2012年7月25日水曜日

戦国美作国人名辞典

----------------------------

【あ】

安積小四郎【あずみこしろう(15??~15??)】

新免宗貫家臣。安積屋敷主。

尼子照平【あまこてるひら(15??~1574)】

尼子晴久家臣。高陣城主。1574年、「鬼山城の戦い」で玉置玄蕃守を討取るも自らも討死した。

粟井正晴【あわいまさはる(15??~15??)】

宇喜多直家家臣。吉野郡粟井城主。通称三郎兵衛。鑓の名手。鉄炮頭として800石を領した。1582年、「八浜の戦い」では、宇喜多直家が病没後、毛利輝元の家臣穂井田元清勢の攻撃を受けた。宇喜多忠家に従って戸川秀安、岡利勝らとともに迎撃した。穂井田元清勢の村上八郎右衛門が海賊衆を率いて宇喜多忠家勢の側面を攻撃したため宇喜多基家が討死した。宇喜多忠家勢は敗走したが、殿の戸川秀安、能勢頼吉、馬場職家、岸本惣次郎、小森三郎右衛門、粟井三郎兵衛、国富貞次、宍甘太郎兵衛らの活躍により穂井田元清勢の追撃を振り切った。1597年、「漢南の戦い」では、宇喜多秀家に従って渡海して戦功を挙げた。参考文献:『戦国人名事典』by新人物往来社。

安藤為泰【あんどうためやす(15??~15??)】

後藤勝国家臣。勝北郡真加部館主。官途は信濃守。別名安東為泰。

安藤相馬【あんどうそうま(15??~15??)】

後藤勝基家臣。1579年、「三星城の戦い」では、難波利介、柳澤太郎兵衛、後藤久元、小坂田吉詮、下山正武、浦上景行らとともに倉掛城の宇喜多直家の家臣延原景光勢を攻撃した。宇喜多直家の諜略により内応して城に火をかけ宇喜多直家勢を城内に引き入れた。

井口長兵衛【いぐちちょうべい(15??~15??)】

新免宗貫家臣。1580年、「塀高城の戦い」では、新免総兵衛らとともに草刈重継に内応して新免宗貫勢と戦ったが、宇喜多直家に支援を受けた新免宗貫の反撃を受け敗走した。

池田新兵衛【いけだしんべい(15??~15??)】

牧尚春家臣。

井原越前守【いはらえちぜんのかみ(15??~15??)】

三浦貞盛家臣。若代城主。

江見久盛【えみひさもり(15??~15??)】

英田郡倉敷城主。官途は下総介。1532年、尼子経久の意向を受けた尼子晴久勢が美作国に侵攻するとそれに従った。大河原貞尚と縁戚関係を結び、美作国で勢力を拡大した。1548年、高田城主三浦貞勝を従属させた。尼子晴久は、美作国に河副久盛、宇山誠明、宇山飛騨守らを派遣して東美作国の支配体制を強化した。浦上宗景勢の侵攻も度々撃退し、後藤勝基の反乱も鎮圧した。1561年、尼子晴久の病没後、毛利元就が出雲国に侵攻すると、河副久盛、宇山誠明、宇山飛騨守らが帰還すると美作国衆が謀反を起したがこれを鎮圧した。1569年、立原久綱、山中幸盛らが尼子勝久擁を擁立すると参陣した。宇喜多直家勢の攻撃を受け衰退した。

江見久次【えみひさつぐ(15??~15??)】

江見久盛の男。1562年、浦上宗景に内応した後藤勝基勢を撃退する戦功を挙げた。1555年、「林野城の戦い」では、浦上宗景と結んだ後藤勝基勢が林野城を攻撃すると、江見久盛に従って水島左京助、長瀬三郎兵衛らとともに後藤勝基勢を撃退した。

江見源内【えみげんない(15??~15??)】

新免宗貫家臣。源内屋敷主。

江原佐次【えばらさだつぐ(15??~15??)】

久米郡中山手城主。

江原親次【えばらちかつぐ(15??~1598)】

江原佐次の男。官途は兵庫助。通称又四郎。室は宇喜多直家の娘。1579年、「高畑城の戦い」では、宇喜多直家が織田信長勢に内応したため、毛利輝元の家臣吉川元春勢の攻撃を受け敗退した。1582年、篠向城代に任じられ10,000石を領した。1584年、「岩屋城の戦い」では、毛利輝元の家臣中村頼吉が守る岩屋城を攻撃した。1592年、「文禄の役」では、宇喜多秀家に従って参陣したが、釜山城で病没した。

江原三之丞【えばらさんのすけ(15??~1607)】

江原佐次の次男。宇喜多秀家に仕えて400石を領した。1592年、「文禄の役」では、宇喜多秀家に従って参陣した。1600年、「関ヶ原の役」後、宇喜多秀家が改易処分に処されると美作国に隠棲した。

江原高次【えばらたかつぐ(15??~1615)】

江原親次家臣。宇喜多直家に従って10,000石を領した。1600年、「関ヶ原の役」後、宇喜多秀家が改易されると備前国で隠棲していた。1614年、「大坂冬の陣」では、羽柴秀頼勢に属して参陣した。1615年、「天王寺、岡山の戦い」では、天王寺口を守備したが、松平元康の家臣松平忠直勢の攻撃受け壊滅した。

大河原大膳大夫【おおがわらだいぜんだいふ(15??~15??)】

赤松晴政家臣。苫田郡葛下城主。1531年、浦上村宗が摂津国で討死すると、美作国西郡守護代職を巡って中村則治勢と争った。1538年、「葛下城の戦い」では、尼子晴久勢の攻撃を受け落城した。

大河原貞尚【おおがわらさだなお(15??~15??)】

三浦貞国の次男(大河原大膳大夫の婿養子)。別名三浦貞尚。尼子晴久勢の支援を受け中村則治勢を追い落した。1551年、尼子晴久勢の先陣を務め戦功を挙げた。1559年、「高田城の戦い」では、金田弘久、牧河内守らとともに三浦貞勝を擁立して高田城を攻撃した。1561年、「月田口の戦い」では、三村家親勢と戦った。1567年、浦上宗景の家臣三宅ニ郎右衛門に社領の分の普請課役の免除を申し出た。

大蔵秋清【おおくらあききよ(15??~15??)】

赤松義村家臣。官途は越中守。1530年、中村則治と連署して神戸郷内の田地を幻住庵に寄進した。

大原主計助【おおはらしゅけいのすけ(15??~15??)】

毛利輝元家臣。西浦城主。1581年、「岩屋城の戦い」では、中村頼宗らとともに宇喜多直家の城代浜口家職を備前国に追い落した。

岡本氏秀【おかもとうじひで(15??~15??)】

浦上宗景家臣。通称太郎左衛門尉。1560年、美作国衆の難波孫左衛門との取次役を務めた。1568年、大田原長時、服部久家、日笠頼房、明石行雄、延原景能らとともに領地争いの書状に連署した。1569年、「高田城の戦い」では、三浦貞広を明石行雄、長船綱直、岡貞綱らとともに支援して城代の香川広景勢と戦った。1570年、「高田城の戦い」で三浦貞広が高田城を奪還すると、その取次役を務めた。1574年、「第一次天神山城の戦い」では、浦上宗景に従って宇喜多直家勢と戦ったが沼本久家、沼本豊盛、菅納家晴らが宇喜多直家勢に属したため、美作国内で孤立した。1575年、「蓮花寺城の戦い」では、中島隆重、延原家次らとともに沼本久家、沼本豊盛、菅納家晴らが守る蓮花寺城を攻撃したが敗退した。「第二次天神山城の戦い」では、浦上宗景の家臣明石行雄らが内応したため、浦上宗景は滅亡した。

岡本秀広【おかもとひでひろ(15??~15??)】  

岡本氏秀の男。1571年、「佐井田城の戦い」では、宇喜多直家勢の伊賀久隆、植木秀資らとともに三村元親、荘元祐勢を撃退した。1575年、「第二次天神山の戦い」で浦上宗景が宇喜多直家に敗れると、宇喜多直家に従った。1578年、「播磨上月城の戦い」では、宇喜多直家に従って羽柴秀吉勢と戦い戦功を挙げた。1580年、「高田城の戦い」では、牧左馬助とともに毛利輝元勢の鷲見源之丞を討取る戦功を挙げた。1592年、「文禄の役」では、宇喜多秀家に従って渡海した。1593年、「第二次晋州城の戦い」では、晋州牧使の徐礼元を討取る戦功を挙げた。1600年、「関ヶ原の役」後、宇喜多秀家が改易処分に処されると所領を失った。

----------------------------

【か】

片山久義【かたやまひさよし(15??~15??)】

草刈衡継家臣。苫田郡沖溝城主。官途は木工助。1580年、「沖溝城の戦い」では、宇喜多直家勢の攻撃を受けたが、沖溝城を守り抜いた。

片山久安【かたやまひさやす(1574~1650)】

竹内久盛の次男。官途は伯耆守。片山伯耆流を起こした。

片山常政【かたやまつねまさ(15??~15??)】

片山城主。官途は壱岐守

片山助兵衛【かたやますけべい(15??~15??)】

片山常政の男。1582年、「備中高松城の戦い」では、毛利輝元勢に従い高松城に籠城した。

岸氏勝【きしうじかつ(15??~15??)】

杉山為就家臣。1580年、「鶴田城の戦い」で宇喜多直家勢の攻撃を受けると、二の丸に宇喜多直家勢を導き、鶴田城を落城に追い込んだ。

木村勘兵衛【きむらかんべい(15??~15??)】

中村頼宗家臣。1581年、「岩屋城の戦い」では、中村頼宗の意向を受け桜井直豊らとともに浜口家職が守る岩屋城を攻落とした。

草刈衡継【くさかりひらつぐ(15??~15??)】

東北条郡矢筈山城主。草刈景継の男。1532年、因幡国から美作国矢筈城に転封して近隣諸豪や尼子晴久勢と対抗した。1539年、尼子晴久、浦上村宗、浦上宗景らと戦いこれを撃退した。1540年、「安芸吉田郡山城の戦い」で尼子晴久勢が毛利元就に敗れると、毛利元就と結び尼子晴久勢と対抗した。1542年、「第一次月山富田城の戦い」で大内義隆が尼子晴久に敗れると、尼子晴久勢の攻勢を受けた。1553年、「高山城の戦い」では、尼子晴久勢の攻撃を受けたがこれを撃退した。

草刈景継【くさかりかげつぐ(15??~1579)】

草刈衡継の男。1566年、父草刈衡継の隠居により草刈家の家督を相続した。1563年、因幡国の武田高信が毛利元就と結び勢力を拡大すると、武田高信と対立した。1572年、毛利元就は内海兵庫助らを使者に遣わして、武田高信との和議を諮ったが武田高信に有利な裁定だった。1578年、宇喜多直家が織田信長と結び毛利輝元勢に対抗すると、美作国衆は、後藤勝基らとともに織田信長勢の新免宗貫と戦った。1579年、「琴戸崎の戦い」では、新免宗貫勢を撃退したが、新免宗貫勢の別働隊から横槍を受け、白岩阿波守らとともに討死した。

草刈重継【くさかりしげつぐ(15??~15??)】

草刈衡継の次男。官途は対馬守。1579年、「琴戸崎の戦い」で兄草刈景継が自刃したため、草刈家の家督を相続した。1580年、「塀高城の戦い」では、内応した井口長兵衛、新免総兵衛らを支援して新免宗貫勢と戦ったが、宇喜多直家の支援を受け新免宗貫勢の反撃を受け敗走した。

草刈重久【くさかりしげひさ(15??~1579)】

英田郡佐淵城主。草刈衡継の三男。通称与次郎。1578年、佐淵城から宇喜多直家勢に属する新免宗貫、粟井右京進らの村々に 放火、狼藉を行った。1579年、「筏津姥ヶ原の戦い」では、新免宗貫、粟井右京進らと戦い敗走、佐淵城に落延びる途中で新免家貞の追撃を受け討死した。

小坂家房【こさかいえふさ(15??~16??)】  

浦上宗景家臣。小坂弥三郎の男。久米郡小松尾館主。通称宇兵衛。1565年、「興善寺の戦い」で三村家親勢と戦って戦功を挙げた。1575年、「第二次天神山の戦い」で浦上宗景が宇喜多直家に敗れると、宇喜多直家に従った。1600年、「関ヶ原の役」で宇喜多秀家が改易処分に処されると、久米郡南庄村で大庄屋を務めた。

小坂田但馬守【こさかたたじまのかみ(15??~15??)】

後藤勝国家臣。英田郡友野城主。

小坂田河内守【こさかたかわちのかみ(15??~15??)】

小坂田但馬守の男。

小坂田官兵衛【こさかたかんべい(15??~1621)】

通称又四郎。数度軍功あり。感状折紙を尼子晴久より賜う。

小坂田善右衛門【こさかたぜんえもん(15??~15??)】

後藤勝基家臣。1579年、「三星城の戦い」で後藤勝基が宇喜多直家勢に敗れ滅亡すると、帰農した。

小坂田吉詮【こさかたよしあき(15??~15??)】

後藤勝基家臣。1579年、「三星城の戦い」では、安藤相馬、難波利介、柳澤太郎兵衛、後藤久元、下山正武、浦上景行らとともに倉掛城の宇喜多直家の家臣延原景光勢を攻撃した。宇喜多直家の諜略により安藤相馬が内応して城に火をかけ宇喜多直家勢を城内に引き入れた。西の丸を守っていた難波利介と柳澤太郎兵衛は落延びる途中、宇喜多直家勢に追われ討取られた。

後藤勝国【ごとうかつくに(14??~15??)】

勝田郡三星城主。後藤勝政の男。1502年、「美和山城の戦い」で立石久朝を滅ぼした。1556年、「庄内の戦い」で豊福肥前守を備前国に追い落した。

後藤勝基【ごとうかつもと(1538~1579)】

後藤勝国の男。官途は摂津守。通称左衛門尉。1560年、「倉敷城の戦い」では、浦上宗景勢と結んで尼子晴久勢の江見久盛を攻撃した。1562年、浦上宗景勢の先導役を務め尼子晴久勢と戦ったが敗れた。1563年、「三星城の戦い」では、三村家親勢の攻撃を受けたが浦上宗景勢の支援を受け撃退した。1571年、「三星城の戦い」では、浦上宗景勢の攻撃を受けたが毛利元就の支援を受け撃退した。1572年、毛利元就と浦上宗景が和議を結ぶと後藤勝基も和議を結んだ。

後藤元政【ごとうもとまさ(15??~1579)】

後藤勝基の男。通称与四郎。1574年、父後藤勝基の隠居により後藤家の家督を相続した。1579年、「三星城の戦い」では、宇喜多直家の家臣延原景能勢の攻撃を受け後藤勝基とともに戦ったが宇喜多直家勢の調略や火計により落城、後藤勝基とともに自刃した。

後藤久元【ごとうひさもと(15??~15??)】

後藤勝基家臣。1579年、「三星城の戦い」では、安藤相馬、難波利介、柳澤太郎兵衛、小坂田吉詮、下山正武、浦上景行らとともに倉掛城の宇喜多直家の家臣延原景光勢を攻撃した。後藤久元は延原景光と一騎打ちを行ったが討取ることはできなかった。宇喜多直家の諜略により安藤相馬が内応して城に火をかけ宇喜多直家勢を城内に引き入れた。西の丸を守っていた難波利介と柳澤太郎兵衛は落延びる途中、宇喜多直家勢に追われ討取られた。

