2012年5月11日金曜日

戦国安房国人名辞典


------------------------------------------------------

【あ】

安西実元【あんざいさねもと(15??~1564)】

里見義弘家臣。官途は伊予守。1564年「第二次国府台の戦い」で乗馬を失った里見義弘に自分の馬を渡し落延びさせた。自らは敵勢に討入り討死した。

安西又助【あんざいまたすけ(15??~15??)】

勝山城主。通称勝右衛門。里見義堯の麾下に属した。里見家海賊衆の主力として岡本随縁斎とともに「三崎城の戦い」など、江戸湾の制海権を巡って北条家海賊衆と争った。船手頭として300石を領した。

安西遠江守【あんざいとおとうみのかみ(15??~15??)】

里見家臣。1587年、正木頼忠が里見家に背くと、軍船数十艘を率いて参陣した。正木頼忠が籠城する勝浦城を攻めるも、落城させることは出来なかった。

板倉昌察【いたくらまさあき(15??~1622)】

里見家臣。別名板倉牛洗斎。里見義康の死後、里見忠義を補佐した。里見左京亮、堀江頼忠と共に里見家三人衆と称され、里見家の政務を取り仕切った。

市川玄東斎【いちかわげんとうさい(15??~15??)】

里見義堯家臣。甲斐武田家との交渉役を務めた。「房甲同盟」の成立にも活躍した。

上野助国【うえのすけくに(15??~1533)】

里見家臣。官途は筑後守。1533年「稲村城の戦い」において里見実堯側について討死した。

長南七郎【おさなみしちろう(15??~15??)】

里見家臣。1564年「第二次国府台の戦い」で討死した。 

小野忠明【おのただあき(15??~1628)】

里見義康家臣。通称次郎右衛門。別名御子神典膳。のち諸国を遍歴し、伊東一刀斎に師事した。1593年、松平元康に仕え200石を領した。1600年「関ヶ原の役」では、松平秀忠の「上田城の戦い」の参陣したが、軍律違反に問われて改易された。

------------------------------------------------------

【か】

角田一明【かくたかずあき(15??~15??)】

葛ヶ崎城主。官途は丹後守。1580年、正木憲時と里見義頼の「正木憲時の乱」では、城主角田一明が岡本城に出仕している隙を衝いて正木憲時が攻め落とした。角田一明の弟角田丹波守一元は奮戦の末討死にし、葛ヶ崎城は落城した。

勝山豊前守【かつやまぶぜんのかみ(15??~1564)】

里見家臣。1564年「第二次国府台の戦い」で討死した。

勝行遠【かつゆきとう(15??~15??)】

里美家臣。官途は長門守。里見百人衆のひとり。館山城の城下街の建設を行った。

加藤信景【かとうのぶかげ(15??~15??)】

里見義弘家臣。官途は伊賀守。通称弥五郎。馬上八騎を率いる組頭。里見義弘の没後、嫡男里見義重の後見役を務めた。里見義弘の弟里見義頼と家督争いが生じた際、里見義頼に鞍替えした為、里見義重は敗れて幽閉された。以後、里見義重の後の佐貫城代を務めた。

加藤弘景【かとうひろかげ(15??~15??)】

加藤信景の男。通称太郎左衛門。伝奏役を務めた。1590年「小田原の役」に参陣した。

鎌田孫六【かまたまごろく(15??~1534)】

里見義豊家臣。1575年「犬掛の戦い」に参戦したが敗れ狐塚で自刃した。

菅野甚五郎【かんのじんごろう(15??~1564)】

里見家臣。1564年「第二次国府台の戦い」で討死した。

木曾左馬介【きそうまのすけ(15??~15??)】

里見家臣。椎津城代。1564年「第二次国府台の戦い」での勝利により北条家は追撃を開始。椎津城も攻められ落城した。

楠六左衛門【くすのきろくざえもん(15??~15??)】

里見家臣。百人衆のひとり。
 
楠市兵衛【くすのきいちざえもん(15??~15??)】

楠六左衛門の男。里見家の伯耆国移封後、内藤家に仕えた。

薦野時盛【こものときもり(15??~15??)】

明星山城主。通称神五郎。薦野時盛の娘が里見義弘の側室となって薦野頼俊を生み、薦野頼俊は薦野家を相続した。

薦野頼俊【こものよりとし(15??~15??)】

里見義弘の男。薦野時盛の養子。通称神五郎。別名里見頼俊。薦野時盛の跡を継ぎ、明星山城2,500石を領した。1614年、里見家改易後は水戸家徳川頼房に仕えた。

------------------------------------------------------

【さ】

里見義豊【さとみよしとよ(1513~1534)】

宮本城主。里見義通の男。1518年、父里見義通が病没すると、里見義豊が幼少であったため叔父里見実堯が後見して国政を預かった。1533年、里見実堯が家督を譲らないと思った里見義豊を謀殺して里見家の家督を相続した。以後、真里谷家の援助を受けて安房国の統治を行うが、復仇を狙う里見実堯の次男里見義堯は北条氏綱や安房国人衆の支援を受けて反攻により稲村城に籠城したが自刃した。

里見義豊家臣団【さとみよしとよけあしんだん】

木曾修理介、中里源左衛門、本間八右衛門、真田三河守、宮本宮内、鎌田孫六、大野宇兵衛、勝山隼人、龍崎外記、楠六左衛門。

里見実堯【さとみさねたか(1483~1533)】

金谷城主。里見成義の次男。官途は左衛門大夫。通称権七郎。小弓御所足利義明に属した。兄里見義通の命を受けて上総国へ進出して正木家のはじめとする房総半島の海賊衆を手中に収めた。1518年、兄里見義通の死後、幼少である甥里見義豊を後見した。1526年、鎌倉や武蔵品川を攻撃して後北条氏綱と戦った。次第に家中における発言力を増して里見義豊の地位を脅かす存在となった。1533年、里見義豊は機先を制する形で里見実堯とその腹心の正木通綱を稲村城を呼び寄せ謀殺した。

里見義堯【さとみよしたか(1512~1574)】

里見実堯の男。官途は安房守。通称権七郎。室は長野憲業の娘。継室は土岐為頼の娘。1533年、父里見実堯が謀殺されたとき金谷城にあったが、百首城に移って籠城した。1534年、北条氏綱の援助を得て里見義豊勢を安房犬掛に破り、稲村城において自刃させ、里見家の家督を相続した。1537年、上総国方面に進出した後北条氏綱と敵対関係となって断交した。1538年、小弓御所足利義明らと結んで「第一次国府台の戦い」で敗北した。小弓御所足利義明は討死し、下総国をめぐる戦いは北条氏綱の優位となった。里見義堯は久留里城を攻略して、後北条家と対抗した。「越相同盟」で長尾景虎と結ぶと甲斐武田家と結ぶなど、外交力もあった。1552年、土岐頼定をして椎葉城主武田信政を自刃に追いやった。1554年「浮渡川の戦い」で北条氏康と戦いこれを撃破した。1556年、相模国三浦郡を侵し、順調に北進する北条氏康も東の里見家には苦戦を強いられた。1562年、隠居して家督を嫡男里見義弘に譲った。1564年「第二次国府台の戦い」で再び北条氏康と戦って破れた。1567年「三船台の戦い」で、後北条家勢に大勝して大打撃を与え、房総半島に君臨した。

里見義弘【さとみよしひろ(1530~1578)】

里見義堯の男。官途は左馬頭。通称太郎。室は小弓公方足利義明の娘(青岳尼)。継室は足利晴氏の娘。1561年、長尾景虎の北条氏康攻めに参陣した。1564年「第二次国府台の戦い」で北条綱成と戦うなど、父里見義堯と同様に後北条家と徹底して対立した。「第二次国府台の戦い」で大敗すると正木時忠、土岐為頼、酒井敏房ら上総国の有力領主の離反によって上総国の大半を喪失した。1567年、里見義弘は「三船山の戦い」で後北条勢を撃破して勢力を挽回し、佐貫城を本拠地として安房国から上総国、下総国にかけての領国を築いた。1577年、後北条家と和睦し「房相一和」を結んだ。1578年、長尾景虎の後を追うように久留里城にて急死した。遺言に弟里見義頼と嫡男里見義重への領土分割を命じた事から、死後に里見家の分裂を招いた。

里見義重【さとみよししげ(1570~1622)】

里見義弘の男。別名梅王丸。父里見義弘は、叔父里見義頼を次期当主としていたが、里見義重の誕生により廃嫡される事となった。里見義弘は里見家の家督を里見義重に継承させる代わりに安房国を里見義頼に与えるという妥協案を出した。1578年、里見義弘が久留里城で病没すると、里見義弘側近や正木憲時、加藤信景らによって里見家の家督を相続した。1580年、里見義頼は、正木憲時を討つ事を大義名分として挙兵して上総国に侵攻を始めた。里見義頼は里見義重の対応が整う前に上総国内の主要拠点を制圧して、正木憲時を小多喜城に里見義重と加藤信景を佐貫城に囲んだ。正木憲時は正木頼忠を破って勝浦城を逆に制圧するなどの奮戦を見せたものの、佐貫城の加藤信景は里見義重の助命を条件に無血開城した。里見義重は出家させられ淳泰と称した。

里見義頼【さとみよしより(1543~1587)】

里見義堯の次男。官途は刑部大輔。通称太郎。室は北条氏政の娘(鶴姫)。継室は北条氏康の娘(菊姫)。側室は正木時茂の娘(龍雲院)。1578年、兄里見義弘の病没後、その里見義重との間に家督争い起きた。1580年、里見義頼は久留里城を攻めて里見義重を出家させて、里見家の家督を相続した。1581年、小多喜城主正木憲時を謀殺して領国を固めた。里見義頼は武田勝頼と同盟を結び後北条家と対立した。北条氏政との争いが再燃するが、里見義頼はこれを撃退する一方で、羽柴秀吉らと手を結んで連携をとるなど、卓越した外交手腕を見せた。

里見義康【さとみよしやす(1578~1603)】

里見義頼の男。官途は安房守。1587年、父里見義頼の病没により里見家の家督を相続した。1588年、羽柴秀吉と結び、安房国、上総国両国および下総国の一部を安堵された。1590年「小田原の役」では遅参して、上総国、下総国の領地を没収され、安房国98,000石に減封された。里見義康は松平元康と親交を結び、館山城を居城を移した。1592年「文禄の役」では、松平元康に随行して肥前名護屋城に滞陣した。1600年「関ヶ原の役」では、松平元康とともに「会津討伐」に向かうが、関ヶ原へ向かう軍には組織されず結城秀康勢とともに宇都宮城の守備を担当した。役後、常陸国鹿島郡30,000石を加増されて計120,000石を領した。

里見忠義【さとみただよし(1594~1622)】

里見義康の男。官途は安房守。1603年、父里見義康の病没により里見家の家督を相続した。幼少のため一族の補佐を受けた。1606年、元服し、松平秀忠の偏諱を受けて里見忠義と称した。1611年、大久保忠隣の孫娘を娶ったが、このため大久保忠隣事件に連座して改易になった。伯耆倉吉に配流となる。若くして病没し里見家は断絶した。

里見義高【さとみよしたか(15??~15??)】

里見義頼の次男。官途は讃岐守。上野国板鼻城10,000石を領した。1613年、職務怠慢の罪に問われて改易となり、岳父である酒井家次に預けられ、のち酒井家で400石を領した。

佐貫伊賀守【さぬきいがのかみ(15??~15??)】

里見家臣。1564年「第二次国府台の戦い」で討死した。

忍丹波守【しのたんばのかみ(15??~15??)】

市原城主。1554年、北条家に攻められ落城した。
 
忍民部少輔【しのみんぶしょうゆ(15??~15??)】

忍丹波守の弟。1564年「第二次国府台の戦い」に参陣した。

請西善右衛門【じょうざいぜんうえもん(15??~15??)】

里見家臣。足軽隊小頭。1614年、新井浦から塩年貢を受け取った。

------------------------------------------------------

【た】

高石山城守【たかいしやましろのかみ(15??~15??)】

里見家臣。1591年、羽柴秀吉により里見家が上総国を没収されると本領上総亀山郷内の所領を失い、その代替地として山下郷に30貫文の知行と、山下郷代官職を与えられた。

竹田権兵衛【たけだごんべい(15??~15??)】

里見家臣。竹田権兵衛は百石船二艘を建造するため、和泉村から材木を調達した。和泉村には里見家の御林があり、板倉昌察が管理を命じられていた。

鳥居信濃守【とりいしなののかみ(15??~1564)】

里見家臣。1564年「第二次国府台の戦い」で討死した。

------------------------------------------------------

【な】

中里実次【なかざとさねつぐ(15??~1534)】

里見家臣。里見義実の男。中里家の家督を相続した。里見成義、里見義通、里見義豊の三代に仕えた。里見実堯攻めに反対した。1534年、逆襲を受けた里見義豊を守って討死した。

長田義房【ながたよしふさ(15??~15??)】

千田城主。官途は河内守。里見義豊の弟長田義房は、里見家滅亡後も千田城に在城した。

------------------------------------------------------

【は】

長谷川隼人【はせがわはやと(1508~15??)】

里見家臣。1533年、里見義豊に里見実堯が稲村城に呼出され里見義豊に謀殺されると、長谷川隼人は稲村城から落延び里見義堯に知らせた。

細野修理【ほそのしゅり(15??~15??)】

里美家臣。里見百人衆のひとり。館山城の城下間街の建設を行った。商人石崎与次右衛門を通じて各地の商人に貸し付けた蔵米の返金を受け取った。枝連衆に細野彦兵衛がいた。

堀江頼忠【ほりえよりただ(15??~1617)】

里見家臣。官途は能登守。家老職で1,350石を領した。里見義康の病没後、里見忠義を補佐した。里見左京亮、板倉昌察と共に里見家三人衆と称されれ、里見家の政務を取り仕切った。1614年、里見忠義に従って伯耆国倉吉に同道し、倉吉にて病没した。

堀江四郎左衛門【ほりえしろうざえもん(15??~15??)】

里見家臣。地方奉行。

------------------------------------------------------

【ま】

三浦成良【みうらなりよし(15??~15??)】

佐貫城主。官途は下野守。1575年、蟻木城攻めで大将となり嫡男三浦良俊は副将となった。蟻木城主椎津中務少輔、弟椎津帯刀を討取った。

御子神大蔵丞【みこがみおおくらじょう(15??~15??)】

里見家臣。十人衆のひとり。1606年、里見家臣や寺社の所領目録を作成した。

宮本宮内【みやもとくない(15??~15??)】

里見家臣。1533年、宮本城守将。1534年、里見義堯勢と戦い討死した。

妙本寺日我【みょうほんじにちが(1508~1586)】

妙本寺の住職。1532年、妙本寺を継承した。1535年「天文の乱」に勝利した里見義堯の知遇を得て、以後深い崇敬を受けた。日隆の八品主義に反対して、日要の奉じた文底寿量説を発展させて富士門流の発展に尽力して京都要法寺の日辰とともに「東我西辰」と並称された。

久留里村上信濃守【むらかみしなののかみ(15??~1554)】

足利成氏家臣。久留里城主。足利成氏の病没後、小弓御所足利義明に仕えた。1538年、「第一次国府台の戦い」で足利義明が討死すると里見義康の麾下に属した。1554年、北条氏康の攻撃により討死した

