2012年9月14日金曜日

戦国摂津国人名辞典


------------------------------------------------------

【あ】

藍房清【あいふさきよ(15??~1579)】

藍岡山城主。官途は出雲守。1579年、藍房清は荒木村重に攻められ落城した。

安威弥四郎【あいよしろう(15??~15??)】

安威城主。1526年、管領細川高国と細川晴元との「桂川の戦い」では、細川高国方に属した。この戦いで安威城は、芥川城、茨木城、福井城、三宅城ともに落城した。その後、安威弥四郎は三好長慶の麾下に属した。

安威勝宗【あいかつむね(15??~15??)】

安威弥四郎の男。官途は三河守。通称五左衛門尉。別名安威了佐。入江春景に所領を奪われた。1570年、池田家内訌の時、荒木村重に属して摂津国守護職池田勝正方と戦った。1571年、「白井河原の戦い」に参陣して、和田惟政勢との戦いで戦功を挙げた。安威勝宗は、池田知正と同じ三好三人衆方に属した。後に、羽柴秀吉に仕えた。

明石長行l【あかしながゆき(15??~15??)】 

枝吉城主。赤松家臣。明石則行の男。1531年「武庫河原の戦い」に参陣して浦上村宗を討取った。1538年、御着城主小寺則職と結んで赤松政村に謀反を起こした。1539年、赤松政村、細川持隆と戦って和睦した。

明石祐行【あかしすけゆき(15??~15??)】

明石長行の男。1538年、父長行が主家に叛いた際、これに属して赤松家と戦った。1555年、赤松義祐、三好長慶、三好実休と「太山寺の戦い」で戦った。その後は三好長慶に属して「河内高屋城の戦い」に参陣した。1566年、三好三人衆に属して滝山城を攻めた。

安部良成【あべよしなり(15??~15??)】

大和田城主。荒木村重家臣。通称二右衛門。1578年、芝山宗綱とともに荒木村重から離反しして織田信長に降伏した。

荒木義村【あらきよしら(15??~15??)】

池田勝正家臣。官途は信濃守。摂津池田家六人衆のひとり。

荒木村重【あらきむらしげ(1535~1586)】

荒木義村の男。官途は摂津守。通称十二郎。室は荒木ダシ。池田勝正の家臣として仕え、池田長正の娘を娶り一族衆となった。三好三人衆の調略に乗り池田知正と共に三好家に寝返り池田知正に池田勝正を追放させると混乱に乗じ池田家を掌握した。1573年、織田信長に降り茨木城主となった。織田信長と足利義昭が戦った「若江城の戦い」で戦功を挙げた。1574年、伊丹城主となり、摂津一国を任された。その後も織田信長に属して「高屋城の戦い」「天王寺の戦い」「紀州征伐」など各地を転戦し、戦功を挙げた。1578年「三木城の戦い」で羽柴秀吉勢に加わっていた荒木村重は有岡城にて突如、織田信長に対して反旗を翻した。一度は糾問の使者(明智光秀、松井友閑、万見重元)に説得され翻意し、釈明のため安土城に向かったが、中川清秀の進言を受け伊丹城に戻った。羽柴秀吉は黒田孝高を使者として有岡城に派遣し翻意を促したが、荒木村重は孝黒田高を拘束し監禁した。荒木村重は有岡城に籠城し、織田信長勢に対して一年の間徹底抗戦したが、中川清秀と高山右近が織田信長方に寝返ったために戦況は圧倒的に不利となった。1579年、荒木村重は、単身で有岡城を脱出して尼崎城へ落延びた。織田信長は「尼崎城と華熊城を明け渡せば、おのおのの妻子を助ける」という約束を荒木久左衛門ら荒木の家臣たちと取り交わした。荒木久左衛門らは織田方への人質として妻子を有岡城に残し、尼崎城の村重を説得に行ったが、荒木村重は受け入れず、窮した荒木久左衛門らは妻子を見捨てて出奔してしまった。

荒木村次【あらきむらつぐ(1559~1596)】

荒木村重の男。室は明智光秀の養女(倫子)。1578年、父荒木村重が織田信長に反逆した際、協力して有岡城を守った。しかし入れ替わる形で茨木城を守備していた中川清秀が織田信長に寝返ったため、荒木村重勢は不利となって荒木村重、荒木村次父子は毛利輝元を頼って落延びた。荒木村次は明智光秀の倫子を室に迎えていたが離別した。織田信長の死後、羽柴秀吉が台頭すると、羽柴秀吉に仕えた。1583年「賤ヶ岳の戦い」に羽柴秀吉方として参戦したが、足を負傷して以後は戦場に出ることは無く、代わりに弟荒木村基が仕えた。

荒木村基【あらきむらもと(15??~15??)】

荒木村重の次男。通称弥四郎。羽柴秀吉に仕えた。

荒木元清【あらきもときよ(1536~1610)】

荒木重元の男。官途は志摩守。馬術に長け、荒木流を興す。荒木村重の謀反に応じ、花隈城に籠城した。1580年、池田恒興に攻められ落城した。荒木元清は花隈城を脱出し、備後鞆に落延びた。後に羽柴秀吉に仕えた。「羽柴秀次事件」に連座して追放処分を受けた。 
 
荒木元満【あらきもとみつ(1556~1595)】

荒木元清の男。通称十左衛門。後に羽柴秀次に仕えた。
 
有馬重則【ありましげのり(15??~15??)】

有馬郡三田城主。有馬則景の男。官途は筑後守。室は細川澄元の娘。播磨赤松家の庶家。有馬郡惣領職。父有馬則景の代は摂津国三田城に在住していたが、有馬重則の代に播磨三木に所領を移したがこの地を領する別所就治とたびたび争った。1554年、有馬重則は三好長慶の「別所家征伐」に属して、別所方の淡河城を奪って居城とした。別所就治の三木城を落とすことはできなかった。1558年、淡河城を奪回されれた。

有馬則頼【ありまのりより(1533~1602)】

有馬重則の男。官途は刑部卿法印。通称九郎三郎。室は別所忠治の娘。羽柴秀吉が織田信長の命を受けて中国攻めを開始すると、羽柴秀吉の家臣として仕えた。1584年「小牧、長久手の戦い」では嫡男有馬則氏が討死した。その後も「九州討伐」「朝鮮の役」などに参陣し、摂津国三田城20,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では松平元康方に属した。

有馬則氏【ありまのりうじ(15??~1584)】

有馬則頼の男。通称四郎次郎。羽柴秀次に仕えた。1584年「小牧、長久手の戦い」で松平元康勢の迎撃にあって討死した。

有馬豊氏【ありまとようじ(1569~1642)】

有馬則頼の次男。官途は玄蕃頭。室は松平康直の娘(蓮姫)。1595年、渡瀬繁詮の家老を務めていたが「羽柴秀次の事件」に連座して改易されたうえに自刃したため、その所領と家臣を全て引き継ぎ、羽柴秀吉に仕えた。羽柴秀吉の病没後は松平元康に属した。1600年「関ヶ原の役」では松平元康に属して「岐阜城の戦い」や「関ヶ原の役」での戦功により、遠江国横須賀城30,000石から丹波国福知山城60,000石に加増移封された。父有馬則頼の遺領摂津国三田城20,000石を得て計80,000石を領した。1614年「大坂冬の陣」では松平元康として参陣して戦功を挙げ、筑後国久留米城210,000石を領した。1637年「島原の乱」にも参陣し戦功を挙げた。