----------------------------

【さ】

斎藤実秀【さいとうさねひで(15??~15??)】

苫田郡小田草城主。通称次郎。1544年、尼子晴久が美作国に侵攻すると、江見久盛とともに尼子晴久に従った。1560年、尼子晴久が病没すると、浦上宗景勢の攻撃を受けた。毛利元就勢の三村家親勢に属した。

斎藤実次【さいとうさねつぐ(15??~15??)】

斎藤実秀の男。浦上宗景勢が美作国に侵攻すると、美作国衆は毛利元就の支援を受けこれに対抗した。毛利元就の意向を受けた三村家親勢に従って浦上宗景勢を備前国に追い落した。1565年、援軍要請に来た尼子勝久の家臣平野又右衛門を謀殺して、頸を毛利元就に送った。1566年、三村家親が宇喜多直家により謀殺されると、浦上宗景に属した。1569年、尼子勝久が出雲国に侵攻すると、これに属して毛利元就勢と戦うが敗退した。その後、宇喜多直家に従った。

桜井直豊【さくらいなおとよ(15??~15??)】

中村頼宗家臣。官途は越中守。1581年、「岩屋城の戦い」では、中村頼宗の意向を受け木村勘兵衛らとともに浜口家職が守る岩屋城を攻落とした。

下山正氏【しもやままさうじ(15??~1579)】

後藤勝基家臣。英田郡井の内城主。通称半内。別名下山正武。1579年、「三星城の戦い」では、安藤相馬、難波利介、柳澤太郎兵衛、後藤久元、小坂田吉詮、浦上景行らとともに倉掛城の宇喜多直家の家臣延原景光勢を攻撃した。宇喜多直家勢の攻撃を受け討死した。

渋谷国重【しびやくにしげ(15??~1573)】

浦上宗景家臣。英田郡神田山城主。通称権之丞。1573年、「神田山城の戦い」で宇喜多直家勢の攻撃を受け討死した。

白岩阿波守【しらいわあわのかみ(15??~1579)】

草刈景継家臣。1579年、「琴戸崎の戦い」では、新免宗貫勢を撃退したが、新免宗貫勢の別働隊から横槍を受け、草刈景継らとともに討死した。

新免貞重【しんめんさだしげ(15??~15??)】

英田郡竹山城主。官途は伊賀守。室は宇野家貞の娘。

新免宗貞【しんめんさだしげ(15??~15??)】

新免貞重の男。室は竹中半兵衛の娘。1554年、尼子晴久の家臣川副久盛勢の攻撃を受け所領を失った。1555年、所領奪回のため川副久盛勢と戦うが大敗した。1557年、「竹山城の戦い」で所領を奪還した。
 
新免宗貫【しんめんむねぬき(15??~15??)】

新免宗貞の男。1558年、新免家の家督を相続した。1579年、「矢筈城の戦い」では、矢筈城を攻落とすことができず撤退した。1592年、「文禄の役」に参陣した。1600年、「関ヶ原の役」後、黒田長政に仕えた。

新免宇右衛門【しんめんうえもん(15??~15??)】

新免宗貫の男。父新免宗貫とともに黒田長政に仕えた。

新免長春【しんめんながはる(15??~15??)】

新免宗貫の男。通称三郎。

新免家貞【しんめんいえさだ(15??~15??)】

新免宗貫家臣。官途は備後守。1579年、「筏津姥ヶ原の戦い」で新免宗貫に従って参陣して草刈重久を討取る戦功を挙げた。

新免総兵衛【しんめんそうべい(15??~15??)】

新免宗貫家臣。1580年、「塀高城の戦い」では、井口長兵衛らとともに草刈重継に内応して新免宗貫勢と戦ったったが、宇喜多直家に支援を受けた新免宗貫の反撃を受け敗走した。

新免治郎左衛門【しんめんじろうざえもん(15??~15??)】

新免宗貫家臣。桂坪城主。

杉山為就【すぎやまためなり(15??~15??)】

垪和為長の弟。官途は備中守。1543年、兄垪和為長が討死すると、甥の竹内為能が幼少のため、鶴田城主となった。1580年、「鶴田城の戦い」では、宇喜多直家勢の攻撃を受けると、二の丸の守将岸氏勝が内応たため落城した。

角南伊賀守【すなみしいがのかみ(15??~15??)】

英田郡江見荘の国衆。

角南重義【すなみしげよし(1538~1609)】

角南伊賀守の男。官途は刑部少輔。通称新五郎。法名「如慶」。日蓮宗の蓮花寺の住職を務めた。1574年、宇喜多直家の使者として小早川隆景のもとに赴いた。1578年、織田信忠のもとへ赴くなど、宇喜多直家の信頼も厚かった。1598年、御家騒動で宇喜多秀家のもとを退去した。不遇にあった日蓮宗僧侶日奥を援助した。1600年、「関ヶ原の役」後、松平元康に仕えた。

角南友行【すなみともゆき(15??~15??)】

角南伊賀守の次男。通称覚右衛門。宇喜多秀家のもとで本丸御番衆として1,520石を領した。1579年、「三星城の戦い」では、後藤勝基勢と戦い戦功を挙げた。1582年、「備中高松城の戦い」では、羽柴秀吉勢に従って参陣した。1599年、御家騒動で戸川達安らとともに大坂の宇喜多家邸に立て籠もるも、大谷吉継の斡旋で帰参した。1600年、「関ヶ原の役」では、参陣が許されず宇喜多秀家のもとを退去した。

妹尾孫九郎【せおまごくろう(15??~15??)】

宇喜多直家家臣。城山城主。1579年、「三星城の戦い」では、織田信長勢に寝返った宇喜多直家に従って参陣して、毛利輝元の家臣柴田権左衛門を討取る戦功を挙げた。

----------------------------

【た】

竹内久盛【たけのうちひさもり(15??~1595)】

久米郡一ノ瀬城主。垪和幸次の男(杉山為就の養子)。官途は中務太夫。別名垪和久幸。兵法家。古武道竹内流の開祖。新免宗貫に仕え一ノ瀬城13,000石を領した。1532年、西垪和三の宮での修行により小具足、早縄など5つの術を習得、これを「腰之廻」と称した。1553年、尼子晴久と浦上宗景が争うと浦上宗景勢に属して戦った。宇喜多直家と戦いに敗れ、播磨国三木城の別所長治に仕えた。

竹内久勝【たけうちひさかつ(1567~1663)】

竹内久盛の三男。官途は常陸介。通称藤一郎。父竹内久盛とともに垪和庄に帰り兵法に専念した。1586年、霊感を受け必勝五件を体認、兵法自在の奥旨を極めた。その後、西国、九州を武者修行し、雇われて真剣の勝負も行った。

辻秀清【つじひできよ(15??~15??)】

石ヶ城主。通称新次郎。

東郷義邦【とうごうよしくに(15??~15??)】

久米郡逆巻城主。官途は若狭守。

----------------------------

【な】

中尾四郎兵衛【なかおしろうえもん(15??~15??)】

美作国の商人。尼子晴久の家臣宇山兼久から西美作国三郡(大庭、真島、久米郡)の商人統括権を与えられた。倉敷城主江見久盛との連携を維持するために出雲街道の確保を目的として、商業的利権を図るために行われた。

中村則治【なかむらのりはる(1519~1568)】

赤松義村家臣。久米郡岩屋城主。中村則久の男。美作国守護代職。官途は伊賀守。1530年、大蔵秋清と連署して美作神戸郷内の田地を幻住庵に寄進した。1531年、浦上村宗が摂津国で討死すると、美作国西郡守護代職を巡って大河原大膳大夫勢と争った。尼子晴久勢の支援を受け大河原貞尚勢の攻撃を受け劣勢に立たされた。1544年、「岩屋城の戦い」で尼子国久勢の攻撃を受け斎藤実秀とともに尼子晴久勢に属した。尼子晴久の家臣芦田秀家が城代として送り込まれた。1568年、尼子義久が滅亡すると、芦田正家に謀殺された。

中村頼宗【なかむらよりむね(15??~15??)】

苫田郡葛下城主。毛利輝元家臣。官途は大炊介。1581年、「岩屋城の戦い」では、大原主計助らとともに宇喜多直家の城代浜口家職を備前国に追い落した。宇喜多直家勢の反撃を受けるが伊賀家久、楢崎元兼らとともに撃退した。1583年、毛利輝元と羽柴秀吉が和議を結ぶと毛利輝元勢(伊賀家久、草刈重継ら)は美作国から撤退したが中村頼宗は残留し続けた。1584年、「岩屋城の戦い」では、宇喜多秀家の家臣花房職之勢20,000余りの攻撃を受けたが撃退した。宇喜多秀家と和議を結ぶため、八島宗八を使者に派遣され和議の成立後安芸国に退去した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

楢崎元兼【ならざきもとかね(1552~1580)】

三村家親家臣。真島郡月田城主。官途は弾正忠。室は三村家親の娘。後に三村元親が毛利輝元が離反すると三村親成、赤木忠房らとともこれに従わず、宇喜多直家勢を城に迎え入れた。1582年、「備中高松城の戦い」では、羽柴秀吉勢に奪われた日幡城を奪回した。

難波利介【なんばりすけ(15??~1579)】

後藤勝基家臣。1579年、「三星城の戦い」では、安藤相馬、柳澤太郎兵衛、後藤久元、小坂田吉詮、下山正武、浦上景行らとともに倉掛城の宇喜多直家の家臣延原景光勢を攻撃した。宇喜多直家の諜略により安藤相馬が内応して城に火をかけ宇喜多直家勢を城内に引き入れた。西の丸を守っていた難波利介と柳澤太郎兵衛は落延びる途中、宇喜多直家勢に追われ討取られた。

沼田太郎左衛門【ぬまたたろうざえもん(15??~15??)】

三浦貞盛家臣。三堂阪城主。

沼本房家【ぬもとふさいえ(15??~1580)】

赤松晴政家臣。久米郡小松城主。通称新右衛門。知勇兼備の勇将。赤松晴政が衰退すると、浦上宗景に仕えた。浦上宗景に謀反を疑われ宇喜多直家に属した。1567年、「斉田城の戦い」では、三村元親の家臣植木秀長が守る斉田城を攻撃した。1570年、「高田城の戦い」では、毛利元就の家臣香川光景らが籠城する高田城を攻落とす戦功を挙げた。1574年、「高田の戦い」では、宇喜多直家に従って三浦貞広勢と戦ったが敗れた。後に毛利輝元と和議を結び、三浦貞広を降伏に追い込んだ。1578年、「播磨上月城の戦い」では、宇喜多直家に従って毛利輝元勢に属して参陣した。宇喜多直家が織田信長勢に属するとそれに従った。1580年、「備中加茂城の戦い」で毛利輝元勢の反撃を受け討死した。攻めの最中に反撃に遭い討死した。沼本家の家督は弟沼本豊国が継いだ。

沼本豊国【ぬもととよくに(15??~1597)】

沼本房家の弟。通称彦右衛門。久米郡弓削の代官職を務めた。兄沼本房家とともに宇喜多直家に内応した。1577年、「天神山城の戦い」では、浦上宗景勢と戦い戦功を挙げた。1580年、「備中加茂城の戦い」で兄沼本房家が討死したため、沼本家の家督を相続した。

延原景光【のべはらかげみつ(15??~15??)】

浦上宗景家臣。英田郡高鉢城主。通称弾正忠。1578年、「天神山城の戦い」で浦上宗景が宇喜多直家に天神山城を追われると宇喜多直家に従った。浦上宗景が天神山城を奪還後も宇喜多直家に属した。1579年、「茶臼山城の戦い」では、雀部勘次郎が守る茶臼山城を攻落とした。「三星城の戦い」では、先陣を務め、後藤勝基を討取る戦功を挙げた。その後、矢田山に隠棲し病没した。

----------------------------

【は】

垪和為長【はにわためなが(15??~1543)】

久米郡鶴田城主。通称八郎。1524年、鶴田城を築城した。1532年、尼子経久勢が美作国に侵攻すると、原田忠長とともに尼子経久に従い、勢力を拡大した。1543年、「稲荷山城の戦い」で原田忠長が山名氏兼と戦い討死すると、尼子晴久勢は撤退した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

垪和為能【はにはためよし(15??~15??)】

垪和為長の男。通称善十郎。1543年、父垪和為長が討死すると、叔父の杉山為就が鶴田城主となったため、高城を築いて居城とした。1580年、「鶴田城の戦い」では、宇喜多直家勢の攻撃を受けると、一度は撃退したが再度の攻撃により落城した。

長瀬三郎兵衛【はせがわさびろうびょうえ(15??~15??)】

江見久盛家臣。1555年、「林野城の戦い」では、浦上宗景と結んだ後藤勝基勢が林野城を攻撃すると、江見久盛に従って江見久次、水島左京助らとともに後藤勝基勢を撃退した

花房正幸【はなぶさまさよし(1524~1605)】

宇喜多直家家臣。花房正定の男。官途は越後守。通称又七郎。智勇兼備の名将で弓の名手。和歌に堪能で、細川藤孝から古今の伝授を受けた。

花房正成【はなぶさまさなり(1555~1623)】

花房正幸の男。官途は志摩守。通称又七郎。1569年、宇喜多直家が浦上宗景にて謀反を起こすと父花房正幸とともに宇喜多直家に従った。1578年、小西行長を取次役に羽柴秀吉と結び、織田信長勢に属した。1581年、「因幡鳥取城の戦い」では、花房正幸とともに参陣した。1582年、「備中高松城の戦い」では、宇喜多秀家の陣代として戦功を挙げ備中国高松城31,000石を領した。1594年、家老衆の戸川達安が解任され、長船綱直が実権を握ると、宇喜多秀家から遠ざけられた。1599年、「宇喜多家騒動」で宇喜多秀家のもとから退去した。1602年、松平元康に仕え備中国猿掛城5,000石を領した。1614年、「大坂冬の陣」では、戸川達安とともに池田忠継勢に属して参陣した。1615年、「大坂夏の陣」では、安藤重信勢に属して参陣した。1619年、安芸広島城主福島正則が改易処分に処されると上使を務め、牧野忠成などとともに広島城に赴いた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

花房幸次【はなぶさゆきつぐ(1581~1641)】

花房正成の男。通称弥左衛門。官途は志摩守。1614年、「大坂冬の陣」では、松平元康に従って参陣した。1615年、「大坂夏の陣」では、永井直勝勢に属して参陣した。1623年、父花房正成の病没により花房家の家督を相続した。1625年、検地を行い6,059石を領した。1631年、伊勢山田奉行職に任じられ3,000石を加増された。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

