】

菅沼定家の次男。通称孫太夫。田峯菅沼家の内乱時、菅沼定継側に属す。菅沼定直ら今川家派に討たれた。
 
島田菅沼定房【すがぬまさだふさ(15??~15??)】

菅沼三照の男。通称新五左衛門。越前松平家に仕えた。若くして病没した。

石原百度次郎兵衛【ずんどすじろうべい(15??~15??)】

百度屋敷主。1501年、東三河十七騎衆のひとり。この地域の土豪としてそれなりの勢力を持っていたものと思われる。この当時以降、吉田城を中心とするこの地域は今川、牧野、戸田の三家、時には松平家も加わる争奪の場となり、小土豪に過ぎぬ十七騎の面々は変転する支配者のために苦労を重ね続けた。酒井忠次が吉田城から今川勢を退去させて城主となった時、彼らのほとんどが帰農した。

石原百度兵衛【ずんどべいべい(15??~15??)】

石原次郎兵衛の男。石原百度兵衛は酒井忠次に仕えた。1570年「姉川の戦い」で戦功を挙げた。戦功により掛川へ移った。

------------------------------------------------------

【た】

高橋信政【たかはしのぶまさ(15??~1566)】

幡豆郡赤羽根城主。西条吉良義昭家臣。官途は出羽守。今川家に属していたが「桶狭間の戦い」で今川義元が討死すると、西条城主西条吉良義昭は松平元康勢によって攻められて降伏した。西条城に入ったのは松平家臣酒井正親であった。酒井勢は幡豆郡の平定を進め、赤羽根城も攻撃を受けた。赤羽根城主高橋信政は、嫡男高橋弾正少弼政信とともに籠城して防戦したが酒井勢には敵わず落城した。

田中喜三郎【たなかきさぶろう(15??~1571)】

野田菅沼家臣。1571年、武田晴信との「野田城の戦い」の際に討死した。他に井口六蔵、竹下彦次郎、彦坂小作、佐原平蔵も討死した。この合戦では、名のある者だけで十七名、下卒を含むと総勢四十余が討死した。

中条常隆【ちゅうじょうつねたか(15??~15??)】  

加茂郡挙母城主。官途は出羽守。1533年、中条常隆は加茂郡伊保城主三宅加賀守、寺部城主鈴木日向守、八草城主那須惣左衛門、碧海上野城主阿部孫次郎らとともに松平清康と「井田野の戦い」で敗北を喫した。中条常陸の支配体制は確実に綻びをみせ、被官である三宅、鈴木家らも自立の姿勢をみせるようになった。1549年、今川義元の勢力拡大に乗じた東条衆に攻められ領内の麦畑を薙ぎ捨てられた。1558年、松平元康に攻められ、防戦につとめたがついに敗れ降参した。1561年、織田信長に攻められた常隆は一戦も交えることなく、挙母城を開いて御館村の森豊後守の屋敷に入った。

戸田康光【とだやすみつ(15??~1547)】

渥美郡原田城主。戸田政光の男。官途は弾正少弼。室は松平広忠の娘。渥美半島の田原城を根拠地として、二連木城などに枝連衆を配して三河湾一帯を支配した。北からは松平家、東からは今川家など、大勢力が東三河に進出してきたため、これらに屈服を余儀なくされた。戸田康光は松平家に従って娘の田原御前真喜姫を松平広忠に嫁がせた。松平家が松平清康の死後衰えて今川家に服すると戸田康光も今川義元に従属した。1547年、戸田康光は今川義元の命を受け、駿府国に人質として送られる松平広忠の嫡男松平元康を岡崎から迎え、駿府国まで送り届ける任を負った。渥美半島から船で駿府まで送り届けられる予定であったが、一行を乗せた舟はそのまま三河湾を西に進み、今川家と敵対していた尾張国の織田信秀に500貫で売り払われた。戸田康光は織田家に通じて今川家から離反した。これに怒った今川義元は、田原城に兵を差し向けることとなった。戸田康光は田原城に籠城するが衆寡敵せず嫡男戸田尭光ともども討死し、田原戸田家は滅亡した。

戸田堯光【とだたかみつ(15??~1547)】

戸田康光の男。戸田康光は織田家に通じて今川家から離反した。これに怒った今川義元は、田原城に兵を差し向けることとなった。戸田康光は田原城に籠城するが衆寡敵せず嫡男戸田尭光ともども討死し、戸田宗家は滅亡した。

戸田光忠【とだみつただ(15??~15??)】

戸田政光の次男。戸田家は戸田光忠の兄戸田康光が田原城を中心に三河湾沿岸を支配していた。1547年、兄戸田康光と甥戸田尭光が今川義元によって滅ぼされ、戸田光忠が戸田宗家の家督を相続した。

戸田忠次【とだただつぐ(1531~1597)】

戸田光忠の男。通称三郎右衛門。1546年、今川義元に背いて松平元康を駿河国へ護送せずに、織田信秀に売り飛ばしたために、その怒りを買った。田原城に攻め込んだ今川勢によって田原戸田氏宗家は滅ぼされるが、戸田光忠はかろうじて脱出し岡崎に逃れた。1563年、土呂、針崎、佐崎の一向衆徒が松平元康に対して一揆を起こすと、戸田忠次もこれに応じたが内通を疑われ、戸田忠次は兵200余りを率いて松平方に転じた。この戦功により渥美郡大津城2,300石を領した。「遠江国侵攻」「掛川城の戦い」「三方ヶ原の戦い」「田中城の戦い」「小牧、長久手の戦い」「小田原の役」などで戦功挙げた。松平元康の関東移封にともない、伊豆下田城5,000石を領した。羽柴秀吉の「文禄、慶長の役」では、戸田忠次は老齢を押して、名護屋城に参陣した。

戸田(原田)勝則【とだかつのり(1534~1620)】

戸田光忠の次男。通称九右衛門。朝比奈三十郎を枝連衆の戸田光定とともに討取った。

戸田尊次【とだたかつぐ(1565~1615)】

戸田忠次の男。官途は土佐守。通称三郎右衛門。室は深溝松平伊忠の娘。三河一向一揆において、父戸田忠次と共に松平家康に叛いたが、後に帰参して家臣として仕えた。1584年、戸田尊次は「小牧、長久手の戦い」で戦功を挙げた。1600年「関ヶ原の役」では「丸岡城の戦い」で戦功を挙げ三河国田原城10,000石を領した。1614年「大坂冬の陣」では岡崎城の守備を務めた。1615年「大坂夏の陣」では松平頼宣に属して参戦したが、その途上で病に倒れ、京都で病没した。

戸田家臣団【とだけかしんだん】

伊庭館主:伊庭藤太、磯田民部、中瀬古館主:畔田三郎兵衛尉。

仁連木戸田重貞【とだしげさだ(15??~1564)】

渥美郡仁連木城主。戸田宣光の男。通称主殿助。はじめ、戸田重貞を含めた三河国の国人衆は今川家の麾下に従属していた。1560年「桶狭間の戦い」にて今川義元が討死すると、三河国人衆は次第に今川氏真から離反し始めた。今川氏真は三河国人衆の人質を三河吉田城に置き、小原鎮実に守らせた。1564年、今川氏真に見切りを付けた戸田重貞は人質となっている母を救出するため、小原鎮実と懇意となり、城中に戸田重貞を怪しむ者がなくなったのを見計らい、母を鎧笈に入れて家来に担がせて逃亡した。以後、松平元康に仕え、東三河における国人衆を調略に活躍した。1564年「吉田城の戦い」で討死にした。

二連木戸田忠重【とだただしげ(15??~1567)】

戸田宣光の次男。通称甚平。室は戸田吉光の娘。1546年、親織田派の戸田康光の失脚により、戸田惣領家を継承。1546年、親今川派として「池鯉鮒城の戦い」で同城を攻略した。1560年「桶狭間の戦い」に参陣した。1564年、戸田重貞の討死により戸田家の家督を相続した。

二連木戸田康長【とだやすなが(1562~1633)】

戸田忠重の男。通称孫六郎。別名松平康長。室は松平元康の養女(久松俊勝の娘)。1567年、父戸田忠重の病没により戸田家の家督を相続するが、幼年のため母方の戸田吉国が後見した。1581年、今川家の「高天神城の戦い」で初陣を果たした。1584年「小牧、長久手の戦い」では酒井忠次の麾下で戦功を挙げた。1590年「小田原の役」では「白井城の戦い」でも戦功を挙げた。松平元康の「関東移封」に従い、三河国渥美郡仁連木城を離れ、武蔵国で10,000万石を領した。1600年「関ヶ原の役」では水野勝成らと共に大垣城を攻略し戦功により上野国白井城に封じられた。1614年「大坂の両陣」での戦功により信濃国松本城70,000石を領した。

二連木戸田吉国【とだよしくに(15??~15??)】

戸田枝連衆。戸田康長の後見人。戸田家の陣代。

富永忠安【とみながただやす(15??~1539)】

設楽郡室城主。富永正安の男。官途は右京大夫。室は松平長親の娘。東条城主吉良持広の家老職。1536年、松平信定に追われた松平広忠に味方し、松平広忠を室城に迎え入れた。しかし、松平信定の軍勢に攻撃されたため、室城は焼失した。1539年、吉良持広は織田信秀と結び今川義元と断交した。これに対し、吉良持広の弟である荒川義広は、今川義元に味方し、今川勢を居城である荒川城に入れたため、城近くの荒川山付近で度々合戦となった。吉良持広と富永忠安は揃って討死した。

富永忠元【とみながただもと(1537~1561)】

富永忠安の男。通称伴五郎。東条吉良氏の譜代の家臣。1560年「桶狭間の戦い」後に起きた松平元康との一連の抗争で度々戦功を挙げ、敵からも「勇将」と呼ばれた。1561年「善明堤の戦い」では囮部隊として上野城を攻める。室城の留守部隊は松平好景勢の退路を遮断、吉良義昭の本隊と挟み撃ちにして壊滅させた。合戦後、東条城へ入城した。味方の西尾城が落ち、東条城が包囲されると出戦を主張。手勢を率いて東条城の西方、藤波畷に出撃、本多広孝、酒井正親らの部隊と戦い「藤波畷の戦い」で討死した。

富永資広【とみながすけひろ(15??~15??)】

富永忠安の次男。通称孫大夫。東条吉良家が滅ぶと松平元康に仕えた。1560年、惣領家の富永忠元は松平元康と抗争を繰り返した。1572年「三方ヶ原の戦い」に参陣した。1575年「長篠の戦い」に参陣した。

富永勝光【とみながかつみつ(15??~15??)】

富永家臣。通称半五郎。家臣筆頭格。後に吉良義昭に仕えた。

豊田秀吉【とよたひでよし(15??~15??)】

富永家臣。通称藤助。

鳥居勝商【とりいかつあき(1540~1575)】

生田家臣。通称強右衛門。1575年「長篠の戦い」で武田勝頼勢に城をかこまれた際、脱出し松平元康に救援をもとめる。帰途穴山信君の手勢につかまり,城内に降伏をすすめるよう強要されたが、援軍がくることを大声で知らせたため磔にされた。

------------------------------------------------------                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

【な】

中山与六【なかやまよろく(1554~1571)】

西郷家臣。後に野田菅沼家に仕えた。1571年、野田菅沼定盈の城落ちに随行した。途中、菅沼定盈から野田城に忘れた鷹を取りに向かうよう命じられる。浅賀九右衛門から鷹を受け取り、直ちに菅沼定盈の下へ戻った。途中、海倉淵で田峰菅沼家に仕える従弟、後藤金助と出会う。金助から親族に背を向けて逃げるのか、と言われたため、金助と組み合う。金助の首を取る寸前で、田峰菅沼家臣小野田源右衛門が助太刀に入り、逆に討ち取られた。

那須宗左衛門【なすそうざえもん(15??~15??)】

加茂郡八草城主。中条家臣。1493年、那須宗左衛門は三河国加茂郡の上野城主阿部孫次郎、寺部城主鈴木日向守、拳母城主中条出羽守、伊保城主三宅加賀守清宜らと「井田野の戦い」に挑み、松平親忠に敗れた。1533年、金谷城主中条常隆、寺部城主鈴木重辰、上野城主阿部孫次郎、広瀬城主三宅高貞らと連合して松平清康に敗れた。1533年、松平広忠にも敗れた。

夏目勝治【なつめかつはる(1528~1610)】
                                 
奥平家臣。夏目治武の男。通称五郎左衛門。奥平家五家老のひとり。1570年、織田家の越前攻めに援軍として参陣した。1573年、松平勢に長篠城を落とされた武田勢は、浜松城へ戻る松平元康の襲撃を画策した。これを察知した奥平貞能は、夏目勝治を使者として松平元康に報告した。夏目勝治は家康の旗本に抜擢されたが、次男夏目治盈を出仕させ、自らは辞した。1573年「長篠城の戦い」の「鳶ヶ巣山砦の戦い」で戦功を挙げた。「武節城の戦い」では一番乗りの戦功を挙げた。1584年「小牧、長久手の戦い」に参陣した。
 
夏目治定【なつめはるさだ(1554~1621)】

夏目勝治の男。通称次右衛門。元亀元年六月、初陣となる姉川合戦で首一級を挙げた。1573年、「長篠城の戦い」では籠城して戦功を挙げた。戦後、父夏目勝治共にと恩賞を受けた。「武節城の戦い」「小牧、長久手の戦い」「小田原の役」に参陣した。1600年「上田城の戦い」で戦功を挙げた。役後、奥平家が宇都宮城に転封になると1,000石を領した。

西尾吉次【にしおよしつぐ(1530~1606)】

東条吉良持広の男。官途は隠岐守。通称小左衛門。1535年、東条吉良持広を支援していた松平清康が「守山崩れ」で横死すると、吉良持広は苦境に立たされ、西条吉良家と和睦した。西尾吉次は織田信秀に人質として送られた。織田信長が尾張国で勢力を持つと織田家に仕えた。織田家時代は安土城築城の石奉行、対武田家戦に備えての松平元康への兵糧搬入や、検使役を務め「長篠の戦い」にも参陣した。1582年、松平元康の饗応役を命じられ「本能寺の変」が起こるとこれを急報し、護衛をして伊賀越えを決行、松平元康を無事に送り届け、そのまま松平家康の家臣になった。1590年、松平元康の関東移封になると武蔵国足立郡5,000石を領した。

西尾忠永【にしおただなが(1584~1620)】

酒井重忠の三男。西尾吉次の養子。官途は丹後守。室は西尾吉次の娘。松平元康に仕え2,000石を領した。1599年、西尾吉次の娘を娶り、西尾吉次の養嗣子となった。1606年、養父西尾吉次の病没により、西尾家の家督と所領を相続した。1614年「大坂冬の陣」では大和国の守備を任じられた。1615年「大坂夏の陣」では大坂城を攻めて戦功を挙げた。1618年、常陸国土浦城20,000石に移封された。

西村五郎太夫【にしむらごろうだいふ(15??~15??)】

野田菅沼家臣。1573年、菅沼定盈が武田晴信に降伏すると、預け先の長篠城まで随行した。

能勢信景【のせのぶかげ(15??~1529)】

牛久保六騎衆のひとり。官途は丹波守。能勢家は摂津国能勢郡の室町幕府、御家人の能勢家の庶家。牧野成時と、連歌などで交流があり、野瀬信景が今橋の寄騎に招かれその縁で牧野古白に付属した。1529年、松平清康に敗れ、今橋城落城の能勢丹波守は討死した。

能勢惣左衛門【のせそうざえもん(15??~15??)】

今橋城牧野家の寄騎であったが、今橋牧野家が没落すると牛久保牧野家の寄騎に移った。能勢家は代々当主は丹波守を称している。1566年、牛窪城主牧野家に属して、忠節を尽くしたが、牧野家が徳川家康と和睦すると、能勢丹波守は松平元康指示により牧野家の諸士を把握した。能勢惣左衛門の次男能勢七郎右衛門正信は、なお牧野家臣団に残っていたが、真木三郎左衛門と馬の儀にて喧嘩となり上州高崎に出奔した。 

------------------------------------------------------

【は】

波多野源次郎【はたのげんじろう(15??~15??)】

夏山奥平家臣。1575年「長篠の戦い」では籠城戦に参陣した。武田家臣笠井清次と戦い笠井の指物を奪い取った。

林左京亮【はやしさきょうのじょう(15??~15??)】

田峯菅沼家臣。菅沼家の内乱では菅沼定直と共に今川派の勢力を形成。戦後、菅原定忠の四番家老となる。元亀年間、武田家に仕える。1572年「長篠の戦い」後に謀殺された。 

兵藤勝末【ひょうどうかつまさ(15??~15??)】

奥平家臣。兵藤太郎八の男。通称新左衛門。祖父兵藤安芸守から、奥平家の麾下に属した。1575年「長篠城の戦い」に参陣した。戦後、松平元康の褒詞を賜った。
 
兵藤玄蕃【ひょうどうげんば(15??~15??)】 

兵藤勝末の男。室は黒屋勝直の娘。嫡男兵藤玄蕃(同名)は「宇都宮騒動」で主家を離れた。

兵藤逢之助【ひょうどうぬいのすけ(15??~15??)】

野田菅沼家臣。1575年「中山砦の戦い」に参陣した。飯尾弥四右衛門を討取った。

------------------------------------------------------

【ま】

牧野成時【まきのなりとき(15??~1556)】

宝飯郡今橋城主。通称古白。1477年、一色時家が同僚の波多野全慶の下克上に合って討死すると、牧野成時は「灰塚野の戦い」で波多野全慶を破って一色家の旧領を受け継ぎ、二男牧野成勝を瀬木城に置いて自らは一色城を中心に宝飯郡一帯を治め、その勢いは豊川の左岸にまで及んだ。今川家が東三河への進出を開始すると、今川家に属した。1505年、今川氏親から西三河進出の拠点として今橋城を築城した。東三河に侵入して来た松平長親が居城の今橋城へ攻め寄せて来ると籠城して奮戦したが討死した。