粟生氏晴【あわおうじはる(15??~15??)】

池田勝正家臣。1571年、「白井河原の戦い」に参陣して、和田惟政勢との戦いで戦功を挙げた。

池田信正【いけだのぶまさ(15??~1548)】

豊島郡池田城主。池田貞正の男。官途は筑後守。通称三郎五郎。室は三好政長の娘。1508年、畿内の細川家の家督争いで細川澄元に属した父池田貞正が細川高国に池田城を攻められ自刃したが、池田信正は落延びた。1519年、細川澄元の挙兵に呼応、摂津下田中城を奪って恩賞に豊島郡を与えられた。1531年、池田高国と連合を組んだ浦上村宗に池田城を攻め落とされた。1533年「享禄、天文の乱」で一向一揆に敗れて淡路国に逃れた細川晴元が池田城に入城。細川晴元方の部将として活動した。1540年、木沢長政が細川晴元に反旗を翻した時は細川晴元の部将三好長慶に参陣し「太平寺の戦い」で戦功を挙げた。1546年、細川氏綱と遊佐長教が挙兵すると細川氏綱に帰参したが、三好長慶に攻められ降伏。1548年、細川晴元に許されず自刃した。

池田長正【いけだながまさ(15??~1563)】

池田信正の男。通称弥太郎。官途は筑後守。1548年、父池田信正は細川晴元に背いて敗れ自刃しため、池田長正が池田家の家督を相続した。北摂地域を支配するまで勢力を拡大したが、三好長慶と戦って敗れ、その麾下に属した。その後は三好家に属して安見宗房らと戦った。1563年、病没すると、後を枝連衆の池田勝正が継承したが、池田家臣団は内部分裂を起こし二派に分かれ抗争することになった。

池田知正【いけだともまさ(1555~1604)】

池田長正の男。官途は備後守。通称九右衛門。別名池田勝重。父池田長正の病没後、池田家の家督は枝連衆の池田勝正が継いだ。1570年、池田知正は三好三人衆と通じて織田信長を裏切り、荒木村重と共に内紛を起こした池田勝正を追放し、家督を相続し池田城主となった。1571年、和田惟政を「白井河原の戦い」敗死させた。1573年、足利義昭と織田信長の仲が険悪となると、池田知正は細川藤孝の説得を振り切って足利義昭方に属したために没落した。池田家は織田信長に寝返った荒木村重に乗っ取られ池田知正は摂津国を追放された。後に織田信長に降伏し荒木村重に2,780石で仕えた。1579年、荒木村重が織田信長に反逆して没落し、その際に池田知正の妻子も尼崎七松で処刑された。その後は羽柴秀吉に仕えて豊島郡2,700石を領した。「小牧、長久手の戦い」や「九州征伐」に参陣した。1600年「関ヶ原の役」では小山評定より松平元康に属して、役後に5,000石を加増された。

池田光重【いけだみつしげ(15??~1628)】

池田長正の次男。官途は備後守。通称弥右衛門。別名池田重信。1592年「文禄の役」にて名護屋城に兵50名で休戦まで在陣した。1600年「関ヶ原の役」では、兄池田知正と共に松平元康に属した。1604年、嫡男池田三九郎は兄池田知正の養子となって池田家の家督を相続した。1605年、早世してしまい、池田光重自身が池田家の家督を相続した。1613年、家臣関弥八郎が貸金を横領の罪をおこし、池田光重は連座する形で改易となり、駿河法命寺に蟄居した。

池田正久【いけだまさひさ(15??~15??)】

池田信正の次男。

池田勝正【いけだかつまさ(1539~1578)】

池田正久の男。官途は筑後守。通称八郎三郎。1563年、池田長正の病没によって池田家惣領として家督を相続した。池田家は三好家と同盟関係であったが、三好長慶の病没によって三好家が弱体化すると、池田勝正は三好三人衆と組み「東大寺大仏殿の戦い」で松永久秀と戦った。1568年、織田信長が足利義昭を擁して上洛してくると、摂津国の他の豪族が降伏していく中で抵抗したが、織田信長の圧倒的な軍事力の前に降服を余儀なくされた。織田信長は池田勝正、伊丹親興、和田惟政の三名に摂津国支配を任せたため、池田勝正らは「摂津三守護」と称された。さらに、池田勝正は室町幕府から摂津国守護職に任じられ、伊丹親興、和田惟政を麾下とし摂津国を治めた。1569年、三好三人衆による「本圀寺の戦い」では手勢を率い救援に駆けつけ、桂川にて細川藤孝や三好義継とともに三好三人衆と戦い、敵陣に一騎駆けにて切り込み戦功を挙げた。その後、織田信長の但馬国、播磨国の平定と浦上宗景征討でに活躍した。1570年「金ヶ崎の戦い」では明智光秀や羽柴秀吉らを率いて殿軍をつとめ、織田信長を落延びさせる戦功を挙げた。家臣荒木村重と池田知正が三好三人衆の調略を受け三好家に寝返り、池田勝正は池田城から追放された。

池田知正【いけだもとまさ(15??~1603)】

池田正久の次男。官途は備後守。通称久左衛門。池田家二十一人衆の筆頭。池田家の内紛ののちに荒木村重に属した。1568年「六条の戦い」で三好勢を退ける。織田信長に属して「越前侵攻」に参陣した。羽柴秀吉とともに「金ヶ崎退き口」に戦功を挙げた。1573年、足利義昭が織田信長に反すると織田方の和田惟政を討取った。荒木村重の謀叛では有岡城を守備した。1579年、荒木村重が尼崎城に逃れた後も伊丹城に籠城を続けた。織田信長勢の攻撃に屈して開城した。尼崎城に籠もる荒木村重を説得開城させることを条件に、伊丹城城兵の助命を願い出た。一族、老臣、妻子を人質として残し、荒木久左衛門は尼崎城で村重を説得したが、荒木村重はこれを拒否して尼崎城の守りを固めた。有岡城へも帰れなくなり淡路国岩屋へ落延びた。

池田和泉守【いけだいずみのかみ(15??~1580)】

荒木村重家臣。1580年、荒木村重が織田信長に謀反するも、荒木勢の首脳が伊丹城から脱出してしまったことで、自壊の様相を呈した。伊丹城で城内を警護していた池田和泉守は、絶望のあまり自刃した。辞世の句は「露の身も 消えても心 残り行く なにとかならむ みどり子の末」。

石田伊予守【いしだいよのかみ(15??~15??)】

荒木村重家臣。渡辺勘太夫、山脇勘左衛門とともに茨木城城代。1578年、中川清秀に茨木を追われた。

伊丹元扶【いたみもとすけ(15??~1529)】

河辺郡伊丹城主。京兆細川家臣。官途は兵庫助。1507年、細川政元が謀殺され「永正の錯乱」が勃発すると細川政元の養子の内のひとりである細川澄元に属した。1508年、三好之長との反目から細川政元のもうひとりの養子細川高国に属して、丹波守護代内藤貞正と共に細川澄元、三好之長らを近江に駆逐した。1519年、細川澄元と三好之長から伊丹城を攻撃され落とされるが、後に奪還した。1527年、細川澄元の遺児細川六郎を擁する三好勝長、三好政長とこれに呼応した波多野稙通、柳本賢治が摂津国の諸城を相次いで攻撃した。伊丹元扶は伊丹城に拠ってこれに耐え「桂川原の戦い」で細川高国が三好勢に敗れた後も籠城を続けたがまもなく降伏し、以後は三好元長に属した。1529年、柳本賢治との対立により三好元長が阿波国に退くと畿内で孤立し、柳本賢治に伊丹城を攻められて討死した。

伊丹国扶【いたみくにすけ(15??~1531)】

伊丹元扶の男。通称は兵庫助。伊丹国扶は父伊丹元扶と同じく細川高国の武将として仕えた。1520年、細川澄元や三好之長らが摂津越水城を攻めると、その後詰を行った。父伊丹元扶の討死後も細川高国方の有力武将として仕えた。1531年、細川高国が細川晴元や三好元長と「大物崩れ」に敗れた際に討死した。