花房忠邦【はなぶさただくに(15??~15??)】

花房職忠の男。治部左衛門尉。
 
花房職治【はなぶさのりはる(15??~15??)】

宇喜多直家家臣。花房職忠の次男。五郎左衛門尉。

花房職之【はなぶさもとひで(1549~1617)】

花房職治の男。官途は若狭守。通称助兵衛。別名花房職秀。室は額田三河守の娘。武勇に優れた将。1569年、「備中八浜の戦い」で穂井田元清勢と戦った。1570年、美作国荒神山城を築城して宇喜多直家の美作国経営を支えた。1579年、「三星城の戦い」では、宇喜多直家の意向を受け後藤勝基を攻め滅ぼした。1589年、「小田原の役」では、羽柴秀吉勢に属した宇喜多秀家に従って参陣した。在陣中に羽柴秀吉に下馬するよう咎められたところ、「腰抜けの大将に下馬する必要はない」と言い放った。1595年、長船綱直と対立して宇喜多秀家のもとを退去して佐竹義宣に預けられた。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して戦功を挙げ、馬廻衆として8,000石を領した。1614年、「大坂冬の陣」では、松平元康に従って参陣して戦功を挙げた。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。
 
花房正定【はなぶさまささだ(15??~15??)】

花房職忠の三男。官途は大学頭。通称六郎兵衛尉、
 
花房職勝【はなぶさのるかつ(15??~15??)】

花房職治の男。通称重兵衛。
 
花房職澄【はなびさのりずみ(15??~15??)】

花房職勝の男。加兵衛。
 
花房勝元【はなぶさかつもと(15??~15??)】

花房職勝の三男。与兵衛。
 
花房職則【はなだのりのり(1580~1620)】

花房職之の男。通称五郎左衛門。1514年、「摂津福島の戦い」で羽柴秀頼勢と戦い戦功を挙げた。1615年、「大坂夏の陣」で羽柴秀頼勢と戦い戦功を挙げた。1617年、父花房職之の病没により花房家の家督を相続した。1,000石を弟の花房職直に分与して7,220石を領した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。
 
花房幸次【はなぶさゆきつぐ(15??~15??)】

花房正房の男。官途は志摩守。
 
花房助兵衛【はなぶさすけびょうえ(15??~15??)】

花房職之家臣。1578年、「三星城の戦い」で花房職之に従って参陣して後藤勝基勢と戦い戦功を挙げた。

原田忠長【はらだただなが(15??~1543)】

久米郡稲荷山城主。官途は播磨守。1538年、「神楽尾城の戦い」では、尼子経久勢に内応して山名氏兼の神楽尾城を攻落とした。1543年、「稲荷山城の戦い」で山名氏兼勢の攻撃を受け討死した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

原田貞佐【はらださだすけ(15??~1592)】

原田忠長の男。官途は美作守。通称小次郎。1543年、「稲荷山城の戦い」で山名氏兼勢の攻撃を受け落延びたが、宇喜多直家勢の支援を受け奪還した。1581年、「岩屋城の戦い」では、毛利輝元勢と戦い岩屋城を攻落とした。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

原田忠佐【はらだらだすけ(15??~1621)】

原田貞佐の男。通称弥右衛門。1592年、父原田貞佐の死を受けて家督を相続した。1592年、「文禄の役」では渡海したが、家臣の軍律違反により羽柴秀吉に召還されて閉居を命ぜられた。久米郡に隠棲した。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

春名三之丞【はるなさのじょう(15??~15??)】

新免宗貫家臣。県構館主。

平尾与右衛門【ひらおよえもん(15??~15??)】

新免宗貫家臣。

平尾弥十郎【ひらおよじゅうろう(15??~15??)】

新免宗貫家臣。

平田久右衛門【ひらたきゅうえもん(15??~15??)】

新免宗貫家臣。

福島一盛【ふくしまかずもり(15??~1526)】

三浦貞国家臣。勢力を拡大した三浦貞国に従った。

福島満則【ふくしまみつのり(15??~1548)】

福島一盛の男。通称七右衛門。1526年、父福島一盛の病没により福島家の家督を相続した。1548年、「高田城の戦い」で尼子晴久の家臣宇山久兼勢の攻撃を受け討死した。

福島則盛【ふくしまのりもり(15??~15??)】

福島一則の男。通称七左衛門。1565年、「高田城の戦い」で三浦貞勝が滅亡したため、宇喜多直家に仕えた。1592年、「文禄の役」では、江原親次勢に属した。討死した牧源之丞の遺骨を故郷に持ち帰った。羽柴秀吉から感状及び太刀(松尾丸)を拝領した。

福島盛親【ふくしまもりちか(15??~16??)】

福島則盛の男。1600年、「関ヶ原の役」後、宇喜多秀家が改易処分に処されると所領を失った。

福島右近【ふくしまさこん(15??~15??)】

三浦貞盛家臣。飯ノ山城主。

広戸広家【ほろとほろいえ(15??~1533)】

江見久盛家臣。英田郡爪ヶ城主。1533年、「爪ヶ城の戦い」で尼子経久の家臣三好安芸守勢の攻撃を受け討死した。

----------------------------

【ま】

牧尚春【まきなおはる(15??~15??)】

三浦貞広家臣。真島郡大寺畑城主。官途は兵庫。浦上宗景の家臣岡本氏秀との取次役を務めた。1575年、「真木山城の戦い」では、伊賀久隆勢が守る真木山城を攻落とす戦功を挙げた。1579年、「大寺畑城の戦い」では、宇喜多直家の家臣浜口家職と戦い戦功を挙げた。

牧菅兵衛【まきかんべい(15??~15??)】

牧尚春の男。父牧尚春に従い数々の戦功を挙げた。1565年、「高田城の戦い」で三浦貞勝が滅亡すると、宇喜多直家に従った。1575年、「多田山の戦い」では、宇喜多直家勢に夜襲をかけ撤退させた。1579年、「大寺畑城の戦い」では、宇喜多直家の家臣江原親次、浮田直重が守備したが、吉川元春と草苅重継らの攻撃で落城した。

牧家信【まきいえのぶ(15??~15??)】

三浦貞国家臣。土器尾城主。通称藤左衛門。

牧清冬【まききよふゆ(15??~15??)】

三浦貞広家臣。

水島左京助【みずしまさきょうのすけ(15??~15??)】

江見久盛家臣。1555年、「林野城の戦い」では、浦上宗景と結んだ後藤勝基勢が林野城を攻撃すると、江見久盛に従って江見久次、長瀬三郎兵衛らとともに後藤勝基勢を撃退した。

三浦貞国【みうらさだくに(15??~1532)】

美作国高田城主。三浦貞連の男。官途は駿河守。福島一頼、金田源左衛門、牧兵庫、船津弾正忠等の在地土豪を家臣団に編成した。

三浦貞久【みうらさだひさ(1508~1548)】

三浦貞国の男。官途は下野守。1540年、尼子晴久の美作国侵攻に悩まされた。1544年、宇山久兼の攻撃を受けるが高田城に拠って撃退していた。1547年、再び尼子晴久の攻撃を受けたが撃退した。1548年、三浦貞久が病没すると、その隙をついて尼子晴久に攻撃を受けると、高田城は落城三浦家は没落した。高田城は三村家親が治めた。

三浦貞盛【みうらさだもり(1512~1569)】

三浦貞国の三男。室は福島満則の娘。1565年、甥三浦貞勝が自刃して高田城は三村家親に属することとなった。1566年、三村家親は宇喜多直家と対立して暗殺されたため、この機に乗じて三浦貞盛は三浦旧臣の協力を得て高田城を奪還した。三浦貞盛は三村家及びそれを支援する毛利元就との対抗のため尼子再興軍に協力した。毛利元就は尼子、三浦陣営攻撃のため美作に香川晴継らを派遣、三浦貞盛はこれに抵抗したが、落城討死した。

三浦貞勝【みうらさだかつ(1538~1565)】

三浦貞久の男。官途は遠江守。通称孫九郎。1532年、父三浦貞久が病没したため、叔父大河原貞尚、三浦貞盛らの後見を受けた。1559年、「高田城の戦い」では、尼子晴久の家臣宇山久信勢の攻撃を受け落城、大河内貞尚を頼って落延びた。その後も岩屋城主中村則治の支援を受け尼子晴久勢と戦った。1559年、「高田城の戦い」では、船津弾正忠、牧尚春、金田弘久らを率いて尼子晴久勢を高田城から追い落した。1565年、「高田城の戦い」では、毛利元就の支援を受けた三村家親勢の攻撃を受けた。家臣の金田源左衛門が内応により討死した。内室於福の方(円融院)は、宇喜多直家の内室となった。

三浦貞広【みうらさだひろ(15??~15??)】

三浦貞久の次男。通称才五郎。室は叔父三浦貞盛の娘。1569年、「高田城の戦い」で毛利元就勢の攻撃を受け叔父三浦貞盛が討死すると、宇喜多直家の支援を受け毛利元就勢と戦った。1570年、「高田城の戦い」では、尼子勝久勢の支援を受け高田城を奪還したが、宇喜多直家が毛利輝元と結ぶと劣勢に立たされた。1576年、宇喜多直家の仲介で毛利輝元に降伏した。

三浦忠近【みうらただちか(15??~1545)】

三浦貞盛家臣。真庭郡麓城主。1545年、「麓城の戦い」で尼子晴勢家臣尼子国久勢の攻撃を受け討死した。

村上久成【むらかみひさなり(15??~1579)】

久米郡三宮城主。官途は左衛門尉。通称勘兵衛。毛利元就勢に属した。1579年、「三宮城の戦い」で宇喜多直家勢の攻撃を受け衆寡敵せず討死した。

----------------------------

【や】

八島宗八【やしまむねはち(15??~15??)】

中村頼宗家臣。1584年、「岩屋城の戦い」後、宇喜多秀家と和議を結ぶため、鞆の足利義昭のもとに派遣された。参考文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

柳澤太郎兵衛【やなぎさわたろうびょうえ(15??~15??)】

後藤勝基家臣。1579年、「三星城の戦い」では、安藤相馬、難波利介、後藤久元、小坂田吉詮、下山正武、浦上景行らとともに倉掛城の宇喜多直家の家臣延原景光勢を攻撃した。後藤久元は延原景光と一騎打ちを行ったが討取ることはできなかった。宇喜多直家の諜略により安藤相馬が内応して城に火をかけ宇喜多直家勢を城内に引き入れた。西の丸を守っていた難波利介と柳澤太郎兵衛は落延びる途中、宇喜多直家勢に追われ討取られた。

神楽尾山名氏兼【やまなうじかね(15??~15??)】

久米郡神楽尾城主。官途は右京大夫。1538年、「神楽尾城の戦い」では、尼子経久に内応した原田忠長勢の攻撃を受け一宮村に落延びた。1543年、「稲荷山城の戦い」で原田忠長を討取る戦功を挙げた。

和気因幡守【わきいなばのかみ(15??~15??)】

新免宗貫家臣。

----------------------------

【資料Ⅰ】

美作国(6郡/186,000石)

真島郡:高田城、篠向城、月田城、大寺畑城、湯山城、麓城、木山寺、久世街。
大庭郡:
苫田郡:院庄城、神楽尾城、鶴山城、矢筈城、葛下城、医王山城、小田草城、中山寺、二宮神社、戸川街。
勝田郡:林野城、三星城、竹山城、奈義城、江見城、井内城、河会寺社、大原街。
英田郡:倉敷城。
久米郡:岩屋城、垪和城、佐良城、稲岡城、倭文城、荒神山城、弓削寺社。

----------------------------

【資料Ⅱ】

調査中。

----------------------------

【資料Ⅲ】

美作国【みさくのくに】

北は中国地方の峰々が伯耆国、因幡国との国境を形成し、南は旭川と妙見山を結ぶ線で備前と境を隔ている。東は後山、日名倉山などの山稜を国境として播磨国と接し、西は四十曲峠から大山の裾野に至る線が備中との境となる。731年、備前国北部六郡を分離し美作国として独立した。周囲を山々で囲まれた内陸国だが、その山の存在によって古来温泉が豊富である。中国山地が国土の北部を東西に縦断しているため、大部分は山岳地帯でるが、東の吉井川と西の旭川の二大水系の上流に盆地が存在する。特に吉井川流域に広がる津山盆地は面積を広く、平地の少ないこの国にあっては貴重な穀倉地帯であった。山陽道から分岐して出雲国に出る交通の要路にあり、山陽道と山陰道をつなぐ要衝である。山陽道の諸国との間には峻険な中国山地が連なり、交通には四十曲峠、犬狭峠、人形峠などの峠を経由する必要がある。山陰地方、山陽地方から攻略される危険性があるものの、山陽地方がらの侵入に備える方が重要であった。

----------------------------

戦国人名辞典は1520~1620年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

参考文献がある場合は示していますが、歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。

あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

武田信玄は武田晴信、上杉謙信は長尾景虎、斎藤道三は長井規秀、豊臣秀吉は羽柴秀吉、徳川家康は松平元康、尼子詮久は尼子晴久に統一しています。

参考文献:『戦国大名家臣団辞典(西国編)』by新人物往来社、『戦国大名系譜人名辞典(西国編)』by新人物往来社、『信長の野望【革新】マニアックス』by株式会社コーエー、『戦国国取りガイド』by新紀元社、『戦国人名辞典』by新人物往来社、『戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『クロニック戦国全史』by講談社、『天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)』by角川書店、『戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)』by新人物往来社、『歴史読本(戦国大名家370出自総覧)』by新人物往来社、『戦国大名マニュアル』by新紀元社、『戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)』by秋田書店、『戦国武将ガイド』by新紀元社、『(歴史と旅臨時増刊)戦国大名家臣団総覧』by秋田書院、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

----------------------------

2012年7月14日土曜日

戦国丹波国人名辞典


------------------------------------------------------

【あ】

赤井時家【あかいときいえ(1494~1581)】

氷上郡赤井城主。官途は越前守。1533年、父赤井忠家と共に細川晴国を奉じて挙兵しがた波多野稙通に居城を攻められた。細川晴元の家臣赤沢景盛の援軍により波多野稙通の攻撃を退けるが、父赤井忠家がこの戦いで討死した。再び波多野稙通が攻めてきたため播磨国の別所家を頼って落延びた。

赤井家清【あかいいえきよ(1525~1557)】

赤井時家の男。官途は兵衛大夫。通称五郎。波多野稙通の台頭によりこれに属した。1555年、丹波守護代内藤家に属する薦田家、足達家らと争った「甲良の戦い」で負傷し、この傷がもとで死去した。幼少であった嫡男赤井忠家の後見として赤井直正が赤井家の家政を取り仕切った。

赤井直正【あかいなおまさ(1529~1578)】

赤井時家の次男。通称荻野悪右衛門。別名荻野直正。室は波多野元秀の娘。継室は渓江院(近衛稙家の娘)。枝連衆の荻野家に養子に入ってが、兄赤井家清の死により赤井家の家督を相続した。1554年、黒井城主荻野秋清を謀殺して荻野城主となった。勇猛ぶりから「丹波の赤鬼」と恐れられ「青鬼」こと多紀郡籾井城主籾井教業と並び称せられた。1560年、天田郡の荒木尚雅、福知山城主塩見頼勝、内藤宗勝らと戦いこれを圧倒した。但馬国に侵攻、守護職の但馬山名韶煕と戦った。畿内を制圧した織田信長とは協調関係にあったがやがて対立した。1575年、明智光秀が丹波国侵攻し、赤井直正は波多野秀治の支援を得て明智光秀勢を撃退した。織田信長方との抗争が続けられた。1578年、赤井直正は黒井城において病没した。1579年、黒井城は陥落した。