牧野能成【まきのよししげ(15??~15??)】

牧野成時の男。1505年、父が今橋城を築いて移ると、牧野城を譲り受けて城主となった。

牧野成勝【まきのしげかつ(15??~15??)】

牧野成時の次男。1505年、父牧野成時が今橋城を築いて移ると、一色城を譲り受けて城主となった。1529年、牛久保城を築いた。

牧野成三【まきのしげみつ(15??~1529)】

牧野成時の三男。1528年、戸田家の城となっていた今橋城を弟牧野信成、牧野成高と協力して今橋城を攻めて攻略し、城名を今橋城から吉田城へと改めた。その後、自身は病弱だったため城主の座を牧野信成に譲った。

牧野信成【まきののぶしげ(15??~1529)】

牧野成時の四男。兄牧野成三や弟牧野成高と共に戸田家から今橋城を取り戻した後、城主の座を譲られ城主となった。1529年、三河統一を目指す松平清康が吉田城に攻め寄せて来ると、牧野信成は一族郎党を引き連れて下地で背水の陣を敷いて奮戦したが、最後は力尽きて討死した。

牧野成高【まきのしげたか(15??~1529)】

牧野成時の五男。1529年、松平清康が吉田城に攻め寄せて来ると兄と共に奮戦したが、最後は力尽きて討死した。

牧野成敏【まきのしげとし(15??~15??)】

牧野成時の六男。1529年、兄牧野信成と対立した。松平清康が吉田城に攻め寄せて来ると、松平清康に内応して戦功を挙げた。その後、吉田城主となった。1535年「守山崩れ」で松平清康が謀殺されて松平家の勢力が急速に衰えると、牧野成敏の勢力も同時に衰え、戸田家に城主の座を追われた。

牧野貞成【まきのさだなり(1502~1562)】

宝飯郡牛久保城主。牧野成種の次男。牧野成勝の養子。通称民部丞。1506年、東三河地方に進出を始めた今川家の勢威に父牧野成勝の代には既に服していた。今川氏輝が幼弱であったため、その間隙を衝いて牧野貞成は今橋牧野家の牧野信成とともに自立をはかるが、松平清康が東三河に進攻すると麾下に属した。1535年、松平清康が「森山崩れ」に謀殺されると松平家を離れた。1536年、今川氏輝が急死し家督継承の争乱も起きたが、結局今川家に再属した。1546年、今川義元が牧野貞成の兄牛久保城主牧野保成の要求に応じて東三河に出兵した。今川勢は渥美郡吉田城を陥落させ、戸田家から吉田城を奪還した。牧野家に吉田城は返されず、今川家臣伊東元実が城代として入城した。1556年、織田信長に結んだ吉良義昭とともに幡豆郡西尾城に籠城した。今川義元はすぐに吉良領に今川方の松平勢を派兵し、八面城を拠点に西尾城を攻めたため、牧野貞成は牛久保方面へ敗走した。1560年、今川義元が「桶狭間の戦い」で討死すると、岡崎城に復帰した松平元康が宝飯郡大塚城主岩瀬吉右衛門を通じて牧野貞成を調略した。1561年、牧野貞成は松平元康の麾下に属した。

牧野成定【まきのなりさだ(1525~1566)】

牧野貞成の養子。牧野氏成の男。通称右馬允。1556年、牧野貞成が今川家に反乱に起こし牛久保城主の地位を失い、今川義元の差配により牧野成定が城主になった。1557年、今川義元の命により、吉良家の属城の西尾城の守将となった。1560年、今川義元が「桶狭間の戦い」で討死後は、西尾城は松平元康に攻撃を受け、牛久保城に退去した。牛久保城も攻撃を受けたが稲垣重宗や真木父子等の奮戦により辛うじて死守した。松平元康の東三河地方への進攻に、牧野成定は叔父牧野保成と共に、激しく抵抗した。松平勢は富永家を攻撃、牧野成定が自ら太刀打ちするほどの激戦となったが持ちこたえた。1561年、反今川派の牧野平左衛門父子と牧野弥次右兵衛尉らによる蜂起で、家臣の稲垣平右衛門尉重宗、池田小左衛門、陶山善六らが奮戦して蜂起勢を討ち滅ぼした戦いであった。叔父牧野保成と稲垣重宗が負傷した。1565年、今川方の最後の拠点吉田城が落城して牧野成定は苦境に立たされた。牧野成定は、稲垣重宗に内政、軍事を代理掌握させ自らは蟄居、松平元康との和睦を図った。

牧野康成【まきのやすなり(1555~1610)】

牧野成定の男。通称右馬允。室は酒井忠次の娘(鳳樹院)。1566年、父牧野成定の病没により牧野成真と家督争いが起ったが松平元康の支援により家督を相続した。家督相続後は、東三河旗頭である酒井忠次に属した。1575年「長篠の戦い」など、松平元康の主要な合戦に参戦して戦功を挙げた。1590年、松平元康が関東に加増移封されると、上野国大胡城20,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では、松平秀忠勢に属して、真田昌幸が守る信濃国上田城攻めに参陣したが真田勢の攻撃により多大な損害を出した。

牧野忠成【まきのただなり(1581~1655)】

牧野康成の男。官途は駿河守。通称は新二郎。松平元康に仕えた。1600年「関ヶ原の役」に備え、父牧野康成と共に松平秀忠勢に具奉して上田城の真田昌幸を攻めるが多大な損害を出した。1604年、父牧野康成は公事を辞し大胡城に閑居したので牧野忠成は父の職務を代理した。1609年、父牧野康成の病没により牧野家の家督を相続した。1614年「大坂冬の陣」に参陣して、松平勢の五番備えに属した。1615年「大坂夏の陣」では四番備に属し戦功を挙げた。

牧野秀成【まきのひでなり(15??~1629)】

牧野康成の次男。官途は主水正。兄牧野忠成は性格が激しく、弟牧野秀成は温厚で人望があり、牧野秀成を担ぐ勢力が家中にあった。長岡城の留守居を任されていた。1629年、牧野秀成は文殊院正徳寺に幽閉された。

牧野家臣団【まきのけかしんだん】 
 
稲垣平助、山本勘右衛門、稲垣権助、大瀬与右衛門、西郷八右衛門、秋山庄左衛門、今泉竹右衛門、河田又兵衛、槇清十郎、津田与右衛門、稲垣小左衛門、山田源七、岩崎長右衛門、伊藤道右衛門、西郷久太夫、安田杢右衛門、吉田佐右衛門、今泉徳左衛門、梅野伊助、神尾新兵衛、平岡久兵衛、鈴木藤右衛門、鳥居小平次、野口十左衛門、真木新助、槇金右衛門、近道庄兵衛、小川弥五郎、九里惣十郎、山本数右衛門、中島長右衛門、鳥居茂平次、河田玄蕃、江田小吉、冨田八右衛門、寺田三十郎、河井喜兵衛、伊坂新兵衛、布山久兵衛、篠原惣兵衛、鳥居佐平治、吉田清十郎、山本小六郎、真木五郎八、森田伝右衛門、笠井五左衛門、内藤造酒、市川久左衛門、加藤治左衛門、今泉伝右衛門、三浦武右衛門、高井治郎兵衛、秋山長左衛門、桑名甚八、中沢治太夫、稲垣勘兵衛、稲垣勘助、能勢長右衛門、三間才十郎、田中九右衛門、福島治右衛門、今井権三郎、乙部徳右衛門、奥田庄蔵、武半右衛門、槇三左衛門、神戸文九郎、綿貫郡兵衛、深沢三郎兵衛、山本清十郎、柴崎勘十郎、山口忠左衛門、木崎幾左衛門、片貝市左衛門、舟津権次郎、渡辺孫右衛門、北川伊左衛門、杉浦金内、高橋佐治右衛門、牧野伝十郎、山本惣九郎、能勢兵三郎、山本才蔵、磯田斉右衛門、鬼頭六左衛門、伊坂万右衛門、中島庄右衛門、新井六郎兵衛、内藤平次郎、出嘉兵衛、能勢勘兵衛、今泉角蔵、栂野佐右衛門、太田門左衛門、波田左太郎、佐野十助、山本茂助、羽田兵左衛門、木村七郎右衛門、小野権兵衛、槇田十兵衛、小野藤次郎、能勢藤七、武又四郎、牧野弥次兵衛、鈴木務兵衛、加藤孫蔵、原清三郎、倉地皆右衛門、山本渋右衛門、本冨右衛門七、杉浦喜右衛門、岩田甚兵衛、萩原宥仁、泉次郎作、竹沢直右衛門、宇野彦左衛門、槇辰之助、牧野平四郎、金井次郎右衛門、牧野蔵人、疋田水右衛門、九里秀太郎、能勢村四郎、由良作左衛門、神戸安右衛門、山本主馬、山本市左衛門、真木新六、萩木半兵衛、片岡四郎左衛門、槇平兵衛、清水七郎兵衛、伴喜内、石垣忠兵衛、牧野藤左衛門、木村角右衛門、石垣内匠、石垣五郎吉、池田治郎吉、稲垣藤九郎、佐野清太夫、綿貫安兵衛、徳増市左衛門、岡村四郎右衛門、稲垣庄五郎、稲垣駒五郎、中沢市郎兵衛、武右衛門七、加藤半弥、竹垣弥左衛門、須山六郎兵衛、贄右近、西郷善兵衛、山本清左衛門、関弥七郎、大川源右衛門、望田善内、鳥山太郎兵衛、岡田何助、石垣新右衛門、本冨与右衛門、山本長吉、増井角兵衛、手島九郎左衛門、萩原織部、佐野清九郎、山本多兵衛、西郷与一郎、松田権左衛門、能勢豊吉、池田喜平次、武三右衛門、須山伊織、神戸権三郎、池田小左衛門、瀬田瀬兵衛、岩田水之助、小林久兵衛、奥山善八、牧野主馬、菅沼角左衛門、船津市郎兵衛、飯田久右衛門、菅沼十右衛門。

丸根宗勝【まるねむねかつ(15??~15??)】 

加茂郡丸根城主。松平元康が三河統一の過程で、丸根城を攻め落城させた。

三宅政貞【みやけまささだ(15??~15??)】

加茂郡伊保城主。室は鳥居忠吉の娘。1560年「桶狭間の戦い」後、松平元康と対立するがのちに麾下に属した。1568年、高橋、吉良、東三河、遠江の与力を従える旗本旗頭。1575年「長篠の戦い」参陣した。

三宅康貞【みやけやすさだ(1544~1615)】

三宅政貞の男。通称惣右衛門。室は小笠原佐渡守の娘。1558年、松平元康に仕えた譜代衆の家臣。1575年「姉川の戦い」や「長篠の戦い」をはじめ「武田家討伐」には常に参陣して戦功を挙げた。鳥居元忠の甥に当たることから、鳥居元忠と行動を共にした。1590年、松平元康が関東に移されると5,000石を領した。1604年、三河国挙母城で10,000石を領した。

三宅康信【みやけやすのぶ(1563~1632)】

三宅康貞の男。官途は越後守。室は戸田一西の娘。父三宅康貞と共に松平元康に仕えて「小田原の役」など多くの合戦に参陣して武功を挙げた。1600年「関ヶ原の役」では横須賀城番を務め、役後は伊勢亀山城の城番を務めた。1614年「大坂冬の陣」では駿府城の守備。1615年「大坂夏の陣」では淀城の守備を務めた。1615年、父三宅康貞が死去したため、三宅家の家督を相続した。1620年、松平秀忠の娘和子が入内するときには、その警護役を務めた。伊勢国亀山城12,000石を領した。

三宅家臣団【みやけけかしんだん】

調査中。

御船三宅貞保【みやけさだやす(15??~15??)】

御船城主。通称右衛門太夫。1554年、佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀、三宅高清を城主とした。

広瀬三宅光貞【みやけみつさだ(15??~15??)】

加茂郡東広瀬城主。通称右衛門大夫。1554年、佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀、三宅高清を城主とする。。

三宅高貞【みやけたかさだ(15??~1561)】 

三宅光貞の男。通称右衛門大夫。1533年、阿部、鈴木、中条家と連合し松平清康と抗争が敗れる。1554年、佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀、三宅高清を城主とした。1558年、織田信長に通じ今川義元に攻撃される。1558年、松平元康に奪取された広瀬城を再奪取。1561年、広瀬城を再び失う。

三宅高清【みやけたかきよ(15??~15??)】

三宅高貞の男。官途は帯刀。1549年、広瀬城主佐久間全孝は松平広忠の家臣に討たれる。1554年、三宅右衛門大夫、三宅貞保が佐久間長七郎から広瀬城を奪取。1558年、織田信長に通じ今川義元に攻撃される。松平元康、酒井忠尚の攻撃を受けた。

------------------------------------------------------

【や】

山川清兵衛【やまかわせいべい(15??~15??)】

設楽郡恩原城主。1556年、作手城主奥平貞勝と、田峯城主菅沼定継が今川義元に謀反を起こすと、恩原城主山川清兵衛は家臣の筒井与次右衛門、筒井太郎兵衛とともに菅沼定継に加担したが、菅沼定継の枝連衆の協力を得られず失敗した。

山川四郎右衛門【やまかわしろざえもん(15??~15??)】

田峯菅沼家臣。1571年、野田城攻めの案内役となる。1574年、武田家に降伏した野田菅沼定盈の護衛となり、預け先の長篠城まで同行した。

八木重依【やぎしげやり(15??~15??)】

本願寺の坊官。官途は駿河守。1585年、三河国本願寺復興に際して、松平元康によって三河一向一揆の主体とみなされていた、本証寺空誓をはじめとする、勝鬢寺、上宮寺ら七ヶ寺に関し、松平元康にその事情説明を求めた。 上宮寺尊祐と本証寺空誓との争いその仲裁を行なった。

山崎高元【やまざきたきかもと(15??~15??)】

奥平家臣。通称三郎左衛門尉。奥平貞俊の三州作手への移住に尽力。上州大類から上州坂口村へ移住。奥平村は隣であり、その縁で奥平家から室を迎えた。後に三河作手に移住。奥平貞俊は山崎高元を頼り、作手に移った。山崎高元は奥平貞俊に仕え、重臣となった。
 
山崎高宗【やまざきたかむね(15??~15??)】

山崎高元の男。通称三郎左衛門尉。嗣子に恵まれず、甥を養子に迎えた。
 
山崎勝宗【やまざきかつむね(15??~15??)】

川手肥後守の男。山崎高宗の養子。通称半兵衛。室は奥平貞勝の娘。

山崎勝之【やまざきかつゆき(15??~15??)】

山崎勝宗の男。通称善兵衛。1560年「桶狭間の戦い」に参陣した。「丸根砦の戦い」の戦功により、松平元康から田原鏃五十本を賜った。1572年、武田晴信勢の秋山信友に攻撃された。奥平家は臣従派と抗戦派の二派に分かれた。山崎勝之は臣従派となる。菅沼家臣城所道寿を説得し、臣従派とした。1572年「三方ヶ原の戦い」では、武田晴信の麾下に属した。1575年「長篠の戦い」では松平勢に属して「鳶ヶ巣山砦の戦い」に参陣した。戦後、松平元康より恩賞を賜った。1584年「小牧、長久手の役」の「小牧山の戦い」で森勢から首三級を挙げた。1590年「小田原の役」に参陣した。奥平信昌が上野国宮崎城30,000石を領すると、生田勝重と共に先行して城地受け取りの役目を果した。
 
山崎勝吉【やまざきかつゆき(15??~15??)】

山崎勝宗の次男。室は奥平仁右衛門の娘。
 
山崎信興【やまざきのぶおき(15??~1641)】

山崎勝之の男。通称左近。室は生田勝重の娘。奥平忠昌の重臣。非常に地位が高く、田代奥平家再興の話が出たとき、他の大身衆は賛成するも、山崎信興は反対した。これによって田代奥平家の再興の話は絶たれた。

山本成行【やまもとなりゆき(15??~15??)】

牛久保六騎衆のひとり。通称帯刀左衛門尉。1592年、江戸普請奉行として天野清兵衛と共に記述され、松平家忠に江戸普請に来るように要請している。1590年、牧野家が牛久保城主から、大胡城主20,000石に転封すると、山本成行は2,200石を領した。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

三河国(10郡/482,000石)

碧海郡:安祥城、上野城。
東加茂郡:足助城。
西加茂郡:
幡豆郡:東条城、西条城。
額田郡:
宝飯郡:牛久保城。
北設楽郡:作手城。
南設楽郡:長篠城。
八名郡:野田城。
渥美郡:原田城、吉田(今橋)城。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

奥平家七族五老【おくだいらしちぞくごろう】

慶長十年、奥平家昌は七族五老を国政に参加させるため、「大身衆」制度を定めた。家老職を月番五人から六人の交代で担当させ、十二家の家中での待遇を保障することも出来た。

七族:奥平出雲守貞盛、奥平但馬守久正、奥平八郎二郎定直、奥平主馬允、奥平兵庫信丘、奥平久兵衛貞直、奥平土佐守定雄、奥平修理定直。

五老:山崎三郎左衛門尉高元、生田勝重、兵藤太郎八、黒屋甚兵衛重氏、夏目五郎左衛門治貞。

東三河十七騎衆【ひがしみかわじゅうななきしゅう】

戸田惣兵衛、石田式部、渡辺平内次、朝倉七右衛門、石原次郎兵衛、室金平、渥美順慶、白井麦右衛門、舞車小兵次、星野一閑、川合実戸平、後藤喜四郎、塩瀬勝西、林雅楽、岩瀬嘉竹(牛久保六人衆)、本田如電、森刑部。