伊丹親興【いたみちかおき(15??~1574)】

伊丹親永の男。官途は兵庫頭。はじめ細川晴元に属した。1548年「榎並城の戦い」でも細川晴元に属したが、細川晴元が失脚して三好長慶が畿内の実権を握ると三好長慶に従属した。1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛すると、織田信長、足利義昭に呼応して三好三人衆と戦った。以後は幕臣として織田信長に属した。和田惟政、池田勝正と共に摂津国守護職に取り立てられ、伊丹城30,000石を領した。1569年「本圀寺の戦い」においては負傷しながらも三好勢を打ち崩して敗走させ、勝利を収めた。その後、織田信長に属して但馬国の山名祐豊や播磨国の浦上宗景と戦った。1570年、大坂天王寺で三好三人衆と戦った。1573年、足利義昭と織田信長が不和になると伊丹親興も織田信長と対立した。1574年、織田信長の命を受けた荒木村重の軍勢に伊丹城を攻められて城は落城自刃した。

伊丹忠親【いたみただちか(1552~1600)】

伊丹親興の男。官途は兵庫頭。1568年、足利義昭を擁して織田信長が上洛すると、伊丹忠親は足利義昭に降り、伊丹城30,000石を安堵された。1569年「本圀寺の戦い」には織田信長勢として参加し、三好三人衆と戦った。1570年、織田信長に属して中島、天満森に参陣した、1572年、佐久間信盛、柴田勝家らと共に河内国へ参陣し、引き続き織田信長勢に属して、三好義継、松永久秀らと戦った。織田信長と足利義昭が対立するようになると、足利義昭に属して、仇敵であった三好義継、松永久秀らとも結んだ。1573年、織田信長勢に攻められて賀島城を開城した。1574年、伊丹城に籠城するが荒木村重に攻められて再び開城した。1582年「本能寺の変」後、馬廻衆として羽柴秀吉に仕えた。1592年、肥前名護屋城に在陣。羽柴秀吉の病没後は、黒田長政に属した。1600年「関ヶ原の役」で討死した。

伊丹家臣団【いたむけかしんだん】

北川原長勝、野間勘大夫。

茨木長隆【いばらぎながたか(15??~1548)】

島下郡茨木城主。官途は伊賀守。茨木家は「応仁の乱」後に細川政元に討伐されたが、帰順した一族茨木弥三郎のもとで勢力を回復し、春日社や興福寺の社領の代官として年貢の代納や質地入手を行い、典型的な畿内の小領主に成長した。1527年、茨木長隆は細川高国に属していたが「桂川の戦」で、細川晴元が細川高国を破ると細川晴元に属した。1531年、細川晴元は三好元長や木沢長政らを動員して「天王寺の戦い」で細川高国を討取り政権を確立した。1532年、、木沢長政と対立した三好元長を一向一揆衆の助力を得て「顕本寺の戦い」で討取った。一向一揆衆の勢力が拡大すると法華一揆の力を借りて鎮圧に成功した。1536年、法華一揆衆を、六角定頼や比叡山延暦寺の兵力を利用してこれを討滅した。1548年、三好長慶と三好政長が対立すると、細川晴元は三好長慶と「榎並城の戦い」で戦い敗れると、細川晴元政権が崩壊、茨木長隆も没落した。

茨木重朝【いばらぎしげより(15??~1571)】

茨木長隆の男。官途は佐渡守。1548年、三好長慶に属した。1566年、池田勝正と戦った。1570年「野田、福島城の戦い」に参陣した。和田惟政は、三好三人衆に通じている池田城主荒木村重の討伐を図った。1571年「白井河原の戦い」で、和田惟政は茨木城主茨木重朝と郡宗弘などが加わり、芥川城主高山友照が前衛をつとめた。荒木村重勢では中川清秀が先鋒を勤めた。この戦いで、和田惟政は鉄砲の射撃を浴びて、中川清秀によって討取られ、茨木重朝、郡宗弘も討死した。荒木村重は直ちに茨木城を攻撃した。高山父子は高槻城に逃げ帰り、和田惟政の嫡男和田惟長らと共に高槻城に籠城したが落城した。

茨木家臣団【いばらぎけかしんだん】

水尾図書助、倉垣宮内少輔、森田彦市郎。

今井兵部【いまいひょうぶ(15??~15??)】

我孫子城主。本願寺家臣。1575年、今井兵部は織田信長に降った。その後織田信長、羽柴秀吉に仕えた。

入江政重【いりえまさしげ(15??~1541)】

島上郡高槻城主。1513年、入江政重は池田、三宅、茨木、安威らとともに細川高国方として堺に参陣した。細川澄元方との「和泉深井の戦い」で、敗北した。

入江春正【いりえはるまさ(15??~15??)】

入江政重の男。官途は駿河守。1549年、三好長慶に擁立された細川氏綱と細川晴元が激突した戦いに細川氏綱方として参陣した。戦いは細川氏綱方の勝利となり、細川晴元は近江国に落延びた。細川氏綱が管領職になると入江春正は在京して細川氏綱に属した。

入江春景【いりえはるかげ(15??~1569)】

入江春正の男。官途は左近将監。別名入江元秀。1568年、織田信長は摂津国に出陣して対抗する三好三人衆を掃討、和田惟政、伊丹親興、池田勝正らが摂津国守護職に任じられ、摂津国の支配にあたった。1569年、三好三人衆は足利義昭の住む京都六条の本圀寺を襲撃した。、伊丹親興、池田勝正は兵3,000余りを率いて足利義昭を守るために京都向った。入江春景は三好三人衆方に参陣して、伊丹親興、池田勝正勢を防ぐため兵500余りを率いて追撃したが逆襲を受け敗走した。足利義昭に降服したが許されず高槻城を攻撃され落城した。

入江景秀【いりけかげひで(15??~15??)】

入江春景の男。入江景秀は高槻落城後しばらく流浪していたが、勝龍寺城主細川藤孝に召し出されて丹後に供して細川家に仕えた。1600年「関ヶ原の役」では、細川 藤孝が田辺城に籠城すると、入江景秀は大手口を守備した。

入江景光【いりえかげみつ(15??~15??)】

入江春景の次男。入江景光も細川忠興の近習を勤めた、1582年、細川忠興が一色義定を手討ちしたとき細川忠興の側近くにあった。

入江家臣団【いりえけかしんだん】

調査中。

太田平八【おおたへいはち(15??~15??)】

池田勝正家臣。1571年、「白井河原の戦い」に参陣して、和田惟政勢との戦いで戦功を挙げた。

大町宗清【おおまちむねきよ(15??~15??)】

山辺城主。多田家臣。山辺城と西郷衆の拠る城砦群は、摂津国と丹波国の境目に位置することから、戦国時代には丹波、摂津を舞台とした戦乱に翻弄された。とくに細川二流の乱に際して、能勢は池田信正らと共に細川氏綱方となり、細川晴元方の丹波波多野、南方山下城に割拠する塩川国満らと敵対関係となった。1580年、織田信澄、山下城主塩川国満が能勢に侵攻し、山辺城は攻められ、城主大町宗清は弟大町宗治と共に戦ったが栗栖にて討死し城も落城した。

隠岐土佐守【おきとさのかみ(15??~15??)】

荒木村重家臣。中西新八郎麾下の足軽大将。1578年、荒木村重が織田信長から離反すると、中西新八の属して上臈塚砦を守備した。中西新八郎が滝川一益から調略を受けると他の足軽大将の星野左衛門、山脇勘左衛門、宮脇平四郎と共に織田信長勢を上臈塚砦に引き入れた。

------------------------------------------------------

【か】

瓦林正頼【かわらばやしまさより(15??~1520)】

武庫郡瓦林城主。細川家臣。1508年、細川澄元に属する派と細川高国に属する派とに分れて戦うようになると、瓦林正頼は摂津国守護職となった細川高国に属した。1511年、細川高国の命令により、鷹尾城を築いた。1511年、細川澄元派の細川尚春に攻められ「芦屋河原の戦い」に敗れ落延びた。1516年、自らの拠点として越水城を築いた。その後鷹尾城を奪還し、城は家臣に守らせた。その後も、細川高国と細川澄元との戦いにおいて、細川高国方として戦功を挙げた。1520年、細川高国から謀反の疑いを受け自刃した。