赤井幸家【あかいよしいえ(15??~1579)】

三尾城主。赤井時家の三男。官途は刑部少輔。1578年、兄赤井直正が病没すると、赤井直正の嫡男赤井直義が幼年のため後見したが、明智光秀の丹波国平定に抵抗して討死した。

赤井直義【あかいなおよし(1570~1653)】

赤井直正の男。通称は悪右衛門。父赤井直正は赤井直義が九歳の時に戦いの傷が元で死去し、叔父赤井幸家が後見した。明智光秀の度重なる猛攻に抗しきれずに落城し逃亡した。この時、荻野金左衛門と改名している。1610年、山口直友を介して藤堂高虎に仕え1,000石を領した。1615年「大坂夏の役」では藤堂家の足軽大将として活躍した。

赤井忠家【あかいただいえ(1549~1605)】

赤井家清の男。通称市郎兵衛。父赤井家清の討死したとき、幼少であったため叔父赤井直正の後見を受けた。1570年、入京を果たした織田信長より朱印状を得て本領を安堵されたが、やがて離反した。1575年、明智光秀の丹波国侵攻じ最後まで抵抗した。1579年、本拠の黒井城陥落により丹波を遠く離れて遠江国に逃亡した。その後、羽柴秀吉に仕えて馬廻衆を務めた。1593年、播磨国美嚢郡で1,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では東軍に属した。大和国十市郡に転封され1,000石を領した。

赤井忠泰【あかいただやす(1582~1655)】

赤井忠家の男。官途は豊後守。通称清吉。室は三好丹後守の娘。松平元康に仕えた。1600年「会津征伐」に参陣した。「関ヶ原の役」では父赤井忠家と共に松平元康方として参陣した。大和国山辺郡で1,000石を領した。1605年、父赤井忠家が病没すると赤井家の家督を相続した。自らの領地1000石は弟赤井公雄に譲った。1616年、大和国十市郡において2,000石を領した。1617年「大坂の役」で荒廃した四天王寺の普請奉行に片桐貞隆とともに任ぜられた。

赤沢義政【あかざわよしまさ(15??~15??)】

穴太城主。内藤宗勝家臣。官途は加賀守。1555年、赤沢加賀守義政は、三好長慶の丹波国侵攻に協力している。1578年、赤沢義政は、笑路城主長沢重綱と姻戚関係を結んだ。1577年、八上城の攻撃を開始した明智光秀家臣石田紀伊守長保に、支城の東掛城を攻略された。これにより、播磨別所長治と、八上城の波多野秀治との連絡を切断さられた。

芦田平兵衛【あしだひょうえ(15??~15??)】

土師城主。芦田平兵衛は平城主堀家と関係があり、平城陥落の際に討死した。

芦田為家【あしだためいえ(15??~15??)】

赤井家臣。通称治部大夫。1565年、黒井城主赤井直正が芦田治郎太夫為家、足立右近介光永、久下越前守重氏、長沢日向守等と図り、 場内から竹田七郎信達の手引きもあって福知山城を攻撃した。明智光秀の丹波攻めではには、明智光秀に属した。

芦田国住【あしだくにずみ(15??~1579)】

氷上郡小室城主。氷上郡を中心とし勢力を築き上げた。隣接する山垣城の足立基助とは度々領土争いを演じるが両家ともに決定打となるような大きな争いには発展しなかった。1579年、但馬国から遠坂峠を越えて羽柴秀長勢が侵攻すると、足立基助と和睦して戦ったが、小室城を攻められ落城芦田国住は討死した。

足立基助【あだちもとすけ(15??~1579)】

山垣城主。山垣城を中心に遠坂城、田の口城、小和田城など支城を築き氷上郡北部に勢力圏を築いた。1579年、但馬から遠坂峠を越えて羽柴秀長が侵攻し支城の遠坂城を攻略された。山垣城まで攻め寄せられ戦うも、圧倒的な大軍に抗すことができず落城足立基助は討死した。

足立光永【あだちみつなが(15??~1579)】

遠坂城主。通称右近。山垣城足立基助の同族。黒井城の赤井直正に属して「但馬竹田城の戦い」や「福知山城の戦い」で戦功を挙げるなど豪勇の士として知られていた。1565年、黒井城主赤井直正が足立右近介光永、芦田治郎太夫為家、久下越前守重氏、長沢日向守等と図り、城内から竹田七郎信達の手引きもあって福知山城を攻撃した。1579年、但馬国から遠坂峠を越えて羽柴秀長勢が侵攻すると、足立光永の遠坂城に殺到した。足立光永は徹底抗戦しよく戦ったが、羽柴秀長勢に討たれた。

吾雀安盛【あすすぎやすもり(15??~15??)】

天王山城主。通称左衛門尉。1521年、吾雀安盛が天王山城を築城した。1522年、丹波国守護職細川高国に仕えた。1529年、田辺城の代官職になった。

吾雀次良【あすすつぐよし(15??~15??)】

吾雀安盛の男。家臣の田中石見守家次に天王山城を奪われた。

荒木清長【あらききよなが(15??~15??)】

波多野家臣。船井郡代を務めた。1536年、幕府御料所を犯し違乱を停止するよう波多野秀忠に求められているが、実は波多野秀忠の謀略であった。

荒木氏綱【あらきうじつな(15??~15??)】

多紀郡細工所城主。波多野家臣。官途は山城守。波多野旗頭七人衆のひとりに数えられ、周囲に豪勇をもって荒木鬼と畏怖された猛将。丹波国に影響力のあった波多野家臣として仕えた。1578年、明智光秀が丹波国に攻め込んできたときにも、細工所城に籠城し周囲に栃梨城、貝田城などの支城網を形成し徹底抗戦をした。1579年、波多野秀治が織田勢に捕らえられて謀殺されると、明智勢は荒木氏綱の細工所城を落とすため周囲に陣城を築き兵糧攻めとしたやがて兵糧を断たれた荒木氏綱はやむなく降伏した。明智光秀は荒木氏綱の武勇を認めて家臣として仕えるように請われたが、自らは病身を理由に拒絶し、代わりに嫡男の荒木氏清を仕えさせた自身は隠居した。

荒木氏清【あらきうじきよ(15??~1582)】

荒木氏綱の男。波多野家滅亡後は明智光秀の家臣明智秀満の麾下に属した。1582年「山崎の戦い」で討死した。

池部利一【いけべとしかず(15??~15??)】

池部城主。通称三郎二郎。赤井直正に属した。1565年、赤井直正の横山城攻撃で戦功を挙げた。

石川備後守【いしかわびんごのかみ(15??~1600)】

館城主。1567年、石川備後守が築城した。1600年、小野木重晴の攻撃を受け落城した。

市田彦五郎【いちだひこごろう(15??~15??)】

正後寺城主。明智光秀の福知山築城に際し、市田彦五郎は協力した。

稲継壱岐守【いねつぎいきのかみ(15??~1579)】

母坪城主。赤井家臣。1579年、明智光秀の丹波侵攻軍により穂坪城を攻められ落城、稲継壱岐守は討死した。

井上宗子【いのうえむねこ(15??~15??)】

新庄城主。官途は治部少輔。丹波国小守護代。井上家は室町末期、勢力が衰えていたが、井上宗子は明智光秀の丹波侵攻に協力し、勢力を回復させた。

内田河内守【うちだかわちのかみ(15??~15??)】

高蓮寺城主。

宇津頼重【うつよりしげ(15??~15??)】

桑田郡宇津城主。官途は右近大夫。丹波守護代内藤家、及び内藤家を継いだ松永長頼らと争った。1569年、禁裏御料所である小野庄、山国庄を横領したが山国庄を還付するよう織田信長より命ぜられた。1573年、足利義昭の招きに応じて上洛し、御供衆に加えられた。足利義昭と織田信長の対立では足利義昭に属し、織田信長と敵対した。1557年、明智光秀と戦って負傷した。1579年、明智光秀に攻められて逃亡した。

梅津家久【うめづいえひさ(15??~15??)】

梅若砦主。梅津家久は猿楽師として織田信長に仕えた。

梅原弾正忠【うめはらだんじょうちゅう(15??~15??)】

白髪城主。1600年、梅原弾正忠は「関ヶ原の役」で西軍に属した。

上原右衛門少輔【うえはらうえもんしょうほ(15??~15??)】

物部城主。1571年、赤井直正によって攻められ落城した。

江田行範【えだゆきのり(15??~15??)】

多紀郡綾部城主。波多野家臣。官途は兵庫頭。波多野四天王、また波多野七頭家のひとり。1579年、羽柴秀吉の「中国征伐」の際、羽柴秀長勢に敗れて八上城の波多野家を頼った。

江田家臣団【えだけかしんだん】

西岡丈助、上原景正、成田石見守、田中平太郎、荻野肥前守。

大石大和守【おおいしやまとのかみ(15??~15??)】

高岳城主。大石大和守の嫡男大石与三は明智光秀に属して「山崎の戦い」で討死した。

大志万長秀【おおしまんながひで(15??~15??)】

私市城主。通称宮内大輔。1573年、赤井直正に攻められ滅亡した。

大槻時春【おおつきときはる(15??~15??)】

栗城主。官途は佐渡守。1561年、若狭国高浜城主逸見駿河守宗近と高田豊後守らの攻撃を受けた。この時は客将村上蜂之助義近の奮闘により、逸見宗近を敗死させた。1575年、大槻時春の留守の隙を突き、赤井家が侵攻、大槻時春の室が討たれた。

大槻清秀【おおぐききよひで(15??~15??)】

高城主。大槻清宗の男。1573年、明智光秀の攻撃を受け自刃した。

大槻清勝【おおつききよかつ(15??~15??)】

大槻清秀の男。1615年、羽柴秀次に仕え、「大阪夏の陣」で討死した。

大槻清政【おおつききよまさ(15??~15??)】

高津城主。1574年、明智光秀の攻撃を受け、大槻大学は敗北した。

大槻遂重【おおつきゆきしげ(15??~15??)】

丸山城主。官途は山城守。1571年、明智光秀に攻められ陥落、降伏した。

大槻時久【おおつきときひさ(15??~15??)】

大槻遂重の男。官途は飛騨守。1595年、丹後国阿蘇海の須津に移住した。

大槻将監【おおつきしょうげん(15??~15??)】

何鹿郡観音寺城主。高城主大槻家枝連衆。天正年間に織田信長の命により丹波に侵攻した明智光秀によって攻められ滅亡した。

小笠原大膳【おがさわらだいぜん(15??~15??)】

畑中城主。

小倉左近大夫【おぐらさこんだいふ(15??~15??)】

堀越城主。

岡本康忠【おかみとやすただ(15??~15??)】

西松尾山城主。官途は備中守。

荻野秋清【おぎのあききよ(15??~1554)】

氷上郡荻野城主。赤井直正の伯父。1542年、後屋城主赤井時家の次男才丸は朝日城の荻野一族に請われて荻野家の家督を相続して、荻野城主となった。1549年、八木城主内藤国貞勢が赤井時家の一族にむかって攻撃してきた。しかも内藤国貞だけの軍勢だけではなく、三好長慶の兵力も内藤家勢に加わった。この合戦は直正の奮戦によって赤井方の勝利となったが、黒井城主荻野秋清も戦功を挙げた。黒井城の支城主秋山修理大夫が、八上城主波多野晴通によって滅ぼされたとき、荻野秋清は支援を行わなかったため、麾下の豪族衆や家臣からの信望を失ってしまった。1554年、赤井直正に謀殺されて城を奪われた。

小畠越前守【おばたえちぜんのかみ(15??~15??)】

宍人城主。1575年、小畠左馬助、小畠助大夫らは、丹波国に侵攻した明智勢に協力した。

金屋小原将監【おばらしょうげん(15??~15??)】

金屋城主。赤井直正により滅んだ。

小野木重勝【おのぎしげかつ(1563~1600)】

田野城主。波多野家臣。官途は縫殿助。室は島清興の娘。明智光秀に内応した。明智光秀の討死後は羽柴秀吉に仕えた。1584年「小牧、長久手の戦い」に参陣し、伊勢神戸城や山城淀城を守備した。1590年「小田原の役」にも参陣した。1592年「文禄の役」にも参陣して渡海し「晋州城の戦い」で戦功を挙げた。1595年、福知山城40,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では西軍に組して、但馬や丹波の諸大名の兵15,000余りを率いて細川藤孝が守る丹後田辺城を攻撃し、これを開城させた。本戦で西軍が敗北したため、丹後田辺城から福知山城に撤退した。しかし細川忠興、木下延俊らの軍勢に取囲まれ開城した。籠城の間井伊直政や前田茂勝を通じて松平元康に助命を請うていたが、細川忠興によって自刃させられた。

------------------------------------------------------

【か】

片岡近江守【かたおかおおみのかき(15??~1559)】

報恩寺城主。1559年、片岡近江守は上原衛門大夫に謀殺された。

上林晴国【かみばやしはるくに(15??~15??)】

生環山城。官途は下総守。1532年、上林晴国が生環山城を築城した。1560年、高田豊後守によって陥落したが、すぐに上林晴国に返還された。

川勝光照【かわかつみつてる(15??~15??)】

桑田郡今宮城主。下田広氏の男。官途は豊前守。通称彦治郎。別名川勝広継。川勝光照は将軍足利義輝に仕えていたが、市場村を押領して京都北方に勢力を振るうようになった。川勝光照は菅原神社の門前市場を保護し、そこからあがる収入を確保するため、今宮城を築いて外敵に供えた。菩提寺である臨済宗光照寺を築くなど、領内の整備を図り、小さいながらも戦国大名へと発展してた。川勝光照は、明智光秀の丹波侵攻に従った。

川勝継氏【かわかつつぐうじ(1531~1602)】

川勝光照の男。官途は備後守。1573年「淀城の戦い」では細川藤孝に属した。1576年、明智光秀による丹波侵攻ではこれに協力し、織田信長により功を賞せられている。1582年「本能寺の変」では明智光秀に属さなかった。その後、羽柴秀吉に仕えた。嫡男川勝秀氏が何鹿郡内で3,535石を領した。1598年、松平元康に謁見し、羽柴秀吉が病没すると松平元康に仕えた。

川勝秀氏【かわかつひでうじ(1555~1607)】

川勝継氏の男。官途は主水正。通称彦治郎。室は綾小路中納言の娘。1577年、織田信長に属して「紀州征伐」に参陣した。その後、羽柴秀吉の馬廻衆を務めた。1582年、丹波国何鹿郡内に3,535石を領した。父川勝継氏の隠居により川勝家の家督を相続して、丹波国内で10,000石余を領した。1592年「文禄、慶長の役」では、肥前名護屋城に在陣した。1600年「関ヶ原の役」では、小野木重次に属して丹波国、但馬国の諸将と共に西軍に組して細川藤孝が拠る丹後田辺城攻撃した。その後、松平元康から赦免を受けて小野木重次が拠る福知山城を攻撃し、改易を免れた。役後、丹波国何鹿郡内から丹波国氷上郡、船井郡内に転封となり、黒井城を領した。