山家三方衆【やまがさんぽうしゅう】

山家三方衆は、三河国の設楽郡に土着する作手城の奥平家、長篠城の菅沼家、田峰城の菅沼家の三家を指す。田峰と長篠の菅沼家は同族で、田峰菅沼家が総領家だが武田家では同格として扱われた。三家の他にも野田城の菅沼定盈も大きな勢力を持っていた。武田家が駿河・遠江国に進出すると、松平家は武田家の三河国進出に備えて、山家三方衆との関係を重視した。1571年になると、武田家の諜略により奥平、田峰菅沼、長篠菅沼の三家が松平元康から離反。以後は、山県昌景の寄騎に編入され、武田勢として三河、遠江国を転戦する。1573年、山家三方衆が松平家から離反したときも野田城主菅沼定盈は松平方として野田城に籠城したが、山家三方衆の諜略により開城降伏した。野田定盈の身柄と交換で彼等が浜松城に差し出していた人質を取り戻したものの、改めて武田家に差し出すという立場は依然として弱いままであった。武田家が本国へ撤退すると、その夏には菅沼正貞の長篠城が松平元康の反撃に晒される。これを機に三家の関係は次第に揺らいでゆく。1573年、奥平貞能が武田家から離反し、松平勢に属した。1575年「長篠の戦い」において、奥平家が松平勢として活躍したが、菅沼家は以後衰勢の一途を辿った。

松平(徳川)家臣団【まつだいらけかしんだん】

馬廻衆:松平元康、本多忠勝、榊原康政、大久保忠世、鳥居元忠、大須賀康高、植村家存、植村正勝、小栗吉忠、柴田康忠。

東三河旗頭:酒井忠次、桜井(松平)忠正、福釜(松平)親次、深溝(松平)伊忠、長沢(松平)康忠、竹谷(松平)清宗、形原(松平)家忠、五井(松平)景忠、鵜殿康定、本多広孝、設楽貞通、野田定盈、西郷清員、戸田忠重、牧野成定。

西三河旗頭:石川家成、大給(松平)親乗、東条(松平)家忠、藤井(松平)信一、大草(松平)康安、能見(松平)重吉、佐々木直勝、酒井正親、酒井康正、足助(鈴木)重直、小原(鈴木)重愛、内藤家長、平岩親吉、島田平蔵。

蟹江の七本槍【かにえのななほんやり】

阿部忠政、大久保忠勝、大久保忠世、大久保忠佐、大久保忠員、杉浦吉貞、杉浦勝吉。1555年、織田方の尾張蟹江城を松平家が攻め落とした戦いで戦功を挙げた松平方七人を称した。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

三河国【みかわのくに】

三河湾に面した東海道の国。北は三河高原の山地で美濃国、信濃国に接し、南は岡崎平野から三河湾、渥美半島から遠州灘に臨む。さらに渥美半島から伊良湖水道を経て志摩国、伊勢湾越しに伊勢国とも水路が続く。北東は天竜川が遠江国との境をなし、西は知多半島の基部で尾張国との国境を作る。国の北部には三河高原が広がり山がちだが、南部から西部にかけては広い平野が広がる。西部の矢作川流域には、濃尾平野に連なる岡崎平野が広がり、東部の豊川の流域では豊橋平野が渥美半島の平野部へと繋がる。この両平野を中心に早くから農耕が始まり、農作物の収穫高は高水準にある。漁業も渥美半島が内海である三河湾、伊勢湾、外海である遠州灘のいずれも面する形で突き出しているため盛んであり、漁獲量も多い。また矢作川、豊川から知多湾、伊勢湾、三河湾へと向かう海上交通、海運業も発達している。他の産業としては渥美半島の窯業が盛んで、屋根瓦をするなどその品質の高さは定評がある。

本證寺【ほんしょうじ】

親鸞門侶の慶円により開設された本願寺教団の寺院。上宮寺、勝鬘寺と並んで三河三ヶ寺として知られ、松平広忠の代に守護使不入の特権を与えられていた。戦国時代には三河一向一揆の拠点となった。こうした経緯から、鼓楼や土塁を備え、水濠に囲まれた城郭寺院様式となった。1549年、門徒連判状に武士門徒115名が署名しているなど、その当時における本證寺門徒団の三河地方での一大勢力を持った。「三河一向一揆」では、上宮寺、勝鬘寺と並んで一揆の拠点となった。1564年、一向一揆は「小川の戦い」で敗れ、空誓上人は逃走した。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※武田信玄は武田晴信、上杉謙信は長尾景虎、徳川家康は松平元康、豊臣秀吉は羽柴秀吉で統一しています。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(東国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、「戦国関東名将列伝」隋想社、「(歴史と旅臨時増刊)戦国大名家臣団総覧」秋田書院、「武田信玄(全4巻)」文春文庫、「武田信玄(全3巻)」講談社、「武田勝頼(全3巻)」講談社、「甲州武田家臣団」新人物往来社、「風は山河より(全4巻)」新潮社、「井伊直政」PHP文庫、「本多平八郎忠勝」PHP文庫。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------

2012年2月11日土曜日

前田利家家臣団辞典

------------------------------------------------------

【あ】

青山信昌【あおやまのぶまさ(15??~1547)】

織田家臣。通称与三右衛門。1542年、織田信長が織田信秀から那古野城を与えられ城主になった際、養育係として仕えた「四長(四家老)」のひとり。他に平手政秀、林秀貞、内藤勝介がいた。1547年、織田家の「稲葉山城の戦い」参陣して、長井規秀の奇襲に遭い「加納口の戦い」で織田信康等多くの将兵と共に討死した。

青山吉次【あおやまよしつぐ(1542~1612)】

青山信昌の男。官途は佐渡守。通称与三。織田信長に仕えた後は前田利家に仕えた。寺西九兵衛と前田利家姉妹の子、長寿院の婿となる。1575年「越前府中二十一人衆」のひとりとして戦功を挙げ1,0000石を領した。1583年「賤ヶ岳の戦い」では前田利長方に付き戦功を挙げ3,000石を領した。その後も「末森城の戦い」や「八王子城の戦い」などに参陣した。越中国魚津城の城主になり17,000石を領した。羽柴秀吉の「文禄、慶長の役」では前田利家に従い肥前国名護屋城に在陣した。1600年「関ヶ原の役」の前哨戦である「大聖寺城の戦い」では、金沢城の守備に付いた。

浅井兵部【あさいひょうぶ(15??~1600)】

前田家臣。1600年「大聖寺城の戦い」に参陣しが討死した。

井上勘左衛門【いのうえかんざえもん(15??~15??)】

前田家臣。1600年「小松城の戦い」に参陣した。八代橋付近で丹羽勢と交戦した。

稲葉左近【いなばさこん(15??~15??)】

前田利家家臣。使番衆。1600年「小松城の戦い」に参陣した。前田利長の命令で丹羽勢と交戦している部隊に遣わされ、前田利長到着まで丹羽勢を引きつけるよう伝えた。前田利常の命により 稲葉左近が責任者となり辰巳用水を作事した。小松の街人板屋兵四郎が請け負った この用水工事は一年で仕上がった。

今枝直恒【いまえだなおつね(15??~15??)】

前田家臣。1600年「関ヶ原の役」の前哨戦「大聖寺城の戦い」では城を出て御幸塚に布陣した。木場潟への進軍で五番手を務めた。

岩田伝左衛門【いわたでんざえもん(15??~15??)】

前田家臣。足軽大将。1600年「小松城の戦い」に参陣した。八代橋付近で丹羽勢と交戦した。

宇野宗右衛門【うのそうざえもん(15??~15??)】

佐々成政に仕えた。1586年、前田利家に仕えた。

大井直泰【おおいなおやす(15??~15??)】

前田安勝家臣。通称久兵衛。小丸山城守将。1582年、三輪吉宗と共に能登国統治して1,250石を領した。

岡島一吉【おかじまかずよし(1559~1619)】

前田利家家臣。官途は備中守。通称帯刀左衛門。1575年、100石を領した。1585年、大峪城築城した。「九州征伐」「小田原の役」に参陣した。1598年、呉服山城を守備した。1600年「大聖寺城の戦い」に参陣した。役後加増され11,750石を領した。1614年「大坂冬の陣」で先鋒を務めた。1615年「大坂夏の陣」では高岡城を守備した。

岡田長右衛門【おかだちょうざえもん(15??~1619)】

前田家臣。1575年、前田利家の右筆、御算用奉行となり70石を領した。後に同じ前田家臣新川儀太夫と争い隻眼となった。のちに4,000石を領した。

奥村永福【おくむらながとみ(1541~1624)】

前田家臣。官位は伊予守。通称助右衛門。別名奥村家福。室は安。奥村家は代々前田家に仕えた家系で、永福は前田利家の父前田利春や兄前田利久にも仕えた。1569年、織田信長の命により、前田利家が前田家の家督を相続した際には、荒子城代を務めていた奥村永福は、前田利久の命が無い限り城は明け渡さないと抵抗した。改めて前田利久の明け渡しの命により、前田家を辞し浪人する。1573年、前田利家が柴田勝家の寄騎衆として府中30,000石を領すると帰参した。その後は前田利家の従い各地を転戦して戦功を挙げた。加賀国に前田利家が加賀国に入った際には、要衝末森城主となった。1584年、佐々成政に15,000余りに攻められ末森城に籠城した。「末森城の戦い」では二の丸まで落ちたものの、奥村永福は寡兵で前田利家の援軍到着まで耐えぬき、佐々成政勢を撃退した籠城戦の時、奥村永福の室である安の方は、薙刀をもって城内を巡回し、粥を振る舞って負傷者を介抱し、城兵を見舞った。その後も、前田利家の重臣として、村井長頼と共に加賀前田家の基礎を作った。「九州の役」「小田原の役」にも参陣した。「大坂の両役」では金沢城代を務めた。

奥村栄明【おくむらはるあき(1568~1620)】

奥村永福の男。官位は河内守。通称孫十郎。室は山崎長徳の娘(亀姫)。継室は高畠定吉の娘。父奥村永福が佐々成政への押さえとして末森城を任されると弟奥村易英と共に同城の守備についた。1584年、佐々成政に末森城を攻められた「末森城の戦い」では父奥村永福と共に城を守る。1590年「小田原の役」に参陣した。1599年、父奥村永福の隠居により奥村家の家督を相続して10,650石を領した。1600年「関ヶ原の役」では加賀大聖寺城攻撃し「浅井畷の戦い」で戦功を挙げた。1614年「大坂冬の陣」「大坂夏の陣」に参陣し戦功を挙げ3,000石の加増を受けた。1615年、弟奥村栄頼が、前田利常と対立して前田家を退身した際には、父奥村永福の制止で同調しなかった。

奥村易英【おくむらやすひで(1571~1644)】

奥村永福の次男。官途は因幡守。通称主殿。室は横山長隆の娘。1584年、佐々成政に末森城を攻められた「末森城の戦い」では父奥村永福や兄奥村栄明と共に城を守った。前田利常に仕え1,000石を領した。1590年「小田原の役」に参陣し「八王子城の戦い」で戦功を挙げた。1600年「大聖寺城の戦い」で戦功を挙げ2,000石を加増された。1614年「大坂冬の陣」に前田利常に従い参陣し「真田丸の戦い」で戦功を挙げ4,500石を加増された。1615年「大坂夏の陣」では父奥村永福と共に金沢城の留守居を務めた。父奥村永福の没後その遺領3,300石を相続した。

奥村栄頼【おくむらはるより(15??~15??)】

奥村永富の三男。奥村栄頼は政敵の横山長知との対立により、奥村栄明、奥村易英や本多政重と共に家臣が一斉に出奔する計画を実行しようとしたところ、重臣達の出奔を理由に前田家を取り潰されては困ると隠居していた奥村永福が説得にあたり、奥村栄頼のみが出奔するに留まった。

奥野讃岐守【おくのさぬきのかみ(15??~1607)】

奥野与兵衛の男。通称弥一郎。はじめは蒲生氏郷に仕える。蒲生氏郷の病没後、前田利家に仕えた。「末森城の戦い」に参陣し戦功を挙げ5,530石を領した。

小瀬甫庵【おぜほあん(1564~1640)】

小瀬家は美濃国守護土岐家の庶家。坂井下総守の養子となった。小瀬甫庵は医学と経史を学んで織田家家臣の池田恒興に医者として仕えた。1584年、池田恒興の死後は羽柴豊臣秀次に仕えた。1595年、羽柴秀次死後は宇喜多秀家に仕えた。1600年「関ヶ原の役」以後には堀尾吉晴にも仕えた。堀尾吉晴没後は浪人となった。1624年、嫡男小瀬素庵が前田利常に仕えた縁で加賀藩で知行を貰い、蟄居して諸書の著述に専念医書などを刊行した。著書に『甫庵太閤記』『信長記』がある。

------------------------------------------------------

【か】

加藤朝重【かとうともしげ(15??~15??)】

前田家臣。1600年、前田利長によって大聖寺城二の丸に配備された。

神尾甚右衛門【かみおじえもん(15??~15??)】

佐々家臣。神尾之直の養父。後に前田利家に仕え2,000石を領した。

神尾之直【かみおゆきなお(1565~1643)】

堀田安休の男。神尾甚右衛門の養子。通称五郎八。前田利長に仕えて9,000石を領した。1586年、佐々家との戦いに参陣した。1600年「大聖寺城の戦い」では城を出て三堂山城に布陣した。前田利長の隠居に従い、高岡城に移った。同じ家老職の横山長知と不和になり、家中は両者の対立のため二分するほどだった。前田利長はこれを解消するため、遺戒として両家に婚姻を命じた。

神谷守孝【かみやもりたか(15??~1623)】

前田家臣。官途は信濃守。室は中川光重の娘。1591年、前田利家の近侍として1,200石を領した。1592年「文禄の役」では肥前名護屋城に在城した。前田利家没後、高野山に墳墓を造営した。1615年「大坂夏の陣」に参陣した。

金岩与次之助【かねいわよじのすけ(15??~15??)】

前田利家家臣。尾張荒子城主時代から仕えた荒子七人衆のひとり。越前国府中で200石を領した。

木崎長左衛門【きざきながざえもん(15??~15??)】

山崎長門守家臣。1600年「関ヶ原の役」の「大聖寺城の戦い」に参陣した。敵将山口修弘を討取った。

木村三蔵【きむらさんぞう(15??~15??)】

前田利家家臣。尾張荒子城主時代から仕えた荒子七人衆のひとり。前田利家の小姓として仕え、越前国府中で180石を領した。1583年、羽柴勢との「賤ヶ岳の戦い」で前田利家が戦線を離脱した際、殿軍となって討死した。嫡子が無く、一代で絶家した。

木村景行【きむらかげゆき(15??~1599)】

前田利家家臣。通称三郎兵衛。8,000石を領した。

小塚藤右衛門【こづかとうえもん(15??~1583)】

前田利家家臣。尾張荒子城主時代から仕えた荒子七人衆のひとり。1573年、朝倉攻めの「刀根山の戦い」戦功を挙げた。能登国で3,700石を領した。1583年、羽柴勢との「賤ヶ岳の戦い」で前田利家が戦線を離脱した際、殿軍となって討死した。

小塚秀正【こづかひでまさ(15??~1618)】

前田安勝家臣。官途は淡路守。通称八右衛門。「加賀国討伐」「能登国討伐」「九州征伐」「小田原の役」に参陣した。1600年「大聖寺城の戦い」で戦功を挙げた。1602年、太田長知が謀殺されると大聖寺城主。前田利長の隠居に従い高岡城へ移る。「大坂の役両陣」では金沢城代。

小塚権太夫【こづかごんだいふ(15??~1603)】

前田家臣。1602年、太田長知が謀殺されると御幸塚城守将となった。

近藤長広【こんどうながひろ(15??~1611)】

前田家臣。官途は大和守。通称善右衛門。1575年、200石を領した。末森城救援に参陣した。横山長秀没後、御幸塚城守将となった。1606年、大聖寺城代に任じられ11,000石を領した。

------------------------------------------------------

【さ】

佐脇良之【さわきよしゆき(15??~1572)】

前田利春の五男。佐脇興世の養子。通称藤八郎。室は浅井長政の娘。織田信長に小姓として仕えた。1558年「浮野の戦い」に参陣した。兄前田利家とともに赤母衣衆となった。1560年「桶狭間の戦い」では、急遽出陣した織田信長に岩室重休、長谷川橋介、山口飛騨守、加藤弥三郎とともに真っ先に従った。その後、長谷川橋介、山口飛騨守、加藤弥三郎とともに織田信長の勘気をこうむったため、勘当されれ、ともに松平元康のもとに身を寄せた。1572年「三方ヶ原の戦い」に参陣し、長谷川ら三人とともに討死した。嫡男佐脇久好は、佐脇良之の室が前田利次の乳母になった関係から前田利次に仕えた。

篠崎清了【しのざきせいりょう(15??~15??)】

前田利秀家臣。通称織部。1586年、城生城代に任じられた。1592年、前田利秀が没すると篠崎清了は代わりにこの地の奉行となった。嫡男の篠崎清政、孫の篠崎清長も同地の奉行職と務めた。

篠原一孝【しのはらかずたか(1561~1616)】

前田家臣。篠原長重の養子。官途は肥前守。通称勘六。室は佐脇良之の娘。若い頃から前田利家に仕え「北陸平定戦」「末森城の戦い」「小田原の役」「大坂の役」などに侍大将として参陣した。大坂で死去した前田利家の棺を加賀に帰すなどよく付き従った。石垣普請の名人でもあり、金沢城の河北門などの普請を行なった。人持組頭となり、横山長知、奥村栄明と共に執政として国政を司り15,650石を領した。嫡男篠原主膳は早世。次男篠原出羽が家督と10,250石を領した。三男篠原重一は1,000石で分家し、兄出羽の死後2000石を加増された。四男篠原虎之助は1,000石で分家するも早世した。

------------------------------------------------------

【た】

高畠定吉【たかばたけさだよし(1536~1603)】

高畠吉光の男。官途は石見守。通称孫十郎。室は前田利家の妹(津世姫)。尾張荒子城主時代から仕えた荒子七人衆のひとり。前田利家に仕え戦績を重ねた。前田利家の妹津世姫を夫人に迎えた。七尾城、加賀劔城、越中宮崎城などの守将を務め、前田利家股肱の臣の一人として「北陸攻略」鎮定で戦功を挙げた。荒子七人衆、越前府中二十一人衆に名を連ねている。前田利家の死後は嫡男前田利長に仕えた。1600年「関ヶ原の役」の際には金沢城の留守を任された。1602年、致仕し、剃髪して京都に隠棲した。