熊田孫七【くまだまごしち(15??~15??)】

池田勝正家臣。1571年、「白井河原の戦い」に参陣して、和田惟政勢との戦いで戦功を挙げた。

桑原清正【くわはらきよまさ(15??~1565)】

桑原城主。通称左衛門。1555年、有岡城主荒木村重が摂津国を平定した。1564年、岡本城主山崎左馬之助恒政等と有馬郡を平定すると、家臣の畑某、 矢田某が金心寺の本陣にいた山崎方の車瀬政右衛門に降した。

倉垣宮内少輔【くらがきくないしょうゆ(15??~15??)】

茨木家臣。1571年「茨木城攻防戦」に中川清秀勢を迎え撃ち討死した。

郡宗弘【こうりぬねひろ(15??~1570)】

郡山城主。通称平太夫。別名伊丹平大夫。近郷七ヶ村を支配していた。1570年、和田惟政と池田勝正を退出した荒木村重、中川清秀ら池田二十一人衆との対立となり「白井河原の戦い」で郡平太夫は、和田惟政に属したが山脇源大夫に討たれた。

郡宗保【こうりむねやす(1546~1615)】

伊丹親保の男。通称兵大夫。別名伊丹甚七郎。荒木村重に仕えた。神田伊賀守との戦いで敵兵九十八名を討ち、首供養を三度行った。

------------------------------------------------------

【さ】

塩川政年【しおかわまさとし(15??~15??)】

河辺郡一庫城主。官途は伯耆守。室は細川政春の娘。1541年、飯盛城主木沢長政は、河内国南半国守護代遊佐長教と結んで前河内守護の畠山長経を謀殺し、畠山家中に勢力を拡大すると細川晴元と対立した。塩川政年も三好長慶も対立するよになると、塩川政年は木沢長政と結び幕府側と対立した。細川晴元は三好長慶、三好政長、波多野秀忠らに命じて一庫城を攻撃したが攻めきれず、木沢長政に後方を撹乱したため撤退を余儀なくされた。1542年、木沢長政の麾下に属していた遊佐長教が離反して畠山稙長を擁立すると高屋城主畠山政国は大和国に落延びた。この畠山家の内紛に細川晴元は、畠山稙長を支援して、塩川政年、木沢長政の討伐を図った。畠山稙長は紀州国の豪族、高野山、粉河寺、根来寺の僧兵らの軍勢が河内国に集結すると、木沢長政は塩川政年、伊丹親興らの軍勢5,000余りを集結、対する細川晴元は三好長慶、三好政長らを中心に8,000余りの軍勢を集結させた。木沢長政が遊佐長教に討たれると、木沢長政勢は敗走した。

塩川国満【しおかわくにみつ(15??~15??)】

塩川政年の男。1553年、三好長慶は丹波八上城波多野秀忠を攻めていたが、その包囲陣から芥川孫十郎が離脱して芥川城に籠って反旗を翻した。三好長慶はただちに芥川城を包囲攻撃、反三好長慶派の塩川国満は芥川孫十郎を救援したが芥川城は落城した。三好長慶は芥川城を居城として摂津国人衆を勢力下に置いた。1563年、三好長慶が飯盛城で病没すると三好家の勢力は急激に低下した。1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛すると、摂津国人衆も織田信長の麾下に属した。伊丹城主伊丹親興は摂津国の三好方諸城を攻略して、伊丹城30,000石を安堵され、塩川国満も一庫城20,000石の安堵された。畿内を制圧した織田信長は、伊丹親興、池田勝正、和田惟政を摂津国守護職に任じ、摂津は三守護体制になった。1570年、塩川国満は三好方の野田、福島砦の攻撃に参陣した。その後、摂津国三守護の伊丹親興、池田勝正、和田惟政の体制が崩壊すると、有岡城主荒木村重が摂津国を領するようになった。塩川国満は荒木村重の娘婿となり、荒木村重の麾下に属した。1577年、本願寺家との対立が深まると、塩川国満に属する多田御家人衆のなかから本願寺家に内応する者があらわれ、津田信澄の応援を得てそれら多田御家人衆との戦いを繰り返した。

塩川長満【しおかわながみつ(15??~15??)】

塩川国満の男。1562年、三好義興に属して「河内教興寺の戦い」に参陣した。畠山高政との戦いに戦功を挙げた。1578年、荒木村重の麾下である塩川長満は、明智光秀に属して丹波国攻略に参陣した。荒木村重が織田信長に反旗を翻したとき塩川国満もそれに属したが、荒木村重麾下の高山重友、中川清秀らが織田信長に降服すると塩川国満も織田信長に降伏した。以後、塩川国満は「有岡城の戦い」「丹波国討伐」「三木城の戦い」に参陣した。塩川長満の娘は織田信忠の側室になり、織田秀信を生んだ。塩川長満は領を接する能勢城主能勢頼道とは代々折り合いが悪く、能勢頼道は荒木村重の謀叛に同調したこともあって勢力を失墜していた。1580年、塩川長満は能勢頼道を謀略をもって謀殺した。能勢家は次弟能勢頼次が家督を継いで塩川長満と対立し戦いを繰り返した。1582年、羽柴秀吉と明智光秀との「山崎の戦い」が起り、塩川長満は羽柴秀吉勢に参陣した。その後も羽柴秀吉に属した。1586年、羽柴秀吉の「九州征伐」では、塩川長満は麾下である多田院御家人衆にも軍役の督促を行ったがそれに従わないものいた。能勢頼次が多田院御家人衆を支援すると大規模な戦いが起こったが羽柴秀吉の命で停戦に至った。

芝山宗綱【しばやまむねつな(15??~15??)】

小部城主。通称源内。別名芝山監物。「利休七哲」のひとり。はじめ石山本願寺家の麾下に属していたが、織田信長に接近した荒木村重らと行動を共にした。1578年、荒木村重が反旗を翻した際に、摂津国大和田城に安部良成らと駐屯しており、揃って荒木村重の麾下を離れ織田信長に帰順した。のち羽柴秀吉の馬廻となり、軍目付などとして「小田原征伐」にも参陣した。1588年、後陽成天皇が聚楽第を行幸した際に先導役を務めた。のち、御咄衆として10,000石を領した。1581年、津田宗及や山上宗二らを招いて茶会を行なっていることから、既に茶人として名が知られていた。利休とは懇意で、長次郎作の名物黒楽茶碗「雁取」を贈られた。芝山型の手水鉢、芝山緞子(どんす)などに名を残した。

下村勝重【しもむらかつしげ(15??~15??)】

池田勝正家臣。1571年、「白井河原の戦い」に参陣して、和田惟政勢との戦いで戦功を挙げた。

------------------------------------------------------

【た】

高山友照【たかやまともてる(15??~1596)】

島下郡高山城主。官途は飛騨守。受洗名はダリヨ。はじめ松永久秀に属した。1563年、畿内で布教中のキリスト教宣教師ヴィレラやロレンソらと論じ、キリスト教に傾倒して受洗した。1568年、織田信長が足利義昭を伴って上洛を果たし、松永久秀の支配力が落ちると和田惟政に属し、摂津国島上郡芥川城主となった。1570年、高槻城主となり、和田惟政の討死後は荒木村重に属した。1578年、荒木村重が織田信長に叛いたとき、高山友照は荒木村重に属して織田信長勢に抗戦した。嫡男高山重友が織田信長に降って高槻城を開城したため、高山友照は荒木村重のいる有岡城に移った。1579年、荒木村重が有岡城を捨てて逐電したのちは越前国の柴田勝家に預けられた。1582年、織田信長の横死後、高槻城に戻った。1585年、高山重友が播磨国明石城に転封されるとこれに従った。1587年、高山重友が改易されると父子で小西行長を頼った。1588年、高山重友が前田利家に招かれると同行し金沢に移住した。