川勝広綱【かわかつひろつな(1579~1661)】

川勝秀氏の男。官途は信濃守。通称新蔵。室は藤掛永勝の娘。羽柴秀吉の馬廻衆で、丹波国多紀郡内に200石を領した。1600年「関ヶ原の役」では、父川勝秀氏と共に西軍に組みして細川藤孝が拠る丹後田辺城攻撃に参陣した。役後、川勝秀氏父子は松平元康に赦され、改易を免れた。

川勝重氏【かわかつしげうじ(1587~1653)】

川勝継氏の次男。通称太郎兵衛。室は赤井忠家の娘。1603年、松平元康に仕えた。1607年、川勝広綱より丹波国氷上郡内に500石の分知を受けて旗本家を興した。1615年「大坂夏の陣」に参陣した。1617年、松平秀忠より所領安堵の御判書を賜った。

川勝家臣団【かわかつけかしんだん(15??~15??)】

島城主:川勝越後守政行、川勝備後守継氏、野々中村城主:川勝兵衛大輔氏隆、下田光隆、下田朝政、下田朝道、川勝秀氏、川勝重氏、川勝氏久。

川北石見守【かわきたいわみのかみ(15??~15??)】

小貝城主。1575年、明智光秀の「丹波侵攻」で没落した。

木村越前守【きむらえちぜんのかみ(15??~15??)】

船井郡曾根館主。

木村駿河守【きむらするがのかみ(15??~15??)】

山本城主。明智光秀により滅亡した。

衣川下総守【きぬがわしもふさのかみ(15??~1665?)】

千原城主。家臣衣川越中守

桐村高信【きりむらたかのぶ(15??~15??)】

桐村城主。官途は将監。

桐村実次【きりむらさねつぐ(15??~15??)】

桐村高信の男。通称甚左衛門。

吉良兵衛【きらひょうえ(15??~15??)】

岩間城主。明智光秀に滅ぼされた。

小林長任【こばやしながこれ(15??~15??)】

沢田城主。官途は近江守。丹波守護代の家柄。小林長任は波多野の命によって沢田城を築城した。1579年、明智光秀の丹波侵攻により落城した。

小林重範【こばやししげのり(15??~15??)】

小林長任の男。1579年、城主小林重範は柏原八幡山城へ迫った明智光秀を氷上城主波多野宗貞らと供に迎え撃ったが、この戦いで討死にし、沢田城も落城した。

------------------------------------------------------

【さ】

酒井豊教【さかいとよのり(15??~15??)】

波多野家臣。官途は和泉守。酒井松鶴丸との関係で人夫役を免除された領主味間伊豆守に対して、酒井伊賀守とともに波多野元秀判物の副状を発給した。酒井家は永正年間波多野家と戦って敗れ臣従した。

酒井三河守【さかいみかわのかみ(15??~15??)】

法貴山城主。細川晴元に属した。明智光秀の丹波侵攻に際しては、酒井孫左衛門はこれに協力し、笑路城主長沢長綱と明智光秀との取り成しを行った。

酒井秀正【さかいひでまさ(15??~1579)】

油井城主。酒井家は波多野家と祖を同じくし、相模より来往した一族。酒井家一族は油井城本拠に南矢代城、大沢城、禄庄城、高仙寺城、栗栖野城など支城を構え南丹波に勢力を誇った国人衆。1579年、明智光秀の丹波侵攻軍に酒井氏一党は攻められ、秀正の籠もる本拠油井城も攻撃を受けた。油井城は天然の要害を駆使した山城で秀正は明智勢と激闘し勇敢に戦ったが、城兵は全て討死にし酒井秀正も敵兵に囲まれ壮絶な最期を遂げた。

塩貝将監【しおがいしょうげん(15??~15??)】

大戸城主。1579年、塩貝将監は明智光秀勢と交戦し敗北、落城した。

四王天政孝【しおでまさたか(15??~1582)】

氷上郡柏原城主。官途は但馬守。通称又兵衛。1575年、明智光秀の丹波侵攻の際にその麾下となり、以後忠実な臣下として活躍した。1582年「本能寺の変」の際には明智光秀に従い「二条御所の戦い」で負傷した明智光忠に代わり指揮を執った。「山崎の戦い」で敗れ、明智光秀に先立ち討死した。

四王天政実【しおでまさざね(15??~15??)】

四王天政孝の男。通称又兵衛。1582年「本能寺の変」の後は明智秀満の近江国遠征に従った。「山崎の戦い」の後に各地を潜伏していたが、旧友青木秀以に300石で仕官した。その青木家断絶後は再び浪人していた。1600年、結城秀康に300石で仕えた。

塩見頼勝【しおみよりかつ(15??~15??)】

天田郡福知山城主。通称大膳大夫。猪崎城を本拠として、横山城、牧ノ庄に中山城、和久庄に山田城を築き、塩見頼勝は嫡男塩見頼氏を横山城に、次男奈賀山長員を奈賀山城に、三男塩見利勝を猪崎城に、四男和久長利を和久城に、五男牧利明を牧城にそれぞれ配して天田郡を固めていた。塩見頼勝は細川高国に属して小畑城主波々伯部義信、高槻城主大槻将監らと共に度々合戦に参陣した。1531年、細川高国が細川晴元と戦って討死した「尼崎の戦い」にも参陣した。1560年、鬼ケ城主内藤宗勝を丹波の国人衆が攻撃したときも地元豪族として参陣した。1565年、波多野稙通や内藤宗勝が、三好長慶をまきこんで抗争を繰り広げている隙に、氷上郡黒井城主赤井時家は天田郡、何鹿郡に侵攻した。赤井時家は丹波国の管領を望み、天田郡もを奪うたえめ芦田治部大夫為家、足立右近光永を引き入れて兵500余りを率いて天田郡に侵攻したが、塩見家一族の反撃にあって、赤井勢は敗退した。丹波守護代の内藤宗勝は、塩見頼勝を支援するため、兵を天田郡に進めたが「和久郷の戦い」で、内藤宗勝は討死した。壊滅した内藤勢は辛うじて貞勝らを擁して鬼ケ城に脱出した。天田郡の豪族衆は赤井時家勢(奈賀山長員、塩見利勝、和久長利、牧利明、桐村、横山家利)に属して、鬼ケ城を攻め塩見頼勝を討取った。

塩見信房【しよみのぶふさ(15??~1579)】

塩見頼氏の男。通称大膳大夫。1579年、明智光秀の攻撃を受け自刃した。

塩見頼家【しおみよりいえ(15??~15??)】 

猪崎城主。塩見頼勝の三男。1538年、赤井時家と戦った。1565年、大槻清秀と戦い破った。1579年、明智光秀の侵攻の前に赤井時家の黒井城が陥落すると、横山播磨守家利の守備するこの城も危うくなり、城を焼いて落延びる途中討たれた。

志賀政綱【しがまさつな(15??~15??)】

北野城主。志賀政綱は明智光秀と戦い敗北降った。1582年「山崎の戦い」で明智光秀と行動を共にし、志賀政綱は討死した。嫡男志賀頼久は乳母に連れられ落延びた。

志賀八良左衛門尉【しがはちろよしうさえもんじょう(15??~1553)】

山尾城主。1512年、志賀八良左衛門尉が山尾城を築城した。1529年、志賀良左衛門尉は細川高国に、田辺郷代官に任じられた。1553年、田辺で討戦した。

志賀四良兵衛尉【しがよしろうせいえもんのじょう(15??~15??)】

志賀八良左衛門尉の男。「尼ヶ崎の戦い」で討死した。

志賀五良左衛門尉【しがごよしざえもんのじょう(15??~15??)】

志賀八良左衛門尉の次男。

須知景氏【しゅうちかげうじ(15??~15??)】

船井郡須知城主。丹波七組のひとり。須知庄左衛門は、藤堂高虎に仕えた。

須知元秀【しゅうちもとひで(15??~15??)】

船井郡上野城主。船井郡西部の有力国人須知元秀は明智光秀の丹波攻めが始まると、須知元秀、須知忠長らが明智光秀に協力したが丹波国平定後に粛清されて滅亡した。八上城主波多野家の七組頭のひとりに須知主水影景俊がおり、明智光秀に抗戦して滅亡した。

須知家臣団【しゅうちけかしんだん】

井尻信濃守、須知出羽守。

新宮大和守【しんぐうやまとのかみ(15??~15??)】

船井郡蒲生谷館主。

------------------------------------------------------

【た】

高田治忠【たかだはるただ(15??~15??)】

山内城主。官途は豊後守。高田治忠は織田信長に属して生環山城主上林下総守晴国を攻めた。若狭高浜城主逸見駿河守と共に位田城、栗城を攻撃した。1582年、高田治忠は山内城を築城して生貫山城を上林晴国に返した。

田中盛重【たなかもりしげ(15??~15??)】

船井郡大村城主。官途は山城守。

田中理右衛門【たなかりうえもん(15??~1612)】

田中盛重の男。官途は志摩守。通称五内。別名松井盛永。明智家滅亡後、細川家臣松井康之に仕えた。1600年「関ヶ原の役」では豊後国木付城に籠城した。「石垣原の戦い」では留守役を務めた。松井康之が病没すると殉死した。

田中宮内少輔【たなかくないしょうゆ(15??~15??)】

土村城主。

谷垣兵部【たにがきひょうぶ(15??~15??)】

船井郡井尻城主。

樽水縫殿助【たるみぬいどのすけ(15??~15??)】

樽水城主。

辻野左衛門尉【つじのさえもんのじょう(15??~15??)】

天田郡細見辻城主。辻野左衛門は、細見将監の攻撃を受け細見辻城は落城した。

外賀正家【とがまさいえ(15??~15??)】

高畑城主。通称修理大夫。

------------------------------------------------------

【な】

内藤国貞【ないとうくにさだ(15??~1553)】

八木城主。内藤貞正の男。細川家臣。丹波国守護代。官途は備前守。丹波国内藤家は代々丹波守護の細川家に仕え、守護代を務めていた。内藤国貞は当初細川高国に仕えていたが、波多野稙通など有力国人と手を組みこれに反抗した。細川高国が没落し、細川晴元が台頭するとこれに引き続き反抗、追討を受けた。細川晴元と三好長慶が対立すると三好長慶につき細川家から独立した。松永長頼(内藤宗勝)を婿養子に迎えた。1553年、丹波国で勢力を伸ばしてきた、細川晴元方の荻野秋清、波多野元秀、波多野秀親と争い、三好長慶の援軍を受け攻め込んだが敗北、内藤国貞は討死した。

内藤貞勝【ないとうさだかつ(15??~1565)】

内藤国貞の男。松永長頼(内藤宗勝)の後見で丹波守護代。1565年「福知山の戦い」に討死した。

内藤宗勝【ないとうむねかつ(15??~1565)】

松永久秀の弟。官途は備前守。内藤国貞の養子。通称は甚介。別名松永長頼。室は内藤国貞の娘。三好長慶の丹波攻略戦で、内藤宗勝は頭角を現して、八木城を本拠として口丹波の統治を任された。内藤国貞の娘を室に迎えて、内藤家の家督を継ぎ、丹波守護代内藤宗勝を称した。兄松永久秀と共に三好長慶に仕え、兄松永久秀を影から補佐した。謀略を駆使して活躍した兄松永久秀に対して、武勇に優れて誠実で、三好長慶から信頼された。三好家中での出世は兄松永久秀より早く、松永久秀は弟の助力により三好家中の地位を高めた。その後、丹波は松永長頼の半独立した領国のようなものであったとまで言われるほど、強大な勢力を誇っていた。1559年、河内国における畠山高政と「教興寺の戦い」に丹波国衆を率いて参陣した。1565年、丹波の国人荻野直正の居城である黒井城を攻撃中に討死した。

内藤忠俊【ないとうただとし(1550~1526)】

内藤宗勝の男。官途は飛騨守。通称如安。1564年、ルイス・フロイスによりキリスト教に入信した。1565年、赤井直正と交戦中に父内藤宗勝が討死したため、内藤忠俊が丹波国守護代の内藤家の家督を相続した。畿内では、内藤家の後ろ盾であった三好政権が急速に衰え、丹波国では国人衆の赤井家、波多野家の攻勢で天田郡の領土を失っていった。足利義昭が京都での政権を失ったあとも、足利義昭支持し織田信長と対立した。1578年、明智光秀の攻撃を受け八木城は落城し所領を没収された。1585年、小西行長に仕えた。1592年「文禄の役」では、明との和議交渉では使者となり、北京へ赴いた。1600年「関ヶ原の戦い」では、小西行長隊を率いて戦ったが敗北した。その後、前田利長の客将になった。1613年「キリシタン追放令」により、内藤忠俊は高山右近や妹のジュリアと共に呂宋へ追放された。

内藤貞政【ないとうさだまさ(15??~1577)】

丹波守護代内藤国貞の男。1565年、園部城主内藤貞勝は「福知山合戦」に討死した。内藤貞政の病死により家老安村家が内藤家の家政を掌握、織田家から離反した。1577年、明智光秀に攻略された。

内藤家臣団【ないとうけかしんだん】

穴太城主:赤沢加賀守義政。

内藤季有【ないとうよしあり(15??~15??)】

藁無城主。1559年、内藤季有は氷上郡の赤井家に協力し、八木城の内藤宗勝と戦ったが、赤井家の裏切りにより内藤季有は敗走した。波々伯部光好の仲介で宗勝と和睦した。

内藤季行【ないとうよしゆき(15??~15??)】

内藤季有の男。官途は安芸守。1564年、内藤季行は内藤宗勝勢の攻撃を受けた。

内藤駿河守【ないとうするがのかみ(15??~15??)】

鬼ヶ城主。1560年、内藤駿河守らがいて、近郷で略奪を働いたので塩見氏の攻撃を受けた。1560年、丹波守護代内藤備前守の軍と塩見家の軍が戦ったという。明智光秀の丹波侵攻に際し、明智光秀に従わなかった釈迦牟尼仏負佐、宇津氏、仁木氏、和田氏らの侍がここにいたた。1578年、明智光秀の攻撃を受け、反乱勢は鎮圧させられた。

1575年、明智光秀の「丹波攻め」の頃は黒井城主赤井直正配下の支城として、釈迦牟尼仏靭負佐(みくるべゆきえすけ)が居り、久下七郎左衛門・長沢越後守・宇津氏・仁木氏・和田氏等、丹波諸城の一部の侍が退いて鬼ヶ城や高見城に拠って抵抗しています。1578年、丹後の一色氏を滅ぼして福知山へ帰着した明智光秀は、仁木氏・和田氏等が拠って 近在に出没して狼藉するとの訴えに、鬼ヶ城を四方より攻めて二百余名を討ち取り党を解散させています。