久留里村上信清【むらかみのぶきよ(15??~15??)】

村上信濃守の男。官途は長門守。

------------------------------------------------------

【や】

山本弾正忠【やまもとだんじょうちゅう(15??~15??)】

久留里城代。1575年、蟻木城攻めに参陣した。1579年、里見家に背いた本吉三郎を攻めた。

横小路将監【よここうじしょうげん(15??~15??)】

里見家臣。里見義弘は横小路将監を岡本城の築城奉行に命じ、数十名の工夫の夜に日をついた突貫工事により、二ヶ月余りで城を完成させました。

本吉三郎【よしもとさぶろう(15??~1579)】

亀山城主。里見家臣。1579年、北条家に通じたため、岡本頼元に討たれた。

和田駿河守【わだするがのかみ(15??~15??)】

里見家臣。検地役人。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

安房国(4郡/98,000石)

安房郡:館山城、白浜城。
平群郡:岡本城、稲村城。
朝夷郡:三原城。
長狭郡:金山城、安房小湊城。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

里見家三人衆【さとみけさんにんしゅう】

堀江頼忠、里見左京亮、板倉昌察。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

安房国【あわのくに】

房総半島の南端に位置する東海道の国。古くは上総国の一部であったが、後に安房郡、平群郡、朝夷郡、長狭郡の四郡をもって安房国となった。隣接する国は北側に東西に走る房総丘陵で隔てられた上総国だけだが、浦賀水道を隔てて三浦半島に対しているため、戦国期に里見家と北条家が対立するようになると、双方の海賊衆の襲撃によって沿岸地域が略奪の被害を受けた。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(東国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、「房総戦国土豪の終焉」崙書房、「戦国大名里見氏」崙書房、「里見義堯」PHP文庫。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------

2012年5月7日月曜日

戦国南越後国人名辞典

------------------------------------------------------

【あ】

秋山定綱【あきやまさだつな(15??~1615)】

落水城主。長尾景虎家臣。官途は式部丞。1582年、越中国に織田信長勢が襲来すると、長尾景勝に報じた。1594年、糸魚川衆として490石を領した。1598年、長尾景勝の会津城転封に伴い二本松城代を下条忠親と共に務め2,000石を領した。1609年、大滝土佐守と共に常陸国海上船入普請で総監に命じられた。

鯵坂長実【あじさかながざね(15??~1578)】

長尾景虎家臣。官途は備中守。1572年、越中国新庄城を守り一向一揆勢と椎名康胤が反乱を起こしたとき、援将の直江景綱とこれを討伐した。「手取川の戦い」で織田勢を撃破した。1577年、長尾景虎が能登七尾城を占領すると鯵坂長実に守備を命じた。1579年、織田信長と組んだ畠山家の旧臣温井家や遊佐家のために城を追われた。1578年、長尾景虎死後の「御館の乱」の際には長尾景勝の属して活躍した。

甘粕景持【あまかすかげもち(15??~1604)】

三島郡灰毛城主。官途は近江守。室は黒金景信の妹。柿崎景家と並ぶ武勇を誇った。1561年「第四次川中島の戦い」で本隊が敗走した際には殿軍をまとめ、高坂弾正の追撃をかわしながら小荷駄を無事に後方に移送し帰国した。1578年、長尾景虎死後の「御館の乱」では長尾景勝に属した。その後の「新発田重家の乱」では長尾方の三条城に入り木場城の補佐や新潟城、沼垂城を攻略した。

甘粕重政【あまかすしげまさ(1567~1630)】

甘粕景持の男。

甘粕景継【あまかすかげつぐ(1550~1611)】

長尾景虎家臣。上田長尾家臣登坂加賀守清高の男。官途は備前守。1561年「第四次川中島の戦い」では甘粕景持と共に退却時の殿軍を勤め、武田側の追撃を抑えて味方の越後退却を支えた。実戦はもとより、戦略眼、戦術構築等、武勇全般に優れた。1577年、長尾景虎の指示により討死した甘糟継義の名跡を継ぎ甘糟家の家督を相続した。1583年、長尾景勝により五泉城主に任じられ、1589年、出羽国庄内地方が長尾家に与えられると東禅寺城の城代となり家老の志田修理をして阿部家の磐井出館を攻め落した。1598年、長尾家の移封に従い会津へ移り白石城代を勤め20,000石を領した。1600年、松平元康による「会津征伐」に対して守りを固めていたが留守の隙を突かれて、伊達政宗に白石城を奪われた。1601年、米沢城移封後は6,600石を領した。

甘粕家臣団【あまかすけかしんだん】
青木清右衛門、小幡喜兵衛、小池半助、山田弥左衛門、福崎彦七郎、丸山平左衛門、片桐助平衛、石黒孫次郎、鈴木勘助、平賀総次郎、吉益縫殿助、竹俣次郎右衛門。

安部政吉【あべまさよし(15??~1582)】

長尾景勝家臣。通称は右衛門尉。長尾景勝に仕えて各地を転戦した。1580年、嫡男安部吉真とともに栃尾城に入った。1581年、安部吉真や吉江宗信、中条景泰らと共に越中魚津城を守備した。1582年「魚津城の戦い」で織田信長の家臣柴田勝家の攻撃を受け城将とともに自刃した。

新居長重【あらいながしげ(15??~15??)】

山本寺景長家臣。通称与一。1561年、関東出兵した長尾景虎は上野国勢多郡女淵城を落とすと、新居長重を城代に任じた。その後、横瀬成繁に奪還された。1574年、長尾景虎は再びこれを攻略した。1576年、新居長重が再び城代となった。

石川景重【いしかわかげしげ(15??~15??)】

越後上杉定実家臣。通称新九郎。越後上杉家四家老のひとり。1513年、長尾為景が上杉定実を幽閉すると、長尾為景の越後国統治に協力した。

石川重次【いしかわしげつぐ(15??~15??)】

石川景重の男。

石口広宗【いしぐちひろむね(15??~1582)】

北条高広家臣。通称采女。「御館の乱」で北条城に籠城して奮戦した。1582年、降伏し長尾景勝に仕えた。その後長尾景勝に越中国魚津城に送られる。1582年「魚津城の戦い」の際には守将として奮戦した。1582年、柴田勝家に攻められ、弟石口内匠、石口兵部、石口大膳とともに自刃した。

越後上杉定実【うえすぎさだざね(1478~1550)】

上条上杉房実の男。越後上杉房能の養子。越後国守護職。室は上杉房能の娘。継室は長尾能景の娘。1503年、越後上杉房能の娘を室に迎えて婿養子となった。1507年、守護代長尾為景に担がれて越後上杉房能を倒すと越後国守護職に任じられた。その際に長尾為景の妹を娶った。1509年、関東管領上杉顕定の侵攻により越中国に落延びた。1510年、越後の諸将を掌握できていない上杉顕定勢の内情を見て、長尾為景と共に佐渡の軍勢を加えて勢力を盛り返し「長森原の戦い」で上杉顕定を敗死させた。1513年、長尾為景の傀儡であることに不満を抱いて、守護家家臣筋の宇佐美房忠、宇佐美定満父子や上条定憲、上田衆の長尾房長、平子房長、発智六郎、越後上杉家枝連衆、八条修理亮、栖吉の長尾房景、譜代の山吉孫次郎、桃井讃岐守、石川駿河守、揚北衆の本庄房長、色場昌長、竹俣清綱の諸家の勢力などを糾合して春日山城を占拠して断続的に抵抗を続けたが失敗し権威はますます失墜した。1530年、上条定憲が宇佐美定満、大熊朝秀、上田の長尾房長、揚北衆の中条藤資、黒川清実、色部清長、本庄房長、新発田綱貞、鮎川清長、竹俣清綱ら再度反長尾為景勢力を結集したため、長尾為景は隠居に追い込まれたが守護権力を取り戻すことはできなかった。上杉定実には嫡子がいなかったため、長尾為景の没後、縁戚である陸奥の伊達稙宗の三男伊達実元との養子縁組を中条藤資らと推進し、復権を図ったが、越後北部や出羽での上杉傘下の国人領主同士の対立を招いた。1542年、伊達家で「天文の乱」が起り縁組は中止された。1548年、長尾晴景と長尾景虎の争いが起こるとこれを仲介し、長尾景虎の擁立に尽力した。上杉定実の死後は跡継ぎがなく越後守護家は断絶した。

越後上杉家臣団【うえすぎけかしんだん(15??~15??)】

大熊新左衛門、大熊彦次郎、平子弥三郎、発智六郎左衛門尉、片倉壱岐守、計見四郎右衛門尉、穴沢新右兵衛尉、穴沢兵衛太郎、松郷与次郎、金子彦五郎、桃井弥次郎。

上野家成【うえのいえなり(15??~15??)】

中魚沼郡節黒城主。官途は中務大輔。1556年、下平修理亮と上田を巡る領地争いの最中、本庄実乃が上野家成に、大熊朝秀が下平修理亮に加担した。家中の執政を掌る本庄実乃と大熊朝秀はライバル関係にあり、家臣団の派閥対立が激化した。長尾景虎は家臣の領地問題に嫌気のさした高野山への出家騒動を起した。この混乱に乗じ大熊朝秀は武田晴信と内通、反乱を起こした。芦名盛氏もこれに呼応した。騒動の引き金となってしまった上野家成は庄田定賢らと共に参陣した。大熊朝秀を「駒返しの戦い」で敗走させた。1570年「越相同盟」では、後北条家との交渉役を河田重親らと共に務めた。1578年、長尾景虎の病没後の「御館の乱」では長尾景勝側に味方し、上野国利根郡沼田城にあって守りを固めた。1598年、長尾景勝が羽柴秀吉により会津城に移封された際は多くの将兵が越後を離れ会津に移ったが上野家成はそのまま越後にとどまった。1600年「関ヶ原の役」では越後国で一揆を扇動した。

宇佐美定満【うさみさだみつ(1489~1564)】

刈羽郡琵琶島城主。宇佐美房忠の男。官途は駿河守。長尾家四天王のひとり。1514年、父宇佐美房忠は越後守護上杉定実の復権を目指して長尾為景と戦い討死した。宇佐美定満は越後守護の上杉家枝連衆である上条上杉家に仕えた。1535年、上条定憲と共に上条上杉家の再興を目指して長尾為景と戦ったが、春日山城下で敗北すると、長尾為景に降伏した。長尾為景の死後は長尾晴景、長尾景虎に仕えた。1550年、長尾景虎に反抗した坂戸城主長尾政景を屈服させるのに戦功を挙げた。1564年、坂戸城近くの野尻池で長尾政景と共に溺死した。彼の死後に宇佐美家は没落して琵琶島城も廃城になった。

宇佐美実定【うさみさねさだ(15??~15??)】

宇佐美定満の男。官途は民部少輔。1561年「第四次川中島の戦い」に参陣した。

大井田義住【おおいだよしずみ(15??~15??)】

魚沼郡大井田城主。

大井田氏景【おおいだうじかげ(15??~15??)】

大井田義住の男。

大井田景能【おおいだかげたか(15??~15??)】

大井田氏景の男。長尾政景が死没後、残された長尾景勝を五歳まで養育した。1564年、長尾景虎の関東出兵にも参陣し「騎西城の戦い」で戦功を挙げた。

大井田房仲【おおいだふさなか(15??~15??)】

長尾家臣。官途は監物。大井田家枝連衆。長尾景虎に従って「川中島の戦い」に参陣した。1578年、長尾景虎の病没後は長尾景勝に仕えて忠勤を励み長尾景勝の佐渡国平定後、佐渡国新穂城代に抜擢され佐渡国の民政に関与した。長尾景勝の会津転封後も佐渡国は長尾家領として続いたため、房仲はそのまま佐渡国新穂城代を務めた。

大熊政秀【おおくままさひで(15??~15??)】

中頸城郡箕冠城主。官途は備前守。1513年、長尾為景が新守護として擁立した上杉定実と為景の抗争などといった戦乱が続いた。その結果、上杉定実を手中に抑えた長尾為景の覇権が確立した。1530年、守護家の公銭方奉行大熊政秀が、長尾為景と上条定憲の離反を謀った結果、上条定憲が拠地である刈羽郡鵜川荘の上条城にて叛旗を翻した。長尾為景は鎮圧のため上条城に侵攻し、大熊政秀をはじめとする反為景派を逐った。

大熊朝秀【おおくまともひで(15??~1582)】

大熊政秀の男。官途は備前守。室は小幡虎盛の娘(小宰相の局)。長尾景虎初期の家老職として活躍した。1556年、上野家成と下平修理亮との領地争いをきっかけに家中の本庄実乃と対立した。長尾景虎の出家騒動が起こると、大熊朝秀は武田晴信に内通して反旗を翻し、会津の蘆名盛氏と共に越後に進入するが西頸城郡「駒返の戦い」で上野家成に敗れ甲斐に落延びた。1563年、武田晴信に招聘され、山県昌景の寄騎衆となった。のちに武田晴信の直臣として足軽大将騎馬三十騎、足軽七十五人持となった。武田勝頼の時代になってもその地位は揺るがず、遠江国小山城代に任じられた。1582年「天目山の戦い」では多くの家臣が織田信長、松平元康へ寝返る中、最期まで武田勝頼と運命を共にした。

大熊常光【おおくまつねみつ(15??~15??)】

大熊朝秀の男。通称五郎左衛門。父大熊朝秀とともに武田晴信に仕えた。武田晴信家臣真田昌幸の麾下に属した。1582年、父大熊朝秀が「天目山の戦い」で討死した後、真田昌幸に仕えた。真田信之の代に筆頭家老となった。

大関親信【おおぜきちかのぶ(15??~15??)】

魚沼郡浦佐城主。官途は阿波守。

荻田備前守【おぎたびぜのかみ(15??~15??)】

長尾景虎家臣。通称孫十郎。1560年、荻田備前守は北条高広らと伊勢崎城を攻めた。1561年「小田原城の戦い」に参陣した。長尾景虎は小俣城主渋川義勝を攻め落とすよう配下の関東諸将に命じていた。1572年、渋川義勝が小田原へ出向いて留守となった隙を突いて、荻田備後守は膳城主膳宗次とともに小俣城を攻めた。小俣勢は兵150余りでだったが城代石井尊空の「われら守勢が天下無双の上杉勢を迎え討ち、華々しく討ち死にすれば渋川義勝の小田原での立場がよくなり、御家再興にも有利になる」という提言に奮い立った。膳宗次を先陣に攻めかかったが折りからの暴風雨で身動き出来なくなってしまう。そこへ小俣勢が丸太、大石を投げ落とし鉄砲を撃ちかけると膳宗次勢は敢え無く全滅、撤退の命令も届かぬ大雨の中で荻田勢は200余りの損害を出した。

荻田長繁【おぎたながしげ(1562~1641)】

荻田備前守の男。官途は主馬亮。別名荻田主馬。1578年、長尾景虎が病没すると、長尾景勝が春日山城実城を占拠すると長尾三郎景虎との間で後継者をめぐる内乱に発展した。「御館の乱」では荻田長繁は、長尾景勝に味方した。1579年、長尾三郎景虎派に属する北条景広を槍で刺殺。重鎮であり猛将であった北条景広が討ち取られた事により、長尾三郎景虎派は寝返り、離散が相次いだ。その事により組織だった戦略が取れなくなった長尾三郎景虎派の勢いは完全に消え、長尾景勝の勝利を早める事に貢献した。

荻田勝定【おぎたかつさだ(1598~1635)】

荻田長繁の男。通称孫市。

鬼小島貞興【おにこじまさだおき(1522~1582)】

長尾為景家臣。通称弥太郎。別名鬼小島弥太郎。室は河田長親の娘。強力無双の豪傑で「鬼小島」と恐れられた。山県昌景が「川中島の戦い」の際に弥太郎の事を「花も実もある勇士」と賞賛した。これは、武田義信が窮地に陥るのを見て、鬼小島貞興に「主君の御曹司の窮地を救いたい為、勝負を預けたい」と願い出たところ、鬼小島貞興が快諾した。