高山重友【たかやましげとも(1552~1615)】

高山友照の男。官途は右近大夫。通称彦五郎。受洗名はジュスト。1573年、和田惟政の死後に家督を継いだ和田惟長と争ってこれを高槻城から逐い、高槻城城主となった。1578年、荒木村重が織田信長から離反すると、荒木村重に属した。織田信長の使者宣教師オルガンチノからの説得を受け、織田信長に降った。島上郡芥川城を、荒木村重が敗走したのちには高槻城を安堵された。以降は織田信長に属して、高槻城領内における布教活動にも更に力を尽くした。1582年、明智光秀討伐のために備中国高松城から兵を返してきた羽柴秀吉に属し「山崎の戦」では先鋒として戦功を挙げた。役後、羽柴秀吉から高槻城40,000石を安堵された。「賤ヶ岳の戦い」「小牧、長久手の戦い」「阿波国一宮城の戦い」「九州征伐」などの諸戦を転戦した。1585年、播磨国明石郡明石城60,000石に転封させられた。1587年、伴天連追放令により高山重友は領地を没収され、小西行長を頼って小豆島や天草に隠棲した。前田利家、前田利長に仕えて15,000石を領した。松平元康によるキリスト教禁止令発令後の、妻子や内藤如安らと共に京都へ送られたのち、長崎から多数の信徒と呂宋へ放逐された。

多田春正【ただはるまさ(15??~1573)】

上津城主。1573年、伊丹親興に攻められ落城し自刃した。

鳥養四郎大夫【とりかいしろうだいふ(15??~15??)】

池田勝正家臣。1571年、「白井河原の戦い」に参陣して、和田惟政勢との戦いで戦功を挙げた。

------------------------------------------------------

【な】

中川重清【なかがわしげきよ(15??~15??)】

有馬郡稲田城主。官途は佐渡守。1564年、山崎右馬之助に攻められて降伏した。1570年、荒木村重の属して茨木城に在城した。その後、荒木村重の離反に際しては、嫡男中川清秀が織田信長に降伏した。

中川 清秀【なかがわきよひで(1542~1583)】

中川重清の男。通称瀬兵衛。室は熊田宗白の娘。はじめ池田勝正に仕えた。織田信長が上洛するとそれに属した。後に池田家で内紛がおこり、池田勝正が追放され池田知正が家督を相続すると織田信長と敵対した。1572年、荒木村重と共に織田信長に属する和田惟政を「白井河原の戦い」で討取った。戦後は茨木城主となった。摂津国で有力勢力であった和田惟政や茨木氏、伊丹親興、池田知正が相次いで衰退、没落すると荒木村重や高山重友と共に摂津国内で独立勢力となった。後に織田信長が荒木村重を摂津国の旗頭に任じられると中川清秀もそれに属した。1578年、荒木村重が織田信長に対して反旗を翻すと共に織田信長に敵対したがまもなく降伏した。その後丹羽長秀や池田恒興の麾下で畿内各地を転戦した。1582年「本能寺の変」で織田信長が横死した後は羽柴秀吉に属して「山崎の戦い」で戦功を挙げた。1583年「賤ヶ岳の戦い」にも参陣したが、大岩山砦を高山重友、三好秀次らと守っている時、柴田勝家勢の佐久間盛政の猛攻に遭って奮戦したが討死した。

中川秀政【なかがわひでまさ(1568~1592)】

中川清秀の男。官途は右衛門尉。室は織田信長の娘(鶴姫)。はじめ父と共に織田信長に仕えた。織田信長没後は羽柴秀吉に仕えた。1583年、父中川清秀が「賤ヶ岳の戦い」で討死すると、中川家の家督を相続して茨木城50,000石を領した。1584年「小牧、長久手の戦い」に参陣した。1585年「四国征伐」で戦功を挙げ播磨国三木城130,000石に加増移封された。1587年「九州討伐」では兵3,000余りを率いて細川忠興、堀秀政らと共に筑前方面へ展開した。1590年「小田原の役」でも兵2,000余りを動員して「韮山城の戦い」に参陣した。1592年「文禄の役」では先発から外れたが京畿道陽智の守備についていた。水原の近くで鷹狩りをしていた時に敵兵に包囲されて討死した。

中川秀成【なかがわひでしげ(1570~1612)】

中川清秀の次男。室は佐久間盛政の次女(新庄直頼の養女)虎姫。1583年、父中川清秀が「賤ヶ岳の戦い」で討死した後、家督は兄中川秀政が相続した。1592年「文禄の役」で兄中川秀政が討死したため、中川家の家督と遺領の半分、播磨国三木城66,000石を相続して羽柴秀吉に仕えた。1593年「晋州城の戦い」では兵1,000余りを動員した。1594年、羽柴秀吉から豊後国岡城74,000石の所領を与えられた。1597年「慶長の役」では兵15,000余りを動員して右軍に属した。「黄石山城の戦い」に参陣し、忠清道から全羅道へかけて転戦した。1600年「関ヶ原の役」では、家臣を石田三成方の丹後田辺城攻めに派遣したがのちに松平元康方に属した。石田三成方の臼杵城主太田一吉を攻撃し「佐賀関の戦い」では太田家方に多くの家臣を討取られたものの、その戦功によって役後松平元康から所領を安堵された。

中川家臣団【なかがわけかしんだん】

調査中。

中西新八郎【なかにししんぱちろう(15??~15??)】

荒木村重家臣。1578年、滝川一益は佐治新介を使者に立てて上臈塚砦の中西新八郎に寝返りを打診した。荒木村重が戻る可能性が低いことを悟った中西新八は足軽大将の星野左衛門、山脇勘左衛門、隠岐土佐守、宮脇平四郎と相談、滝川一益の提案を受け入れた。有岡城では裏切り者が出ないように夜は城兵の妻子を本丸に人質として留め置いていたが妻子は各々の砦に戻されていた。中西新八郎らは上臈塚砦を開城、織田信長勢を城内に引き入れた。織田信長勢は城下を制圧し本丸の西にある侍屋敷に火を放ち、たちまち城下を制圧した。

山中又三郎【なかやままたさぶろう(15??~15??)】

大塚城主。細川晴元家臣。1546年「舎利寺の戦い」で細川氏綱、遊佐長教勢に攻め込まれ落城した。

能勢頼幸【のせよりゆき(15??~15??)】

能勢郡能勢城主。1541年一蔵城主塩川政年が反細川晴元の兵を挙げると、細川晴元は三好政長、三好長慶、波多野秀忠らを派遣した。1542年、細川氏綱が挙兵、反細川晴元勢力が形成されると能勢頼幸は、細川氏綱方に属した。1544年、細川氏綱方の内藤備前守が丹波国関城に兵を挙げると能勢頼幸も加勢に加わったが、関城は三好長慶らに攻め落とされた。1545年、三好長慶は細川氏綱方の遊佐長教に敗れ、池田久宗ら摂津国衆はことごとく遊佐方に味方した。

能勢頼道【のせよりみち(15??~1580)】

能勢頼幸の男。通称十郎兵衛。1574年、伊丹忠親が追放され、荒木村重が有岡城に入って摂津国一職支配者となる。能勢頼道はそのまま能勢城に在城して荒木村重の麾下に属した。荒木村重の謀反に従い、能勢城に籠城した。塩河長満にそかれ、多田荘にて謀殺された。

能勢頼郡【のせよりひろ(15??~1578)】

能勢頼幸の次男。通称兵右衛門。明智光秀に属した。1578年「神吉城の戦い」で、討死した。

能勢頼次【のせよりつぐ(15??~15??)】

能勢頼幸の三男。

能勢家臣団【のせけかしんだん】

調査中。

野村丹後守【のむらたんごのかみ(15??~15??)】

荒木村重家臣。室は荒木義村の娘。鵯塚砦を守備した。のち織田家に降伏するが誅殺された。

野間資持【のますけもち(15??~15??)】

能勢郡野間城主。丸山城主能勢頼次、余野城主余野高綱ともに能勢三惣領のひとり。能勢頼次の麾下に属した。

------------------------------------------------------

【は】

星野左衛門【ほしのさえもん(15??~15??)】

荒木村重家臣。中西新八郎麾下の足軽大将。1578年、荒木村重が織田信長から離反すると、中西新八の属して上臈塚砦を守備した。中西新八郎が滝川一益から調略を受けると他の足軽大将の山脇勘左衛門、隠岐土佐守、宮脇平四郎と共に織田信長勢を上臈塚砦に引き入れた。