中沢正綱【なかざわまさつな(15??~15??)】

余部城。官途は因幡守。

長沢義遠【ながさわよしとう(15??~15??)】

大山城主。1578年、明智光秀による丹波攻略時の攻略をささえた。

長沢重綱【ながさわしげつな(15??~15??)】

笑路城主。足利将軍家臣。穴太城主赤沢義政とは姻戚関係。長沢重綱は弟長沢豊後守兼綱とともに明智光秀に降った。

長沢家臣団【ながさわけかしんだん】

猪倉城主:井内筑前守、犬甘野城主:長沢豊後守。

奈賀山長員【ながやまながかず(15??~15??)】

荒河中山城主。1563年、明智光秀勢に滅ぼされた。

並河易家【なみかわやすいえ(15??~1582)】

並河城主。通称掃部介。1576年、丹波に攻め入った明智光秀に呼応して命脈をつないだ。明智光秀の丹波国攻めによく貢献し、八上城攻めにも参陣した。赤井直正、波多野秀治の「呼び込み戦法」で明智光秀が潰走した際、先導して無事京に帰還させた。1582年「山崎の戦い」で松田政近とともに天王山麓の中川清秀を攻撃するが討死した。

並河八助【なみかわはちすけ(15??~15??)】

並河易家の男。1582年「山崎の戦い」では、父並河易家と共に参陣した。

並河金右衛門【なみかわかねうえもん(15??~15??)】

並河易家家臣。官途は志摩守。1582年「本能寺の変」では、織田信長の頸級と着衣を獲るが明智秀満に諭されその功を譲った。のちに加藤清正家に仕えた。

並河飛騨守【なみかわひだのかみ(15??~15??)】

並河易家家臣。波多野攻略後八上城代。沢田城主渡部大膳綱定が叛乱を起こした際は、これを鎮圧した。

新治内蔵介【にいはりくらのすけ(15??~15??)】

河守城主。新治内蔵介は一色家の庶家で、1573年、河守城は赤井直正によって攻略され討死した。

二階堂秀香【にかいどうひでたか(15??~1580)】

波多野晴通の三男。二階堂家の養子。波多野秀治とともに八上城に籠城して明智光秀勢と戦うが一年半に及ぶ攻防の末降伏した。兄弟の波多野秀治、秀尚とともに城兵に捕らえられて明智光秀に差し出され殺された。

西山蟻之助【にしやまありのすけ(15??~15??)】

川合日代城主。赤井直正家臣。1579年、赤井直正の黒井城が陥落したため、蟻之助は空き城であったここに移り住んだ。

蜷川貞繁【にながわちかとし(15??~15??)】

船井郡蟠根寺城主。蜷川家は代々足利将軍家に仕え、室町幕府政所代を務めた。姉妹は斎藤利賢の室で明智光秀の家老斎藤利三の母にあたる。

蜷川親世【にながわちかよ(15??~1569)】

蜷川貞繁の男。1565年、足利義輝が松永久秀に討取られ、蜷川親世は所領を失い没落した。出羽国寒河江の高松左門を頼って落ち延び、出羽国村山郡金谷原で病没した。著書「蜷川親俊日記」。

蜷川親長【にながわちかなが(15??~15??)】

蜷川親世の男。1563年、伊勢貞孝、伊勢貞良父子が三好長慶と戦って討死すると、蜷川家の立場も微妙なものとなった。1565年、足利義輝が三好三人衆、松永久秀らの謀叛によって謀殺されると、蜷川親世、蜷川親長父子は蟠根寺城を退去した。 

蜷川貞周【にながわさだ(15??~1582)】

蜷川親長の男。明智光秀の丹波攻略が進められるようになると明智光秀の麾下に属した。1582年「山崎の戦い」において、蜷川貞周と嫡男蜷川貞房は明智光秀方として参陣し一族郎党とともに討死した。

温井光俊【ぬくいみつとし(15??~1582)】

土野城主。通称又三郎。1582年、明智光秀に従い「山崎の戦い」で討死した。

野々口親永【ののぐちちかなが(15??~15??)】

埴生城主。通称左衛門尉。明智光秀が丹波平定に乗り出した際に攻められ、明智光秀に降伏した。

野々口子清親【ののぐちきよちか(15??~15??)】

野々口親永の男。1579年、明智光秀に攻められ降伏した。明智光秀に従い八上城主波多野家攻めにも参陣した。

------------------------------------------------------

【は】

波々伯部義信【ははかべよしのぶ(15??~15??)】

小西城主。細川高国家臣。1565年、波々伯部義信は横山城を救援した。

波々伯部光政【ははかべみつまさ(15??~15??)】

波多野家臣。室は荒木山城守の妹。丹波守護代内藤貞正をはじめ波多野元清、波々伯部光政らは細川高国に味方し、中沢元綱、酒井秀正らは細川澄元に味方した。1508年、波多野元清に属した波々伯部大和守、波々伯部民部丞らは「福徳貴寺の戦い」で中沢元綱を討取る戦功を挙げた。この戦いにより、波多野稙通が多紀郡を制圧することになり、丹波国群雄のなかで一頭抽んでる勢力となった。三好長慶が畿内を制圧すると、内藤宗勝が丹波国に侵攻、波多野晴通を討取り丹波国を勢力化においた。1565年、赤井直正に敗れた内藤宗勝は討死した。1566年、八上城を奪回した波多野秀治は、三好長慶と対抗して奥丹波を勢力圏においた。波々伯部光政は波多野秀治に属して戦功を挙げ、淀山城、東山城、 南山城を築いて、八上城の東側の防備を固めた。1575年、織田信長の命を受けた明智光秀の丹波攻略が開始されると、波多野秀治をはじめとする丹波国人衆は果敢に戦い、明智光秀をおおいに悩ました。明智光秀は八上城を包囲して兵糧攻めの作戦をとった。1579年、八上城は落城、室の兄荒木山城守の下に落延びた。 

広瀬但馬守【ひろせたじまのかみ(15??~15??)】

御影山城主。柳本賢治の家臣。柳本賢治が討死後、内藤国貞に属した。

畑守能【はたもりの(15??~15??)】

八百里城主。波多野氏が丹波守護代となると畑家が代々城主を勤めた。1579年、明智光秀の丹波侵攻により落城、ときの城主畑守能の嫡男畑守国と次男畑能国はともに討死、守能は囲みを突破して落延びた。

波多野稙通【はたのたねみち(15??~15??)】

多紀郡八上城主。管領細川家臣。官途は備前守。通称与兵衛。八上城を築いて波多野家発展の礎を造る。香西元盛、柳本賢治らは兄弟。妹は別所家に嫁ぐ。足利将軍家によって評定衆に加えられた。細川高国と細川澄元、晴元の争いでは細川高国方に与し、西丹波国に勢力圏を拡大した。1526年、弟香西元盛が讒言により細川高国によって弑されると細川高国方を離反し、柳本賢治とともに細川高国方を丹波国から駆逐した。

波多野晴通【はたのはるみち(15??~15??)】 

波多野稙通の男。通称与兵衛。細川晴元と三好長慶の争いが起こっており、地勢上丹波もこれに巻きこまれた。晴通は晴元に味方したため三好方の攻撃を度々受けた。1552年、三好長慶。1553年、松永久秀。1555年、松永久秀、三好政康に攻められたが、香西元成らの支援を得てこれを撃退した。1557年、八上城を失陥して一時衰亡した。

波多野秀治【はたのひではる(15??~1579)】

波多野晴通の男。官途は左衛門大夫。父多野晴通が失った八上城を奪還し勢力を拡大した。1560年、正親町天皇の即位式費用として金帛を献じ、兵12,000余りを率いて波多野宗高と共に上洛した。織田信長に降伏したがまもなく離反した。1577年、明智光秀の丹波侵攻を受け、波多野秀治は家臣をまとめてよくこれを防いだが再び降伏すると、織田信長に謀殺された。

波多野秀高【はたのひでたか(15??~1579)】

波多野晴通の次男。1577年、八上城籠城戦が始まると兄波多野秀治に味方して参陣した。1579年、兄波多野秀治と運命を共にした。

波多野宗高【はたのむねたか(1511~1573)】

波多野美作守の男。官途は出羽守。波多野家の庶家、西波多野家の枝連衆。氷上城を築城、武勇と智勇から「丹波鬼」と称された。正親町天皇の即位式では洛中を警護した。1570年、盟友の朝倉義景が織田信長と敵対するのを食い止めるために越前に赴く途中、乱戦に巻き込まれて討死した。

波多野宗長【はたのむねなが(15??~1579)】

波多野家臣。明智光秀の丹波侵攻に抵抗した。播磨国の別所長治と結んでこれに戦ったが、籠城むなしく兵糧尽きて自刃した。

樋口加賀守【ひぐちかがのかみ(15??~15??)】

川合岼城主。家臣樋口対馬守。

福井貞政【ふくいさだまさ(15??~15??)】

余部城主。官途は因幡守。1577年、丹波国の攻略を開始した明智光秀に対し、福井貞政は嫡男福井弥太郎と共に抵抗したが、明智光秀勢の攻撃を受け落城、福井貞政は自刃した。

細見河内守【ほそみかわちのかみ(15??~15??)】

船井郡鎌谷城主。細川家臣。

細見家臣団【ほそみけかしんだん】

細見山城守、細見長助。

堀貞次【ほりさだつぐ(15??~15??)】

大内城主。官途は上総介。

堀広正【ほりひろまさ(15??~15??)】

堀貞次の男。1572年、大内城は赤井直正の攻撃を受け落城した。

------------------------------------------------------
【ま】

牧利明【まきとしあき(15??~15??)】

牧城主。福知山城主塩見頼勝の五男。通称伊織介。1579年、明智光秀の侵攻を受け降伏した。

松山日向守【まつやまひゅうが(15??~1577)】

松山城主。1577年、松山城は陥落した。

見谷友政【みたにともまさ(15??~15??)】

調査中。

森高之【もりたかゆき(15??~15??)】

黒田城主。官途は越前守。1533年、森高之は「里井城の戦い」「籾井城の戦い」で戦功を挙げた。

籾井教業【もみいのりなり(15??~1576)】

多紀郡籾井城主。波多野家臣。官途は越中守。丹波の赤鬼こと赤井直正と並んで武勇に優れたため「青鬼」と称された。籾井家は丹波国多紀郡の篠山盆地に割拠した新興の豪族で、籾井城は中世に京都から丹波を経て山陰地方に向かう山陰道が篠山盆地に差し掛かる箇所にあたる要衝であった。籾井教業は篠山盆地の中心を抑える八上城の波多野家と姻戚関係にあり、その旗下の武将としてともに足利義昭に仕えた。1575年、足利義昭を追放して自身に反抗する丹波国の諸将の討伐に取り掛かった織田信長は、明智光秀に命じて丹波の経略に取り掛からせた。丹波への入り口にあたる籾井城は明智勢の猛攻を受け落城した。

籾井綱利【もみいつなとし(1550~1576)】

籾井教業の男。元亀年間、籾井城主籾井綱重が隠居して移ったのが安口城と云われる。 綱重は波多野秀治の妹を娶った人物で、次男籾井正綱を引き連れて隠居した。1577年、織田信長の部将明智光秀が大軍を率いて丹波国へ侵攻し、安口城は落城。綱重は落城の際に肩に銃弾を受けて山伝いに逃れ、後に京へ上ったという。

籾井家臣団【もみいけかしんだん】

調査中。

森氏就【もりうじなり(15??~1556)】

滝ヶ嶺城主。官途は美作守。室は森可成の娘。嫡男森駿河守氏吉は、丹波国に侵攻した明智光秀に属した。

------------------------------------------------------

【や】

夜久相模守【やくさがみのかみ(15??~15??)】

額田城主。家臣夜久道蘊(どううん)、夜久主計頭。

吉見則重【よしみのりしげ(15??~1578)】

氷上郡鹿集城主。官途は式部少輔。赤井家臣。織田信長が足利義昭との対立が深まると、丹波国人衆は足利義昭に属した。織田信長は明智光秀を先鋒として「丹波国討伐」を行なった。1575年、明智光秀の軍勢は丹波に侵攻し、黒井城に拠る赤井直正を攻撃しました。この時は多紀郡の波多野家が突然離反し、明智勢は撤退を余儀なくされた。1577年、明智光秀は「第二次丹波国侵攻」を開始した。1578年、明智光秀の家臣明智光春の兵500余りが、黒井城や支城の友政城、鹿集城、誉田城などの城砦に迫りました。鹿集城には、嫡男吉見守重と大澤喜龍に兵を付けて黒井城に援軍を送っていたため、吉見則重は僅か70余りで明智勢を迎え撃った。明智勢の猛攻の前に吉見則重は討死、城にいた一族も城中に火を放って悉く自刃した。

吉見守重【よしみもりしげ(15??~15??)】

吉見則重の男。通称助太夫。1578年、鹿集城は落城した際は、吉見守重は黒井城に籠城していたため、難を逃れた。1579年「丹波の赤鬼」と恐れられた赤井直正が病没すると、黒井城も明智勢によって落城しました。吉見一族はその後、それぞれ武士を捨てて帰農した。吉見守重の嫡男吉見治重は織田信包に仕えた。

丹波吉見家臣団【よしみけかしんだん】

友政城主:三谷友政、大澤喜龍。

余田為家【よだためいえ(15??~15??)】

余田城主。黒井家臣。余田一族は槍術、弓術に優れた武士団で、余田為家は赤井家臣の中でも特に豪勇を知られ、家老職も務めていた。1575年、赤井直正は、明智光秀の丹波侵攻勢と戦い、余田為家もそれに属して、明智光秀勢と戦った。1578年、赤井直正の死により絶対的な指導者を失った赤井方に陰りの色が見え出しました。1578年、余田城に明智光秀勢が迫ります。余田城に居た為家の兵は半数以下でありました。黒井城守備の為、一族の余田半兵衛に兵を預け派遣していたのです。武勇を誇る余田為家は半数以下の兵で明智勢に立ち向かいます。明智勢の鉄砲の一斉射撃で味方は倒れてゆき、戦うも多勢に無勢、余田為家は城に火を掛け、残った兵と共に再起を掛け再び明智勢と相対する為に黒井城を目指しました。明智勢の追撃は厳しく余田為家は自刃した。

柳本賢治【やなぎもとかたはる(15??~1530)】

神尾山城主。波多野秀長の男。細川高国の家臣で弟香西元盛が摂津分郡守護の細川尹賢に謀殺されると、柳本賢治や波多野稙通は細川高国の対応に不満を持ち、細川晴元、三好元長らと共に反乱を起した。1526年、細川高国の追討勢を神尾山城にこもり撃退した。1527年、細川晴元、三好元長らとともに細川高国との「桂川原の戦い」で勝利した。細川高国や足利義晴を京都から追い落として、足利義維を堺に迎え、堺公方として擁立した。1528年、三好元長と対立し、細川晴元に讒言し三好元長を阿波国に追い落とした。三好元長派の赤沢幸純や伊丹元扶を攻めるため畿内各地を転戦した。細川高国は、北畠晴具に上洛を要請した。柳本賢治は足利義晴との和睦を主張したが、足利義維と細川晴元に拒絶された。1530年、別所就治の要請に応じ「播磨依藤城の戦い」の陣中で病没した。