折下土佐守【おりしたとさのかみ(15??~15??)】

河田長親家臣。

------------------------------------------------------

【か】

神余親綱【かなまりちかつな(1526~1580)】

長尾景虎家臣。神余実綱の男。通称小次郎。神余親綱の祖父神余昌綱の代から京都雑掌、外交官として重用されていた。神余親綱も父祖の跡を継ぎ、越後国主となった長尾景虎のもとで終始重用され続けた。代官として主に京都に駐在し、朝廷や幕府との折衝の傍ら、三条西家に接近して青苧などの越後特産品の売買に関する奉行職も勤めた。1552年、長尾景虎が従五位下弾正少弼に叙任されたことに対する謝儀の使者となり入洛。将軍家へ御礼の品々を献上し、その返礼として義藤印判の御内書並びに備前国宗の太刀を賜り京都より帰着した。青苧による取引は、長尾景虎の重要な資金源となり、長尾景虎の外征を資金面で支えた。1578年「御館の乱」では木場城の山吉景長らと共に長尾景勝方に付く動きを見せたが、栃尾城主本庄秀綱と共に長尾三郎景虎方として参陣した。その後も長尾景勝方の勧誘工作にも応じずに黒滝城を攻撃した。長尾三郎景虎が自刃した後も抵抗を続け、一旦は和議の調停を申し出るも決裂。山吉景長が三条城内の旧臣に内応を誘い謀殺された。

金津義旧【かなづよしもと(15??~15??)】

金津城主。長尾景虎家臣。室は長尾景虎の乳母。越後国金津城に土着した清和源家平賀家の流れを汲む一族で、長尾家以上の家柄だった。室が長尾景虎の乳母となったのが縁で、長尾景虎の養育係となった。長尾景虎は金津義旧を父のように慕った。長尾景虎の金津義旧に対する信頼は非常に厚いもので、長尾景虎の出兵時には居城春日山城の留守居役を任された。金津義旧は信頼に応えるべく、生涯にわたって長尾景虎の脇を固める働きをした。

狩野秀治【かのうひではる(15??~1584)】

長尾景勝家臣。神保家臣狩野秀基の男。官途は讃岐守。通称新介。1578年「御館の乱」で長尾景勝方に組して頭角を現した。1582年、長尾景勝の内政外交全般の取次ぎ役を担当するなど重用された。樋口兼続と二頭体制(執政)を築いたがまもなく病没した。

河田長親【かわだながちか(1545~1581)】

古志郡栖吉城主。河田元親の男。官途は豊前守。室は北条高広の娘。1559年、長尾景虎の二度目の上洛の際、長尾景虎にその美貌と才能を認められて側近として取り立てられ、奉行職を歴任した。智勇兼備の武将であったため重用され、山内上杉家を相続した長尾景虎にならい同様に改姓した長尾景信の跡を受けて古志長尾家の名跡も与えられたが、河田長親自身は長尾家を称することは辞退した。北条氏康との関東での戦いでは沼田城代を務めた。越中国一向一揆との戦いでは、越中魚津城を預かり、新庄城主鯵坂長実と共に越中方面の総指揮官として軍政に当たった。1571年、越中国での一向一揆との戦いは敗北を喫した。武田晴信の病没後に長尾景虎本隊が越中に投入されたことにより、椎名康胤を攻めて追放することに成功した。この戦功により松倉城主となり松倉金山の経営も行った。1577年、長尾景虎が織田信長勢の大軍を迎え撃った「手取川の戦い」では、鯵坂長実と共に落城した七尾城を受け取った。1578年「御館の乱」では長尾景信や一族の河田重親が長尾三郎景虎に味方したのに対し、長尾景勝を支援した。その後も柴田勝家、佐々成政らの越中侵攻を迎えて戦うが松倉城で病没した。

河田岩鶴丸【かわだいわつるまる(15??~1586)】

河田長親の男。1581年、父河田長親が病没すると1586年、十三歳の若さで夭折した。その後、枝連衆の河田親詮が河田家の家督を相続したが、長尾家中における河田家の軍権は大幅に縮小された。

河田重親【かわだしげちか(15??~15??)】

河田長親家臣。官途は伯耆守。河田長親の叔父。1561年、上野国沼田城に在番し関東方面の旗頭北城景広の寄騎衆となった。1569年、後北条家との同盟交渉の取次役を務めた。1578年「御館の乱」では長尾三郎景虎に属した。関東勢先鋒として援軍の後北条勢と共に越後国に侵攻し長尾三郎景虎を支援した。1578年、北条氏照の命により樺沢城を守った。1579年、後北条家から八崎城を与えられた。後に武田家に仕えた。

河田貞親【かわださだちか(15??~15??)】

折下土佐守の男。河田長親の養子。八左衛門。長親が松倉城に在った時、織田家から佐々成政が使者として派遣された。河田長親は実子が無かったため、河田貞親を養子として人質に出した。後に志賀清親の跡を継いだ。
河田源七郎【かわだげんしちろう(1561~15??)】

河田長親の従弟。河田長親の養子。1574年、戦功により河田長親から所領を得た。1597年、河田長親の後継として河田家の家督を相続した。
河田吉久【かわだよしひさ(15??~15??)】

河田長親家臣。官途は対馬守。1572年「越中国侵攻」では山吉豊守らと春日山城留守居役を勤めた。「能登国侵攻」では吉江景資らと石動城を守った。1578年「御館の乱」では長尾三郎景虎に属した。

北条高定【きたじょうたかさだ(15??~1578)】

刈羽郡北条城主。官途は下総守。1572年、越中出陣の際は春日山城留守将。1578年「御館の乱」では長尾景勝方に属した。

北条高広【きたじょうたかひろ(1517~1587)】

長尾家臣。北条高定の男。官途は丹後守。北条高広は長尾為景、長尾晴景、長尾景虎の三代に仕えた。1554年、長尾景虎に敵対する武田晴信と通じて北条城において長尾景虎に反乱を起こした、反攻を受けて降伏した。1563年、上野国厩橋城主に任命され、関東方面の政治や軍事を任された。1567年、北条氏康に通じて再び長尾景虎に背いた。1568年、長尾景虎と北条氏康との間で「越相同盟」が結ばれたため、北条高広は北条氏政の仲介で、長尾景虎に帰参した。1574年、隠居して家督を嫡男北条景広に譲った。1578年「御館の乱」では、北条景広と共に長尾三郎景虎を支持して長尾景勝と戦うが、北条城などを落とされ、北条景広は討死した。自身は武田勝頼のもとへ落延びた。1582年、武田勝頼の滅亡後、北条高広は滝川一益に仕え、没落後は後北条家に服属した。沼田城主真田昌幸の離反に対する出兵を拒否し、長尾景勝に帰順して、北条方である那波顕宗を攻めた。北条氏直と北条氏邦は厩橋城を攻めたてた為、北条高広は耐え切れず降伏した。

北条景広【きたじょうかげひろ(1548~1579)】

北条高広の男。官途は丹後守。通称鬼弥五郎。1563年、父北条高広と共に厩橋城に入り、長尾景虎の関東方面の政治や軍事を助けた。1574年、父北条高広の隠居により家督を相続した。1578年、長尾景虎の病没後に起こった「御館の乱」では上杉三郎景虎を支持して、越後に進軍し長尾景勝勢と各地で戦った。1579年、長尾景勝勢の荻田主馬の槍を受け負傷し、結局それが致命傷となり亡くなった。北条景広は長尾三郎景虎派の中心人物であったため、求心力を失った長尾三郎景虎派は離反者が続出し敗北した。

北条家臣団【きたじょうけかしんだん】

細越城主:小黒登之助(筆頭家老)、山村総八郎(家老)、小俣右近(家老)、北条居近(高広の甥)、山谷左京進。

黒金景信【くろがねかげのぶ(15??~15??)】

長尾景虎家臣。1578年「御館の乱」の際には長尾景勝側につき、以後河田長親らと越中方面の番将や春日山城の留守居役を務めた。織田方佐々成政らとの交戦時には越中松倉城将を務め、長尾景勝の出陣を要請した。 

黒金泰忠【くろがねやすただ(1564~1635)】

島倉泰明の男。黒金景信の養子。官途は上野守。1579年、長尾景勝の命で黒金家の家督を相続した。島倉家は弟が継いだ。土木関係の才能に優れていた。1597年、伏見総構堀普請と伏見舟入奉行を務めた。1615年「大坂冬の陣」で戦功を挙げた。1620年、江戸城石垣普請や江戸城堀浚の総監督を務めた。

黒金尚信【くらがねなおのぶ(15??~15??)】

府中長尾家臣。官途は安芸守。長尾景勝は佐渡国平定後、黒金尚信を佐渡国羽茂郡代に任じた。1598年、会津移封後も長尾家は佐渡国を領した。羽茂城代として2,500石を領した。

栗林頼忠【くりばやしよりただ(15??~15??)】

上田長尾家臣。上田衆の筆頭。

栗林政頼【くりばやしまさより(15??~1599)】

栗林頼忠の養子。官途は肥前守。通称次郎左衛門。室は栗林頼忠の娘。上田長尾家臣である上田衆の筆頭栗林頼忠の娘を娶って家督を相続した。1578年「御館の乱」では長尾景勝派に属し、義兄弟深沢利重とともに上田城を守備した。長尾三郎景虎に味方する北条景広勢が来襲すると、深沢利重、樋口兼一、登坂清忠、登坂与五郎らとともに北条勢を撃退した。1581年、荒砥城主に任じられた。外務を担当するなど、長尾景勝の重臣として仕えた。1584年、魚沼郡の郡司に任命された。1598年、会津移封にも従った。

------------------------------------------------------

【さ】

斎藤昌信【さいとうまさのぶ(15??~15??)】

刈羽郡赤田城主。斎藤頼信の男。越後上杉家四家老のひとり。1506年、越中国において越後国守護代長尾能景が討死して嫡男長尾為景が家督を相続すると越後国の様相は一変した。長尾為景には、守護の検地などによって自己の権限を脅かされることを危惧した国人衆が同心した。1508年、色部昌長、本庄時長を攻めた。1509年、関東管領上杉顕定が越後に攻め込むと、長尾為景に属して上杉顕定勢と戦った。1513年、長尾為景が上杉定実を幽閉すると、長尾為景の越後統治に協力した。1527年、長尾為景は無碍光衆禁止令を出し一向宗を信仰することを禁止した。

斎藤定信【さいとうさだのぶ(15??~15??)】

斎藤昌信の男。官途は下野守。越後上杉定実が実家の上条定憲、琵琶島城主の宇佐美房忠を恃んで長尾為景に抵抗したものの一蹴され、上杉定実は守護の座を逐われ幽閉の身となった。斎藤昌信は北条高広らとともにその政権の中枢を構成した。長尾為景は越中国に兵を進めたが、長尾為景政権のもとで軍役を担わされる国人衆たちは財政を圧迫され、長尾為景に不満を抱くようになっていった。1530年、上条定憲は「上条の乱」を起こした。斎藤定信は同じ刈羽郡の領主である毛利、安田家、揚北衆の中条、本庄家らと連盟して長尾為景に対抗したが乱の途中で長尾為景方に転じた。1533年、上条定憲は再び反長尾為景の兵を挙げた。揚北衆、長尾家枝連衆が上条方に加担したため、長尾為景方の守勢となった。長尾為景は隠居して家督を長尾晴景に譲り乱の収束を図った。

斎藤朝信【さいとうとものぶ(1527~1592)】

斎藤定信の男。官途は下野守。武勇の誉れ高く「越後の鍾馗」と称された。長尾景虎に仕え「越中討伐」に従った。1559年、斎藤朝信は長尾藤景、柿崎景家、北条高広と共に長尾景虎政権下の政務奉行を務めた。1561年「第四次川中島の戦い」では武田晴信に扇動された一向一揆に備えるため山本寺定長とともに越中国に出陣して長尾景虎本隊の北信濃国侵入を支援した。1564年「佐野城の戦い」攻めなど各地を転戦して戦功を挙げる。1578年「御館の乱」では斎藤朝信をはじめ直江景綱、本庄繁長、上条宜順ら長尾家譜代の諸将が長尾景勝派に付き、本庄秀綱、河田長親、上杉景信、北条景広、柿崎一族らの諸将は長尾三郎景虎に加担した。戦いは、春日山城をいち早く押えた長尾景勝の勝利に終わったが、越後国内を二年間にわたって戦乱に巻き込んだ乱の影響は大きかった。斎藤朝信は、本庄秀綱が与板城に浸入すると与板に加勢として参陣した。長尾三郎景虎派を支援する武田勝頼と交渉し長尾景勝陣営に引き込んだ。織田信長の侵攻では北陸方面の柴田勝家らを魚津城などで迎え撃った。多くの武勲を挙げた以外にも奉行職を務め、内政においても活躍した。

斎藤景信【さいとうかげのぶ(15??~15??)】

斎藤朝信の男。1598年、長尾景勝は会津に転封されたが、斎藤景信はそれに従わずに越後国に残った。越後の領主となった堀家に仕えた。斎藤景信が越後国に残ったのは長尾景勝の越後復帰を図るための深慮遠謀であったとされている。斎藤景信の嫡男斎藤三郎兵衛は米沢城に移り上杉定勝に仕え300石を領した。 

斎藤家臣団【さいとうけかしんだん】 

斎藤加左衛門、野呂信満、井上正好、大島長家、小河主水、井上佐京、井上助兵衛、野呂一薄、岩野兵衛。

山本寺定景【さんぽんじさだかげ(15??~15??)】

西頸城郡不動山城主。山本寺定種の男。室は長尾能景の娘。山本寺上杉家は越後守護上杉家の庶流。父山本寺定種は上杉房能に殉じた。1507年、守護代長尾為景が守護上杉房能を討って春日山城に入った。長尾為景の横暴を見た不動山城主三本寺定種は、上杉房能のあとを継いだ上杉定実に味方しようとした。新守護上杉定実を傀儡化して実権を握ろうとしていた長尾為景は不動山城を攻撃し敗れた三本寺定種は越中に落延びた。不動山城が落城したとき、山本寺定景は、わずか六歳で、家来によって密かに養育され長尾景虎に仕えた。

桜井吉晴【さくらいよしはる(15??~1605)】

魚沼郡広瀬城主。長尾家臣。通称三介。1578年「御館の乱」では長尾景勝を支持し、佐藤平左衛門らとともに広瀬城を守備した。1578年「下倉城の戦い」で戦功を挙げた。以後も佐藤平左衛門らとともに下倉城や栃尾城を牽制した。1582年、越中国各地を転戦した。1584年、根知城の守備に付いた。1598年、会津移封後は檜原城に在城した。1601年、米沢城移封後は260石を領した。1605年、桜井家の家督は嫡男桜井勘左衛門の次男桜井義直が継いだ。

山本定長【さんぽんじさだなが(1519~15??)】

山本寺定景の男。官途は伊予守。長尾晴景と争っていたが、上杉定実を傀儡の守護として擁する長尾晴景に従った。1555年、長尾景虎の家臣として「第二次川中島の戦い」に参陣して戦功を挙げた。その後越中国に派遣された。1572年、一向一揆に包囲された越中火宮城救援のために参陣したが「神通川の戦い」で敗北した。長尾三郎景虎が長尾景虎の養子となるとその傅役に任じられた。1578年「御館の乱」では長尾三郎景虎方に付いて敗北、居城を捨て落延びた。