高畠定良【たかばたけさだよし(1537~1601)】

高畠吉光の次男。通称平右衛門。1584年、木舟城5,000石を領した。1590年「八王子城の戦い」に参陣した。1600年「大聖寺城の戦い」に参陣した。

高畠茂助【たかはたもすけ(15??~15??)】

前田利家能登入国後、宇野十兵衛と共に二穴城を守った。

竹田宮内【たけだくない(15??~15??)】

前田利家家臣。佐々成正が肥後に移されると、越中升形山城を守備した。

津田重久【つだしげひさ(1549~1634)】

津田高重の男。官途は遠江守。通称与三郎。足利義昭に仕えたのち明智光秀に仕えた。1582年「本能寺の変」で先鋒を務めた。明智光秀が敗死した後は高野山逃れたが赦されて羽柴秀吉、羽柴秀次に仕えた。1596年、羽柴秀次の自刃後、に前田利長に召し出され6,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」の前哨戦たる「大聖寺城の戦い」で武功を挙げて、役後に大聖寺城代を務めた。

土田作右衛門【つちださくざえもん(15??~15??)】

前田利家家臣。

津田刑部【つだぎょうぶ(15??~15??)】

前田利家家臣。1614年「大坂の役両陣」では、富山城留守居役を務めた。 

寺西秀則【てらにしひでのり(15??~1611)】

前田家臣。官途は通称治兵衛。織田信長に仕え、佐久間信盛に属した。1575年「長篠の戦い」で戦傷を負った。1569年、本願寺との合戦に参陣した。佐久間信盛失脚後、前田利家に属し5,000石を領した。1586年、加賀松任城代官職に任じられた。1599年、松平元康が謀反の気配有りと「前田家征伐」を画策すると、横山長知と共に謀反の噂は事実無根と釈明した。

------------------------------------------------------

【な】

中川清六【なかがわせいろく(15??~15??)】

前田利家家臣。1586年、山崎庄兵衛と共に越中国増山城の守備についた。

中川光重【なかがわみつしげ(1562~1614)】

中川重政の男。織田信長、織田信忠、前田利家に仕えた。夫人は利家の次女簫姫(瑞雲院)。通称清六郎。出家後宗半、巨海斎と号した。
始め織田信長、織田信忠に仕えていたが、両者が「本能寺の変」で横死すると、前田利家の次女を娶り家臣となって近侍した。能登七尾城や越中増山城の守将を務めたが、職務怠慢のかどで咎められ、一時期蟄居を命じられ逼塞したこともある。また豊臣秀吉から直に知行を与えられ、御伽衆となっていた時期もあったが、結局利家の下に帰参している。1600年「関ヶ原の役」では前田利長に随従して「大聖寺城の戦い」に貢献したが、一方で直前まで羽柴秀頼の傍にあって御伽衆を務めた。加賀国に下向する途中大谷吉継の手勢に捕らえられ、前田利長を撹乱するための謀書を認めさせられ、前田利長の南進を阻害した。

長田権右衛門【ながたごんざえもん(15??~15??)】

前田利家家臣。小塚藤十郎と同じく前田家に仕えた足軽大将。

成瀬吉正【なるせよしまさ(1576~1644)】

成瀬正一の男。松平元康の侍女に育てられるが、突如松平家を出奔した。浅野幸長の家臣、次いで小早川秀秋の家臣となった。1600年「関ヶ原の役」に参陣した。1600年「関ヶ原の役」後は加賀藩の前田利常に仕え、大坂の陣で活躍した。後に加賀藩の家老となり11,000石を領した。人持組の成瀬掃部助家の祖となった。

西尾長昌【にしおながまさ(1584~1651)】

前田家臣。官途は隼人。西尾光昌の男。1598年、前田利長に仕えた。1600年「関ヶ原の役」で戦功を挙げた。1615年「大坂夏の陣」で戦功を挙げ5,000石を領した。

------------------------------------------------------

【は】

原田又右衛門【はらだまたざえもん(15??~15??)】

前田利家家臣。尾張荒子城主時代から仕えた荒子七人衆のひとり。

橋爪縫殿助【はしづめぬいどのすけ(15??~15??)】

前田利家家臣。

------------------------------------------------------

【ま】

前田利春【まえだとしはる(15??~1560)】

尾張国海東郡荒子城主。前田利隆の男。官途は縫殿助。別名前田利昌。室は竹野氏の娘(長齢院)。尾張国で林秀貞の寄騎衆として、織田家に仕え4,000石を領した。1560年「桶狭間の戦い」の後に病没した。

前田利久【まえだとしひさ(15??~1587)】

前田利春の男。前田利益(前田慶次郎)の養父。室は滝川益氏の娘。1560年、父前田利春が病没したため前田家の家督を相続した。嫡子がいなかったため弟前田安勝の娘を養女とし、その養女の婿に自身の室の甥前田利益を迎えた。1569年、織田信長の命により前田家の家督を弟前田利家に譲った。前田利家との仲が不和になったため、前田家から退去した。1581年、織田信長の元で能登国一国を領する大名となった前田利家を頼り仕え前田利久、前田利益親子は7,000石を領した。

前田利益【まえだとします(1533~1612)】

滝川益氏の男。前田利久の養子。別名前田慶次。室は前田安勝の娘。前田利久が室の実家である滝川家から娘の婿として前田利益を引き取り養子にした。1567年、織田信長より前田利久は隠居させられ、弟前田利家が荒子城4,000石を領した。このため前田利益は養父前田利久に従って荒子城から退去した。1581年、織田信長の元で能登国一国を領する大名となった前田利家を頼り仕え前田利久、前田利益親子は7,000石を領した。1584年「小牧、長久手の戦い」では佐々成政に攻められた「末森城の戦い」で奥村永福の救援に向い戦功を挙げた。その際に、前田利家より佐々方から寝返った阿尾城の城代に任じられ、同城奪還に向かった神保氏張らの軍勢を打破った。1587年、義父前田利久が没したことにより前田利益の嫡男前田正虎が前田利家に仕えた。1590年「小田原の役」では、前田利家に従って参陣した。1590年、前田家を退去したが、嫡男前田正虎と妻子一同は随行しなかった。その後は京都で浪人生活を送りながら、里村紹巴、昌叱父子や九条稙通、古田織部ら多数の文人と交流した。その後、長尾景勝と直江兼続の知遇を得た。1600年「関ヶ原の役」が起こると長尾家に仕官し、新規召し抱え浪人の集団である組外衆筆頭として1,000石を領した。「長谷堂城の戦い」の撤退戦で戦功を挙げた。西軍敗退により長尾家が30,000石に減封され米沢城に移されると、これに従って長尾家に仕えた。

前田安勝【まえだやすかつ(15??~1594)】

前田利春の三男。父前田利春の死後、織田信長の命で兄前田利久が隠居、弟前田利家が家督を継ぐが、前田安勝が前田利家に仕えるのは前田利家が越前府中に城を構えてからであった。前田利家が能登国を領すると七尾城代に任じられ13,500石を領した。1582年「棚木城の反乱」「石動山の戦い」で戦功を挙げた。1584年「末森城の戦い」では、数々の戦功を挙げた。前田利家が九州へ出陣の際には、物資の補給を担当した。

前田秀継【まえだひでつぐ(15??~1585)】

前田利春の六男。1576年、越前国府中で1,000石を領した。1583年、加賀国津幡城の守将に任ぜられ7,000石を領した。この時期より徐々に前田利家と隣国の越中国を治める佐々成政との関係が緊張し始め、両者は相争って加賀、越中国境周辺に数十箇所の城砦を設置、あるいは改修を施すのだが、その防衛線は国境を越えて加賀領内に入り込んでおり「末森城の戦い」以後には津幡城の至近にまで迫る事態へと推移していく。以降没するまでの数年間、前田秀継は常に対佐々家との戦いに従事した。1584年、能登国末森城を攻撃した佐々成政勢との戦いに参陣した。救援に向かう利家の軍勢を津幡城に迎え入れて軍議にも加わっている。嫡男前田利秀と共に越中国境にある倶利伽羅峠の防衛拠点である龍ヶ峰城を攻略、佐々平左衛門を敗走させる戦功を挙げた。1585年、越中攻略の重要拠点として築城された今石動城へと入城。佐々勢500余りが今石動城へと攻め寄せると前田秀継は寡兵ながら前田利秀と共に今石動城を死守した。援軍が到着するまで持ち堪えて神保氏張、佐々平左衛門らを敗走させる戦功を挙げた。羽柴秀吉の「越中討伐」で佐々成政が降伏して越中平定されると前田利家は新たに越中三郡を与えられ、前田秀継は越中国木舟城主に任ぜられ40,000石を領した。1585年「天正大地震」により木舟城が全壊。前田秀継は室や多数の部下と共に死亡した。

前田利秀【まえだとしひで(1568~1594)】

前田秀継の次男。通称又次郎。1582年「石動山城の戦い」に参陣した。なおこの戦いにおいて麾下の山田勘右衛門が山頂への一番乗りを果たした。1584年、能登国末森城を攻めた佐々成政軍を前田利家軍が破った「末森城の戦い」で第二陣の侍大将として加わった。父前田秀継と共に加賀国龍ヶ峰城を攻め、守将佐々平左衛門を撤退させた。1585年、前田利家が越中国蓮沼城を攻めた時に第四陣として加わった。1585年「天正大地震」によって木舟城が倒壊し、父前田秀継が圧死により前田家の家督を相続した。1586年、木舟城並びに城下の被害は甚大で復旧は困難であると判断して行政機能を今石動城に移し、町割りを行い近隣から寺院を集めるなど城下の整備に努めた。1590年「小田原の役」に参陣し諸城の攻略にあった。1592年「文禄の役」に参陣するがまもなく病没した。

前田利家【まえだとしいえ(1537~1599)】

前田利春の四男。官途は左近衛権少将。通称又左衞門。室は篠原一計の娘(松姫)。はじめ小姓として織田信長に仕え、赤母衣衆として織田信長に従軍、槍の名手だった故「槍の又左」の異名をもって怖れられた。その後柴田勝家の寄騎衆として、北陸方面部隊の一員として各地を転戦、戦功を挙げ能登国240,000石を領した。1582年、織田信長が「本能寺の変」により明智光秀に討たれると、はじめ柴田勝家に付くが、後に羽柴秀吉に臣従した。羽柴家の宿老として羽柴秀吉の天下平定事業に従軍し、羽柴秀吉より加賀国、越中国を与えられた。1598年、羽柴秀吉より羽柴政権五大老に列せら、羽柴秀頼の傳役を任じられる。羽柴秀吉の死後、対立が顕在化する武断派、文治派の争いに仲裁役として働き、覇権奪取のため横行する松平元康の牽制に尽力するが、羽柴秀吉の死の八ヶ月後に病没した。

前田利長【まえだとしなが(1562~1614)】

前田利家の男。官途は肥前守。通称孫四郎。室は織田信長の娘(永姫)。1581年、父前田利家の旧領を与えられ、織田信長の娘永姫を室に迎えた。1582年「本能寺の変」は、永姫とともに上洛中の近江国瀬田で聞き、永姫を前田の尾張国荒子城へ逃がし織田信雄勢に加わった。織田信長没後は前田利家と共に柴田勝家に寄騎した。「賤ヶ岳の戦い」に参陣して戦後は父前田利家と共に越前国府中城へ撤退した。羽柴秀吉は北ノ庄城を攻める際、前田利長はわずか二騎の供回りで北ノ庄城攻めに加わった。1585年、羽柴秀吉により佐々成政が支配していた越中国が制圧されると、射水郡、砺波郡、婦負郡320,000石を領した。羽柴秀吉の麾下として「九州の役」「小田原の役」などに参陣し各地を転戦して戦功を挙げた。1598年、前田利家より前田家の家督と金沢領260,000石を相続した。1599年、前田利家が病没したため、その跡を継ぎ五大老のひとりとなった。松平元康による「加賀国征伐」に対し、前田家は交戦派と回避派の二つに分かれ、初め交戦派であった前田利長は細川家、宇喜多家を通じて羽柴家に対徳川の救援を求めた。しかし羽柴家がこれを断ったため、横山長知を弁明に三度派遣し、実母の芳春院を人質として江戸城の松平元康に差し出し交戦を回避した。1600年、松平元康は「越後長尾景勝討伐」のために出陣し、前田利長にも出陣が命じられた。松平元康出陣中に石田三成らが毛利輝元を擁立して挙兵すると、前田利長は弟前田利政の軍務放棄といった問題に悩まされながらも北陸で大聖寺城や小松城など西軍に与した諸城を落とした。さらに「浅井畷の戦い」では丹羽長重軍と激戦に及び、勝利した。「関ヶ原の役」後には、西軍に組した弟前田利政の能登七尾城225,000石と西加賀国の小松領120,000石と大聖寺領63,000石が加領され、加賀国、越中国、能登国の三ヶ国合わせて約1,200,000石を領した。嫡男がなかったので、異母弟の前田利常(利家の四男)を養嗣子として迎え、越中国新川郡富山城に隠居した。

前田利政【まえだとしまさ(1578~1633)】

前田利家の次男。官途は能登守。通称孫四郎。室は蒲生氏郷の娘。1593年、能登国七尾城の城主となった。1599年、父前田利家より能登に所領を分与された。1600年、石田三成らが毛利輝元を擁立して松平元康に対して挙兵すると、兄前田利長と共に東軍に属し北陸の西軍方大聖寺城の山口宗永を陥れた。前田利長たちは金沢城へ引き返した。金沢城へ引き返したあと前田利長が再出陣した際に前田利政は動かなかった。「関ヶ原の役」の本戦には参陣しなかった。役後、西軍が敗れたために前田利政は能登国の所領を没収され、京都の嵯峨に隠棲した。1614年「大坂冬の陣」では、両陣営から誘いを受けたが中立を維持した。役後、西軍の誘いに乗らなかった前田利政の行動に松平元康は気に入り、利政を10,000石の大名取り立てる打診をした。前田利政は「自分は大野治長の指揮下に入りたくなかっただけで、関東方への忠節を尽くす行動ではない。」と辞退した。

前田利常【まえだとしつね(1594~1658)】

前田利家の四男。官途は筑前守。室は松平秀忠の娘(珠姫)。側室は家臣鈴木権佐の娘(古和姫)。前田利家が羽柴秀吉の「文禄の役」で肥前名護屋城に在陣していた時、生母の寿福院は下級武士の娘で侍女として特派されたが、その際に前田利家の手がついて生まれたのが前田利常であった。幼少の時は前田長種のもとで育てられた。1600年「関ヶ原の役」の「浅井畷の戦い」の際、西軍についた小松城の丹羽長重の人質となった。跡継ぎのいなかった兄前田利長の養子となり、松平秀忠の娘(珠姫)を室に迎えた。1605年、前田利長は隠居し、前田利常が前田家の家督を相続した。「大坂冬の陣」「大坂夏の陣」に参陣して、真田信繁隊と激戦を繰り広げた。1631年、松平秀忠の病中に乗じて利常に対する謀反の嫌疑をかけられるも、嫡男前田光高とともに江戸に下り懸命に弁明した。

前田種定【まえだたねさだ(15??~1599)】

下之一色城主。

前田長種【まえだながたね(1550~1631)】

前田種定の男。官途は対馬守。通称は甚七郎。室は前田利家長女(幸姫)。加賀八家のひとり。織田信長の家臣で「本能寺の変」後「小牧、長久手の戦い」で羽柴秀吉につき尾張国蟹江城を守備した。松平元康、織田信雄勢に敗れ父前田種定は討死した。兄前田定利も自刃した。本拠の下之一色城にいた前田長種は降伏し、前田利家を頼り家臣となり七尾城を守備した。その後、越中国守山城代となり前田利常を養育した。1605年、加賀国小松城代となり20,000石を領した。

前田直知【まえだなおとも(1586~1630)】

前田長種の男。官途は美作守。室は前田利長の養女(祖心尼)。継室は前田利長の養女(長連龍の娘)竹姫。前田利長に仕え5,000石を領した。後に父前田長種の禄を合わせて10,000石を領した。小松城代を務めた。「大坂冬の陣」「大坂夏の陣」に参陣した。病のため、隠居して家督を嫡男直正に譲り、京都で療養した。

松平康定【まつだいらやしさだ(15??~1620)】

三河伊保城主松平紀伊守の次男。官途は伯耆守。通称久兵衛。継室は前田長種の娘。柴田勝家、佐々成政に仕えた。1586年、前田利長に仕えた。「九州征伐」に参陣した。1600年「関ヶ原の役」では、御幸塚に布陣。三堂山城までの行軍に関する軍議の中、戦闘を避けるため山道を進むよう主張。木場潟から向かうよう主張する山崎長鏡と口論になる。太田長知の仲裁で山崎の案が採用された。木場潟への進軍で一番手。八代橋付近で丹羽勢と交戦。「小松浅井畷の戦い」に参陣した。前田利長が隠居すると、その家老となり10,000石を領した。

水越縫殿助【みずこしぬいどのすけ(15??~15??)】

前田家臣。足軽大将。1600年「小松城の戦い」に参陣した。八代橋付近で丹羽勢と交戦した。

三輪吉宗【みわよしむね(15??~1618)】

前田家臣。通称藤兵衛。はじめは朝倉義景に仕える。1590年、前田利家に仕え70石を領した。後に能登七尾街奉行として1,640石を領した。1592年、安宅船建造に必要な材木の調達を命じられた。1594年、渡海に必要な軍船五艘と水夫を用意するよう命じられた。1615年「大坂夏の陣」では七尾城留守居役。