柳本甚次郎【やなぎもとじんじろう(15??~15??)】

柳本賢治の男。1532年、京都三条城で三好元長率いる阿波勢に討取られた。

山内久豊【(15??~15??)】

船井郡三ノ宮城主。通称孫太郎。

山村正次【やまむらまさつぐ(15??~15??)】

柳本賢治家臣。1534年「飯盛城の戦い」で勝利を収めた本願寺証如は、余勢をかって大和国に侵入、興福寺、春日神社を襲撃した。京の民の多くは法華宗を信仰していたため、一向宗の勢力拡大に脅威を覚えて武装し、法華一揆起こった。法華一揆に細川晴元に加勢したため、一向一揆は堺に押し寄せて細川勢を攻めた。一方京の都では、山村正次率いる法華一揆衆が東山山麓で一向一揆勢2,000余りを撃破、続いて西岡付近で一向一揆勢2,000余りを率いて山科本願寺に迫った。山科本願寺攻城勢主力は法華一揆勢であり、山村正次率いる柳本勢、六角定頼勢、その他土民一揆勢約30,000余り。法華一揆勢が寺内に乱入、堂塔伽藍に放火して回ったため、本願寺は灰燼に帰して落城した。

湯浅宗貞【ゆあさむねさだ(15??~15??)】

世木城主。湯浅宗福の男。官途は越前守。通称五郎兵衛尉。湯浅宗貞は丹波守護代内藤国貞に属して波多野稙通と争っていた。1553年、八上城主波多野稙通が内藤領へ侵攻し、内藤国貞は「本梅郷の戦い」で討死した。湯浅宗貞は園部城において内藤国貞の嫡男内藤千勝丸を匿い、松永長頼の援軍が到着するまで持ちこたえた。1562年「教興寺の戦い」では、丹波国人衆のひとりして内藤宗勝に属して戦った。対する畠山高政方には同族の湯浅宗政、保田知宗らが属しており、一族で戦うことになったが勝利を収めた。1570年、隠居して、家督を湯浅宗清に譲った。

和久義国【わくよしくに(15??~15??)】

山家城主。塩見頼勝の四男。通称左衛門佐。1563年、和久義国が山家城を築城ひた。丹波八木城の内藤家と「和藤の戦い」を行った。1579年、明智光秀の侵攻を受け落城した。

和久長利【わくながとし(15??~15??)】

和久義国の男。

渡辺成道【わたなべなりみち(15??~15??)】

浄法寺城主。官途は美作守。1575年、明智光秀の「第一次丹波侵攻」で、渡辺成道は降伏した。

和田斉頼【わだなりより(15??~1579)】

岩尾城主。

和田師季【わだもりのり(15??~15??)】

和田斉頼の男。1579年、明智光秀が「第二次丹波侵攻」を行った際に、岩尾城も攻められ落城した。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

丹波国(6郡/)

桑田郡:
船井郡:
何鹿郡:
多紀郡:
氷上郡:
天田郡:

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

波多野家四天王【はたのけしてんのう】

江田行範。

丹波七組【たんばしちくみ】

足立光久、荻野朝忠、酒井重貞、須知景氏、内藤顕勝、野尻康永、波々伯部光政。
 
丹波七頭【たんばしちとう】

赤井景遠、荒木氏綱、江田行範、大館氏忠、久下重氏、小林重範、長沢義遠。
 
丹波の青鬼赤鬼【たんばのあおおにあかおに】

青鬼:籾井教業、赤鬼:赤井直正。

------------------------------------------------------

丹波国【たんばのくに】

調査中。

丹波国奥三郡【たんばこくおくさんぐん】

氷上郡、天田郡、何鹿郡。

------------------------------------------------------

2012年7月3日火曜日

戦国河内国人名辞典


------------------------------------------------------

【あ】

飯沼康頼【いいぬまやすより(15??~15??)】

畠山家臣。畠山稙長から畠山政国期にかけての奉行人。

池田教正【いけだのりまさ(15??~1595)】

三好義継家臣。官途は丹後守。洗礼名は「シメオン」。若江三人衆の筆頭。三好長慶に仕えた。三好長慶が病没すると松永久秀に属して足利義輝の謀殺にも関わった。1568年、織田信長の上洛すると三好義継、松永久秀と共の麾下に属した。三好三人衆が堺より京都を目指した際、和泉国家原城において三人衆方と戦った。織田信長と足利義昭の対立後、三好義継は足利義昭に属したため佐久間信盛の攻撃を受けた。池田教正、多羅尾常陸介、野間長前ら若江三人衆は揃って佐久間信盛に内通して三好義継を自刃に追いやった。以後佐久間信盛に属して畿内を転戦した。1581年「京都馬揃え」では蜂屋頼隆に属して参陣した。1582年「本能寺の変」後は、羽柴秀吉に属した。「小牧、長久手の役」では池田恒興隊の先手を務め、戦後は池田輝政に仕えた。その後、羽柴秀次に仕え、清州奉行や信濃木曽における材木奉行を務めた。「羽柴秀次事件」の際、羽柴秀次に殉じた。

------------------------------------------------------

【か】

甲斐庄隆成【かいしょうたかなり(15??~15??)】

錦部郡烏帽子形城主。畠山家臣。

甲斐庄正治【かいしょうしまさはる(15??~1599)】

甲斐庄隆成の男。通称庄兵右衛門。畠山家没落とともに烏帽子形城を失った。没落した甲斐庄正治は流浪のち、松平元康に仕えた。

甲斐正房【かいしょうしまさふさ(1564~1630)】

甲斐庄正治の男。通称庄喜右衛門。室は黒弥兵衛の娘。父甲斐庄正治と共に松平元康に仕えた。「小田原の役」に参陣して300石を領した。1599年、父甲斐庄正治が病没し父の遺領と合わせて600石を領した。1600年「関ヶ原の役」に参陣して大番組頭となった。1614年「大坂の陣両陣」に参陣し、河内の地理に詳しいことから道案内を務めた。「大阪夏の陣」では、水野勝成隊に属して戦功を挙げ、錦部郡烏帽子形城2,000石を領した。

木沢長政【きさわながまさ(15??~1542)】

河内畠山家臣。官途は左京亮。1530年、細川晴国に属した。1531年、細川高国が三好元長らに滅ぼされると、細川高国方の細川尹賢を摂津国富田城で滅ぼし、河内国飯森山城主となった。畠山義英に飯森山城を攻められた際は、細川晴元に支援を請い、細川晴元は本願寺証如に協力を依頼して一向一揆を煽動した。1532年、畠山義英、畠山義堯は居城高屋城において自刃した。木沢長政はまた、細川晴元、一向一揆と協力して三好元長を堺顕本寺に包囲して自刃に追い込んだ。1533年、法華一揆と結んで細川晴元とともに石山本願寺を攻め、以後一向一揆と対立した。1536年、大和国信貴山城を築城した。1541年、山城国笠置城を修築して勢力圏を拡大した。細川晴元、三好政長や三好長慶と対立した。1542年、遊佐長教が畠山政国を追放して畠山稙長を擁立すると、木沢長政は畠山政国を助けて、畠山稙長を高屋城に攻めたが、池田長教、三好政長、三好長慶らの迎撃に合い「河内国太平寺の戦い」で討死した。

萱振賢継【かやふりかねつぐ(15??~15??)】

八尾城城主。1551年、下郡代で高屋城に居た萱振賢継が、河内守護代遊佐長教を謀殺した。萱振賢継は安見宗房に謀殺された。

------------------------------------------------------

【さ】

三箇頼本【さんかよりもと(15??~15??)】

讃良郡三箇城主。通称治部左衛門尉。

三箇頼照【さんかよりてる(15??~1595)】

三箇頼本の男。官途は備後守。別名白井備後守。洗礼名「マンショ」。畿内で最も古いキリシタンのひとり。三好長慶の秘書役を務めていた。三箇城は、畿内を支配した三好長慶の居城飯盛山城の西方にあり、摂河泉と大和を繋ぐ大和川、寝屋川水運の要衝でもあった。三箇頼照は三好義継、次いで織田信長に属して所領を安堵され、畿内で本願寺勢力と戦う一方で、キリスト教の洗礼を受け、宣教師と信者を保護して領内に1,500人のキリシタンを擁し「五畿内で最も大にして美麗」と称えられた教会を築いて三箇を高山友照の高槻城、結城ジョアンの砂岡山城、池田教正の若江城と並ぶ近畿キリシタンの一大拠点とした。1577年、本願寺との戦いが激化し、三箇城に一揆勢が押し寄せた。1580年、本願寺が織田信長と講和して石山合戦が終結すると領内も安定し、三箇頼照は最盛期を迎えた。

三箇頼世【さんかよりただ(15??~15??)】

三箇頼本の次男。

三箇頼連【さんかよりつら(15??~15??)】

三箇頼照の男。官途は伯耆守。通称孫三郎。洗礼名「マンショ」。1577年、父三箇頼照の隠居により三箇家の家督を相続した。多羅尾常陸介の讒言で所領没収の危機を迎えたが、尋問の際の態度と弁明が非常に立派であったために織田信長は感服して疑いを解くことが出来た。1578年、荒木村重の反乱を鎮圧と一族の処刑を行った。1582年、三箇頼連は、明智光秀の謀反に加担した。明智光秀が「山崎の戦い」で敗北すると羽柴秀吉方の諸将に攻撃され、城も教会も焼き払われて三箇家は滅亡した。保護者を失ったキリシタン領民も四散し、三箇は廃墟と化した。 落城時の攻撃側の軍勢による破壊と略奪は凄まじかった。

三箇頼雄【さんかよりたか(15??~15??)】

三箇頼照の次男。官途は飛騨守。織田信長に仕えた。1582年、高野山衆徒との戦いで戦功を挙げた。

三箇頼遠【さんかよりとう(15??~15??)】

三箇頼照の三男。官途は和泉守。

三宝院快敏【さんぽういんかいしゅん(15??~15??)】

高野山の子院のひとつ三宝院の僧。紀伊国衆で、紀伊国の小守護代か郡代クラスに登用された。畠山稙長の河内国復帰にも従った。

清水元好【しみずもとよし(15??~1612)】

河内畠山家臣。清水元方の男。通称勘右衛門。のち羽柴秀次に仕えた。「羽柴秀次事件」後は流浪、一時前田利家に仕えるも、やがて高野山に入った。1600年「関ヶ原の役」のち和歌山を領した浅野幸長に招かれてこれに仕えた。

------------------------------------------------------

【た】

田原但馬守【たわらたじまのかみ(15??~15??)】

三好長慶家臣。田原城主。洗礼名「レイマン」。

多羅尾右近【たらおさこん(15??~15??)】

三好義継家臣。河内国守護代。官途は常陸介。若江三人衆のひとり。三好義継、松永久秀に組して三好三人衆と戦った。1566年、山城国淀城に拠るが、三人衆の攻撃により退去した。 キリスト教をしばしば迫害し、宣教師からは大敵と呼ばれた。キリシタンである三箇城主三箇頼照を織田信長に讒言し危機に追い込んだ。

丹下盛賢【たんげもりかた(15??~1545)】

丹下城主。畠山稙長家臣。官途は備後守。畠山稙長が紀伊国に退いたときにも従った。河内国守護代である遊佐長教の麾下に属した。畠山稙長の意を遊佐長教に伝える役割を果した。畠山稙長が遊佐長教に追放され、紀伊国に退去した際もそれに従った。畠山稙長の死後殉死した。死後、遊佐長教がその死を惜しみ、平盛知に丹下家の家名を継がせた。

丹下盛知【たんげもりとも(15??~15??)】

丹下盛賢の養子。官途は備中守。別名平盛知。紀伊国の小守護代を務めた。畠山家の紀州退去に従った。安見宗房とともに領国経営の中心を担った。永禄年間の畠山家の没落による紀伊国退去に従った。

丹下遠守【たんげとおもり(15??~15??)】

丹下盛知の養子。官途は越前守。遊佐長教の枝連衆。別名遊佐遠盛。養子として丹下家に入り、畠山昭高の奉行人として仕えた。

津田正信【つだまさのぶ(15??~15??)】

交野郡津田城主。楠木正儀の養子。官途は周防守。1490年、津田城を築城した。

津田正明【つだまさあき(15??~1561)】

津田正信の孫。三好長慶に仕えた。1561年、津田正明が津田城内で病没した。

津田正時【つだまさとき(15??~15??)】

津田正明の男。官途は主水頭。1567年、津田正時に不満を持つ豪族上武伊賀守清繁が攻撃を仕掛けたが、津田正時はこれを撃退した。1568年、三好三人衆に味方していた津田正時は松永久秀に寝返り、この城には三好義継が入城した。三人衆の攻撃を受けて落城、津田正時と三好義継はこの城を脱出した。1575年、河内へ侵攻した織田信長勢は津田城を攻撃、陥落した。津田正時は、浪人となり流浪したが、羽柴秀吉に許されて旧領に戻ったが「山崎の戦い」で津田正時は明智光秀に味方し、再び浪人となった。

------------------------------------------------------

【な】

野尻備後大夫【のじりびんごだいふ(15??~15??)】

渚城主。

------------------------------------------------------

【は】

走井盛秀【はしりいもりひで(15??~15??)】

守護代遊佐家臣。官途は備前守。守護代遊佐家の上級の被官であったが、守護代の地位向上や守護畠山家の家督相続の内紛に伴う守護、守護代による二重支配体制により、畠山家臣と連署して文書を発給した。畠山家奉行人としての役割も担った。

河内畠山稙長【はたけやまたねなが(15??~1545)】

古市郡高屋城主。畠山尚順の男。紀伊国、河内国、越中国守護職。官途は尾張守。別名畠山稙家。祖父畠山政長が細川政元に自刃に追い込まれてより幕府参画の機会を失った上、嫡流の座をめぐって総州家と尾州家に分裂。尾州家有利といえども分裂状態が解消されなかった。1511年、畠山家の家督を相続した。細川高国と結んで細川澄元、畠山義英らと戦った。1520年、畠山義英に高屋城を奪われるが「等持寺の戦い」で細川澄元が敗退して勢力が後退したため、高屋城を奪回した。のち南河内地方を領し、北河内地方は畠山尚順が守護となった。高国政権が細川晴元によって瓦解すると、畠山義堯は攻勢に出て南河内へ進出した。1532年、畠山義堯は家臣木沢長政と争って討死した。河内守護は稙長に任ぜられることとなる。1534年、遊佐長教、木沢長政が畠山稙長の弟畠山長経を擁して謀反したため紀伊へ逃れた。1542年、遊佐、木沢両家は争い、木沢長政は細川晴元を離反して敗死し、畠山稙長は遊佐長教により高屋城に迎えられて復帰した。

河内畠山長経【はたけやまながつね(15??~1541)】

畠山尚順の次男。官位は左京大夫。1534年、兄畠山稙長が守護代の遊佐長教、木沢長政らによって廃され、河内国守護職に擁立された。ところが、四年後に応仁の乱以来続く畠山家の分裂状態に終止符を打つべく河内を二分して、対立する両派からひとりずつ守護を立てるという遊佐長教の提案に激しく反発した。畠山長経が独自行動を取るようになると、遊佐長教らによって畠山長経は追放され、代わって弟畠山政国が守護に擁立された。後に木沢長政によって謀殺された。