山本寺景長【さんぽんじかげなが(15??~1582)】

山本寺定長の男。父山本寺定長が「御館の乱」で長尾三郎景虎方について敗れて逐電すると、山本寺家の家督を相続した。1582年、長尾家の内乱につけこんだ柴田勝家率いる北陸平定軍が兵40,000余りで越中国に侵攻してくると、中条景泰、竹俣慶綱、吉江宗信らと共に越中国魚津城に籠城した。「御館の乱」で兵力を消耗し、信濃方面でも織田勢と対峙していた長尾景勝は魚津城へ援軍を送ることが出来なった。長尾景勝は魚津城の城兵に降伏を許可したが山本寺景長らは籠城した末に自刃した。「本能寺の変」の翌日のことであった。遺児は後に出家して林泉寺十八世渓厳曹雪和尚となった。

山本寺勝長【さんぽんじかつなが(15??~15??)】

山本寺定長の次男。通称藤三郎。1578年「御館の乱」で長尾景虎方に組した。敗北後は閑居していたが、後に長尾家に帰参した。1594年、直江兼続が伏見城の普請奉行をしていた頃に故あって改易された。

山本寺家臣団【さんぽんじけかしんだん】

調査中。

下平吉長【しただいらよしなが(15??~1564)】

長尾家臣。魚沼郡千手城主。1556年、上野家成と上田を巡る領地争いを起こし、これが発展し大熊朝秀と本庄実乃の争いになった。

志駄春義【しだはるよし(15??~1563)】

三島郡夏戸城。志駄景義の男。1533年、長尾為景は上条定憲を討つため柏崎に出陣した。志駄春義は上条方に組して秋山家らとともに刈羽郡北条城を攻撃したが長尾為景方の安田景元、北条光広らの軍勢に撃退された。乱は上条方の優勢に推移し、上条定憲勢と長尾為景勢は「三分一原の戦い」で戦い、長尾為景方が勝利したものの頽勢は変わらず、ついに長尾為景は嫡男長尾晴景に家督を譲って隠居した。その後、志駄春義は病かちとなり隠居し、志駄家の家督を嫡男志駄義時に譲った。1561年、志駄義時が「第四次川中島の戦い」で討死したため、孫志駄義秀の後見人となって志駄家を采配した。志駄春義は、長尾景虎に従い関東へも出陣した。1560年、後北条家の勢力拡大を抑え、古河公方、管領上杉家の支配復活を図るためで、後北条方の諸城を攻略した。1563年、長尾景虎は騎西城を攻略し、志駄春義が城代として城を預かったがまもなく病没した。

志駄義時【しだよしとき(1542~1561)】

志駄春義の男。通称源四郎。室は直江景綱の娘。1561年「第四次川中島の戦い」で、武田義信隊の攻撃を受け、激戦の末に大川忠秀、庄田定賢らとともに討死した。 

志駄義秀【しだよしひで(1559~1632)】

志駄義時の男。官途は修理。通称源四郎。1561年「第四次川中島の戦い」で父志駄義時が討死したため祖父志駄春義の後見を受け志駄家の家督を嗣ぎ夏戸城主となった。1578年「御館の乱」後、志駄義秀が与板城の在番として、篠井弥七郎と並んで筆頭を務めた。以後直江兼続付きの与板衆として活躍した。池田讃岐守らを破り大宝寺城より東禅寺城に移り5,500石を領した。最上家の攻撃に十四日間耐えるが、援軍到着の見込みが薄く、最上家臣志村光安の説得に応じ開城した。会津移封後は酒田城代と奉行職を務めた。池田讃岐守らを破り大宝寺城より東禅寺城に移り5,500石を領した。最上家の攻撃に十四日間耐えるが、援軍到着の見込みが薄く、最上家臣志村光安の説得に応じ開城した。 

上条定憲【じょうじょうさだのり(15??~15??)】

刈羽郡上条城主。上杉房実の男。官途は播磨守。通称弥五郎。別名上杉定憲。1509年、上杉顕定の越後侵攻に際しても長尾為景に敵対した。1513年、宇佐美房忠が小野城で挙兵し、上杉定実ら守護方と長尾為景のあいだで抗争が勃発すると上条定憲も上杉定実に応じて挙兵した。上杉定実は長尾為景によって幽閉されてしまった。「六日市の戦い」でも守護方が大敗した宇佐美房忠も岩手城で自刃に追い込まれ、上条定憲自身は目立った動きに出ることが出来ないまま抗争は終結した。1530年、上条定憲と長尾為景のあいだで抗争が勃発した。幕府を後楯にしていた長尾為景を前に、揚北衆といった国人や上杉一門にも定憲に加担する勢力は少なく、将軍家足利義晴の仲介により乱は収束した。1531年、長尾為景が後楯としていた幕府の有力者細川高国が「大物崩れ」に敗れ自刃した。1533年、両者間で「再乱」が生じた。このとき上条定憲は、上田長尾家や揚北衆など国内勢力に加え、会津蘆名家や出羽砂越家といった国外の勢力も味方につけることに成功し、長尾為景方への攻勢を強めた。1536年、長尾為景を隠居に追い込んだ。

上条頼房【じょうじょうよりふさ(15??~15??)】

上杉房実の次男。長尾為景と争った。1503年、枝連衆の上条定実が、越後守護上杉房能の婿養子となった家柄。1559年、披露太刀、入道之衆六人のひとり。

上条景義【じょうじょう(15??~1582)】

上条頼房の男。1559年、長尾景虎とともに上洛した。1561年「第四次川中島の戦い」では春日山城留守居役。1577年、能登国畠山義春を養子に迎えた。1582年、森長可と信濃国境で戦い撃退した。

庄田定賢【しょうださだかた(15??~1561)】

長尾景虎家臣。1552年、山内上杉憲政が長尾景虎を頼ると、庄田定賢、平子孫四郎らを沼田城に派遣した。1556年、大熊朝秀と武田家の同盟軍を「駒返しの戦い」で撃破った。1561年「第四次川中島の戦い」で長尾景虎本陣を強襲する武田義信勢と戦い討死。

庄田隼人【しょうだはやと(15??~15??)】

越中宮崎城在番。1573年、河隅三郎左衛門忠清とともに椎名家浪人衆の取り締まりを命じられた。浪人衆らは海賊行為をしていたため、海岸を警護し、浜へ上がったところを討つよう命じられた。

進藤家清【しんどういえきよ(15??~15??)】

長尾景虎家臣。広泰寺昌派とともに上杉家の外交を担当、特に後北条家との外交に活躍した。1570年、武蔵岩槻城を大田資正に渡すことを条件に、北条綱成の次男北条氏秀と柿崎景家の次男柿崎晴家を人質交換、信濃、西上野出兵を約す交渉を成立させた。 

------------------------------------------------------

【た】

只見助頼【ただみすけより(15??~15??)】

上田長尾房長家臣。通称次郎左衛門尉。1510年、大熊政秀から段銭未納を咎める書状を送られた。に段銭を納めるはずであったが、未だに納められていないので納めるよう求められた。

千坂景長【ちさかかげなが(15??~15??)】

蒲原郡鉢盛城主。通称藤右衛門。越後上杉家四家老のひとり。1513年、長尾為景が上杉定実を幽閉すると、長尾為景の越後統治に協力した。

千坂景親【ちさかかげちか(1536~1606)】

千坂景長の男。官途は対馬守。長尾景虎が山名上杉家の名跡を相続したときに、長尾景虎に仕えた。千坂景親は長尾景虎の馬廻衆として仕えたため本営が敵襲により危機に陥らないかぎり、千坂景親には出動の機会はなく、戦場で活躍する機会は少なかった。長尾景虎の病没後は、長尾景勝に仕えた。外交、情報収集能力に優れており、長尾景勝政権下では長尾家の外交役として活躍した。1586年、長尾景勝の上洛に付き従い、大坂城で直江兼続と共に千利休の茶会に出席した。1595年、伏見城普請総奉行に任命され、伏見留守居役となった。1598年、会津移封で大沼郡で5,500石を領した。1600年「関ヶ原の役」後には松平元康との和睦を主張し本庄繁長と共に本多正信と和睦の交渉を行った。1603年、長尾家の初代江戸家老となった。

千坂長朝【ちさかながより(15??~15??)】

千坂景親の男。1602年、亀岡文殊堂の連歌会に出席した。
千坂高信【ちさかたかのぶ(15??~15??)】

千坂景親の次男。
千坂憲清【ちさかのりきよ(15??~15??)】

長尾家臣。1555年、佐竹義昭への使者となり同盟締結交渉を行った。

寺島長資【てらしまながすけ(15??~1582)】

長尾家臣。吉江景資の長男。寺島和泉守の養子。1582年「魚津城の戦い」では、祖父吉江宗信、父吉江景資、弟中条景泰と共に守将となって奮戦するも、織田方の柴田勝家に攻め落とされ、一族と共に自刃した。

外山茂右衛門【とやましげざえもん(15??~15??)】

越後国寺泊の商人。1542年、鶴子銀山は、外山茂右衛門によって発見された佐渡を代表する銀山のひとつ主に銀と銅が採掘されました。1594年、鶴子本口間歩に、石見銀山より「横相」と呼ばれる坑道掘りの技術が導入されると、多量の鉱石が採掘可能となった。

------------------------------------------------------

【な】

直江景綱【なおえかげつな(1509~1577)】

三島郡与板城主。直江親綱の男。長尾家臣。官途は大和守。通称神五郎。室は山吉政久の姉娘(正国尼)。側室は北条輔広の娘。長尾為景、長尾晴景、長尾景虎の三代にわたって仕えた。奉行職を務め主に内政、外交面で活躍した。また七手組大将の一人として軍事面で活躍した。直江家は越後守護上杉家臣飯沼家の被官であった。1514年、守護代長尾為景によって飯沼家が滅ぼされると、城与板城主となった。1539年、守護職上杉定実の養子問題を巡る「天文の乱」では、中条藤資らと共に入嗣推進派を形成した。1542年、伊達家へ伊達実元の迎えの使者にあたった。1547年、長尾家中で兄長尾晴景と弟長尾景虎との間に抗争が起こった際には、中条藤資や本庄実乃らと共に長尾景虎を支援した。1556年、長尾景虎の出家騒動中に中条藤資らが守護譜代の大熊朝秀を追放したのを機に、本庄実乃らと共に奉行職として政務の多くを任されるようになった。1560年、北条氏康討伐のために長尾景虎が関東に出陣している間、春日山城の留守居を吉江景資と共に任された。1561年「第四次川中島の戦い」では、小荷駄奉行として出陣し武田義信勢を敗走させるなどの戦功を挙げた。

直江信綱【なおえのぶつな(15??~15??)】

総社長尾顕方の九男。通称与兵衛尉。直江景綱の娘於船と結婚し直江信綱と称した。1577年、養父直江景綱が病没すると、直江家の家督と奉行職を継いで長尾景虎に仕えた。1578年、長尾景虎の急死後、勃発した「御館の乱」では長尾景勝方に付いて春日山城に籠る一方、本拠地の与板城に残る直江家枝連衆や麾下の与板衆を動員して周辺の長尾三郎景虎派の討伐を進めた。1581年、河田長親の遺領を巡るトラブルにより春日山城内で会談中のところを毛利秀広によって山崎秀仙と共に謀殺された。大身の直江家を押さえようとした長尾景勝の命で、長尾景勝側近の樋口兼続(直江兼続)が直江信綱未亡人を娶り、直江家を相続した。

府内長尾為景【ながおためかげ(1489~1543)】

中頸城郡春日山城主。長尾能景の男。越後国守護代、越中国新川郡守護代。官途は信濃守。室は高梨政盛の娘。1506年「般若野の戦い」で父長尾能景が討死したため、長尾家の家督を継いで越後守護代となった。1507年、守護上杉房能を攻撃して自刃させ、上杉定実を傀儡として守護に擁立した。1509年、関東管領上杉顕定が長尾為景討伐の軍勢を起こすと、長尾為景は劣勢となって上杉定実とともに佐渡国に落延びた。1510年、反攻に転じ「長森原の戦い」で、高梨政盛の援軍もあり上杉顕定を敗死させた。長尾為景は、妹を上杉定実に娶らせ、嫡男長尾晴景を上杉定実の猶子とする約定を交わし守護上杉家の外戚として越後国の実権を握った。その後は越中や加賀に転戦して神保慶宗、椎名慶胤らを滅ぼし、越中の新河郡守護代を任されるなど勢力を拡大した。上条定憲など越後国内の国人領主の反乱に苦しめられた。1536年「三分一原の戦い」で勝利するも隠居に追い込まれた。

府内長尾景連【ながお かげのぶ(15??~1562)】

長尾能景の次男。官途は弾正忠。通称小平次。長尾家枝連衆。1559年、上野国長野家に従い武田晴信と戦う。1561年「第四次川中島の戦い」に参陣した。1561年、長尾勢が厩橋城を落とすと、城主に任じられた。1562年、北条氏康と通じ独立を謀った疑いで自刃させられた。

府内長尾晴景【ながおはるかげ(1509~1553)】

長尾為景の男。官途は左衛門尉。通称弥六郎。室は上杉定実の娘。1536年、父長尾為景の隠居により、家督を譲られて春日山城主となるとともに越後守護代を補任された。父長尾為景と異なり穏健な政策をとり、領内の国人との融和を図った。越後における争乱を鎮めることにはある程度成功した。越後国守護職上杉定実の養子縁組問題で越後国内が乱れた際に中条藤資らを抑えることはできなかった。伊達家の内紛「天文の乱」に助けられ守護上杉家の復権は阻止した。黒田秀忠などが反乱を起こし越後国内の情勢はますます不穏になった。そのような情勢の中、城下の寺院へ入門していた弟長尾景虎が還俗して栃尾城主となり、反乱を鎮め家中での名声を高めると、家臣の一部の間で長尾景虎の擁立を望むようになり、長尾家は家中分裂の危機を迎えた。1548年、上杉定実の仲介のもとに、長尾景虎に家督を譲って隠居した。

府内長尾景房【ながおかげふさ(1527~15??)】

長尾為景の次男。、父長尾為景の病没後に黒田秀忠が謀反を起こした際、兄弟の長尾景康と共に春日山城内で謀殺された。

府内長尾景康【ながおかげやす(15??~1545)】

長尾為景の三男。長尾為景の死後は長兄長尾晴景が跡を継いだが、信望が無く家中は混乱していた。1545年、長尾景康は越後守護上杉家臣黒田秀忠の謀反に遭い、春日山において謀殺された。長尾景房も謀殺された。弟長尾景虎はこの時床下に隠れ難を逃れ、金津新兵衛らの助けにより脱出する事ができた。

府内長尾景虎【ながおかげとら(1530~1578)】

長尾為景の四男。官途は弾正少弼。別名上杉謙信。元服後に長尾景虎を名乗り、国内の統制力に欠いていた兄長尾晴景の養子となって長尾家の家督を相続して越後国守護代となった。のちに関東管領上杉憲政から上杉家の家督を譲られ、上杉政虎と名を改め上杉家が世襲する室町幕府の重職関東管領に任じられた。後に将軍足利義輝より偏諱を受けて最終的には上杉輝虎と称した。五度の「川中島の戦い」をはじめ、長きにわたった武田晴信と戦った。1578年、日頃の大酒が災いしたか春日山城で急死した。

府内長尾景勝【ながおかげかつ(1555~1623)】 

長尾政景の男。長尾景虎の養子。官途は弾正少弼。通称喜平次。別名上杉景勝。室は武田晴信の娘(菊姫)。側室は四辻公遠の娘(桂岩院)。
子で謙信の養子となり、相続争いで北条家から来た養子の景虎を下し(御館の乱)家を継ぐ。1589年「小田原の役」後、会津城1,200,000石を領した。羽柴家五大老のひとり。1600年「関ヶ原の役」では西軍に加担し役後、減封を受け米沢城300,000石を領した。 