三輪長好【みわながよし(15??~1630)】

前田家臣。通称作蔵。母は前田利長の乳母。1575年、250石を領した。のちに家老職となり7,260石。1615年「大坂冬の陣」に参陣した。

村井長頼【むらいながより(1543~1605)】

前田家臣。官途は豊後守。通称又兵衛。若い頃に前田利久の家臣となり、織田信長の命により前田利家が前田家を継ぐと、それに従って前田利家の家臣となった。一時前田利家が織田家を辞した時にも従い、常に戦場でも前田利家と共にあった。「越前手筒山の戦い」「摂津天満の戦い」「金ヶ森城の戦い」「長篠の戦い」等に参陣して250石を領した。「石動山城の戦い」では先鋒を努めた。1584年、佐々勢が前田領に攻め込むと、朝日山城を築き守備についた。1585年、神保氏張が阿尾城を攻めるとこれを撃退した。この戦功により11,245石を領した。「末森城の戦い」でも戦功を挙げた。前田利家の死後隠居するが「加賀征伐」を行おうとした松平元康に、前田利長が実母の芳春院を人質に差し出した時は芳春院に従って江戸に下り、その地で没した。「髭殿」と利家から呼ばれるほど、立派な髭をたくわえていた。

村井長次【むらいながつぐ(1568~1613)】

前田家臣。室は前田利家の七女。1611年、細川忠隆と離縁した前田千世を正室として村井家に迎え入れた。村井家は16,500石余を領した。

村井長明【むらいながあき(1582~1644)】

村井長頼の次男。通称勘十郎。1594年、前田利家の小姓となる。1600年「大聖寺城の戦い」で戦傷を負ったが役後450石を領した。1602年、前田家の禄を離れるが再び仕官した。1615年「大坂夏の陣」で戦功を挙げ300石を領した。

------------------------------------------------------

【や】

山崎長徳【やまざきながのり(1552~1620)】

前田利家家臣。山崎吉延の男。途は長門守。通称庄兵衛。官はじめ朝倉義景の家臣として仕えた。朝倉義景が織田信長によって滅ぼされると明智光秀に仕えた。1582年「本能寺の変」や「山崎の戦い」にも参陣した。明智光秀が「山崎の戦い」で討死すると、柴田勝家に仕えた。1583年「賤ヶ岳の戦い」では柴田勝家の家臣佐久間安政のもとで戦った。柴田勝家が討死すると前田利家、次いで前田利長に仕えた。1600年「関ヶ原の役」では加賀大聖寺城の山口宗永、山口修弘親子を討取る戦功を挙げた。役後に14,000石を領した。1614年「大坂の役両陣」に参陣した。

横山長隆【よこやまながたか(1539~1583)】

前田家臣。横山時隆の男。加賀八家のひとり。室は杉弥左衛門の娘。1539年、美濃国多芸郡の豪族横山時隆の子として生まれる。多芸郡直江郷の杉弥左衛門の婿養子となった。清水城主稲葉良通に仕えるも、同僚と争い、相手を殺害して越前国に逃れる。大野城主金森長近に仕えた後、金森家を退き、越前府中で閑居して半喜と号す。1582年、前田利長に出仕し旗奉行となる。1583年「賤ヶ岳の戦い」に参陣して殿軍を務めて討死した。

横山長知【よこやまながちか(1568~1646)】

前田家臣。通称大膳。横山長隆の次男。室は前田長種の妹。丹波円通寺で修練に励み、後に父横山長隆と共に前田利長に仕えた。父横山長隆が「賤ヶ岳の戦い」で討死すると、200石を拝領して家督を相続した。「末森城の戦い」で戦功を挙げた。1599年、前田家に謀反の噂が流れた時、五大老筆頭の松平元康と謁見し事細かに申し開きし危機を救っている。1600年「関ヶ原の役」での「大聖寺城の戦い」で戦功を挙げた。1602年、太田長知を前田利長の命で謀殺した。しかしその後、、前田利長と折り合いが悪くなり致仕し京都の山科に移り住んだ。1615年、帰参後の「大坂夏の陣」では前田家の先鋒を勤めた。戦功により30,000石を領した。

横山長秀【よこやまながひで(15??~1605)】

前田家臣。官途は因幡守。1602年、御幸塚城守将に任じられた。

吉田孫兵衛【よしだまごべい(15??~15??)】

前田利家家臣。尾張荒子城主時代から仕えた荒子七人衆のひとり。

四井主馬【よついしゅめ(15??~15??)】

前田家臣。はじめ甲斐国の武田家に仕えていた。後に加賀国の前田利家に仕え、加賀忍者を率い前田利家の為に働いた。1600年「大聖寺城の戦い」に参陣っして城中に火を放った。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

調査中。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

荒子七人衆【あらこななにんしゅう】

村井長頼、高畠定吉、小塚藤右衛門、金岩与次之助、原田又右衛門、木村三蔵、吉田孫兵衛。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

荒子七人衆以外の譜代家臣団

高畠平右衛門、高畠木工、篠原弥助、姉崎四郎左衛門、山森伊織、河原兵庫、久田孫右衛門、恒川監物、三輪長好、橋爪縫殿助、大屋助兵衛、富田治部左衛門、富田六左衛門、中山三助、半田半平衛、古沢兵衛など。

越前府中時代の家臣団

横山長隆、横山長知、青山吉次、山崎長徳、木村久三郎、吉田長蔵、岡島一吉、岡田長右衛門、富田与五郎、小塚藤十郎、篠原一孝、篠原長次、片山延高(宗秀)、富田重政など。

越前府中時代以降の家臣団

前田長種、中川光重、三輪吉宗、安見元勝、伴長之、西尾長昌、山崎長徳、生田四郎兵衛、成瀬吉政、今枝重直、長連龍、高山右近、松平康定、津田重久、津田重次など。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には居城の名を入れています。資料Ⅰは国、郡の石高、城郭、街。資料Ⅱは集団についての説明。資料Ⅲは国の詳細説明になっています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

※徳川家康は松平元康に、豊臣秀吉は羽柴秀吉、斎藤道三は長井規秀、稲葉一鉄、稲葉良通はに名前を統一しました。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(東国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------

戦国駿河国人名辞典

----------------------------

【あ】

青島長忠【あおしまなあただ(15??~15??)】

志太郡青島館主。通称五郎兵衛尉。1569年、「第二次駿河侵攻」では、武田晴信に降伏して平島、大覚寺の所領を得た。参考文献:『戦国大名家辞典』by東京堂出版。

青島長宗【あおしまながむね(15??~15??)】

青島長忠の男。松平元康に仕えた。1582年、「当目城の戦い」で戦功を挙げ、本郷を加増された。参考文献:『戦国大名家辞典』by東京堂出版。

秋山三郎左衛門尉【あきやまさぶろうざえもんのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。1555年、興国寺城の在番を務め、棟別役、四分の一役などを免除された。高橋修理進とともに戦功を挙げた。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

浅井政敏【あさいまさとし(15??~15??)】

今川氏輝臣。通称小四郎。室は今川氏親の娘。馬廻衆。1536年、「花倉の乱」後、今川義元に仕えた。1552年、「尾張赤塚の戦い」で岡部元信、飯尾連竜、葛山長嘉とともに山口教吉を支援して織田信長勢と戦った。1560年、「桶狭間の戦い」では、沓掛城を守備していたが今川義元が討死すると駿河国に撤退した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝倉在重【あさくらありしげ(1545~1615)】

安倍郡柿島館主。朝倉景高の男。官途は河内守。通称六兵衛。室は末高正長の娘。安部七騎衆。父朝倉景高が朝倉孝景との争いに敗れて越前国から落延び今川義元に仕えた。駿河国安倍郡柿島周辺を領し、安倍七騎衆と称された武士団の筆頭を務めた。武田晴信勢が駿河国に侵攻すると、安倍七騎衆は分裂内紛し、朝倉在重は義弟大石五郎右衛門を謀殺した。今川氏真が滅亡すると中村一氏、次いで松平元康に仕えた。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

朝倉宣正【あさくらのぶまさ(1573~1637)】

朝倉在重の男。官途は筑後守。通称藤十郎。室は土井利昌の娘。1589年、「小田原の役」で松平秀忠に従い戦功を挙げ200石を領した。1600年、「第二次上田城の戦い」で小野忠明、中山照守、辻久吉、戸田光正、鎮目惟明、斎藤信吉らとともに松平秀忠に従い戦功を挙げた。

朝倉在重【あさくらありしげ(1584~1650)】

朝倉在重の次男(父同名)。官途は石見守。通称仁左衛門尉。室は牧野五郎兵衛の娘。1615年、「大坂夏の陣」で牧野康成に従い羽柴秀頼勢い戦功を挙げた。役後、松平秀忠に仕え御膳番を務めた。

浅羽貞則【あさばさだのり(15??~15??)】

今川義元家臣。官途は治部大夫。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受け今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、松平元康に仕えた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

朝比奈俊永【あさひなとしなが(15??~15??)】

今川氏輝家臣。駿河朝比奈家惣領職。官途は丹波守。駿東郡旗頭。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈元長【あさひなもとなが(15??~1566)】

朝比奈俊永の男。官途は丹波守。室は今川義元の娘。1546年、太原雪斎とともに奉行職を務めた。1548年、「第一次小豆坂の戦い」では、朝比奈泰能、朝比奈信置らととも参戦した。1559年、関口親永とともに松平元康の後見人を務めた。1560年、「桶狭間の戦い」では、窮地に陥った今川義元のもとで奮戦したが、鉄炮により負傷した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

朝比奈信置【あさひなのぶおき(1528~1582)】

朝比奈元長の男。官途は駿河守。通称藤三郎。室は飯尾乗連の娘。1548年、「第一次小豆坂の合戦」では、先陣を務めた。1566年、朝比奈惣領家の家督を相続した。1569年、武田晴信に降伏した。武田晴信から庵原領を与えられ、駿河先方衆筆頭を務めた。1582年、「持船城の戦い」で織田信長勢の攻撃を受け自刃した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

朝比奈信重【あさひなのぶしげ(15??~1582)】

朝比奈信置の男。1582年、「持船城の戦い」で織田信長勢の攻撃を受け父朝比奈信置とともに自刃した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈泰熙【あさひなやすひろ(15??~15??)】

今川義忠家臣。朝比奈吉俊の男。官途は備中守。通称弥次郎。掛川城主に任じられた。

朝比奈時茂【あさひなときしげ(15??~15??)】

朝比奈泰熙の男。官途は下野守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈親孝【あさひなちかたか(15??~15??)】

朝比奈時茂の男。通称十郎左衛門。官途は下野守。1532年、弟の朝比奈氏泰に謀殺された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈氏泰【あさひなうじやす(15??~1562)】

朝比奈時茂の次男。官途は紀伊守。別名朝比奈泰長。遠江宇津山城を守備した。1532年、兄朝比奈親孝を謀殺して朝比奈家の家督を相続した。1561年、三河五本松館主、西郷正勝、西郷元正を討取る戦功を挙げた。1562年、「八名勝山の戦い」で松平元康の家臣西郷清員勢と戦い敗退して五本松館を奪還された。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

朝比奈元智【あさひなもととも(15??~1581)】

朝比奈時茂の三男。官途は肥後守。1547年、「三河田原城の戦い」で太原雪斎に従い戸田康光勢と戦い戦功を挙げ田原城代を任じられた。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦った。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

朝比奈泰充【あさひなやすみつ(15??~1562)】

朝比奈氏泰の男。官途は紀伊守。通称孫太郎。1562年、父朝比奈氏泰が病没したため、朝比奈家の家督を相続した。1562年、朝比奈真次に謀殺された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈真次【あさひなさせつぐ(15??~15??)】

朝比奈氏泰の次男。通称孫六郎。室は本多忠俊の娘。1562年、朝比奈泰充を謀殺した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈泰勝【あさひなやすかつ(15??~15??)】

今川氏真家臣。1575年、今川氏真の使者として松平元康のもとに赴き、松平元康に仕えた。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

朝比奈秀詮【あさひなひであき(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は主計介。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い先陣を務め、織田信長勢と戦い討死した。

朝比奈和泉守【あさひないずみのかみ(15??~15??)】

今川氏輝家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈十左衛門【あさひなじゅうざえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受け今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、松平元康に仕えた。1569年、松平元康から鶴見佐渡守の旧領を朝比奈太郎右衛門尉、朝比奈主水佐とともに与えられた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈太郎【あさひなたろう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。駿河大屋郷を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈太郎右衛門尉【あさひなたろうえもんのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、松平元康に仕えた。1569年、松平元康から鶴見佐渡守の旧領を朝比奈十左衛門尉、朝比奈主水佐とともに与えられた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈親徳【あさひなちかのり(15??~15??)】

今川氏規家臣。通称三郎右兵衛尉。官途は駿河守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈輝勝【あさひなてるかつ(15??~15??)】

今川氏規家臣。官途は筑前守。三河吉田城代を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈長門守【あさひなながとのかみ(15??~15??)】

今川氏規家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈芳線【あさひなほうせん(15??~15??)】

今川氏規家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈孫十郎【あさひなまごじゅうろう(15??~15??)】

今川氏規家臣。遠江棚草郷の地頭職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈元徳【あさひなもとのり(15??~15??)】

今川氏規家臣。通称八郎兵衛尉。駿河稲葉郷を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈主水佐【あさひなもんどのすけ(15??~15??)】

今川義元家臣。1569年、松平元康から鶴見佐渡守の旧領を朝比奈太郎右衛門尉、朝比奈十左衛門とともに与えられた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈泰忠【あさひなやすただ(15??~15??)】

今川氏規家臣。官途は左馬丞。駿河大岡荘を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈弥太郎【あさひなよたろう(15??~15??)】

今川氏規家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈吉俊【あさひなよしとし(15??~15??)】

今川氏規家臣。官途は丹波守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈吉周【あさひなよしちか(15??~15??)】

今川義元家臣。通称又八郎。志太郡朝比奈郷を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

朝比奈又二郎【あさひなまたじろう(15??~1536)】

今川氏輝家臣。1536年、「花倉の乱」で今川良真に従い福島正成、福島弥四郎、斎藤四郎衛門、篠原刑部少輔、井出左兵衛、安西三郎兵衛らとともに花倉館に籠城するが、今川義元勢の攻撃を受け自刃した。
 
朝比奈氏秀【あさひなうじひで(15??~15??)】

朝比奈元長家臣。官途は駿河守。1580年、持船館の在番を務めた。1582年、「持船館の戦い」で松平元康勢の攻撃を受け甲斐国に落延びた。
 
朝比奈三郎左衛門【あさひなさぶろうざえもん(15??~15??)】

朝比奈元長家臣。1569年、武田晴信から62貫18文の所領を安堵された。

甘利佐渡守【あまりさどのかみ(15??~15??)】

今川氏規家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

甘利太郎右衛門【あまりたろうえもん(15??~15??)】

今川氏規家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

粟屋左衛門尉【あわやさえもんのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。浪人衆。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

安西三郎兵衛【あんざいさぶりょびょうえ(15??~1536)】

今川氏輝家臣。1536年、「花倉の乱」で今川良真に従い福島正成、福島弥四郎、斎藤四郎衛門、篠原刑部少輔、井出左兵衛、朝比奈又二郎らとともに花倉館に籠城するが、今川義元勢の攻撃を受け自刃した。

安藤定正【あんどうさだまさ(1548~1590)】

今川義元家臣。安藤家定の男。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け今川氏真が駿府城から落延びるとそれに従い最後まで戦った。その後北条氏政に仕えた。松平元康が駿河国を領すると、松平元康の家臣鳥居元忠に仕えた。1590年、「武蔵岩槻城の戦い」で鳥居元忠に従い北条氏直勢と戦い討死した。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

安部信貞【あんべのぶさだ(15??~1564)】

今川氏規家臣。有度郡持舟館主。通称刑部大夫。別名安部信真。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

安倍元真【あんべもとざね(1513~1587)】

安部信真の男。通称大蔵。1568年、「駿府城の戦い」で岡部正綱とともに駿府城に籠城するが武田晴信勢の攻撃を受け敗退した。「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、松平元康に仕えた。遠江伯耆塚館主に任じられた。1577年、武田勝頼勢の三浦右馬助と戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

安部信勝【あんべのぶかつ(1552~1600)】 

安倍元真の男。通称彌一郎。室は水野忠重の娘。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、父とともに松平元康に仕えた。1583年、「天正壬午の乱」で北条氏真勢が守る甲斐本巣の砦を攻落とした。1584年、「蟹江城の戦い」で石川数正に従い前田長種勢と戦い戦功を挙げた。1590年、松平元康が関東に転封されると、武蔵国榛沢郡内で5,250石の領した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

安部信盛【あんべのぶもり(1584~1647)】 

安部信勝の男。官途は摂津守。室は保科正直の娘(松平元康の養女)。1600年、父安部信勝が病没すると、安部信盛が家督を相続した。「関ヶ原の役」で本多正信に従い下野国小山にまで参陣した。1605年。松平秀忠の将軍宣下のための上洛に従った。1614年、「大坂冬の役」に松平元康に従い羽柴秀頼勢と戦った。1620年、松平秀忠の娘和子の入内に参列した。徒頭大番頭、大坂城在番を務め、武蔵岡部館19,250石を領した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

池谷満重【いけがやみつしげ(15??~15??)】

今川義元家臣。通称三郎右衛門尉。1547年、納物覚書を作成した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

石貝重郎左衛門【いしがいしげろうざえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。安倍郡足窪館主。通称重郎左衛門。安倍七騎衆。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

石川日向守【いしかわひゅうがのかみ(15??~15??)】

今川氏規家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

石谷政清【いしたにまさきよ(1503~1574)】

二階堂清長の男。通称十郎右衛門。別名西郷政清。安倍七騎衆で西郷十八騎衆の筆頭。今川義元に仕えた。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