典厩細川尹賢【ほそかわただかた(15??~1531)】

欠郡中嶋城主。野州細川春倶の男。典厩細川政賢の養子。足利家管領職、摂津国守護職。1511年、細川政賢が細川高国との「船岡山の戦い」で討死すると、細川高国から典厩家の家督を相続することを許され、細川高国に仕えた。1526年、細川高国の家臣香西元盛を讒訴して細川高国に謀殺させた。このため、香西元盛の兄弟であった波多野稙通や柳本賢治らが丹波国で細川高国、細川尹賢らに対して挙兵し、阿波国から細川晴元、三好元長らも挙兵した。細川尹賢は細川高国の命を受けて波多野稙通と戦ったが敗北した。1527年、三好政長と柳本賢治の連合軍と戦った「桂川原の戦い」でも敗北、細川高国や足利義晴と共に近江国へ落延びた。1528年、細川高国と京都奪回を試みるが、細川晴元の前に敗れたため、細川尹賢は細川高国を寝返り、細川晴元に属した。1531年、三好元長と共に細川高国を討取ったが、細川晴元と不和になり木沢長政によって摂津国で謀殺された。

典厩細川氏綱【ほそかわうじつな(15??~15??)】

細川尹賢の男。1531年、細川晴元の反撃を阻めず敗死した養父と、その細川晴元方に転じて生き残りを模索しながら謀殺された実父、二人の仇を討つべく細川晴元打倒の機を窺い続けた。1543年、復権をめざして、細川晴元を討つための兵を和泉国で挙げた。畠山政国や遊佐長教等、畿内の有力者や、足利義晴の支持を得たものの、当初は細川晴元の強大な力の前に圧倒的に不利な状況にあったであった。三好政長の処遇を巡って矛川晴元と仲違いした三好長慶が細川氏綱方属すると形勢は逆転した。1549年、細川晴元は近江国に落延びた。1552年、三好長慶と共に上洛し、管領に任じられた。管領職に就いた細川氏綱であったが実権は全く無かった。

典厩細川藤賢【ほそかわふじかた(1517~1590)】

細川尹賢の次男。官途は右馬頭。足利義輝に仕えた。足利義輝が松永久秀、三好三人衆に謀殺されると、松永久秀に降伏した。その後足利義昭が織田信長に擁立されて京都に戻りると足利義昭に仕えた。京都に足利義昭の居城二条城を築城する際は細川藤賢の屋敷の庭にあった「藤戸石」という名石が使われた。1573年、足利義昭が織田信長への挙兵しようとした際にはこれを諌めた。足利義昭が挙兵すると細川藤賢も参陣した。その後は織田信長勢に城を包囲され降伏した。足利義昭は京都より追放されたが、細川藤賢は織田信長に許されて、近江の坂本城を任された。1581年、京都御馬揃えにも旧公方衆として参陣した。

典厩細川元賢【ほそかわもとかた(15??~15??)】

細川藤賢の男。

典厩細川家臣団【ほそかわけかしんだん】

調査中。

------------------------------------------------------

【ま】

松原家長【まつばらいえなが(15??~15??)】

道場城主。1538年、尼子氏が播磨に侵攻してきたのである。長水山城主宇野氏らが尼子氏に通じたため、赤松晴政は置塩城から脱出する事態となった。松原家長は赤松晴政に味方して尼子方と戦い戦功を挙げた。1549年、細川晴元は三好長慶方に属する三宅城を攻撃した。この戦いに、松原家長は細川晴元方として参陣し戦功を挙げた。  
 
松原貞利【まつばらさだとし(15??~15??)】

松原家長の男。官途は山城守。通称左近大夫。1560年、松原貞利が松原城主となった。1577年、羽柴秀吉が「中国討伐」のため、山陽道に兵を進めた。1578年、三木城主別所長治が羽柴秀吉に反した。松原貞利は別所長治に属した。「野口城の戦い」では別所方の大将のひとりとして活躍した。その後、松原城に嫡男松原貞富とともに籠城、羽柴秀吉勢を迎え撃った。これに対して、羽柴秀吉は中川清秀、塩川国満、山崎家盛、池田輝政に松原城を包囲させた。羽柴秀吉勢の一斉攻撃によって、松原城は落城、松原貞利落延びる途中で、自刃した。

水尾図書助【みずおずしょのすけ(15??~1571)】

茨木家臣。1571年「茨木城攻防戦」に中川清秀勢を迎え撃ち討死した。

三宅国政【みやけくにまさ(15??~15??)】

島下郡三宅城主。三宅村綱の男。

三宅国村【みやけくにむら(15??~15??)】

三宅国政の男。三宅国村は、細川晴国を奉じて挙兵するが敗れ、細川晴国を謀殺して細川晴元側に寝返り、細川高国の残党の伊丹国扶と戦った。1547年、細川氏綱と細川晴元の戦いで、三宅国村は細川氏綱方に属したが、細川晴元方の三好長慶率いる淡路、四国勢30,000余りに三宅城を取り囲まれ降伏した。その後、細川晴元と三好長慶は反目し、三宅国村は両者の間で寝返りを繰り返した。摂津国の国人衆で三好長慶方は、三宅国村、芥川、茨木、安威、池田、原田、河原林、有馬、吹田などで、細川晴元、三好政長方は、伊丹、塩川であった。1562年。六角義賢が、細川晴元の子息、細川六郎を擁して三好長慶と対立した時は、三好長慶を裏切り、六角義賢に応じました。高屋城が三好長慶勢によって落城し、六角義賢勢が不利になると、三宅国村は三宅城を捨てて、堺に落延びた。

三宅村良【みやけむらよし(15??~1553)】

三宅国政家臣。1552年、三好長慶は足利義輝を京都に迎え、細川氏綱を管領とした。1553年、足利義輝は細川晴元を召し返そうとしたため、三好長慶の怒りにふれて追落とされた。三好長慶は芥川城を攻め、丹波攻めの軍を仕立てるが、三宅国村もその中にあり、三宅城で留守を守った一族の三宅村良は香西元成、三好政勝の大軍に攻められて討死した。

宮脇平四郎【みわわきへいしろう(15??~15??)】

荒木村重家臣。中西新八郎麾下の足軽大将。1578年、荒木村重が織田信長から離反すると、中西新八の属して上臈塚砦を守備した。中西新八郎が滝川一益から調略を受けると他の足軽大将の星野左衛門、山脇勘左衛門、隠岐土佐守と共に織田信長勢を上臈塚砦に引き入れた。

榎並三好政長【みよしまさなが(1508~1549)】

東成郡榎並城主。三好勝時の次男。細川晴元家臣。官途は越後守。通称神五郎。三好惣領家の三好元長とは折り合いが悪く、細川晴元に讒言して一向一揆を起こさせて三好元長を討取った。以後は木沢長政、茨木長隆らと共に細川晴元政権の中枢を担った。榎並城主として室町幕府料所河内十七箇所を三好元長に代わって代官として統治した。1549年、三好元長の嫡男三好長慶と河内十七箇所の代官職をめぐって対立した。細川晴元に属して、六角義賢の援軍を待ったが、三好長慶が先制攻撃を受け「江口の戦い」で討死した。これにより足利幕政を支えていた細川政権は崩壊し消滅した。