府内長尾上杉景虎【ながおかげとら(1544~1579)】

北条氏康の七男。長尾景虎の養子。別名上杉景虎。室は北条幻庵の娘。室は長尾政景の娘(清円院)。側室は遠山康光義の妹(妙徳院)。はじめ武田晴信の人質となるが「甲相駿三国同盟」が破れて帰国後に今度は「越相同盟締結」により越後国に送られた。長尾景虎の養子となり長尾三郎景虎を称した。1578年「御館の乱」で長尾景勝と争い敗れて自刃した。 

府内長尾定勝【ながおさだかつ(1604~1645)】

長尾景勝の男。通称喜平次。官途は弾正大弼。室は鍋島勝茂の娘(市姫)。側室は斎藤本盛の娘(生善院)。生母で長尾景勝の側室である桂岩院は西園寺家の枝連衆、公家の羽林家。桂岩院は長尾定勝を出産後に死んだため、直江兼続の室於船の方が養育に当たった。1610年、二代将軍松平秀忠に御目見した。1623年、父長尾景勝の病没により長尾家の家督を相続した。将軍の計らいで鍋島勝茂の娘と婚姻した。1643年、会津城主加藤明成の除封処理を行った。長尾家の菩提寺である林泉寺と直江家の菩提寺であった徳昌寺との僧録の地位をめぐっての争いの結果、徳昌寺を破却した。

上田長尾房長【ながおふさなが(1494~1552)】

魚沼郡坂戸城主。長尾景隆の男。魚沼郡惣領職。官途は越前守。1526年、父長尾景隆の病没後に上田長尾家の家督を相続した。上田長尾家の当主であったが、長尾為景とは仲が悪く、関東管領である上杉顕定が越後に侵攻してきたときには、上杉顕定勢に属して長尾為景を破った。長尾為景が勢力を盛り返すと、降伏してその麾下に属した。1537年、長尾為景の娘を長尾政景の室に迎え、越後長尾家との関係を強化した。

上田長尾政景【ながおまさかげ(1526~15??)】

長尾房長の男。官途は越前守。室は長尾為景の娘(仙桃院)。1547年、府中長尾家中で長尾晴景と長尾景虎との間で抗争が起こると、長尾政景は長尾晴景側に付いた。長尾政景と対立していた長尾景信が長尾景虎側だった。1548年、長尾晴景は長尾景虎に家督を譲って隠居した。1550年、長尾景虎が家督を継いだことに不満を持って謀反を起した。1551年、景虎の猛攻に遭って降伏した。以後は配下の上田衆を率いて景虎の重臣として活躍した。1556年、家督を捨てて出家しようとする景虎を説得して押し止め、復帰させた。1560年、春日山城の留守居役に任じられた。1564年、坂戸城近くの野尻池で溺死した。

上田長尾景国【おおいだかげくに(15??~15??)】

長尾房長の次男。別名大井田景国。室は大井田氏景の娘。上田長尾家と親密な関係にあった。大井田家に男子が居なかったため、氏景の婿養子として迎えられた。以後は長尾景虎、長尾景勝に仕えた。天正18年に突如として景勝に切腹を命じられた。

古志長尾房景【ながおふさかげ(15??~15??)】

古志郡栖吉城主。長尾孝景の男。古志郡惣領職。官途は豊前守。通称弥四郎。1495年、父長尾孝景から家督を譲られた。1507年、長尾為景が上杉房能を倒し上杉定実を新たな守護として擁立した時、長尾房景は府内長尾為景に属して戦功を挙げた。1509年、関東管領上杉顕定が関東軍を率いて越後へ攻め入ると長尾房景は上杉顕定に属した。1514年、上田庄での守護方との合戦では70人余りを討ち取った。1519年、長尾為景の越中進攻にも参陣したが「新庄の戦い」で一門の多く失う損害を受けた。郡内の領主の被官化を進め、栖吉の城下街の整備を行った。

古志長尾景信【かげのぶ(15??~1578)】

長尾房景の男。別名上杉景信。古志長尾家は越後長尾家枝連衆の筆頭。守護の上杉定実に長尾為景が反旗を翻すと、古志長尾家もこれに従った。長尾景虎の時代には上田長尾家の長尾政景や山本寺上杉家の山本寺定長らと共に長尾景虎の重臣として名を連ねた。1561年、長尾景虎が関東管領上杉家の名跡を継ぐと長尾景信も上杉姓を許された。長尾政景、長尾景勝父子の上田長尾家とは元来幾つかの小競り合いを演じた対立関係であり「御館の乱」では長尾景虎の養子であった長尾景勝が同じく養子である長尾三郎景虎と家督争いを始めると、その対抗上から長尾景虎を支持し「居多浜の戦い」で山浦国清と戦い討死した。

三条長尾長景【ながおながかげ(15??~15??)】

三条城主。官途は中務少輔。通称平六。1545年、黒滝城主黒田秀忠と共に長尾晴景に謀反を起こした。
三条長尾俊景【ながおとしかげ(15??~1545)】

長尾長景の男。1545年、黒滝城主黒田秀忠とともに越後守護代長尾晴景に対して謀叛するが、長尾景虎に敗れ討死した。

飯野長尾景久【ながおかげひさ(15??~15??)】

飯野城主の男。

飯野長尾景直【ながおかげなお(15??~1581)】

長尾景久の男。長尾藤景の養子。通称小四郎。別名椎名景直。後に椎名康胤の跡を継ぎ、椎名小四郎と称した。主に越中戦線で活躍した。1578年「月岡野の戦い」では織田勢に敗れた。長尾景虎の病没後の「御館の乱」で長尾三郎景虎派に属して所領を削減された。これに反発してか、後に織田家に寝返った。1581年、「越中小出城の戦い」で討死した。

下田長尾藤景【ながおふじかげ(15??~1575)】

高城主。官途は遠江守。長尾景虎の家老として、本庄慶秀、直江景綱、柿崎景家らとともに活躍した。1561年「際四次川中島の戦い」では、長尾景虎の戦術を批判した。1575年、長尾景虎は本庄繁長に長尾藤景、長尾景治兄弟の誅殺を命じた。本庄繁長は祝宴の名目で長尾兄弟を誘いだし謀殺した。
下田長尾景治【ながおかげはる(15??~1575)】

長尾藤景の弟。通称右衛門尉。1575年、長尾景虎は本庄繁長に長尾藤景、長尾景治兄弟の誅殺を命じた。本庄繁長は祝宴の名目で長尾兄弟を誘いだし謀殺した。
下田長尾興里【ながおおきさと(15??~1568)】

下田長尾家臣。官途は外記。山内上杉憲政と共に越後国に落延びた。長尾藤景に仕え、その姉を娶った。1568年、長尾藤景、景治兄弟は本庄繁長に誅殺された。長尾興里らは軍議を開き、高城の守りを固めるため堀の普請などを行った。長尾景虎はこれを謀反として、本庄実乃に高城攻めを命じた。長尾興里は敗れ、高城を落延びる途中で自刃した。

新津勝資【にいつかつすけ(15??~1600)】

長尾家臣。山吉政久の男。新津勝邦の養子。官途は丹波守。1561年「第四次川中島の戦い」では他の揚北衆と共に参陣し遊軍として活躍した。「は新発田重家の乱」「小田原の役」「文禄、慶長の役」などに参陣した。1593年、婿養子の新津秀祐に家督を譲った。1600年、転封先の会津でも戦いに明け暮れた。

登坂清高【のぼりざかきよたか(15??~15??)】

長尾景虎家臣。官途は加賀守。 
登坂式部【のぼりざかしきぶ(15??~15??)】

登坂清高の次男。兄甘粕景継は甘粕継義の跡を継いだため、登坂家当主となった。1600年、伊達政宗は上杉家の白石城を攻めさせた。白石城を守る登坂式部は開城を決意するが、城兵は助命されないと考え、徹底抗戦するよう求めた。登坂式部は石川昭光、片倉景綱に使者を派遣。城兵の助命を約束する起請文を求めた。石川昭光らは連署で起請文を作成。これにより城兵も開城に合意。白石城は落城した。

------------------------------------------------------

【は】

樋口兼豊【ひぐちかねとよ(15??~1602)】

長尾政景家臣。樋口兼村の男。官途は伊予守。通称は惣右衛門。室は直江親綱の娘(藤姫)。継室は尾崎重歳の娘(蘭姫)。長尾政景の没後長尾景虎に仕えた。樋口兼続の実父で「御館の乱」では長尾景勝側につき戦功を挙げ、東頸城郡直峰城主となった。 

樋口兼続【ひぐちかねつぐ(1560~1619)】

樋口兼豊の男。官途は山城守。通称与六。室は直江景綱の娘(於船)。別名直江兼続。1564年、長尾政景が死去すると、長尾景虎の養子となった長尾景勝に従って春日山城に入った。1578年「御館の乱」では、父樋口兼豊と共に長尾景勝に属した。1581年、直江信綱と山崎秀仙が、毛利秀広に謀殺されると、樋口兼続は長尾景勝の命により、直江景綱の娘で直江信綱の室であった於船の婿養子となり直江家を継いで与板城主となった。1584年、狩野秀治が病に倒れると、樋口兼続が内政、外交の取次を担った。1586年「新発田重家の乱」では新潟城と沼垂城から新発田勢を駆逐し、新潟湊の経済利権を失った新発田重家は急速に弱体化し乱は収束した。1590年「小田原の役」では、松山城を守備していた城代山田直安、金子家基、難波田憲次らを降した。1592年「文禄、慶長の役」では長尾景勝と共に参陣した。1598年、長尾家が春日山城から会津城1,200,000石に移封されると、樋口兼続には米沢城300,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では、樋口兼続は山形城主最上義光領に兵30,000余りを率いて侵攻した。「関ヶ原の戦い」で西軍が敗れると、長尾勢は撤退を開始しが、最上勢と留守政景勢が追撃してきて激戦となった。水原親憲、前田利益らの諸将の奮戦もあって米沢城への撤退に成功した。1601年、長尾景勝とともに上洛して松平元康に謁見し、米沢城300,000石へ減移封となった。樋口兼続は治水、開墾、街整備し、殖産興業、鉱山の開発を推進した。

樋口実頼【ひぎちさねより(1562~15??)】

樋口兼豊の次男。別名大国実頼。長尾景虎の病没後の「御館の乱」では長尾景勝に属した。1582年、長尾景勝の命により天神山城主小国重頼の養子となり小国家の家督を相続した。1586年、新発田重家討伐戦に参加し、新潟城を焼打ちにした。1598年、長尾景勝の会津移封に付き従い、南山城代として21,000石を領した。1600年、長尾景勝が松平元康との戦に備えて会津に神指城を築城した。「関ヶ原の役」後、出羽高畠城7,000石の城代となった。1604年、兄樋口兼続と本多政重との養子縁組に反対し、本多政重を迎えるために上洛した使者、西山庄左エ門宗秀、飯田実相坊元貞を謀殺し、高野山に落延びた。

深沢利重【ふかざわとししげ(15??~15??)】

深沢尚重の男。上田長尾家臣。通称刑部少輔。室は栗林頼忠の娘。1578年、長尾景虎の病没後に発生した「御館の乱」では、長尾景勝の命で上田坂戸城を守備した。上杉景虎を支援する後北条家勢を上野国猿ヶ京で撃退した。その後も登坂安忠、樋口兼一らとともに越後国境を守った。栗林政頼と深沢利重を中心に樋口兼一、登坂清忠、登坂与五郎らと防戦に徹した。栗林政頼と深沢利重が前線に出て戦っていないと他の諸将から訴えられた。1579年、長尾景虎の敗死後も栗原政頼らとともに上田城を防備した。

福王寺孝重【ふくおうじたかしげ(15??~15??)】

魚沼郡下倉山城主。官途は兵部少輔。通称彦八郎。越後守護代長尾為景は守護上杉定実を傀儡化した。1533年、反抗する上杉一族の上条定憲が上条城に立て籠もり、上杉家の旧臣を結集して春日山城下の居多神社を焼き討ちするなど、長尾為景と戦った。福王寺孝重は長尾為景方に味方し籠城、上条定憲方であった坂戸城主長尾房長の猛攻を受けた。福王寺孝重は渇水期に破間川、魚野川を渡河し上田領に放火するなどの攪乱戦で上田勢を牽制した。1555年「第二次川中島の戦い」に参陣し戦功を挙げた。
福王寺重綱【ふくおうじしげつな(15??~1581)】

福王子孝重の男。官途は掃部介。1535年、父福王子孝重と共に長尾為景に属して「下倉山城の戦い」に参陣した。1578年「御館の乱」では長尾景勝に属した。北条家との合戦で負傷した。
福王子景重【ふくおうじかげしげ(15??~15??)】

福王子重綱の男。

平子右馬充【ひらこうまのじょう(15??~15??)】

長尾為景家臣。1536年、長尾為景から感状を賜った。
平子孫太郎【ひらこまごたろう(15??~15??)】

長尾景虎家臣。1549年、松本河内守と領地争いを起こした。1551年、長尾景虎から長尾政景との合戦への参陣を求められた。1552年、長尾景虎が弾正少弼に昇進すると祝賀の品を献上した。松本河内守との領地争いが長引いたため、長尾景虎から領地を安堵された。

堀江宗親【ほりえむねちか(15??~15??)】

鮫ヶ尾城主。長尾家臣。官途は駿河守。1577年、織田家との境となった加賀国津幡城主に任じられた。1578年、長尾景虎の病没後の「御館の乱」では長尾三郎景虎派に属した。軍勢を伴って御館に入り、長尾景勝勢と戦った。御館陥落後には長尾三郎景虎を鮫ヶ尾城に迎え入れ、相模への脱出を図ったが、長尾景勝勢に安田顕元に内通しており、長尾三郎景虎入城後に二の丸に火を放って城から退去した。

本庄実乃【ほんじょうさねより(1511~15??)】

古志郡栃尾城主。別名本庄慶秀。長尾景虎幼少期から補佐し奉行職を務めた。幼少期の長尾景虎の器量を見抜いて、早くから栃尾城に迎えてその側近となった。長尾景虎が兄長尾晴景に代わって越後における国人衆の反乱鎮圧に赴いた時は、その補佐役として戦功を挙げた。長尾景虎からの信任は厚く、直江景綱と共に側近のひとりとして絶大な権力を与えられた。1561年「第四次川中島の戦い」などに参陣した。

本庄秀綱【ほんじょうひでつな(15??~1582)】

本庄実乃の男。通称清七郎。1559年、長尾景虎が将軍足利義輝に謁見した際には太刀持ち役を務めた。1572年、越中進軍中の長尾景虎によって、城将として春日山城へ入城を命じられた。1575年、長尾景信や上条政繁らと共に、上野国沼田城城の守将を任せられるなど、関東方面での戦いでも活躍した。1578年、長尾景虎の病没後の「御館の乱」では長尾三郎景虎派についた。本庄秀綱は落城寸前に城から脱出した。三条城主神余親綱らと共に長尾景勝に抵抗した。1580年、栃尾城が落城すると会津方面へ落延びた。
本田長定【ほんだながさだ(15??~15??)】

長尾景虎家臣。通称右近允。1561年「第四次川中島の戦い」で戦功を挙げた。

------------------------------------------------------

【ま】

松本景繁【まつもとかげしげ(15??~1574)】

三島郡小木城主。官途は石見守。1561年「第四次川中島の戦い」で戦功を挙げた。1565年、上野国沼田城の守将を務め、武田家、北条家勢の侵攻に対して備えた。1567年、北条高広の謀反により唐沢山城に入り対陣した。1569年、北条家から同盟の書状を携え、天用院という使僧が沼田を訪れる。天候悪化のため越山出来ずにいたため、松本景繁が先に越山し、長尾景虎に書状の内容を伝えた。