石谷政信【いしたにまさのぶ(15??~15??)】

石谷政清の三男。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

石谷清定【いしたにきよさだ(15??~15??)】

石谷政清の四男。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

石谷清重【いしたにきよしげ(15??~1623)】

石谷政清の五男。通称又太夫。別名海野又太夫。1600年、「関ヶ原の役」では、松平秀忠に従い戦功を挙げして書院番を務め500石を領した。病を患い駿河足久保で隠居した。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

石谷清春【いしたにきよはる(15??~1660)】

石谷清重の男。通称弥兵衛。別名海野又十郎。安倍郡足久保村で帰農した。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

石原康盛【いしはらやすもり(15??~1560)】

今川義元家臣。通称新左衛門。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

伊丹康直【いたみやすなお(1523~1596)】

伊丹雅興の男。官途は大隅守。室は岡部常慶の娘。1530年、摂津伊丹城主伊丹元扶が討死したため、摂津国から流浪した。1558年、今川義元に仕え海賊奉行職を務めた。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元が討死すると今川氏真に仕えた。1568年、今川氏真が武田晴信に駿河国を追われると、武田晴信に仕えた。1571年、武田晴信の意向を受け武田家海賊衆の創設に貢献した。1582年、「武田家征伐」で武田勝頼が討死にすると、松平元康に仕えた。松平元康からは駿河国清水の御船奉行に任じられた。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

伊丹康勝【いたみやすかつ(1575~1653)】

伊丹康直の三男。室は興津内記の娘。1582年、「武田家討伐」で武田勝頼が討死すると、父伊丹康直とともに松平元康に仕えた。1605年、駿府城での松平正綱とともに勘定奉行職、佐渡奉行職などを務めた。1622年、本多正純が改易処分に処されると、上使として山形に赴いた。1633年、松平忠長が改易されると、甲府城番を努めた。土井利勝の後ろ盾を得て辣腕を振るった。外様諸侯に高利貸しを行ったり、縁故者を要職に就けたりと専横が目立つようになった。1633年、松平家光の意向を受け松平正綱とともに失脚した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

一宮宗是【いちのみやむねこれ(15??~1560)】

今川義元家臣。用宗館主。官途は出羽守。1554年、「神之峰城の戦い」で今川義元の意向を受け武田晴信を支援するため、南信濃国に参陣して知久頼元勢と戦った。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

一宮元実【いちのみやもとざね(15??~15??)】

一宮宗是の男。通称左兵衛尉。1560年、今川氏真から駿河用宗郷の所領を安堵された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

一宮随波斎【いちのみやずいはさい(15??~1568)】

足利義輝家臣。室は武藤三郎左衛門の娘。弓術の名手。随波斎流の創始者。京で足利義輝の弓術指南役を務めた。1565年、「永禄の変」で足利義輝が松永久秀、三好家三人衆らの攻撃を受け討死すると、今川義元に仕えた。1568年、「薩垂山の戦い」で今川氏真勢に従い武田晴信勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

一宮彦三郎【いちみやひこさぼろう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出左兵衛【いでさへい(15??~1536)】

今川氏輝家臣。1536年、「花倉の乱」で今川良真に従い福島正成、福島弥四郎、斎藤四郎衛門、篠原刑部少輔、安西三郎兵衛、朝比奈又二郎らとともに花倉館に籠城するが、今川義元勢の攻撃を受け自刃した。

井出尾張守【いでおわりのかみ(15??~15??)】

今川義元家臣。通称左近太郎。1544年、今川義元から大宮宮中奉行職を安堵された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出新三【いでしんぞう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。駿河富士宮上野関を守備した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出駒若【いでこまわか(15??~15??)】

井出新三の男。駿河富士宮上野関を守備した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出堯吉【いでたかよし(15??~15??)】

今川義元家臣。通称甚右衛門尉。1554年、「神之峰城の戦い」で今川義元の意向を受け武田晴信を支援するため、一宮宗是に従い南信濃国に参陣して知久頼元勢と戦った。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出神左衛門尉【いでじんざえもんのじょう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。1534年、今川氏輝から富士郡淀師田内の所領を安堵された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出善三郎【いでぜんざぶろう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。駿河水沼郷の代官職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出盛重【いでもりしげ(15??~15??)】

今川氏輝家臣。通称惣左衛門。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井出正直【いでまさなお(15??~15??)】

今川義元家臣。通称藤九郎。三浦土佐守の寄騎衆を務めた。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受けると、今川氏真に従い戦功を挙げた。1569年、「大宮城の戦い」では、富士信忠を支援して戦功を挙げた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

井出正次【いでまさつぐ(15??~15??)】

井出正直の男。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

井出正勝【いでまさかつ(15??~15??)】
 
井出正直の次男。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

井出正俊【いでまさとし(15??~15??)】

井出正直の弟。通称藤左衛門尉。三浦右馬助の寄騎衆を務めた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

井出正信【いでまさのぶ(15??~15??)】

井出正俊の男。伯父井出志摩守に養育された。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受けると、北条氏政を頼って落延びると松平元康に仕えた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。
 
井出神左衛門【いでかみざえもん(15??~15??)】

富士信盛家臣。1534年、今川氏輝から所領富士郡弦巻田を安堵された。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。
 
井出左近太郎【いでさかんたろう(15??~15??)】

井出盛重家臣。1536年、今川義元から所領を安堵され代官職を務めた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。
 
井出尾張守【いでおわりのかみ(15??~15??)】

井出盛重家臣。奉行職。1544年、今川義元から所領を安堵された。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

井出伊賀守【いでいがのかみ(15??~15??)】

井出盛重家臣。1569年、「大宮城の戦い」で北条氏康勢の支援を受ける富士信忠に属して武田晴信の家臣穴山信君勢を撃退した。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受けると、北条氏政を頼って落延びると武田晴信に仕えた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

伊東元実【いとうもとざね(15??~15??)】

今川義元家臣。官途は左近将監。1546年、「三河吉田城の戦い」で今川義元に従い戸田重貞勢と戦い戦功を挙げ吉田城代に任じられた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

稲垣玄蕃允【いながきげんばのじょう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

稲垣弥八【いながきやはち(15??~15??)】

今川義元家臣。1560年、今川氏真から屋敷を安堵された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

井上継隆【いのうえつぐたか(15??~15??)】

今川氏輝家臣。官途は但馬守。駿河用宗郷の代官職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

庵原政盛【いはらまさもり(14??~1505)】

今川氏輝家臣。庵原郡庵原城主。通称左衛門尉。室は興津藤兵衛の娘。太原崇孚の父。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

庵原忠職【いはらただのり(15??~15??)】

庵原政盛の男。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

庵原忠胤【いはらただたね(15??~15??)】

由比忠任の男(庵原忠職の養子)。官途は安房守。1561年、武田信虎が今川氏真に謀叛を企てるのを阻止し、駿河国から追放した。1569年、「薩垂山の戦い」で今川氏真勢の先陣として武田晴信勢と戦ったが敗れた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

庵原之政【いはらゆきまさ(15??~1560)】

庵原忠職の男。官途は美作守。別名庵原元政。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い旗奉行職を務め、織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

庵原忠縁【いはらただふち(15??~1560)】

庵原忠職の次男。通称将監。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

庵原忠春【いはらただはる(15??~1560)】

庵原忠職の三男。通称右近。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

庵原忠良【いはらただよし(15??~1560)】

庵原忠職の四男。通称彦次郎。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

今川義忠【いまがわよしただ(1436~1476)】

安部郡駿府城主。今川範忠の男。駿河国守護職。官途は治部大輔。伊勢盛定の娘(北川殿)。1474年、「遠江府中城の戦い」で遠江国守護代職の狩野宮内少輔を討取る戦功挙げた。1475年、「遠江引間城の戦い」で飯尾長連の支援を受け巨海新左衛門尉勢と戦った。1476年、「遠江塩買坂の戦い」で横地四郎兵衛、勝間田修理亮勢の残党に襲われ討死した。参考文献:『国衆の戦国史(遠江の百年戦争と「地域領主」の興亡)』by歴史新書。

今川氏親【いまがわうじちか(1470~1526)】

今川義忠の男。官途は駿河守。室は中御門宣胤の娘(寿桂尼)。1476年、「遠江塩買坂の戦い」で父の今川義忠が討死したため、長谷川正宣に養育された。1487年、伊勢盛時の支援を受け今川範満を討取った。相模国に侵攻する伊勢盛時を支援した。1517年、「遠江曳馬城の戦い」で斯波義達を討取る戦功を挙げ遠江国に勢力を拡大した。1524年、駿河国、遠江国で検地を実施した。1526年、「分国法」を定め、領内経営を進めた。駿府に城下街を建設して有力商人を育成した。

今川氏輝【いまがわうじてる(1513~1536)】

今川氏親の男。官途は上総介。1526年、父今川氏親が病没したため、今川家の家督を相続した。幼少のため、政務は母の寿桂尼が補佐した。1532年、遠江国で検地を行ない内政を固め、朝廷との関係強化に務めた。1535年、「甲斐山中の戦い」で北条氏綱と結び武田信虎と対立する国衆勢力を支援して武田信虎勢と戦った。1536年、冷泉為和とともに歌会のため、小田原城へ赴いたがまもなく病没した。

今川良真【いまがわよしざね(1517~1536)】

今川氏親の次男。別名「玄広恵探」。遍照光寺の住職。1536年、兄今川氏輝が病没すると、今川義元が寿桂尼、瀬名氏貞、朝比奈泰以、由比光規、岡部親綱、三浦元辰らに擁立され今川惣領家の家督を継ごうとした。今川良真は福島正成、福島弥四郎、斎藤四郎衛門、篠原刑部少輔、井出左兵衛、安西三郎兵衛、朝比奈又二郎らと結び花倉城に籠城するが、今川義元勢の攻撃を受け自刃した。

今川義元【いまがわよしもと(1519~1560)】

今川氏親の三男。官途は上総介。別名「梅岳承芳」。室は武田信虎の娘(定恵院殿)。もと富士郡善徳寺の僧侶。1536年、「花倉の乱」では、瀬名氏貞、朝比奈泰以、由比光規、岡部親綱、三浦元辰らに擁立され次兄今川良真、福島正成勢と今川家惣領職を争った。1537年、武田信虎と結びその娘を内室に迎えた。1540年、「三河安祥城の戦い」で織田信秀勢の攻撃を受けた。1541年、武田晴信が武田信虎を追放すると、武田信虎を迎い入れた。1542年、「第一次小豆坂の戦い」で織田信秀勢と戦った。1545年。北条氏康と和議を結んだ。1548年、「第二次小豆坂の戦い」で織田信秀勢と戦った。1549年、松平広忠が病没すると、三河国を勢力下においた。1554年、武田晴信、北条氏康と三国同盟を結んだ。1560年、「桶狭間の戦い」で織田信長勢と戦い討死した。

今川氏真【いまがわうじざね(1538~1614)】

今川義元の男。官途は治部大輔。室は北条氏康の娘(早川殿)。側室は庵原忠康の娘。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元が織田信長勢と戦い討死すると、今川家惣領職を相続した。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受けると、北条氏政を頼って落延びた。1590年、松平元康が関東に転封すると、武蔵品川に屋敷を与えられた。

今川氏豊【いまがわうじとよ(15??~1540)】

今川氏親の六男。官途は左馬介。尾張国那古屋城主。室は斯波義達の娘。1515年、今川氏親に降伏した斯波義達の娘を迎え、那古屋城主となった。1532年、「那古屋城の戦い」で織田信秀勢の攻撃を受け京都に落延びた。

今川氏明【いまがわうじあき(15??~1582)】

今川氏豊の男。別名「明良洪範」。織田信長に仕えた。1582年、「本能寺の変」で織田信長に従い明智光秀勢と戦い討死した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

入澤行重【いりさわゆきしげ(15??~15??)】

石谷政清の男。通称五右衛門。別名石谷清宗。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け今川氏真が駿府城から落延びると、武田晴信に仕え岡部忠兵衛の寄騎衆を務めた。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

岩本信長【いわもとのぶなが(15??~15??)】

今川氏親家臣。通称次郎右衛門。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

植松盛信【うえまつもりのぶ(15??~15??)】

葛山氏広家臣。官途は長門守。1552年、植松元俊とともに奉行職を務めた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。
 
植松藤太郎【うえまつとうたろう(15??~15??)】

葛山氏広家臣。1552年、口野郷を領した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。
 
植松小太郎【うえまつこたろう(15??~15??)】

葛山氏広家臣。1556年、植松右京亮とともに口野村奉行衆。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

海野泰頼【うんのやすのり(15??~15??)】

今川義元家臣。安倍七騎衆。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

海野本定【うんのもとさだ(15??~1617)】

海野泰頼の男。通称弥兵衛尉。別名安部井川本定。室は安倍元真の娘。1565年、
「津渡野館の戦い」で松平元康の家臣永井善左衛門勢に従い高瀧将監を討取る戦功を挙げた。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け今川氏真が駿府城から落延びると、武田晴信に仕えた。1579年、土屋右衛門尉から寄騎分を含め37貫400文を加増された。1582年、「武田家征伐」で松平元康に属して信濃国への先導役を務めた。松平元康が駿河国を領すると、朝倉六兵衛とともに蔵奉行職を務めた。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

海野元重【うんのもとしげ(15??~15??)】

海野本定の男。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

海野兵左衛門【うんのひょうざえもん(15??~15??)】

海野本定の次男。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

海野縫右衛門【うんのぬいどのすけ(15??~15??)】

海野本定の三男。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

海野七郎太郎【うんのしちろうたろう(15??~15??)】

海野本定家臣。岩崎館主。1575年、松平元康への内応の嫌疑を受け、江尻城将の土屋右衛門尉のもとに引き出され梟頸に処された。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

海野七郎三郎【うんのしちろうさぶろう(15??~15??)】

海野本定家臣。田代館主。海野七郎太郎の弟。勇将。1575年、松平元康への内応の嫌疑を受け、江尻城将の土屋右衛門尉のもとに引き出され梟頸に処された。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

江尻親氏【えじりちかうじ(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は民部少輔。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

江尻親良【えじりちかよし(15??~1560)】

朝比奈元長家臣。通称民部。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

大野見掃部助【おおのみかものすけ(15??~15??)】

今川氏親家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

大村家重【おおむらいえしげ(15??~15??)】

今川義元家臣。安倍郡油島館主。通称彦六郎。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

大村五郎左衛門【おおむらごろうざえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。安倍郡上落合館主。別名大石五郎右衛門。室は朝倉在重の娘。安倍七騎衆。朝倉在重と不仲となり謀殺された。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

岡崎忠実【おかざきただざね(15??~1560)】

今川義元家臣。通称十郎兵衛。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

岡部親綱【おかべちかつな(15??~1562)】

今川氏輝家臣。高田館主。岡部仲綱の男。通称左京進。1536年、「花倉の乱」で今川義元に従い今川良真勢の福島彦太郎らと戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部久綱【おかべひさつな(15??~1547)】

岡部親綱の男。官途は美濃守。別名岡部信綱。1541年、太原雪斎とともに今川義元の意向を受け武田晴信と武田信虎の隠居についての交渉役を務めた。1548年、「第二次小豆坂の戦い」で先陣を務め、織田信秀勢と戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部正綱【おかべまさつな(1541~1583)】

岡部久綱の男。官途は美濃守。通称次郎右衛門。室は三浦範時の娘。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受け今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、武田晴信に仕えた。1574年、「第二次高天神城の戦い」で武田勝頼に従い小笠原長忠勢と戦い戦功を挙げた。1582年、「甲斐若神子の戦い」で松平元康の家臣大須賀康高に従い曾根昌世とともに北条氏直勢と戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部長秋【おかべながあき(15??~15??)】

岡部久綱の次男。通称治部右衛門。

岡部元信【おかべもとのぶ(1532~1581)】

岡部久綱の三男。官途は丹波守。通称五郎兵衛。別名岡部長教。1560年、「桶狭間の戦い」では、鳴海城代を務め織田信長勢と戦った。今川義元が討死した後も抵抗を続け、今川義元の頸と引換えに駿河国に撤退した。「三河刈谷城の戦い」で水野信近を討取る戦功を挙げた。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受け今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、武田晴信に仕えた。1581年、「第二次高天神城の戦い」で松平元康の家臣本多忠勝勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部貞綱【おかべさだつな(15??~1575)】

岡部親綱の次男。官途は豊前守。通称忠兵衛。別名土屋貞綱。伊丹康直とともに駿河海賊衆を率いて今川義元に仕えた。1568年、「遠江掛川城の戦い」で松平元康勢の攻撃を受け今川氏真が北条氏政のもとに落延びると、武田晴信に仕えた。伊豆海賊衆の間宮武兵衛、間宮造酒丞とともに武田家海賊衆を率いた。1570年、伊勢国の向井正綱と小浜景隆を武田晴信に内応させた。1575年、「三河長篠の戦い」で武田勝頼に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部長盛【おかべながもり(1568~1623)】

岡部正綱の男。官途は内膳正。室は松平清宗の娘。継室は松平元康の養女(松平康元の娘)。1583年、父岡部正綱の病没により岡部家の家督を相続した。1584年「小牧、長久手の戦い」で松平元康に従い羽柴秀吉勢と戦った。1585年、「第一次上田城の戦い」では、鳥居元忠勢に従い真田昌幸勢と戦い戦功を挙げた。1590年、松平元康が関東に転封すると、下総山崎城12,000石を領した。1600年、「関ヶ原の役」では、下野黒羽城を守備して長尾景勝勢に備えた。1609年、丹波亀山城32,000石を領した。1615年、「大坂夏の陣」で松平元康に従い羽柴秀頼勢と戦い戦功を挙げた。丹波福知山城50,000石を領した。

岡部則綱【おかべのりつな(15??~16??)】

朝比奈信直家臣。通称大学助。別名「愧世庵」。1614年、「大坂冬の陣」で羽柴秀頼に従い大野治長勢に属した。1615年、「樫井の戦い」で塙直之、淡輪重政らとともに浅野長晟勢と戦い敗退した。大坂城が落城すると落延びた。