榎並三好政康【みよしまさやす(15??~15??)】

三好政長の男。官途は下野守。三好家三人衆のひとり。1549年、父三好政長は細川晴元と共に三好長慶と「江口の戦い」で戦ったが敗れ討戦死した。三好政康は細川晴元に属して三好長慶と争うが、後に和睦して三好長慶に属した。1555年、「丹波八上城の戦い」で戦功を挙げた。1562年、畠山高政との「久米田の戦い」「教興寺の戦い」にも参陣して戦功を挙げた。三好長慶の病没後は三好義継の後見役のひとりとして、三好長逸、岩成友通と共に三好家三人衆と称され、松永久秀を含め三好家中で重きをなした。1565年、三好三人衆と松永久秀と対立する足利義輝の御所を襲撃して謀殺した。畿内の主導権をめぐり松永久秀と三好三人衆と対立するようになった。三好三人衆は、三好義継を擁して、松永久秀を排除させ、足利義栄を将軍に擁立し、阿波国の篠原長房の協力を得ることにも成功した。1566年、足利義栄を越水城に迎えたが、こんどは三好義継と対立した。1567年、三好義継は、松永久秀を頼って三好三人衆と敵対するようになり、三好康長らも三人衆から離反したため、三好家は分裂状態に陥った。1568年、織田信長が足利義昭を擁立して上洛してくると、三好義継と松永久秀は織田信長の麾下に属した。三好政康ら三人衆は織田信長との敵対したが、勝龍寺城と淀城が敗れるとほぼ総崩れとなり、三好政康も城主であった山城国の木津城から落延びた。

榎並三好政勝【みよしまさかつ(15??~15??)】

三好政長の次男。官途は因幡守。1549年、父三好政長が三好長慶に「江口の戦い」の戦いで討取られると、香西元成や波多野晴通と通じ、三好長慶に対して徹底して戦った。三好長慶の病没後は、三好家枝連衆として三好長慶の後を継いだ三好義継を補佐した。織田信長が上洛してくると、三好三人衆や三好康長らと共に、和泉の織田方の城を攻撃したり、足利義昭を本圀寺に攻めたりと反織田信長陣営の一員として畿内各地を転戦した。1570年「野田、福島城の戦い」に参陣したが降伏した。「比叡山の戦い」では織田信長勢に加わって戦った。1572年、松永久秀、三好義継と細川信良の抗争の中で、松永久秀方に属して織田信長が庇護していた細川信良を攻撃した。

椋橋三好長直【みよしながなお(15??~15??)】

椋橋城主。官途は伊賀守。1534年、管領細川晴元と三好長慶との間で争いとなり、三好長慶は一向宗徒とともに椋橋城に籠もった。これに対して攻撃をしかけた細川晴元であったが逆に敗退。やがて三好長慶と和睦し、三好長慶は再び細川晴元に属することとなった。三好長慶の態度に納得がいかない一向宗徒は椋橋城を攻撃し、三好長慶を信貴山城へ追い払った。

椋橋三好長房【みよしながふさ(15??~15??)】

三好長直の男。官途は備中守。1562年、三好義興に属して「河内教興寺の戦い」で戦功を挙げた。1566年、三好義継に属して堺攻撃した。1568年、足利義昭、織田信長が上洛すると、三好義継の麾下から離れ三好家三人衆方に属した。阿波国に落延びた。1570年、阿波国より渡海し摂津国野田、福島城に籠城した。

椋橋三好房一【みよしふさかず(1554~1614)】

三好長房の男。官途は丹後守。通称新右衛門尉。三好康長、織田信長に属し、羽柴秀吉に仕えてからは馬廻衆となり、赤母衣衆を務めた。羽柴秀次に仕えたが、羽柴秀次が自害すると再び羽柴秀吉に仕えた。1592年「文禄、慶長の役」では肥前名護屋に参陣した。羽柴秀吉の病没後は松平元康に属した。1600年「関ヶ原の戦い」で松平元康に属した。役後、戦功により河内国に2,300石を加増され、御相伴衆となった。1605年、松平秀忠が参内した際には、これに供奉した。

森本景久【もりもとかげひさ(15??~15??)】

能勢郡今西城主。通称左衛門。丸山城主能勢頼次は、山下城主塩川国満との勢力争いを繰り返した。1549年、塩川国満は塩川主膳、塩川修理兄弟を大将として能勢郡に乱入した。これに対して能勢勢は能勢小重郎を大将に、山辺城主大町右衛門、栗栖城主水原右衛門尉、山田城主山田帯刀、そして、今西城主森本景久らの西郷衆が森上城、今西城に拠って塩川家勢を迎え撃った。戦いは能勢方の勝利に終わり、塩川主膳、塩川修理兄弟ら討死した。

------------------------------------------------------

【や】

薬師寺国長【やくしじくになが(15??~1533)】

武庫郡富松城主。薬師寺元一の男。細川京兆家臣。摂津国守護代。官途は備後守。1504年、父薬師寺元一が謀反の罪で誅殺された際は、幼少だったことから罪を許された。1507年、細川政元が謀殺されると、その養子である細川高国の家臣となり、父薬師寺政元を謀殺した叔父薬師寺長忠討伐で戦功を挙げた。1508年、摂津国守護代に任じられた。その後は細川高国に属して各地を転戦した。1527年、山城山崎城主に任じられた。しかし細川晴元の部将波多野稙通に敗れて摂津高槻城に落延び、細川晴元に降伏した。以後は細川晴元に仕えた。1533年、法華宗の援助を得て一向一揆と戦った。細川晴元の命令でかつての細川晴国と戦い「山城高雄の戦い」で討死した。

薬師寺国盛【やくしじくにもり(15??~1531)】

薬師寺長忠の男。細川京兆家臣。通称三郎左衛門尉。薬師寺国盛は細川晴元に仕えて細川高国と戦った。1530年、富松城で細川高国勢と戦うが、敗れて大物城に落延びた。大物城も細川高国に攻められて降伏した。その後、細川高国に仕えた。1531年、細川高国と共に京都に侵攻したが、山城国山崎において細川晴元麾下の三好元長に敗れた討死した。

山田景村【やまだかげむら(15??~15??)】

能勢郡山田城主。山田景村を含む西郷衆が盟主と仰ぐ能勢頼幸を中心に四家八人衆と称される地侍衆の大将がいて、四家は「栗栖城主水原右衛門尉、今西城主森本左衛門、山辺城主大町宗清、山田城主山田景村」、八人衆は「井内、森下、村井、小塩、得平、塩山、吉村、長谷」らの地侍たちであった。西郷衆は早くから枳根庄の開発治世につとめ、城砦を構え、一帯の領主である能勢氏に属して領地の保全につとめた。丹波国の波多野氏、南方の塩川氏らの侵攻に際しては一致団結して防戦に努めた。

山田景明【やまだかげあき(15??~1579)】

山田景村の男。通称清左衛門。1579年、織田信長を後ろ盾とした塩川国満が織田信澄と共に能勢に侵攻、西郷衆は能勢頼道に属してこれに抵抗したが敗れ、山田景明ら西郷衆の多くが討死、山辺一帯の諸城も落城した。

山脇源大夫【やまわあきげんだいふ(15??~15??)】

池田勝正家臣。1571年、「白井河原の戦い」に参陣して、和田惟政勢との戦いで郡平大夫を討取る戦功を挙げた。

山脇勘左衛門【やまわきかんざえもん(15??~15??)】

荒木村重家臣。中西新八郎麾下の足軽大将。1578年、荒木村重が織田信長から離反すると、中西新八の属して上臈塚砦を守備した。中西新八郎が滝川一益から調略を受けると他の足軽大将の星野左衛門、隠岐土佐守、宮脇平四郎と共に織田信長勢を上臈塚砦に引き入れた。