松本鶴松【まつもとつるまつ(15??~15??)】

松本景繁の男。

松本房繁【まつもとふさしげ(15??~15??)】

松本景繁家臣。官途は大学助。1561年「第四次川中島の戦い」に参陣した。

松本忠矩【まつもとただのり(15??~15??)】

松本忠繁の男。通称大炊介。年友城主。

丸田高俊【まるたたかとし(15??~15??)】

蔵王城主。官途は周防守。1578年「御館の乱」では長尾三郎景虎に属した。1579年、長尾景勝の攻撃を受けた。後に許され長尾家に仕えた。神戸城将登坂藤右衛門らと共に芦名家に備えた。
丸田右京之助【まるたうきょうのすけ(15??~15??)】

見附城主。1578年「御館の乱」では長尾三郎景虎に属した。1579年、長尾景勝の攻撃により落城した。
丸田伊豆守【まつたいずのかみ(15??~15??)】

大面城主。1578年「御館の乱」では長尾三郎景虎に属した。1579年、長尾景勝勢の攻撃により開場した。

村山義信【むらやまよしのぶ(15??~15??)】

長尾為景家臣。通称与七郎。1519年、椎名長常から長尾為景に越中出陣催促の取次を依頼された。
村山盛義【むらやまもりよし(15??~15??)】

長尾為景家臣。1526年、関東管領上杉顕定が越後に攻め込むと、長尾為景に属して戦功を挙げた。
村山直義【むらやまなおよし(15??~15??)】

長尾為景家臣。官途は中務丞。1531年、長尾為景から書状を送られた。「天文の乱」では戦功を挙げた。
村山與七郎【むらやまきょうしちろう(15??~15??)】

長尾晴景家臣。1545年、黒田秀忠が二度目の謀反を起こすと、長尾景虎は村山與七郎に「黒田征伐」に加わるよう命じた。

------------------------------------------------------

【や】

安田広春【やすだひろはる(15??~15??)】

刈羽郡安田城主。安田清広の男。北条輔広の養子。官途は丹後守。通称弥九郎。1507年、守護代の長尾為景が、守護の上杉房能を討つという事件が起こと、安田広春は長尾為景に属した。側近を務め、越中神保氏攻めなどに従い、各地を転戦した。また奉行職を務め長尾為景の側近として各種の折衝にあたった。

安田景元【やすだかげもと(15??~15??)】

官途は越中守。安田広春の養子。室は安田広春の娘。1530年、父安田広春の病没により安田家の家督を相続した。上条定憲を中心とする長尾為景に対する「上条の乱」が起きると、安田景元は長尾為景に属して反乱勢と戦った。「上条の乱」は、長尾為景の隠居により沈静化した。その後、安田景元は長尾晴景、長尾景虎に属した。1555年、北条高広が謀反を起こすと直江景綱と共に知らせ、長尾景虎から賞賛を受けた。

安田顕元【やすだあきもと(15??~1580)】

安田景元の男。通称惣八郎。1561年「第四次川中島の戦い」に参陣して戦功を挙げ、信濃国飯山城に任じられた。1578年、長尾景虎の病没後の「御館の乱」では、長尾景勝の属して、新発田重家や堀江宗親などの、長尾景虎に属した国人衆を調略して長尾景勝勢に引き入れた。乱の終結後の論功行賞において、上田衆が恩賞を独占したため、新発田重家ら国人衆はこれに猛反発した。安田顕元は新発田重家と長尾景勝との仲裁に乗り出して両者の説得を試みたがうまくいかなかった。安田顕元は責任を感じ自刃した。

安田能元【やすだよしもと(1557~1622)】

安田景元の男。官途は上総介。通称弥九郎。1578年、長尾景虎の病没後に起こった「御館の乱」では、兄安田顕元と共に長尾景勝に属した。安田顕元は長尾景虎属した新発田重家、堀江宗親などを調略した。安田顕元が自刃すると、安田能元は家督を相続した。1580年、長尾景勝から本領を安堵された。 1582年「新発田重家の乱」に参陣した。「放生橋の戦い」において殿軍を務めた。1586年、長尾景勝が羽柴家の麾下に属すると、内政手腕に優れていたため、領国での政務を任せられた。1592年「文禄の役」では、藤田信吉と共に越後国春日山城の留守居役を務めた。1598年、長尾景勝が会津城1,200,000石を領すると、浅香城と二本松城の守備を命じられ、岩井信能、大石綱元と共に会津三奉行に任ぜられ、その筆頭となった。1600年、松平元康勢が「会津討伐」を行うと小峰城を守備した。1601年、長尾景虎が米沢300,000石に減封されると、安田能元も二本松城を退去した。 

山岸尚家【やまぎしなおいえ(15??~15??)】

深沢尚重の次男。官途は中務少輔。別名は深沢弥七郎。室は長尾景明の娘。1592年、黒滝城主山岸右衛門が「文録の役」で陣中で病没すると、山岸右衛門の嫡男山岸忠兵衛がまだ幼かったので山岸家の家督を相続した。1598年、長尾景勝の命により、岩井信能、広居忠家とともに長尾景虎の遺骸を会津に移葬した。1612年、樋口兼続、安田能元、岩井信能、水原親憲、平林正恒ら重臣たちとともに十七箇条の家中法度を制定した。1614年「大坂冬の陣」に参陣した。1623年、長尾景勝死後も長尾定勝に仕えた。

山崎秀仙【やまざきしゅうせん(15??~1581)】

長尾景虎家臣。長尾景虎へ仕官する前は佐竹義重に仕えていた。長尾景虎に四書五経を講じ、老荘諸子等の中国思想家、賢人についても教授した。その他には越中との連絡役や長尾景虎使者として織田信長などの諸将との接見、折衝を行った。長尾景虎の病没後の「御館の乱」では長尾景勝派に属した。安田顕元が長尾景勝公認の下で恩賞と引き換えに長尾景虎派の諸将を長尾景勝方に引き入れた。しかし論功行賞では、山崎秀仙は寝返り組への恩賞授与を反対し、長尾景勝を押し切った形となった。この事に怒った毛利秀広によって、春日山城内にて会談中の直江信綱共々謀殺された。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

南越後国(5郡/246,000石)

頸城郡:春日山城、箕冠城、不動山城。
魚沼郡:
古志郡:栃尾城、栖吉城。
刈羽郡:安田城、北条城、琵琶島城。
三島郡:与板城。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

越後長尾家四天王【ながおけしてんのう】

直江景綱、甘粕景持、宇佐美定満、柿崎景家。

越後十七将【えちごじゅうしちしょう】

荒川伊豆守、飯盛摂津守、宇佐美定行、鬼小島弥太郎、柿崎景家、甘糟景持、唐崎左馬之介、斎藤朝信、鴫山周防守、神藤出羽守、高梨政頼、直江兼続、直江景綱、永井丹波守、本庄繁長、毛利上総介、桃井讃岐守。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

南越後国【みなみえちごのくに】

日本海に面して南北に長く伸びた北陸道の国。東北は出羽国、東は岩代国、東南は上野国、南は信濃国、西南は越中国と境を接する。西は広く日本海に面し、佐渡海峡を隔てて佐渡国と向かい合う。陸続きの各国との境には山岳地帯があり、これが国境防衛に大きな役割を果たしている。出羽との境の朝日山地、飯豊山地、岩代国、上野国との境の越後山脈、信濃国との境の妙高高原、越中国との境には急峻な親不知の険がある。日本海側には中部の越後平野と南部の高田平野があり、農業、漁業とおに盛んである。山岳地帯と日本海に囲まれた地形から冬期には豪雪地帯となり、部隊の移動はほとんど不可能になる。国土防衛には適した環境であるが、他国へ侵攻を行うには時季が重要となる。文化的には、国土が南北に長く、多数の国と国境を接しているため、国内は上越、中越、下越の三地域に分割され、それぞれ独立性を保っている。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

※上杉謙信は、長尾景虎で統一しました。養子の上杉景勝と上杉景虎についてはもそれぞれ長尾景勝、長尾三郎景虎に統一しました。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(東国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、「武田信玄」新潮社、「武田勝頼」講談社、「戦国最強上杉武将伝」PHP文庫、「上杉三郎景虎」光文社、「天と地と(全3巻)」文春社、「謀将直江兼継(全2巻)」角川文庫、「上杉謙信」PHP文庫。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------

2012年5月1日火曜日

戦国因幡国人名辞典


----------------------------

【あ】

青木実俊【あおきさねとし(15??~15??)】

八頭郡青木館主。通称六郎左衛門。

赤池助左衛門【あかいけすけざえもん(15??~15??)】

山名豊国家臣。1581年、「第二次鳥取城の戦い」では、吉川経家とともに鳥取城に籠城した。吉川経家の意向を受け穴俵を被り川を下って敵の包囲網を切り抜け、救援を求める書状を毛利輝元に届けた。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取図書館。

秋里玄蕃允【あきざとげんばのじょう(15??~15??)】

山名豊国家臣。秋里城主。1581年、秋里玄蕃允は毛利輝元に属した。吉川経家とともに鳥取城に籠城して羽柴秀吉勢と戦った。落城後は吉川春元に仕えた。参考資料:「城めぐドットコム」by本岡。

勝山尼子正久【あまこまさひさ(15??~15??)】

勝山城主。官途は豊前守。1579年、羽柴秀吉の意向を受けた、鹿野城主亀井茲矩が勝山城を攻撃、尼子正久が守備していた勝山城は陥落した。

荒神谷七郎左衛門【あらがみしちろうざえもん(15??~15??)】

蛇山城主。

安藤信濃守【あんどうしなの(15??~15??)】

尼子勝久家臣。白地城主。1577年、羽柴秀吉が播磨国上月城を攻撃した際、安藤信濃守は兵800余りを率いて参陣した。

安藤義光【あんどうよしみつ(15??~15??)】

毛利豊元家臣。八頭郡津黒城主。別名安藤義躬。城主坂川平左衛門とともに山中幸盛勢と戦い敗れ但馬に敗走中、広留野で土民に謀殺された。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取図書館。

安藤釆女正【あんどううねめのしょう(15??~15??)】

岩美郡半滝城主。1580年、「第二次鳥取城の戦い」では、羽柴秀吉勢の攻撃を受け落城した。

石井常成【いしいむつねなり(1582~1649)】

鳥取の商人。町年寄筆頭役。通称彦右衛門。別名石井宗徳。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取県図書館。

磯部康氏【いそべやすいじ(15??~16??)】

智頭郡景石城主。通称兵部大輔。別名山名豊直。1580年、羽柴秀吉は景石城を攻略後、但馬国朝来郡夜久野城主磯部康氏を城主とした。鳥取城主山名豊国は、磯部康氏が若桜城に出かけている隙に陥落させた。1581年、「第二次鳥取城に戦い」で磯辺康氏は戦功を挙げた。景石城失陥の罪を許され、景石城3,000石を領した。1600年、「関ヶ原の役」の際、磯部康氏は石田三成勢に属したため、所領を没収された。

伊田下野守【いだしもつけのかみ(15??~15??)】

八頭郡半柵城主。1572年、武田高信は、嫡男武田又太郎、次男武田与重郎、鴨尾城主武田又三郎の三人を大将とし、家臣の西郷因幡守の継嗣西郷与五郎を参謀として、但馬国芦屋城主塩冶肥前守を攻撃した。半柵城主伊田下野守、小畑城主小畑出羽守、秋里一族塩見村高山、高野、吉見範仲など三家、岩常城主三上三郎右衛門などを旗頭とし兵800余りで海陸の二手に分かれ侵攻した。しかし芦屋城方栃谷城主塩冶左衛門尉、七釜城主田公筑前守、指杭城主屋谷伯耆守、井戸城主河越大和守、黒阪城主黒阪因幡守の反撃を受け武田田又太郎勢は総崩れとなった。この戦いで武田又太郎はじめ、鴨尾城主武田又三郎らはことごとく討死した。武田与重郎は落延びる途中、土民に発見されて竹槍で謀殺された。

岩崎弾正忠【いわさきだんじょう(15??~15??)】

岩崎城主。武田高信に滅ぼされた。




海老名七郎【えびなしちろう(15??~15??)】

山名豊国家臣。釜谷城主。1563年、武田高信が山名豊国に謀反した際、武田高信勢に属した。

逢坂與十郎【おうさかよじゅうろう(15??~15??)】

気高郡会下城主。弓術の達人。天正年間、敵襲を受け陥落、青谷に落延びた。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取県立図書館。

大坪甚兵衛【おおうぼじんべい(15??~15??)】

山名豊国家臣。八頭郡大坪城主。元亀年間、尼子勝久の家臣山中幸盛の攻撃により落城した。

大江忠真【おおえただざね(15??~15??)】

毛利豊元家臣。官途筑後守。別名毛利苓原。1533年、出家して、法名を恕休と称した。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取県立図書館。

大坪一之【おおつぼいちの(15??~15??)】

大坪甚兵衛の男。1574年、「小松原の戦い」で武田助信、亀井茲矩らの攻撃を受けたが撃退した。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取県立図書館。

岡六郎左衛門【おかろくろうざえもん(15??~15??)】

八頭郡。別名北村六郎左衛門。羽柴秀吉に通じ禁制などを受けた。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取図書館。

隠岐土佐守【おきとさのかみ(15??~15??)】

八頭郡富貴谷城主。羽柴秀吉勢に属した。草刈重継の退去後、後淀山城を守備した。草刈重継の家臣進之市兵衛、塚原一伝らの反撃を受け討死した。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取図書館。

落岩玄蕃頭【おちいわげんばのかみ(15??~15??)】

毛利豊元家臣。八頭郡落岩城主。

小畑出羽守【おばたでわのがみ(15??~1575)】

八頭郡小畑城主。1575年、弟久世兵庫とともに小畑城を守っていたが、尼子勝久の家臣山中幸盛の攻撃により討死した。

上原小兵衛【おばらこひょうえ(15??~15??)】

八頭郡杉ヶ尾城主。戦を好まぬ性であったが戦いえば必ず勝った。1581年、羽柴秀吉勢に降伏した。

----------------------------

【か】

木原元信【きはらもとのぶ(15??~15??)】

八頭郡唐櫃城主。毛利元就勢に属した矢筈城主草刈重継の攻撃を受け、数年持ちこたえるが最後は討取られた。

草苅衡継【くさかりかねつぐ(15??~15??)】

八頭郡淀山城主。官途は加賀守。1532年、浦上宗景勢と戦い美作国苫東郡と苫西郡を切り取り、矢筈城を築いて居城を移した。1542年、毛利元就が出雲国の尼子晴久を攻撃すると、それに従って毛利元就勢に属した。

草苅重継【くさかりしげつぐ(15??~15??)】

草苅衡継の男。1582年、「備中高松城の戦い」で和議条件として美作国は宇喜多秀家へ割譲することとなると、他の美作の諸豪族と同じく草苅重継もこれに対抗した。1582年、佐良山城を攻撃するなど、なかなか城を明け渡さなかった。1584年、草苅重継は開城後、小早川隆景家臣となり、筑前国福岡へ移って福岡家と称した。

草苅加賀守【くさかりかがのかみ(15??~15??)】

茶臼山城主。草苅加賀守は、草苅三郎左衛門とともに茶臼山城を守備した。

首藤豊後守【くびきぶんごのかみ(15??~15??)】

勝山城。尼子正久勢の攻撃を受け落城した。

小松勝豊【こまつかつとよ(15??~1575)】

八頭郡婆ヶ城主。別名小松勝吉。1575年、尼子勝久家臣の山中幸盛勢の攻撃を受け討死した。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取県立図書館。