岡部左衛允【おかべさまのじょう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。宇名郷を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部輝綱【おかべてるつな(15??~15??)】

今川義元家臣。官途は出雲守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部長定【おかべながさだ(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は甲斐守。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い左備を務め、織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部太郎左衛門【おかべたろうざえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。1557年、関口刑部とともに見物のため上洛した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部七郎次郎【おかべしちろうじろう(15??~15??)】

今川氏親家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

岡部大和守【おかべやまとのかみ(15??~15??)】

今川氏親家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。
 
岡部昌幸【おかべまさゆき(15??~15??)】

今川義元家臣。1549年、「安祥城の戦い」で蒲原氏徳、三浦義就、板尾顕茲、御宿藤七郎らとともに太原雪斎に従い戦功を挙げた。

荻清誉【おぎきよたか(1508~1568)】

荻慶徳の男。官途は図書助。通称小次郎。武田信虎、北条氏綱勢から度々攻撃を受けた。1554年、今川義元が武田晴信、北条氏康と三国同盟を結ぶと戦乱で荒廃した領内を内政整備を行った。1568年、「駿府城の戦い」で今川氏真に従い武田晴信の家臣山県昌景勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

萩久誉【おぎひさたか(15??~15??)】

萩清誉の男。通称小太郎。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が松平元康勢の攻撃を受け北条氏政のもとに落延びると、武田晴信に仕え所領の駿河松野郷を安堵された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

荻君誉【おぎきみたか(15??~15??)】

荻清誉の次男。別名荻久誉。1568年、「駿府城の戦い」で父荻清誉が今川氏真に従い武田晴信勢と戦い討死したため、武田晴信勢に降伏した。穴山信君に仕え松野郷を500貫を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

荻慶徳【おぎよしのり(15??~1521)】

今川氏輝家臣。松野館主。荻一通の男。1521年、「甲斐飯田河原の戦い」で福島正成に従い武田信虎勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

荻野政元【おぎのまさもと(15??~15??)】

今川氏輝家臣。安倍郡牛妻館主。官途は伊予守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津興忠【おきつおきただ(15??~15??)】

今川氏輝家臣。官途は豊後守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津盛綱【おきつもりつな(15??~15??)】

今川氏輝家臣。横山館主。通称彦九郎。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津清房【おきつきよふさ(1530~1584)】

興津盛綱の男。通称彦九郎。1560年、「桶狭間の戦い」では、駿府城留守居役を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津彦九郎【おきつひこくろう(15??~15??)】

興津清房の男。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津久信【おきつひさのぶ(14??~15??)】

興津道信の男。官途は美濃守。室は朝比奈泰盛の娘。1514年、二俣長富、富塚久行、斎藤正盛と六所大明神に鐘を奉納した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津正信【おきつまさのぶ(15??~15??)】

興津久信の男。通称藤兵衛尉。遠江垂木郷の代官職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津信綱【おきつのぶつな(15??~15??)】

興津正信の男。官途は美濃守。通称弥四郎。別名興津泰秋。検地奉行職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。 

興津親久【おきつちかひさ(15??~15??)】

興津正信の次男。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津信綱【おきつのぶつな(15??~15??)】

興津正信の三男。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津親行【おきつちかゆき(15??~15??)】

興津正信の四男。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津又四郎【おきつまたしろう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

興津三郎左衛門【おきつさぶろうざえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。天文年間、横山城守将。

小倉勝助【おぐらかつすけ(15??~15??)】

今川義元家臣。官途は内蔵助。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

小倉与介【おぐらよすけ(15??~15??)】

今川義元家臣。1539年、今川義元に仕えた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

尾上正為【おのえまさため(15??~15??)】

今川氏親家臣。1524年、今川氏親の意向を受け宇苅郷の検地奉行職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

尾上正良【おのえまさよし(15??~15??)】

尾上正為の三男。通称藤十郎。1563年、今川氏真から20貫の加増を受けた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

小原鎮実【おはらしずざね(15??~1568)】

今川義元家臣。官途は肥前守。別名大原資良。1554年、三河吉田城代に任じられた。1560年、「桶狭間の戦い」で織田信長勢の攻撃を受け今川義元が討死すると、糟屋善兵衛、飯尾連龍らとともに今川氏真から離反した松平元康勢と戦った。1561年、「野田城の戦い」で菅沼定盈勢と戦い野田城を攻落とし、稲垣氏俊を城代に任じた。1562年、「遠江見付館の戦い」で松平元康勢に内応した堀越氏延勢と戦った。「野田城の戦い」で菅沼定盈勢の攻撃を受け稲垣氏俊が討死した。1564年、「二連木城の戦い」で戸田重貞を討取る戦功を挙げた。1565年、「吉田城の戦い」で松平元康の家臣酒井忠次勢の攻撃を受け駿河国に撤退した。1567年、「宇津山館の戦い」で松平元康に内応した朝比奈真次勢と戦い宇津山館を攻落とした。1568年、「宇津山館の戦い」で酒井忠次勢の攻撃を受け落城した。1570年、「花沢館の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け三浦義鎮とともに遠江高天神城主小笠原信興のもとに落延びたが、松平元康勢に内応した小笠原信興に謀殺された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

小原親高【おばらちかたか(15??~15??)】

今川氏親家臣。官途は備前守。長池親能から遠江宇津山城代職を引継いだ。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

小原嵩親【おばらたかちか(15??~15??)】

今川氏親家臣。官途は兵庫頭。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

小原伊豆守【おばらいずのかみ(15??~15??)】

今川氏親家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

小見盛吉【おみもりよし(15??~15??)】

葛山氏広家臣。官途は主計助。1552年、検地奉行職を務めた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

----------------------------

【か】

加々爪永授【かがづめえいじゅ(15??~15??)】

今川氏輝家臣。官途は三河守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

加々爪政豊【かがづめまさとよ(1538~1621)】

今川義元家臣。官途は備前守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

各和道空【かくわどうくう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。官途は伊予守。1506年、「三河牛久保城の戦い」で伊勢盛時に従い牧野成勝勢と戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

各和元樹【かくわもとき(15??~15??)】

今川氏輝家臣。通称又三郎。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

各和元達【かくわもとたつ(15??~15??)】

各和元樹の男。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

各和氏勝【かくわうじかつ(15??~15??)】

今川氏輝家臣。官途は肥後守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

各和式部少輔【かくわしきぶしょうゆ(15??~15??)】

今川氏輝家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

柏木宮内丞【かしわぎくないじょう(15??~15??)】

葛山氏広家臣。1552年、葛山氏広から加増を受けた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

葛山氏堯【かつらやまうじたか(14??~15??)】

駿東郡葛山城主。今川氏親に従ったが北条氏綱、武田信虎とも親交を結んだ。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山氏広【かつらやまうじひろ(15??~1539)】

伊勢長氏の三男(葛山氏堯の養子)。官途は備中守。1516年、父葛山氏堯の隠居により葛山家の家督を相続した。今川義元に従いった。1537年、「河東一乱」では、北条氏綱勢に従い今川義元勢と戦った。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山氏元【かつらやまうじもと(15??~1573)】

葛山氏広の男。官途は備中守。室は北条氏綱の娘。1568年、「駿府城の戦い」では、朝比奈信置、瀬名信輝らとともに武田晴信勢に内応した。1569年、「大宮城の戦い」では、北条氏康勢の支援を受ける富士信忠を武田晴信の家臣穴山信君とともに攻撃した。1573年、武田晴信の意向を受けた葛山信貞に誅殺された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山信貞【かつらやまのぶさだ(15??~1582)】

武田晴信の六男(葛山氏元の養子)。通称十郎。別名武田義久。室は葛山氏元娘(おふち)。1568年、「駿府城の戦い」では、朝比奈信置、瀬名信輝らとともに武田晴信勢に内応したが、葛山城は北条氏康勢攻撃を受けた。1571年、「深沢城の戦い」で武田晴信勢の支援を受け北条氏政勢と戦い戦功を挙げた。武田晴信と北条氏政が結ぶと、葛山城に復帰した。1582年、「武田家討伐」で織田信長勢の攻撃を受け甲斐善光寺で自刃した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

葛山安信【かつらやまやすのぶ(15??~1561)】

葛山信貞の男。通称四郎六郎。1561年、「第四次川中島の戦い」で葛山信貞に従い長尾景虎勢と戦い討死した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

葛山三郎【かつらやまさぶろう(15??~15??)】

葛山氏元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山左衛門佐【かつらやまさえもんのすけ(15??~15??)】

葛山氏元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山頼秀【かつらやまよりひで(15??~15??)】

葛山氏元家臣。通称甚左衛門尉。大宮城代、富士大宮司職を務めた。1561年、今川氏真に富士大宮司職を罷免された。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山元綱【かつらやまもとつな(15??~15??)】

葛山氏元家臣。官途は播磨守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山勝嘉【かつらやまかつよし(15??~15??)】

葛山氏元家臣。官途は備中守。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い葛山信貞とともに尾張笠寺砦を守備した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山長嘉【かつらやまながよし(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は播磨守。別名葛山長義。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い後陣を務め、織田信長勢と戦い討死した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

葛山信貞【かつらやまのぶさだ(15??~15??)】

葛山氏元家臣。官途は播磨守。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い葛山勝嘉とともに尾張笠寺砦を守備した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

葛山元清【かつらやまもときよ(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は安房守。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。
 
葛山備中守【かつらやまびっちゅう(15??~15??)】

葛山氏元家臣。

金井忠宗【かないただむね(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は主馬介。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

神尾元直【かみおもとなお(15??~15??)】

今川氏輝家臣。通称織部佑。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

狩野朝久【かりのともひさ(15??~15??)】

安倍郡落合館主。通称弥八郎。安倍七騎衆。今川義元に仕えた。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

狩野景信【かりのかげのぶ(15??~15??)】

狩野朝久の男。通称九郎兵衛。安倍七騎衆。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け今川氏真が駿府城から落延びると、武田晴信に仕えた。1575年、「遠江小山城の戦い」で武田勝頼勢に従い小山城に籠城して松平元康勢と戦い戦功を挙げた。1582年、「高遠城の戦い」で仁科盛信に従い高遠城に籠城して織田信忠勢と戦った。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

狩野修理佐【かりのすりのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。室は末高正長の娘。1574年、市川宮内助から軍役の支度を命じられた。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

蒲原満氏【かんばらみつうじ(14??~1536)】

庵原郡蒲原城主。蒲原貞氏の男。蒲原城800貫を領した。1489年、「足利茶々丸の乱」では、伊勢盛時らととに伊豆堀越御所を攻撃して茶々丸を討取る戦功を挙げた。1527年、足利義晴、細川晴元とともに家臣三好元長らに京都を追われ、近江朽木谷の朽木稙綱のもとに落延びた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

蒲原氏徳【かんばらうじのり(15??~1560)】

蒲原満氏の男。官途は宮内少輔。1536年、父蒲原満氏の病没により蒲原家の家督を相続した。1549年、「安祥城の戦い」で大将を務め戦功を挙げた。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

蒲原徳兼【かんばらとくかね(15??~15??)】

蒲原氏徳の男。1560年、「桶狭間の戦い」で父蒲原氏徳が討死したため、蒲原家の家督を相続した。「高林源兵衛の乱」では、高林源兵衛勢と戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

蒲原右近【かんばらうこん(15??~15??)】

蒲原満氏家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

蒲原宮内少輔【かんばらくないしょうゆう(15??~15??)】

蒲原満氏家臣。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦った。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

蒲原元賢【かんばらもとかた(15??~15??)】

蒲原満氏家臣。通称右衛門尉。駿河沓谷郷を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

福島正成【くしままさなり(1492~1536)】

今川氏親家臣。福島基正の男。通称兵庫。1521年、「甲斐飯田河原の戦い」で武田信虎勢との戦いに敗れ駿河国に撤退した。1536年、「花倉の乱」で今川良真に従い今川義元勢と戦い敗れ武田信虎のもとに落延びるが武田信虎に謀殺された。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

福島弥四郎【くしまよしろう(15??~1536)】

今川氏輝家臣。1536年、「花倉の乱」で今川良真に従い福島正成、斎藤四郎衛門、篠原刑部少輔、井出左兵衛、安西三郎兵衛、朝比奈又二郎らとともに花倉館に籠城するが、今川義元勢の攻撃を受け自刃した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

福島春久【くしまはるひさ(15??~15??)】

今川氏親家臣。官途は豊後守。検地奉行職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

福島彦太郎【くしまひこたろう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。1536年、「花倉の乱」で斎藤四郎衛門、篠原刑部少輔とともに今川良真に従い方上館に籠城した。「方上館の戦い」で岡部親綱勢の攻撃を受け落城した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

栗林元重【くりばやしもとしげ(15??~15??)】

今川義元家臣。通称縫右衛門。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

小泉左近【こいずみさこん(15??~15??)】

今川氏親家臣。1503年、遠江高天神城代を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

----------------------------

【さ】

西郷正続【さいごうまさつぐ(15??~15??)】

今川義元家臣。1568年、「薩垂山の戦い」で今川氏真勢に従い武田晴信勢と戦い敗れて撤退した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

斎藤四郎衛門【さいとうしろうえもん(15??~1536)】

今川氏輝家臣。1536年、「花倉の乱」で今川良真に従い福島正成、福島弥四郎、篠原刑部少輔、井出左兵衛、安西三郎兵衛、朝比奈又二郎らとともに花倉館に籠城するが、今川義元勢の攻撃を受け自刃した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

斎藤利澄【さいとうとしずみ(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は掃部介。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

斎藤宗林【さいとうそうりん(15??~15??)】

今川義元家臣。官途は修理大夫。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け今川氏真が駿府城から落延びると、武田晴信に仕えた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

斎藤弾正忠【さいとうだんじょうちゅう(15??~15??)】

斎藤元清の男。官途は佐渡守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

斎藤安元【さいとうやすもと(15??~15??)】

今川義忠家臣。丸子館主。官途は加賀守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

佐竹高貞【さたけたかさだ(15??~15??)】

今川義元家臣。官途は雅楽助。1561年、蒲原城代を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

澤田忠頼【さわだただより(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は長門守。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

品川高久【しながわたかひさ(15??~15??)】

今川氏真の次男。通称新六郎。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が松平元康勢の攻撃を受け北条氏政のもとに落延びると、武蔵品川に屋敷を与えられた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

篠原刑部少輔【しのはらきょうぶのしゅうゆ(15??~1536)】

今川氏輝家臣。駿河興津の豪族衆。1536年、「花倉の乱」で今川良真に従い福島正成、福島弥四郎、斎藤四郎衛門、井出左兵衛、安西三郎兵衛、朝比奈又二郎らとともに花倉館に籠城するが、今川義元勢の攻撃を受け自刃した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

嶋田将近【しまだしょうこん(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は左近将監。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

末高正長【すえだかまさなが(15??~15??)】

安倍郡村岡館主。官途は石見守。通称半左衛門。別名末高政本。安倍七騎衆。1560年、今川氏真に仕え村岡館500貫を領した。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け今川氏真が駿府城から落延びると、武田晴信に仕えた。1582年、「武田家討伐」で武田勝頼が滅亡すると、郷里に帰って閑居した。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

末高正頭【すえだかまさずみ(15??~15??)】

末高正長の男。通称新蔵。1578年、「諏訪原館の戦い」で武田勝頼勢に従い松平元康勢と戦い討死した。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

末高正久【すえだかまさひさ(1554~1639)】

久野伊賀守の次男(末高正長の養子)。官途は隼人。通称小次郎。別名末高政行。室は末高正長の娘。松平元康に旧領の安堵を願い出たが許されず帰農した。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

末高正宣【すえだかまさのぶ(15??~15??)】

末高正久の男。通称忠右衛門。別名末高政信。室は朝倉在重の娘。松平元康に仕え300石を領した。松平元康に意向を受け松平頼宣に仕えた。病を患い安倍郡平野に閑居した。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

杉山太郎右衛門【すぎやまたろうえもん(15??~15??)】

今川氏規家臣。安倍七騎衆。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

杉山小兵衛【すぎやまこへい(15??~15??)】

今川義元家臣。安倍郡俵峰館主。通称小太郎。安倍七騎衆。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

関口氏縁【せきぐちうじふち(15??~15??)】

益津郡花沢城主。官途は刑部大輔。1537年、花沢城を築城して居城とした。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

関口親永【せきぐちちかなが(1518~1562)】

瀬名氏貞の次男(関口氏縁の養子)。官途は伊予守。別名瀬名義広。室は今川氏親の娘。1555年、松平元康元服式の立会いを務めた。娘(築山殿)が松平元康に嫁いだ。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元が織田信長勢と戦い討死すると、今川氏真に仕えた。1562年、松平元康が離反したため、今川氏真からその去就を疑われ自刃を命じられた。

関口氏経【せきぐちうじつね(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は越中守。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

関口氏幸【せきぐちうじゆき(15??~15??)】

関口親永の男。別名関口氏興。関辺館主。

瀬名一秀【せなかずひで(1432~1503)】

庵原郡瀬名城主。堀越貞延の男。官途は陸奥守。別名堀越一秀。遠江海蔵寺の僧であったが、父瀬名貞延の討死したため、還俗して二俣城を守備した。1476年、「遠江塩買坂の戦い」で横地四郎兵衛、勝間田修理亮勢の残党に襲われ討死すると、駿府城に移り今川氏親を今川家惣領職に擁立する功を上げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

瀬名氏貞【せなうじさだ(1497~1538)】

瀬名一秀の男。官途は陸奥守。通称源五郎。室は堀越貞基の娘。1536年、「花倉の乱」で朝比奈泰以、由比光教らとともに今川義元に従い今川良真勢と戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

瀬名氏俊【せなうじとし(15??~15??)】

瀬名氏貞の男。官途は伊予守。通称左衛門佐。別名瀬名貞綱。室は今川氏親の娘。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で先陣を務め、大高館を守備した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