河内畠山政国【はたけやままさくに(15??~15??)】

畠山尚順の三男。兄畠山稙長が木沢長政によって追放され、続いてもうひとりの兄畠山長経が謀殺されると、木沢長政により総州畠山家の当主として擁立され、総州畠山在氏と協調して統治にあたった。畠山政国は畠山在氏と同様傀儡であり、実権は木沢長政や遊佐長教が握っていた。1538年、高屋城に入城し、畠山在氏とともに河内半国守護体勢を形成した。その後家督をついだ畠山晴熈の「惣領名代」として「細川氏綱の乱」に荷担した。1542年、木沢長政が「太平寺の戦い」で討死すると後ろ盾を失い家臣によって河内国から追放された。1545年、畠山稙長が没すると、遊佐長教が推す弟畠山晴熙が家督を継ぎ、畠山政国はその後見にあたった。畠山晴熙の引退後は畠山政国の嫡男畠山高政が家督を相続した。

河内畠山晴熙【はたけやまはるひろ(15??~15??)】 

畠山尚順の四男。官途は播磨守。畠山稙長は継嗣なく、能登畠山家から養子を迎えようとしていたため、死後家督争いが起きた。

河内畠山高政【はたけやまたかまさ(1527~1576)】

畠山政国の男。官途は尾張守。1546年、三好政長と「摂津舎利寺の戦い」で、父畠山政国の援助を受けて勝利した。1548年、三好長慶の反撃を受けて敗れ、三好長慶と和議を結んだ。1550年、父畠山政国の病没により河内畠山家の家督を相続した。1551年、河内国守護代の遊佐長教が謀殺されると、安見宗房を守護代とした。三好長慶が畿内で勢力を増すと、三好長慶に属した。1558年、安見宗房の離反によって居城の河内高屋城を追放されて堺に落延びた。1559年、畠山高政は三好長慶と和睦して、安見宗房らを追放して高屋城に復帰した。1560年、安見宗房を守護代に戻して三好長慶と再び対立した。三好勢が高屋城を占拠して畠山高政、安見宗房らは再び追放され紀伊国に落延びた。1561年、紀伊国で挙兵すると、細川晴之、六角義賢と共に京都に進軍し、三好長慶を京都から追い出すことに成功した。1562年「久米田の戦い」で、三好義賢を討取る戦果を挙げ高屋城を奪還した。「教興寺の戦い」で敗れ、河内における支配権を失い再び紀伊国に落延びた。1566年、三好長慶没後、三好義継と和睦し高屋城に戻った。1568年、織田信長が足利義昭を擁して上洛すると、織田信長に属した。1569年、遊佐信教によって河内国から追放された。1573年、畠山昭高が遊佐信教に謀殺されると挙兵し河内国に侵攻したが敗北し紀伊国に落延びた。

河内畠山政尚【はたけやままさなお(1533~1589)】

畠山政国の次男。紀伊国守護職。兄畠山高政を弟畠山昭高と共に補佐して紀伊国内の畠山領(分郡守護)を支配した。兄畠山高政が遊佐信教によって守護職の座を追われると、これを堺に迎えて反撃を試みるが、遊佐信教らに追われて紀伊国に落延びた。「石山城の戦い」後、本願寺の支援を失った雑賀衆らによって紀伊国主に担ぎ出された。1585年、羽柴秀吉が「紀州征伐」により紀伊国の支配権を失った。

河内畠山昭高【はたけやまあきたか(1534~1573)】

畠山政国の三男。河内国下半国及び紀伊国守護職。官途は左衛門督。兄畠山高政を補佐して三好長慶と争った。1568年、織田信長が足利義昭を擁して上洛してくると、兄畠山高政もこれを支持した。畠山高政は織田信長に河内半国守護職を認められた。1569年、兄畠山高政が遊佐信教によって紀伊国に追放されると、河内畠山家の家督を継いだ。1571年、河内国上半国守護職三好義継が反乱を起こし松永久秀と共に河内畠山家方の諸城を攻撃すると、安見宗房と共にこれに抵抗した。遊佐信教が三好義継と結ぶと、畠山昭高は織田信長の妹を室とし、織田家の支援を受けて遊佐信教と対抗した。1573年、足利義昭と織田信長の対立すると足利義昭方に付いたため、織田信長の後ろ盾を失い遊佐信教に謀殺された。

河内畠山貞政【はたけやまさだまさ(1557~1641)】

畠山政尚の男。紀伊国岩室城主。1584年、織田信雄、松平元康が羽柴秀吉と戦った「小牧、長久手の戦い」では、根来衆、雑賀衆とともに松平元康方に属した。松平元康、羽柴秀吉の和睦後、羽柴秀吉に城を攻められ、家臣の内応により落城した。

総州畠山義英【はたけやまよしひで(15??~1532)】

飯盛城主。畠山基家の男。通称次郎。官途は上総介。細川政元と結んで畠山尚順と戦った。1504年、和睦し、畠山義英は北河内の、畠山尚順は南河内国の守護職となることで合意した。1507年、細川政元が謀殺されると、細川澄之と細川高国が対立するようになり、畠山義英は細川澄元と結び、細川高国は畠山尚順と結び戦った。1508年、細川高国は足利義稙を擁して上洛してきた大内義興と結び、畠山義英は没落した。1518年、大内義興帰国により細川高国政権は弱体化した。1520年、越智家全らとともに攻勢をしかけて畠山稙長の拠る高屋城を攻略するが、細川高国と戦って敗退、大和国吉野へ落延びた。1521年、畠山稙長と和睦し再び、北河内は畠山義英、南河内は畠山稙長が守護となった。1527年、朝倉宗滴の上洛では三好党に組して戦った。

総州畠山義堯【はたけやまよしたか(15??~1532)】

畠山義英の男。室町幕府管領職。河内国、山城国守護職。官途は右衛門督。室は細川澄元の娘。1526年、室町幕府管領となった。その後、細川晴元と結んで、細川高国や畠山稙長と争い。細川高国を倒した。その後、細川晴元と対立した。家臣の木沢長政が細川晴元と畠山稙長と結び謀反を起こした。1532年、木沢長政の飯盛山城を三好元長と攻囲したが、一向一揆衆に背後を衝かれ敗れて自刃した。

総州畠山在氏【はたけやまありうじ(15??~15??)】

畠山義堯の男。官途は右衛門督。通称小次郎。総州畠山家の実権は家臣の木沢長政が握っており、傀儡政権の様相を呈していた。1537年、代替わりの安堵状を発給した。河内畠山畠山政国と和睦して復権を目指した。1541年、木沢長政が細川晴元に反旗を翻すと、畠山存氏も同調し飯盛城に拠っていた。木沢長政は幕府側との和睦交渉を続けたが結局不調に終わり「太平寺の戦い」後、飯盛城は陥落した。畠山在氏は本願寺などに通じて復権を図り「細川氏綱の乱」で、細川晴元政権に帰参した。再び細川氏綱と結び、三好長慶、遊佐長教勢に対抗するが敗北し没落した。

総州畠山尚誠【はたけやまなおのぶ(1531~15??)】

畠山在氏の男。父畠山在氏は、細川氏綱、三好長慶と細川晴元との戦いにおいて、細川晴元に属して没落した。1551年、平誠佐と遊佐家盛とともに河内国に侵攻したが。三好長慶と結んだ河内畠山家の基盤は強固なもので、試みは失敗に終わった。1556年、畠山高政が安見宗房とともに布施左京亮を征伐しようとした際、布施左京亮に加勢したが、総州畠山家は河内の一勢力にすぎないと言えるほど没落していた。1565年、三好家三人衆と松永久秀が足利義輝を謀殺すると、足利義昭を興福寺一乗院から脱出させることに尽力した。

平誠佐【ひらあきすけ(15??~15??)】

畠山尚順家臣。通称左衛門大夫。1552年、遊佐家盛と共に大和国宇智郡の栄山寺に宛てて禁制を発給した。

平盛長【ひらもりなが(15??~15??)】

河内畠山家臣。通称三郎左衛門。初め畠山高政に仕えたが、その没落後は織田信長、羽柴秀吉に仕えた。のち羽柴秀次に仕えた。1595年「羽柴秀次事件後」は高野山に隠棲した。

本多政康【(15??~15??)】

枚方城主。通称内膳正。羽柴秀吉に仕えた。その娘が秀吉の妾となったために栄えた。

------------------------------------------------------

【ま】

野間長前【のまながさき(15??~15??)】

三好義継家臣。野間右兵衛の男。通称兵衛尉。三好長慶に、その死後は養子三好義継に仕えた。1568年、足利義昭上洛に際し、三好義継はこれに服し、河内半国守護に補された。野間長前もその重臣として足利軍義昭に属した。佐久間信盛や柴田勝家らと連名しており、織田信長の家臣として新参ながら、高い地位を保持していた。野間長前は織田信長によって茶会を開くことを許された六人のひとり(他の5人は織田信忠、明智光秀、羽柴秀吉、佐久間信栄、村井貞勝)。

------------------------------------------------------

【や】

安見宗房【やすみむねふさ(15??~1571)】

交野城主。越智家臣中村圓賀の男。畠山家臣。河内国守護代。官途は美作守。別名安見直政。1552年、遊佐長教が謀殺されると、安見宗房は、畠山家臣団を把握して畠山高政を河内国守護職に擁立した。畠山高政政権は、安見宗房と丹下盛知に実権を掌握されていた。1553年、三好長慶が畿内を制圧すると、安見宗房と畠山高政は、足利義輝を擁して近江国へ落延びた。1558年、畠山高政を河内国から追い落とした。1559年、三好長慶の援助を受けた畠山高政の高屋城に復帰すると守護代の座を追われた。1560年、畠山高政と和睦して守護代に復帰するが、畠山高政と三好長慶が対立すると、畠山高政ともども追放された。三好三人衆と松永久秀が対立すると、畠山高政と共に松永久秀に属するが敗北した。足利義昭が織田信長に擁立され将軍に就任すると、畠山高政と共にこれに従い、河内国への復帰した。1569年、安見宗房と遊佐信教は、畠山昭高を擁立して、再度畠山高政を追放した。1571年、織田信長から離反した三好義継や松永久秀、松永久通と畠山昭高が抗争を続けるが、安見宗房は松永久秀の調略により自刃に追い込まれた。

安見新七郎【やすみしんしちろう(15??~15??)】

安見宗房の男。1571年、安見宗房が自刃すると、松永久秀の私部城攻撃が繰り返されたが、安見新七郎は城を堅く守り、 織田信長勢および公方衆の救援によって救われた。1573年、筒井順慶が交野城に押し寄せ、城を守っていた家臣北田孫左衛門尉は婦女子を落とすと華々しく討死した。

安見信国【やすみのぶくに(15??~15??)】

河内畠山家臣。通称右近丞。石清水八幡宮料所を押領して幕府に訴えられた。のち松永久秀により謀殺された。

安見勝之【やすみかつゆき(15??~15??)】

安見信国の男。官途は隠岐守。通称右近丞。鉄砲の名手。畠山家が没落すると、羽柴秀吉に仕えた。伊予国宇摩郡麻布城で10,000石を領した。1600年「関ヶ原役」では西軍に属して所領を没収された。のち加賀前田利長に仕えて8,000石を領した。

遊佐長教【ゆさながのり(1491~1551)】

河内郡若江城主。遊佐順盛の男。河内畠山家臣。河内国守護代。室は十河一存の娘。遊佐家は鎌倉時代末期から南北朝時代に一族の者が畠山家に仕えた。畠山基国の時代に遊佐長教からみて曽祖父にあたる遊佐長護が河内守護代となって以来、代々河内守護代を務めた家柄。畠山政長が渋川郡正覚寺で自刃すると、嫡男畠山尚順と共に紀州国に落延びた。1511年「船岡山の戦い」での、父遊佐順盛が討死により遊佐家の家督を相続した。遊佐長教は畠山尚順と嫡男畠山稙長を助けて畿内各地を転戦した。木沢長政と対立し、三好長慶らと連合して木沢長政を高安郡太平寺で、木沢長政を討取った。その後、畠山政国を擁立した。細川晴元を駆逐するために、遊佐長教は娘を三好長慶に嫁がせ同盟を結んでいたが、三好長慶の勢力が拡大すると三好家の麾下に属した。1551年、若江城内で謀殺された。

遊佐信教【ゆさのぶのり(1524~1573)】

遊佐長教の男。官途は河内守。通称新次郎。1569年、安見宗房らと図り畠山高政を追放して畠山昭高を擁立した。1573年、安見宗房と遊佐信教の専横に不満を持った畠山昭高が織田信長と結ぶと、遊佐信教は畠山昭高を謀殺した。挙兵した畠山高政を敗走させ、三好康長と共に織田信長に対抗した。1573年、織田信長の攻撃を受けて高屋城において討死した。

遊佐太藤【ゆさたかひさ(15??~15??)】

遊佐家臣。官途は帯刀。1551年、遊佐長教が謀殺されると、遊佐信教の成長までの陣代を務めた。畠山高政との確執が発生、いまだ幼少ながら遊佐信教の擁立が計られが擁立されなかった。

遊佐高清【ゆさたかきよ(15??~15??)】

遊佐家臣。通称左衛門大夫。官途は越中守。永禄後期以降、畠山家の奉行人として活躍した。遊佐長教の執政期に勢力を失った畠山高政のもとで、遊佐長教系と対立する形で畠山家を支えていた。畠山高政が三好長慶と戦った「久米田の戦い」や「教興寺の戦い」では旗本衆、譜代衆を指揮するなど武将として活躍した。

遊佐家盛【ゆさいえもり(15??~1552)】

総州畠山家臣。官途は越中守。安見宗房を大将とする河内畠山家との合戦で討死した。

遊佐教光【ゆさのりみつ(1500~1591)】

河内畠山家臣。官途は河内守。1564年、犬山城の周囲を固める大道寺砦攻めの際、織田信長の命でこれを攻略した。その後「小牧、長久手の役」において織田信雄に属して、役後橋場秀吉の譴責を受けた。遊佐教光の室は生駒八右衛門の室の姉であり、生駒八右衛門は織田信長の愛妾吉乃の兄。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

河内国(9郡/280,000石)

茨田郡:津田城。
交野郡:交野城。
讃良郡:飯盛山城。
河内郡:若江城。
高宿部郡:恩智城。
丹比郡:丹南城。
古市郡:高屋城。
石川郡:赤坂城
錦部郡:烏帽子形城。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

若江三人衆【わかえさんにんしゅう】

池田教正、多羅尾綱知、野間康久。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

河内国【かわちのくに】

淀川の南に位置する五畿内の一国。北は淀川を境に摂津国に接し、南東では山城国に境を接する。南は和泉山脈が紀伊国との境界となり、南西に和泉国に続く。東は生駒、金剛の両山地で大和国と国境を隔てている。東は生駒、金剛山地、南は和泉山脈の山系に囲まれているが、南から東ににかけては淀川と大和川の沖積平野が広がる。この両河川はしばしば氾濫を起こすものの、それが土壌を豊穣にし、古くから良質の耕作地として開発が進んだ。大和国、山城国、摂津国を結ぶ陸上交通の要所であると同時に、大坂湾から瀬戸内海に通じる水上交通の拠点でもある。古来から経済、文化の先進地帯として発展を見せていたが、中世末期からは経済的発展が加速され久宝寺、大ヶ塚、富田林などの寺内町の発展に合わせ都市化が進んだ。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(東国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、「戦国関東名将列伝」隋想社、「(歴史と旅臨時増刊)戦国大名家臣団総覧」秋田書院。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------