小宮山宗珠【こみやまそうしゅ(15??~15??)】

八頭郡右近城主。官途は備前守。1544年、尼子晴久勢の襲撃を受け降伏した。1578年、羽柴秀吉の攻撃を受け降伏した。

------------------------------------------------------

【さ】

西郷因幡守【さいごういなばのかみ(15??~15??)】

武田高信家臣。八上郡弓河内館主。武田高信に仕え家老職として重用された。1576年、武田高信が山名豊国によって謀殺されると、弓河内村で帰農した。

西郷与五郎【さいごうよごろう(15??~15??)】

西郷因幡守の男。1572年、武田高信は鳥取城に残り、継嗣武田又太郎、次男武田与重郎、鴨尾城主武田又三郎の三人を大将とし、家臣西郷因幡守の継嗣西郷与五郎を参謀として、但馬国芦屋城主塩冶肥前守を攻撃した。半柵城主伊田下野守、小畑城主小畑出羽守、吉見範仲、岩常城主三上三郎右衛門などを旗頭とし兵800余りで海陸の二手に分かれ侵攻した。しかし芦屋城方栃谷城主塩冶左衛門尉、七釜城主田公筑前守、指杭城主屋谷伯耆守、井戸城主河越大和守、黒阪城主黒阪因幡守の反撃を受け武田高信勢は総崩れとなった。この戦いで武田又太郎はじめ、鴨尾城主武田又三郎らはことごとく討死した。

坂川平左衛門【さかがわへいざえもん(15??~15??)】

毛利豊元家臣。八頭郡白磯城主。津黒城主安藤義光とともに尼子勝久の家臣山中幸盛勢に破れ但馬国の落延る途中、広留野で土民に謀殺された。

佐々木駿河守【ささきするがのかみ(15??~15??)】

八頭郡香音寺城主。1581年、羽柴秀吉勢による攻撃を受け落城した。

坂上定六【さかがみさだろく(15??~15??)】

岩美郡猪尾山城主。槍の名手。1579年、羽柴秀吉勢に属して、播磨国姫路に参陣した。

志加奴入道【しかのにゅうどう(15??~15??)】

山名誠通家臣。気多郡鹿野城主。1543年、尼子晴久の侵攻を受け、志加奴入道は手勢300余りで抗戦したが討死した。

篠部周防守【しのべすぼうのかみ(15??~15??)】

岩美郡二ッ山城主。1579年、羽柴秀吉勢が因幡国に侵攻すると、羽柴秀吉勢に降った。1581年、「第二次鳥取城の戦い」で銃弾を受け討死した。

助右衛門【すけえもん(15??~15??)】

気多郡鹿野城主。もと漁師。亀井茲矩に仕えて夏泊村を領した。1592年、「文禄の役」の際、水先案内人を務めた。

------------------------------------------------------

【た】

因幡武田国信【たけだくにのぶ(15??~1545)】

山名誠通家臣。邑美郡鳥取城主。官途は山城守。別名武田高義。1545年、鳥取城を改築した。1546年、「橋津川の戦い」では、南条宗勝を支援してで尼子晴久と戦った。山名誠通より謀叛の疑念を受け謀殺された。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

因幡武田高信【たけだたかのぶ(1529~1578)】

武田国信の男。官途は三河守。1545年、父武田国信が山名誠通に謀殺されたため、因幡武田家の家督を相続した。山名誠通に謀反を起こし鳥取城を奪還した。1563年、二上山城主三上豊範と同盟を結んだ。毛利元就と結び、鹿野城主山名豊成を謀殺した。「湯所口の戦い」で中村豊重を敗死させた。「勢天神山城の戦い」で因幡守護職山名豊数を鹿野城に追い落とし、自刃に追い込んだ。鹿野城主山名豊敏を毒殺し、その弟の山名郎豊次も立見峠で謀殺し因幡山名家を滅ぼした。山名豊弘を擁立して因幡国での支配権を確立したが、有力国人層の掌握に苦しみ、さらに因幡国への進出を図る美作国の草苅衡継や尼子勝久、山中幸盛ら尼子家残党の出没に悩まされた。1569年、法美郡甑山城を攻略し、山中幸盛を敗走させた。1571年、「芦屋城の戦い」で、塩冶高清勢と戦い大敗し、継嗣武田又太郎と次男武田与十郎を失った。1572年、甑山城に侵攻した山中幸盛勢と戦い敗北した。鳥取城を山名豊国に明け渡した武田高信は鵯尾城に退いた。山名豊国が毛利輝元と和議を結び、毛利輝元勢の後ろ盾を失うと鵯尾城の維持も困難になった。1575年、武田高信は但馬国に落延び、芦屋城主塩冶高清を仲介に毛利輝元に助命を願ったがまもなく病没した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

因幡武田又三郎【たけだまたさぶろう(15??~1571)】

武田国信の次男。高草郡鵯尾城主。1563年、山名豊国との抗争に備え、兄武田高信から鵯尾城主に任じられた。因幡守護職山名豊数を布勢天神山城から追い落とした。1565年、山名豊国、山中幸盛勢の攻撃を受けた。1571年、「芦屋城の戦い」で甥の武田又太郎と次男武田与十郎ともに討死した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

因幡武田源五郎【たけだげんごろう(15??~1563)】

武田国信の三男。道竹城主。1563年、武田高信は二上山城主三上豊範のもとに武田源五郎を送って盟約を結び、天神山城主山名誠通と争った。山名豊数勢の攻撃を受け落城した。

因幡武田又太郎【たけだまたたろう(15??~1571)】

武田高信の男。1571年、武田高信の意向を受け、弟武田与重郎、叔父武田又三郎、家臣西郷与五郎、半柵城主伊田下野守、小畑城主小畑出羽守、岩常城主三上三郎右衛門、高山、高野、吉見など兵800余りで、但馬国芦屋城主塩冶肥前守を攻撃した。塩冶肥前守勢の栃谷城主塩冶左衛門尉、七釜城主田公筑前守、指杭城主屋谷伯耆守、井戸城主河越大和守、黒阪城主黒阪因幡守らの反撃を受け武田高信勢は総崩れとなり、武田与十郎ととも討死した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

因幡武田与重郎【たけだよじゅうろう(15??~1571)】

武田高信の次男。1571年、「但馬芦屋城の戦い」に兄武田又太郎とともに参陣するも敗北、落延びる途中、土民に発見されて竹槍で突き殺された。

因幡武田助信【たけだすけのぶ(1561~1646)】

武田高信の三男。通称源三郎。1574年、「」では、亀井茲矩とともに小松原に、八東郡大坪城主大坪一之を攻め敗北した。1576年、山名豊国によって父武田高信が謀殺されると西郷因幡守によって、高草郡松上村の松上社神主大畠平左衛門の屋敷に匿われた。のちに南条元続に引き取られた。1580年、「長和田、長瀬川の戦い」に兵500余りを率いて参陣して、南条元続を支援した。鹿野城番であった亀井茲矩に疎まれたため、計略を以って鹿野城より追放された。再び流浪の身となるも、まもなくして毛利秀包に仕えた。1601年、但馬国村岡城主山名豊国に仕え200石を領した。

田公綱典【たこうつなのり(15??~15??)】

八上郡日下部城主。別名秋庭綱豊。1577年、「第一次但馬国侵攻」では、羽柴秀吉勢の攻撃を受け落城、気多郡宮吉城主田公高家を頼って落延びた。その後、山名豊国勢に属して羽柴秀吉と戦った。1581年、「第二次鳥取城の戦い」では、羽柴秀吉勢に属して山名豊国とともに参陣した。山名豊国が七美郡村岡城主になると執事として仕えた。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

田公澄典【たこうすみのり(15??~15??)】

田公綱典の男。山名豊国の用人を務めた。

田公宗彰【たこうむねあき(1573~1646)】

田公綱豊の次男。別名「沢庵和尚」。臨済宗の僧。1583年、出石城下の唱念寺で出家した。宗鏡寺に入り、希先西堂に師事。1591年、希先西堂が病没後、出石城主前野長康から春屋宗園の弟子薫甫宗忠とともに宗鏡寺に招いた。1594年、薫甫が大徳寺住持となり上京したため、沢庵和尚もこれに従い大徳寺に入った。薫甫の病没後、和泉国堺で南宗寺陽春院の一凍紹滴に師事した。1607年、大徳寺首座となり、大徳寺塔中徳禅寺に住むとともに南宗寺にも住持した。1609年、大徳寺の住持に任じられた。田公宗彰は大徳寺を去り堺へ戻った。1620年、郷里出石に帰り、出石城主小出吉英が再興した宗鏡寺に庵を結んだ。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

田公高家【たこうたかいえ(15??~15??)】

山名豊国家臣。気多郡宮吉城主。通称新助。田公流銃術の名手。1578年、羽柴秀吉が因幡国に侵入すると、羽柴秀吉に内応した。1580年、吉川元春の攻撃を受け落城した。毛利輝元勢に属した。1579年、「第一次鳥取城の戦い」では、多気郡の重要拠点宮吉城を守って羽柴秀吉勢と戦った。1581年、織田信長勢の鹿野城主亀井茲矩に内応したが、発覚杉原盛重によって鎮圧された。妻子とともに宮吉城から亀井茲矩のもとに落延びた。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

田公豊高【たこうとよたか(15??~15??)】

山名豊国家臣。官途は土佐守。

田尻大膳【たじりだいぜん(15??~1581)】

荒山城主。1581年、「第二次鳥取城の戦い」で羽柴秀吉勢と戦い討死した。

丹比孫之丞【たんぴまごのじょう(15??~1581)】

八頭郡鷹山城主。1559年、隆平城主波多野民部大輔を討取った。1581年、「第二次鳥取城の戦い」で、羽柴秀吉に敗れ、敗走中に一揆勢に謀殺された。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取図書館。

徳吉将監【とくいししょうげん(15??~15??)】

山名豊国家臣。徳吉城主。1563年、鳥取城主武田高信が山名誠通に謀反を起こすと、武田高信勢に属した。武田高信が滅亡後すると、毛利輝元税に属した。1581年、「第二次鳥取城の戦い」では、鳥取城に籠城したが敗れた。

----------------------------

【な】

中島正義【なかじままさよし(15??~1590)】

巨濃郡中島城主。通称与七郎。別名山名正義。武田高信と結び山名誠通勢と戦い勢力を拡大した。

中島正時【なかしままさとき(15??~1612)】

中島正義の男。通称四郎左衛門。別名山名正義。道竹城主山名豊弘に属した。1580年、巨濃郡内陸上、宇治、大野の三ヵ所を領した。1581年、「第二次鳥取城の戦い」後、所領を失い流浪の身となった。

長砂伊賀守【ながさないがのかみ(15??~15??)】

毛利豊元家臣。八頭郡長砂城主。

長砂与五郎【ながすなよごろう(15??~15??)】

長砂伊賀守の男。山名豊国が羽柴秀吉に内応すると、毛利豊元は、その使者を長砂与五郎、西村孫三郎らに命じて謀殺させた。

中原木工允【なかはらもくのじょう(15??~1546)】

武田国信家臣。1546年、「橋津川の戦い」に参陣して、矢を受け落馬した尼子豊久を討取る戦功を挙げた。尼子豊久勢は総崩れとなったが、尼子国久が兵を立て直し、武田国信勢に猛攻を加えたために、武田国信勢は壊滅し中原木工允は討死した。

中村政重【なかむらまさしげ(15??~15??)】

高草郡新山城主。山名誠通家臣。通称新三郎。1560年、「私部表の戦い」に参陣した。「布勢仙林寺の戦い」で戦功を挙げた。1545年、新山城主に任じられた。1546年、山名誠通と対立する山名祐豊に寝返って山名祐豊に仕え、後に山名豊数に仕えた。1561年、「若桜の戦い」で継嗣を失った。1563年、「湯所口の戦い」で中村豊重らが相次いで討死する事態に見舞われた。

中村豊重【なかむらとよしげ(15??~1563)】

中村政重の次男。官途は伊豆守。通称十兵衛尉。1560年、「私部の戦い」に父中村政重とともに参陣した。1561年、「若桜の戦い」で父中村政重が討死すると中村家の家督を相続した。1562年、「家之山の戦い」では、山名豊数勢に属して参陣して戦功を挙げた。1563年、「湯所口の戦い」では、大将に任じられ、山名誠通勢を率いて武田高信を攻撃したが、反撃を受け討死した。

中村国重【なかむら にしげ(15??~15??)】

中村豊重の次男。通称源八郎。1563年、「湯所口の戦い」で父中村豊重が討死後、中村家の枝連衆が中村国重の家督相続に反対し、中村家中が混乱した。山名豊数が仲裁に入り、家中の争いを収めた。その後は山名豊数に重用された。1564年、八東郡、高草郡、気多郡、法美郡内で所領を与えられた。山名豊数の病没後は山名豊国に仕えた。1573年、「鳥取城の戦い」では、山名豊国勢に属して参陣した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

【は】

風坂頼武【はいさかよりたけ(15??~1560)】

伊田下野守家臣。八頭郡栃谷城主。通称左衛門尉。1560年、小倉茲政に滅ぼされた。

橋本正恒【はしもとまさつね(15??~15??)】

邑美郡橋本城主。山名豊国家臣。橋本正頼の男。通称将監。1563年、鳥取城主武田高信が山名誠通に謀反を起こした際、その謀反を憎み猪子山城主別所弾正忠とともに武田高信を攻撃したが、武田高信勢の反撃を受け降伏した。

橋本宗継【はしもとむねつぐ(1528~1580)】

橋本正恒の男。兵通称庫頭。父橋本正恒は武田高信に敗れ但馬国養父郡へ逃れ坂本城を築城した。1580年、羽柴秀吉勢が八木城を降して、坂本城も落城自刃した。

橋本宗信【はしもとむねのぶ(15??~15??)】

橋本宗継の男。通称六郎右衛門。1580年、坂本城が落城して父橋本宗継が自刃すると帰農した。

波多野民部大輔【はたのみんぶさいふ(15??~1559)】

八頭郡隆平城主。1559年、鷹ノ山城主丹比孫之丞川狩りに事寄せて、丹比孫之丞を謀殺しようとしたが、逆に丹比孫之丞の策略にはまり伏兵を受け、討死した。

林玄朴【はやしげんぼく(15??~15??)】

八頭郡岩神城主。1544年、尼子晴久の侵攻を受け降伏した。

樋土佐右衛門【ひどすけえもん(15??~1616)】

山名豊国家臣。高草郡大崎城。通称孫左衛門。1581年、「第二次鳥取城の戦い」では、毛利輝元勢に属して羽柴秀吉勢と戦った。羽柴秀吉が鳥取城を攻略すると、宮部継潤の仲介で羽柴秀吉勢に降り、宮部継潤に仕えた。1600年、「関ヶ原の役」で、宮部長房は松平元康勢に属したが途中で石田三成勢に寝返った。役後改易処分に処されると、懸樋孫左衛門と称して帰農した。

姫地玄蕃允【ひめじげんばのじょう(15??~15??)】

毛利豊元家臣。1573年、「私都城の戦い」では、牛尾大蔵とともに私都城に籠城。尼子勝久の家臣山中盛勢を攻撃を撃退した。

兵主源六【ひょうずげんろく(15??~15??)】

気高郡金剛城主。毛利輝元に属したため、鹿野城主亀井茲矩の攻撃を受けた。1580年、亀井茲矩は金剛城の城下で踊りを催して、兵主源六を呼び寄せ、城を留守にした隙に金剛城を攻め落とした。