瀬名氏明【せなうじあき(1544~1572)】

瀬名氏俊の男。官途は左衛門佐。通称源五郎右衛門。別名瀬名信輝。室は葛山氏元の娘。1568年、「駿府城の戦い」では、朝比奈信置、葛山氏元らとともに武田晴信勢に内応した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

【た】

太原雪斎【たいげんすうふ(1496~1555)】

今川氏親家臣。庵原政盛の男。通称崇孚。駿河国の清見寺、善徳寺、長慶寺の住職を務めた。1538年、「花倉の乱」で今川義元に従い今川良真勢と戦い今川義元の勝利に貢献した。1547年、「三河田原城の戦い」で今川義元勢を率いて戸田康光勢と戦い戦功を挙げた。1548年、「第二次小豆坂の戦い」で今川義元勢の大将を務め織田信秀勢と戦い戦功を挙げた。1549年、「三河安祥城の戦い」で織田信秀勢と戦い城主の織田信広を捕縛する戦功を挙げた。1554年、武田晴信、北条氏康との三国同盟に尽力した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

高瀧将監【たかたきしょうげん(15??~15??)】

安倍郡筒野館主。1565年、「津渡野館の戦い」で松平元康の家臣永井善左衛門勢の攻撃を受け討死した。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

高橋修理進【たかはししゅりのしん(15??~15??)】

今川氏親家臣。興国寺城代職を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

竹田高正【たけだたかまさ(15??~1569)】

今川義元家臣。1569年、「堀川館の戦い」で松平元康勢と戦い討死した。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

駿河伊達吉宗【だてよしむね(15??~15??)】

今川氏親家臣。通称藤三郎。1545年、今川義元から所領を安堵された。

駿河伊達宗綱【だてむねつな(15??~15??)】

伊達吉宗の男。通称与右衛門尉。1562年、今川氏真から所領を安堵された。1574年、「第二次高天神城の戦い」で小笠原長忠に従い武田勝頼勢と戦い小笠原長忠とともに降伏した。

富塚久行【とみづかひさゆき(14??~15??)】

今川氏親家臣。通称五郎右衛門。1514年、興津久信、二俣長富とともに六所大明神に鐘を寄進した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富塚元繁【とみづかもとしげ(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は修理亮。1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

----------------------------

【な】

中川通秀【なかがわみちひで(15??~15??)】

今川氏親家臣。通称吉右衛門。1568年、「薩垂山の戦い」で今川氏真勢に従い武田晴信勢と戦った。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

長嶋甚太右衛門【ながしまじんたえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。安倍郡腰越館主。官途は佐渡守。別名長倉甚太右衛門。安倍七騎衆。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

長瀬長行【ながせながゆき(15??~1560)】

今川氏親家臣。通称瀬兵衛。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。

新野式部少輔【にいのしきぶしょうゆう(15??~15??)】

今川氏親家臣。1568年、「薩垂山の戦い」で庵原安房守らとともに今川氏真に従い武田晴信勢と戦い敗れた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

新野彦十郎【にいのひこじゅうろう(15??~15??)】

今川義元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

野呂民部【のろみんぶ(15??~15??)】

今川義元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

----------------------------

【は】

橋本内三【はしもとないぞう(15??~15??)】

葛山氏広家臣。1556年、富永河内守とともに口野村奉行衆を務めた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

長谷川正宣【はせがわまさのぶ(1430~1516)】

今川義忠家臣。小川館主。加納義久の男(長谷川長重の養子)。通称次郎左衛門尉。1476年、「遠江塩買坂の戦い」で今川義忠が討死したため、今川氏親を匿った。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

長谷川元長【はせがわもとなが(15??~15??)】

長谷川正宣の男。官途は伊賀守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

長谷川正長【はせがわまさなが(15??~15??)】

長谷川元長の男。官途は紀伊守。通称次郎左衛門。1560年、徳之一色城番を務めた。1570年、「徳之一色城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け降伏した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

長谷川次郎右衛門【はせがわじろうえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

長谷川七郎左衛門尉【はせがわしちろうざえもんのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

幡鎌右近丞【はたかまうこんのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が松平元康勢の攻撃を受け北条氏政のもとに落延びると、武田晴信に仕えた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

幡鎌平四郎【はたかまへいしろう(15??~15??)】

幡鎌右近丞家臣。1549年、「安祥城の戦い」で織田信秀勢と戦い戦功を挙げた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

幡鎌八郎左衛門尉【はたかまはちろうざえもんのじょう(15??~15??)】

幡鎌右近丞家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

原頼景【はらよりかげ(15??~15??)】

今川氏親家臣。官途は遠江守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

原頼賢【はらよりたか(15??~15??)】

原頼景の男。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

原頼郷【はらよりさと(15??~15??)】

原頼賢の次男。通称左衛門尉。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

原頼延【はらよりのぶ(15??~1587)】

原頼郷の男。官途は武蔵守。通称六郎。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

孕石元泰【はらみいしもとやす(15??~1581)】

今川義元家臣。官途は和泉守。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が松平元康勢の攻撃を受け北条氏政のもとに落延びると、武田晴信に仕えた。1579年、武者奉行職に任じられ高天神城守将を務めた。1581年、「田中城の戦い」で松平元康勢の捕縛され自刃した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

孕石備前守【はらみいしびぜんのかみ(15??~15??)】

孕石元泰の男。井伊直政に仕え1,000石を領した。

孕石郷左衛門尉【はらみいしさえもんのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。洗足郷を領した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

孕石忠高【はらみいしただたか(15??~15??)】

今川氏親家臣。原忠頼の弟。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

広戸重久【ひろとしげひさ(1527~1612)】

今川義元家臣。官途は備前守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

藤枝氏秋【ふじたうじあき(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は伊賀守。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富士信盛【ふじもりのぶ(15??~15??)】

富士郡大宮館主。浅間社大宮司職。富士郡北部200貫を領した国衆。

富士信忠【ふじのぶただ(15??~1583)】

富士信盛の男。官途は兵部少輔。1568年、「駿府城の戦い」で武田晴信勢の攻撃を受け今川氏真が駿府城から落延びた後も大宮館で籠城を続けた。1569年、「大宮館の戦い」で武田晴信の家臣穴山信君、葛山氏元勢の攻撃を受け降伏した。大宮館を武田晴信勢に接収され、領内の支配権を失った。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富士信通【ふじのぶみち(15??~1619)】

富士信忠の男。通称蔵人。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が松平元康勢の攻撃を受け北条氏政のもとに落延びると、武田晴信に仕えた。1573年、武田勝頼から駿河龍泉寺の所領を与えられた。1578年、富士能通を養子に迎え、浅間社大宮司職に復帰した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富士能通【ふじよしみち(15??~1652)】

鷹野徳繁の次男(富士信通の養子)。室は富士信通の娘。1578年、富士山本宮浅間大社の公文職に任じられた。

富士九郎次郎【ふじくろうじろう(15??~15??)】

富士信盛家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富士図書助【ふじずしょのすけ(15??~15??)】

富士信盛家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富士中務大輔【ふじなかつかさだゆう(15??~15??)】

富士信盛家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富士親時【ふじちかとき(15??~15??)】

富士信盛家臣。官途は能登守。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

富士又八郎【ふじまたはちろう(15??~15??)】

富士信盛家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

----------------------------

【ま】

増田団右衛門【ますだたんえもん(15??~1568)】

小原鎮実家臣。家老職を務めた。1568年、「宇津山館の戦い」で松平元康の家臣酒井忠次勢の攻撃を受け討死した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

町田郷左衛門【まちだごうざえもん(15??~15??)】

葛山氏広家臣。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。
 
町田甚十郎【まちだじんじゅうろう(15??~15??)】

葛山氏広家臣。1556年、口野村奉行衆を務めた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

松井惣左衛門【まついそうざえもん(15??~15??)】

今川義元家臣。1547年、「三河田原城の戦い」で太原雪斎に従い戸田康光勢と戦い戦功を挙げた。

三浦範高【みうらのりたか(15??~15??)】

今川義忠家臣。横山城主。通称次郎左衛門。筆頭家老職を務めた。

三浦氏員【みうらうじかず(15??~15??)】

三浦範高の男。官途は上野介。室は伊勢盛時の娘。1545年、冷泉為和を招き歌会開催した。

三浦正勝【みうらまさかつ(15??~15??)】

三浦氏員の男。通称二郎左衛門。

三浦貞勝【みうらさだかつ(15??~15??)】

三浦氏員の次男。官途は上野介。

三浦氏満【みうらうじみつ(15??~1630)】

三浦氏員の三男。通称次郎左衛門尉。

三浦義就【みうらよしなり(15??~1560)】

今川氏輝家臣。官途は左馬助。1552年、「尾張赤塚の戦い」で浅井政敏、岡部元信、飯尾連竜、葛山長嘉とともに山口教吉を支援して織田信長勢と戦った。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い由比正信らとともに討死した。

三浦正俊【みうらまさとし(15??~1565)】

今川義元家臣。官途は備後守。通称内匠助。今川氏真の後見役筆頭を務めた。
1560年、「尾張桶狭間の戦い」で今川義元が織田信長勢と戦い討死すると、今川氏真の側近(奏者)として活躍した。1565年、「引間城の戦い」で松平元康勢に内応した飯尾連龍勢と戦い討死した。

御宿信貞【みくりやのぶさだ(15??~15??)】 

葛山氏広家臣。駿東郡御宿館主。別名御宿綱治。室は跡部泰忠の妹。

御宿友綱【みしゅくともつな(1546~1606)】

御宿信貞の次男。通称は左衛門次郎。室は長坂光堅の娘。1567年、葛山信貞の陣代を務めた。武田晴信が病に倒れたときには、板坂法印とともに医師として武田晴信の治療に務めた。

御宿信名【みくりやのぶきみ(15??~15??)】

御宿信貞の三男。

御宿政友【みしゅくまさとも(15??~1615)】

御宿信名の男。官途は越前守。通称勘兵衛。別名御宿正倫。1580年、父御宿友綱が隠居したため、御宿家の家督を相続した。北条氏直の家臣松田憲秀に仕えた。1589年、「小田原の役」で北条氏直が滅亡すると、結城秀康に仕え10,000石を領した。松平忠直と不和となり出奔した。1615年、「大坂夏の陣」で羽柴秀頼に従い松平元康勢と戦い討死した。

望月四郎右衛門【もちづきしろえもん(15??~15??)】

安倍郡郷島館主。別名望月與太郎。室は朝倉在重の娘。安倍七騎衆。参考資料:「伊達幕府女神隊」by図書助。

----------------------------

【や】

矢部縫殿丞【やべぬいどのじょう(15??~15??)】

今川氏輝家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

矢部美濃守【やべみののかみ(15??~15??)】

今川氏親家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

山内通輔【やまのうちみちすけ(15??~15??)】

今川氏輝家臣。官途は右馬允。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

山田景隆【やまだかげたか(15??~15??)】

今川義元家臣。通称新右衛門尉。三河岡崎城代を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

由比光教【ゆいみつのり(15??~1560)】

庵原郡由比城主。由比泰光の男。通称助四郎。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い由比正信らとともに討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

由比寧広【ゆいかねひろ(15??~15??)】

由比光教の男。通称郷右衛門。別名岩辺門寧広。1560年、父由比光教の討死により、由比城は志太館を領していた分家の由比寧広が治めた。

由比正信【ゆいまさのぶ(15??~1560)】

庵原郡川入城主。由比安忠の男。官途は美作守。1538年、「花倉の乱」では、由比光教とともに今川義元に従い、今川良真勢と戦った。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い由比光教らとともに討死した。

由比正純【ゆいまさずみ(15??~1568)】

由比正信の男。官途は出羽守。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で父由比正信が討死したため、油比家の家督を相続した。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真に従い松平元康勢と戦って討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

由比光広【ゆいみつひろ(15??~15??)】

由比正信の次男。

由比景国【ゆいかげくに(15??~15??)】

由比正信の三男。

由比寅寿丸【ゆいとらじゅまる(15??~15??)】

由比光規の男。1523年、由比光規から所領を譲り受けた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

弓気多昌利【ゆげたまさとし(15??~15??)】

今川義元家臣。通称七郎次郎。1549年、「三河安祥城の戦い」で織田信秀勢と戦い戦功を挙げた。1554年、「上野端城の戦い」で織田信長勢と戦い戦功を挙げた。1568年、「遠江掛川城の戦い」で今川氏真が松平元康勢の攻撃を受け北条氏政のもとに落延びると、松平元康に仕え浜松城留守居役を務めた。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

弓気多昌吉【ゆげたまさよし(1571~1626)】

弓気多昌利の男。官途は摂津守。通称源七郎。松平秀忠に仕え大御納戸役を務めた。

弓気多昌勝【ゆげたまさかつ(15??~15??)】

弓気多昌吉の男。 

吉田氏好【よしだうじよし(15??~1560)】

今川義元家臣。官途は武蔵守。1560年、「尾張桶狭間の戦い」で今川義元に従い織田信長勢と戦い討死した。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

吉野郷三郎【よしのごうざぶろう(15??~15??)】

葛山氏広家臣。1545年、「長久保館の戦い」で葛山氏広に従い北条氏康勢と戦い戦功を挙げた。参考文献:「美須麻流之珠」by立花利康。

良知善右衛門尉【らちぜんえもんのじょう(15??~15??)】

今川義元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

藁科彦九郎【わらしなひこくろう(15??~15??)】

今川義元家臣。参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社。

----------------------------

【資料Ⅰ】

駿河国(7郡/240,000石)

駿東郡:40,000石
富士郡:32,000石
庵原郡:20,000石
安倍郡:12,000石
有渡郡:32,000石
志太郡:36,000石
益津郡:12,000石

----------------------------

【資料Ⅱ】

安倍七騎衆【あべななきしゅう】

安倍川周辺に住んだ諸将。安倍川本流沿いの村岡村の末高石見、俵峰村の杉山小兵衛、望月四郎右衛門、安倍川支流の中河内川沿いの上落合の大石五郎右衛門、西河内川沿いの腰越村の長嶋甚太右衛門、中河内川と西河内川の合流点の落合村の狩野弥次郎、足窪川沿いの足窪村の石貝重郎左衛門の七名。

----------------------------

【資料Ⅲ】

駿河国【するがのくに】

東国との境に位置する東海道の国。東は箱根山西麓で相模国、清水の東方で伊豆国と接し、西は大井川沿いに遠江国と境を隔てている。北は野辺山地、天子山地、富士山などの山地越しに甲斐国、赤石山脈に沿って信濃国と通じている。南には駿河湾が広がり、沿岸沿いに東は伊豆国、西は遠江国とも行き来が可能である。全般に山がちの地形であるが、狩野川、富士川、安倍川、大井川の河口付近には平地も存在する。狩野川と富士川に挟まれた田子ノ浦をはじめ、港湾に適した土地が多く、漁業、海運業ともに盛んである。戦国期の駿河国は今川家の地盤となり、今川義元の時代には、駿府には、戦乱を逃れた京の都の公家や文化人が転入し「東国の都」、或いは「東国の京」と呼ばれる繁盛を見せた。1560年「桶狭間の戦い」で今川義元が討死すると、武田晴信や松平元康の統治下に置かれた。

富士山本宮浅間大社【ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ】

公家や武家からの崇敬を受け、後醍醐天皇の土地の寄進や後奈良天皇の奉納の他、源頼朝、北条義時、足利尊氏、足利直義、今川範氏、今川泰範、武田晴信、武田勝頼、羽柴秀吉、松平元康からは社領の寄進や修復が重ねて行われた。松平元康から所領(867石)を安堵された。

安倍金山【あべきんざん】

安倍川、大井川流域に点在する井川金山、梅ヶ島金山、大河内金山、玉川金山のの総称。今川氏親により坑道によって金鉱石を採取する方法が取られた。金山経営の大規模化によって今川氏親は財源を確保し、領国経営を軌道に乗せることに成功した。

沼津【ぬまづ】

伊豆国中部山間地域から流れる狩野川と、駿河国東部の山間地域から流れる黄瀬川とが合流して海に注ぐ河口部に位置する湊街。後背地に東海道が通るなど水陸交通の要衝の地位を占めた。

江尻湊【えじりみなと】

庵原郡の巴川河口部に位置した湊街。三保半島の内側の入江を停泊地として、伊勢海地域と関東を結ぶ太平洋航路の中継湊として栄えた。1553年、駿府の廻船問屋二郎兵衛は今川義元から江尻木綿徴収役に任じられ、江尻湊が木綿流通などで商業的に発展した。

----------------------------

戦国人名辞典は、1467年、「応仁の乱」から1637年、「島原の乱」までの期間に活躍した武将をサイト管理人(takatoshi24)の独断と偏見に基づいて編集した国別の戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいますが、親子は年代順、本家と分家がある場合、分家をしたにして居住地域をを苗字の頭に入れています。資料Ⅰは国、郡別の石高、城郭、寺院、街、湊などを記載。資料Ⅱは国で有名な集団(三好三人衆など)についての説明をしています。資料Ⅲは国の詳細(各国の特性、景勝の地、特産品など)を説明しています。また、武将の名前が変わる場合(松平元康→徳川家康)など、松平元康で統一しています。

印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

栴岳承芳は今川義元、玄広恵探は今川良真、武田信玄は武田晴信、上杉謙信は長尾景虎、徳川家康は松平元康、木下藤吉郎は羽柴秀吉、豊臣秀頼は羽柴秀頼に名前を統一しました。

城と館の違いは、城は10,000石以上の領主の居城。館、砦は9,999石以下の領主の居城としました。館と砦の違いは平地にある場合は館、山岳地帯、諸島にある場合は砦としてました。

参考文献:『戦国大名家臣団辞典(東国編)』by新人物往来社、『戦国大名系譜人名辞典(東国編)』by新人物往来社、『徳川、松平一族の辞典』by東京堂出版、『徳川家康家臣団の辞典』by東京堂出版、『全国国衆ガイド(戦国の”地元の殿様”たち)』by星海社新書、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)』by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------