広岡国宣【ひろおかくにのぶ(15??~15??)】

武田高信家臣。官途は甲斐守。武田高信は橋本城を攻略すると家臣広岡国宣を城主に任じた。1576年、武田高信が山名豊国に謀殺されたため、広岡国宣は後ろ盾を失い流浪した。

広田良利【ひろたよしとし(15??~15??)】

八頭郡鴉ヶ城主。民部大輔。

広田良膳【ひろたりょうぜん(15??~15??)】

広田良利の男。通称民部。1581年、羽柴秀吉勢による攻撃を受け落城した。後に商人となった。

福田光信【ふくだみつのぶ(15??~15??)】

武田高信家臣。八頭郡中山城主。通称新三郎。武田高信勢に属して山名豊定を攻撃した。1581年、「第二次鳥取城の戦い」では、羽柴秀吉勢と戦った。

別所弾正忠【べっしょだんじょうちゅう(15??~15??)】

山名豊定家臣。猪子山城主。1563年、鳥取城主武田高信が山名誠通に謀反を起こした際、その謀反を憎み橋本正恒とともに武田高信を攻撃したが、武田高信勢の反撃を受け降伏した。

----------------------------

【ま】

三上経実【みかみつねざね(15??~1541)】

巨濃郡道竹城主。官途は兵庫頭。1538年、山名誠通による岩井庄の押領を大館常興そ介して足利幕府に行ったが不調に終わった。1541年、道竹城下で山名誠通勢の攻撃を受け討取られた。三上経実の討死後、残された内室の再婚や姉妹の継嗣争いの干渉など多くの問題を起こった。大館常興や幕府奉行人衆の飯尾貞広、治部貞兼の助言などにより、伯耆山名家枝連衆の三上不二郎を養子として三上家を相続させた。

三上輝房【みかみてるふさ(15??~15??)】

山名摂津守の男(三上経実の養子)。通称不二郎。1541年、「道竹城の戦い」で養父三上経実が討死したため、大舘尚氏らの仲介により婿養子となり、三上家の家督を相続した。

三上豊範【みかみとよのり(15??~15??)】

巨濃郡二上山城主。官途は兵庫頭。1563年、武田高信と同盟を結び山名豊国と戦った。

目黒伝之助【めぐろでんのすけ(15??~15??)】

八頭郡水尾城主。武田高信の鵯尾城を攻撃したが反撃を受け自滅した。懐妊中の内室は家臣の大熊治郎右衛門、佐藤十介とともに水根村に落延びた。

私部毛利信濃守【もうりしなののかみ(15??~15??)】

八頭郡市場城主。1546年、山崎城主毛利中将を撃ち滅ぼした。1569年、尼子勝久勢と結び、若桜鬼ヶ城主矢部山城守、丹比城主丹比孫之丞、用瀬城主用瀬備前守などとともに鳥取城の武田高信を攻撃した。

私部毛利豊元【もうりとよもと(15??~1581)】

毛利信濃守の男。官途は豊前守。1581年、山名豊国が羽柴秀吉勢に属した後も毛利豊元は毛利輝元勢に残った。山名豊国が羽柴秀吉に状況報告するため派遣した使者の北河監物と西村孫右衛門が討取った。毛利豊元は鳥取城に籠城し、羽柴秀吉と戦ったが、吉川経家の自刃により開城、行方不明となった。

山崎毛利中将【もうりちゅうじょう(15??~1555)】

法美郡山崎城主。1555年、「山崎の戦い」で毛利豊元勢の攻撃を受け家臣とともに但馬国に落延びた。

毛利左近丞【もうりさこんのじょう(15??~1560)】

毛利豊元家臣。1560年、「私部城の戦い」で討死した。

用瀬備前守【もちがせぜんのかみ(15??~1580)】

山名豊国家臣。古用瀬城主。1580年、用瀬備前守は磯部康氏の攻撃により滅ぼされた。

井村素安【むらいもとやす(15??~15??)】

尼子晴久家臣。気多郡山宮村館主。通称角兵衛。毛利元就勢の攻撃を受け、亀井茲矩のもとに落延びた。後に亀井茲矩に仕え山宮村を領した。

----------------------------

【や】

矢田幸佐【やだゆきさ(15??~15??)】

荒神山城主。通称七郎左衛門。武田高信に属した。1576年、武田高信が山名豊国に謀殺されると毛利元就勢に属した。1580年、羽柴秀吉は因幡国の諸城を攻略した。羽柴秀吉に属する鹿野城主亀井茲矩が、荒神山城を攻撃したが、矢田幸佐は島崎家と連携しこれに対抗した。しかし島崎家は謀略により亀井茲矩についた城は陥落、矢田幸佐は倉吉城に落延びた。

矢部吉茂【やべよししげ(15??~1575)】

八頭郡若桜鬼ヶ城主。通称太良左衛門。室町幕府奉公衆。1575年、尼子勝久の家臣山中幸盛勢の攻撃を受け討死した。

矢部三郎次郎【やべさぶろうじろう(15??~15??)】

矢部吉茂の男。1575年、尼子勝久の家臣山中幸盛勢の攻撃を受け若桜鬼ヶ城が落城すると、但馬国に落延びた。

矢部小次郎【やべこじろう(15??~15??)】

山名誠通家臣。水無之城主。

山田家治【やまだいえはる(15??~15??)】

大野城主。官途は安芸守。1580年、羽柴秀吉勢による鳥取城攻撃の際に落城した。

因幡山名豊治【やまなとよはる(15??~1527)】

高草郡天神山城主。山名豊重の男。官途は治部少輔。通称小次郎。1510年、足利義材に太刀、馬、銭二千疋を義材に献上した。1512年、父山名豊重が叔父山名豊頼に謀殺され、山名豊頼が守護職を強奪すると守護職を回復するため、山名誠豊の支援を受ける山名豊頼と戦った。1513年、布勢天神山城に山名豊頼を追い詰めた。1515年、山名豊頼を追放処分として、因幡国守護職を回復した。足利義材の側室に妹の阿茶局を嫁がせた。但馬国守護職山名誠豊と抗争を繰り返した。1523年、「布施仙林寺の戦い」では、山名誠豊の支援を受けた山名豊頼勢の攻撃を受けた。

因幡山名誠通【やまなのぶみち(15??~1548)】

山名豊頼の男。因幡国守護職。官途は左馬助。1527年、父山名豊治の病没により因幡山名家の家督を相続した。山名誠豊が没し、山名祐豊が山名総領家の家督を相続すると、山名祐豊と対立した。1545年、鳥取城を築城し、山名祐豊の侵攻に備えた。1548年、山名祐豊勢の攻撃を受け討死した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

因幡山名豊成【やまなとよなり(15??~15??)】

山名誠通の男。山名祐豊の弟山名豊定が因幡国守護職に

但馬山名家を後ろ盾として因幡国へ勢力を扶植し、因幡守護的な地位におさまった。尼子晴久は山名豊成を支援して度々争った。

山名豊成は鹿野城に拠り毛利元就勢と山名

家に対抗した。1562年、山名豊成は鹿野城にあって因幡国の要所を押さえながらも尼子晴久の病没により尼子家の支援は無くなり、因幡国の掌握を目指す武田高信によって謀殺された。

因幡山名豊次【やまなとよつぐ(15??~15??)】

山名誠通の次男。通称弥次郎。高草郡立見峠で武田高信勢に討たれ、因幡山名家は絶家した。

山名豊定【やまなとよさだ(1512~1560)】

山名致豊の男。官途は中務少輔。室は細川高国の娘。1528年、叔父但馬守護山名誠豊が病没すると、その養子となって家督と但馬守護職を継承した兄山名祐豊の命令で因幡国に入って、毛利方となっていた山名誠通を抑えて鳥取城、岩井城を中心にして因幡の支配を務めた。1548年、山名誠通を討って、因幡支配を確立している。山名豊定自身は山名誠通没落後に下向し、守護職に就任した。1552年、因幡国守護職には尼子晴久が正式に幕府から任命された。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

山名豊弘【やまなとよひろ(15??~15??)】

山名致豊の三男。1563年、反守護家を掲げて挙兵した武田高信によって新守護に擁立された。山名豊弘は、道竹城を拠点として「岩井屋形」と称したが、実権は武田高信が握り、守護権力は制限を受けた。毛利元就の支援を受けた山名豊弘、武田高信らは山名豊数を攻撃した。布施衆を鹿野城に退却させるなど因幡国において優位な立場を得るも、地元の国人掌握に苦慮した上に但馬の山名祐豊の介入を招くなど、その優位は絶対的なものではなかった。1569年、但馬衆の攻撃により本拠地の岩井城から退却を余儀なくされた。1570年、但馬衆の支援を受けた山名豊国が侵入した。1572年、尼子勝久、山中幸盛が侵入した。1573年、山名豊弘の後ろ盾となっていた武田高信は「甑山城での戦い」で山中幸盛に敗れ、山名豊国に鳥取城を明け渡すなど勢力圏を縮小させた。山名豊国が毛利輝元と和議を結ぶと、山名豊弘、武田高信陣営は劣勢に立たされた。1576年、武田高信が山名豊国の計略で自刃すると、山名豊弘は但馬国に落延びた。

山名豊数【やまなとよかず(15??~1564)】

山名豊定の男。通称源十郎。1561年、病没した山名棟豊に代わって因幡国守護職の座に就いた。因幡国内は但馬山名家の支配からの自立を目指す国人勢力が八上郡、八東郡を中心に根強く、家中掌握もままならないうえに、山名豊数はこれらの勢力との争いに苦慮することになった。1563年、反守護を掲げた武田高信が新守護山名豊弘を擁立して挙兵した。山名豊数は武田高信との「湯所口の戦い」で敗退し、重臣中村伊豆守が討死にした。武田高信の攻撃により、守護所のある布勢天神山城から鹿野城に後退した。山名豊数らの守護勢は但馬の山名宗詮の支援を受けるなどしたが、毛利元就やその傘下の伯耆国人衆の支援を受けた武田高信勢の前に劣勢は続いた。1564年、鹿野城も攻撃を受けた。山名豊数は失意の内に病没した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

山名豊国【やまなとよくに(1548~1626)】

山名豊定の次男。官途は中務大輔。1560年、父山名豊定が病没後、兄山名豊数が山名家の家督を相続したため、岩井城を領した。山名豊数や武田高信の攻撃を受け但馬国八束郡に落延び、伯父山名祐豊を頼った。1564年、山名豊数が病没すると、尼子勝久、山中幸盛らの支援を得て因幡山名家の家督を相続した。1573年、毛利輝元の家臣吉川元春勢の攻撃を受け降伏した。1578年、織田信長勢に属した。1581年、「第二次鳥取城の戦い」では、家臣の中村春続、森下道誉らが徹底抗戦を主張したが羽柴秀吉勢に降伏した。1581年、「第二次鳥取城の戦い」では、羽柴秀吉勢に参陣して吉川経家が籠城する鳥取城を攻撃した。1592年、「文禄の役」に参陣して肥前名護屋城を守備した。1598年、羽柴秀吉が病没すると松平元康に属した。1600年、「関ヶ原の役」では、戦功を挙げ、但馬国七美郡村岡城6,700石を領した。参考資料:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

山名豊政【やまなとよまさ(1571~1630)】

山名豊国の男。通称平右衛門。室は大沢基宿の娘。下総国葛飾郡1,000石を領した。1617年、山名家の家督を相続し、但馬国福岡領主となった。

山名弾正忠【やまなだんじょうちゅう(15??~15??)】

狗屍那城主。高尾城主島崎家と争っていた所を、鹿野城主亀井茲矩野攻撃を受け討死した。

吉岡春斎【よしおかしゅんさい(15??~15??)】

高草郡防己尾城主。山名豊定家臣。湖山池西岸を本拠とした国人領主で、代々因幡山名家に仕えた。

吉岡定勝【よしおかさだかつ(1532~1606)】

吉岡春斎の男。官途は安芸守。1573年、吉岡定勝は因幡国に侵攻した吉川元春に降って本領を安堵された。1581年、織田信長の命を受けた羽柴秀吉による鳥取城攻撃の際には毛利輝元に属して、防己尾城に籠城して羽柴秀吉勢を迎え撃った。羽柴秀吉勢の防己尾城攻撃は合計三回行われたが、吉岡定勝は湖水が入り組んだ地形を巧みに生かしたゲリラ戦法を展開して羽柴秀吉勢を撃退した。特に二度目の攻撃の際は、羽柴秀吉自慢の千成瓢箪の馬印を奪取するほどの大勝だった。その後、羽柴秀吉勢の長囲による兵糧攻めにあって落城した。

吉岡右近【よしおかうこん(15??~15??)】

吉岡春斎の次男。

吉川太郎兵衛【よしかわたろべえ(15??~15??)】

八東郡吉川村の庄屋。別名小椋太郎兵衛。1579年、羽紫秀吉が因幡国に侵攻した際、川の音で安眠を妨げられていた羽柴秀吉のために、川の音を止めて安眠を助けた。参考文献:『鳥取県郷土人物文献データベース』by鳥取県立図書館。

因幡吉見範隆【よしみのりたか(15??~15??)】

巨濃郡姥ヶ谷城主。通称兵部少輔。

因幡吉見範仲【よしみのりなか(15??~1579)】

吉見範隆の男。通称兵部大輔。1579年、羽柴秀吉の因幡攻めの際、姥ヶ谷城も攻略され討死した。

和田祐興【わだすけおき(15??~15??)】

草苅重継家臣。八頭郡乗雲ヶ出城主。通称乗雲。

----------------------------

【資料Ⅰ】

因幡国(八郡/98,000石)

巨濃郡:姥ヶ谷城、道竹城。
法美郡:山崎城。
八上郡:日下部城。
八頭郡:市場城。
智頭郡:淀山城。
邑美郡:橋本城、鳥取城。
高草郡:天神山城、防己尾城。
気多郡:鹿野城、宮吉城。

----------------------------

【資料Ⅱ】

調査中。

----------------------------

【資料Ⅲ】

因幡国【いなばのくに】

山陰道の国。東は但馬、西は伯耆、南は美作、播磨の各国に境を接し、北は日本海に面する。東から南にかけての国境地帯には、氷の山、三室山、那岐山といった中国山地の山々が連なる。このため、他国の侵攻に際して蒲生、戸倉、志戸坂などの峠を重点的に防備を行えば守備を行い易い。京都ににも近いため、開発も早くから行われたが、千代川の氾濫が度々起こった。日本海には長い海岸線で接するが、海岸線には砂丘と砂浜が多く、大型船舶の寄航に適した良湊がない。

賀露湊【かろみなと】

鳥取平野の中央部を南北に流れる千代川河口部の湊街。古代以来、因幡国の海上交通、流通の要衝。内陸と河口付近の賀露を結ぶ河川水運を背景にしての参拝道。堅田商人ら畿内の商人にとって因幡国の海と陸の結節点に位置する賀露の湊。1581年、羽柴秀吉勢の侵攻に備えるため、石見国より毛利輝元の家臣吉川経家が賀露湊に上陸して鳥取城に入城した。その後、賀露は鳥取城を包囲する羽柴秀吉勢に占領された。毛利輝元勢は日本海を通じて鳥取城に兵糧を搬入しようとしたが、賀露の沖合に停泊していた羽柴秀吉勢の海賊衆に阻止された。この攻防で賀露の地は兵火に包まれ、人民は離散し、神社も破滅に及んだ。

----------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※参考文献:『戦国大名家臣団辞典(西国編)』by新人物往来社、『戦国大名系譜人名辞典(西国編)』by新人物往来社、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)』by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------