余野高綱【よのたかつな(15??~15??)】

能勢郡余野城主。丸山城主能勢頼次、野間城主野間資持ともに能勢三惣領のひとり。能勢頼次の麾下に属した。

渡辺勘太夫【わたなべかんだいふ(15??~15??)】

荒木村重家臣。石田伊予守、山脇勘左衛門とともに茨木城城代。1578年、中川清秀に茨木城を追われた。北ノ砦を守備した。多田に落ちるが誅殺された。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

摂津国(12郡/380,000石)

島上郡:高槻城。
島下郡:茨木城。
豊島郡:池田城。
能勢郡:丸山城、芥川城。
河辺郡:伊丹城。
有馬郡:淡河城。
武庫郡:尼崎城、越水城。
菟原郡:芦屋城。
八部郡:花隈城。
西成郡:野田城、福島城。
東成郡:石山本願寺城、榎並城。
住吉郡:栴壇城。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

池田家四人衆【いけだけよにんしゅう】

池田正泰、池田正詮、池田正朝、荒木村重。

池田家二十一人衆【いけだけにじゅういちにんしゅう】

池田正秀、池田正詮、池田正泰、池田因幡守、池田久左衛門、池田和泉守、池田正朝、池田正秀、野々村丹後守、荒木村重、荒木志摩守、荒木同越中守、中川清秀、那部田市助、高野肥前守。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

摂津国【せっつのくに】

畿内西端に位置する国。北は丹波国と北摂山地の山岳地帯で接し、西は中国山地東端から連なる高地と六甲山地で播磨国で結ばれる。東北では山城国と京都盆地の南端で接し、東南は淀川の中流とその南の平野部で河内国との境を作る。南は堺の北で和泉国と接し、大坂湾を経て海路、淡路国とも結ぶ。国土は北部の山地と南部の平地に二分され、南部では瀬戸内海東端の大坂湾を包むような形にその北岸と東岸を形成している。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(西国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(西国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------

2012年9月4日火曜日

戦国播磨国人名辞典

------------------------------------------------------

【あ】

明石長行【あかしながゆき(15??~15??)】

明石郡枝吉城主。明石則行の男。赤松晴政家臣。官途は備前守。別名明石正風、明石宗和。歌道に通じ、近衛家などと親交を持った。1531年「武庫河原の戦い」で浦上村宗を討取った。1538年、尼子晴久勢の播磨国侵攻では、御着城主小寺則職と共に尼子晴久勢に属して赤松政村と戦った。赤松政村とは敗れて、淡路国岩屋城に落延びた。赤松政村は、阿波細川持隆の援軍を得て船で明石に上陸した。赤松政村、細川持隆連合軍は、人丸塚付近に布陣し明石長行がいる枝吉城を攻囲した。明石長行は、大軍を見て戦意を失い和睦した。

明石祐行【あかしすけゆき(15??~15??)】

明石長行の男。1538年、父明石長行が赤松晴政に叛いた際、これに属して赤松晴政と戦った。1555年、赤松義祐、三好長慶、三好義賢と戦った。
その後、三好長慶に属して「河内高屋城の戦い」に参陣した。1566年、三好三人衆に属して「滝山城の戦い」に参陣した。

明石安正【あかしやすまさ(15??~15??)】

明石長行の次男。宇喜多秀家に仕えた。

明石安行【あかしやすゆき(15??~15??)】

明石安正の男。室は久野重誠の娘。黒田長政に仕えた。

明石貞行【あかしさだゆき(15??~15??)】

明石祐行の男。官途は越前守。「第一次枝吉城の戦い」では、祖父明石長行が赤松晴政に降伏した為、明石貞行も細川晴元に属していた。三好長慶は「江口の戦い」で、細川晴元に属する三好政長を討取り、細川晴元勢を畿内から追放した。阿波国に弟三好義賢、讃岐国十河一存、淡路国安宅冬康、摂津国と京都は、三好長慶が治めたが、阿波国から京都への補給路を確保するため、枝吉城が細川晴元方に属している枝吉城を攻撃した。1554年、三好義賢と篠原長房勢が枝吉城を攻撃すると、明石貞行は籠城した。1555年、三好長慶勢が援軍に現れると、軍勢の多さに明石貞行は降伏したその後三好長慶軍は依藤城主三木次郎を降した。播磨東国ニ郡を手に入れた三好長慶勢は芥川山城に帰城した。

明石則実【あかしのりざね(15??~1595)】

明石貞行の男。官途は左近将監。通称与四郎。1577年、羽柴秀吉が播磨国に侵攻すると播磨国人衆は毛利輝元か織田信長かの二者択一を迫られた。播磨国人衆は別所長治の拠る三木城に入り、反織田信長の旗色を鮮明にした。明石則実は三木入城には入らず、黒田孝高と共に、羽柴秀吉勢に属した。1583年「賤ヶ岳の戦い」に参陣した。1585年「紀州征伐」では、戦功を挙げ但馬国豊岡城22,000石を領した。1587年「九州征伐」では兵800余り率いて参陣した。1588年「聚楽第行幸」では、関白となった羽柴秀吉の牛車に供奉した。1589年「小田原征伐」では、羽柴秀吉の馬廻衆として参陣した。1592年「文禄の役」にも、兵800余り率いて朝鮮半島へ渡海し、大邱など釜山から漢城に向かう慶尚道内の要路の防衛を担当した。1595年「羽柴秀次事件」に連座して自刃した。

飾磨赤松晴政【あかまつはるまさ(1513~1565)】

飾磨郡置塩城。赤松義村の男。官途は左京大夫。播磨国、備前国、美作国守護職。通称次郎。置塩城30,000石を領した。1520年、父赤松義村は備前国守護代浦上村宗との対立し敗れ隠居を余儀なくされ、赤松晴政は八歳で飾磨赤松家の家督を相続した。1521年、父赤松義村は備前国守護代浦上村宗に謀殺された。赤松晴政は浦上村宗と再び争い、置塩城を追われ美作国新庄山城へ落延びた。1531年、浦上村宗は細川高国を擁して細川晴元と対立し、摂津国に侵攻した。赤松晴政は細川高国、浦上村宗の後詰めとして参陣していたが、堺公方足利義維へ密かに人質を送って裏切りを確約していた。赤松晴政は、細川晴元勢に内応して細川高国、浦上村宗勢を背後から攻撃した。細川高国、浦上村宗勢は細川晴元勢の前に大惨敗を喫し浦上村宗は討死、細川高国も自刃した。赤松晴政は、浦上村宗の男浦上政宗や浦上宗景との抗争を続けた。1538年、尼子晴久勢が播磨国に侵攻すると、赤松晴政は、三木城主別所就治を頼って落延びたが、別所就治も尼子晴久に内通した為、堺に落延びた。1540年「安芸吉田郡山城の戦い」で、尼子晴久、尼子久幸勢が毛利元就、大内義隆勢の連合軍に敗北し、尼子久幸が討死した。それにより、播磨国での尼子晴久の勢力は減退した。1552年、尼子晴久が備前国、美作守護職に任ぜられ、赤松晴政は守護としての二ヶ国の権限を失い、赤松家中の主導権も浦上政宗に握られた。1558年、浦上政宗が擁立する嫡男赤松義祐と対立し、娘婿の赤松政秀の居城龍野城に落延びた。赤松政秀の庇護の元で赤松義祐、浦上政宗と争った。

飾磨赤松義祐【あかまつよしすけ(1537~1576)】

赤松晴政の男。官途は左京大夫。通称次郎。室は細川晴元の娘。1554年、三好長慶に内応して安宅冬康と共に明石城の細川晴元を攻めた。1558年、浦上政宗に擁立され父赤松晴政を追い落として、赤松家の家督を相続した。赤松晴政は娘婿の赤松政秀を頼り龍野城に拠り、赤松義祐に対抗した。1564年、浦上政宗の嫡男浦上清宗と黒田職隆の娘との婚姻の義を赤松政秀が奇襲し、浦上政宗、浦上清宗親子が討取られるなど対立状態が続いた。1565年、赤松晴政が病没すると、赤松義祐は赤松政秀と和睦したが、赤松政秀の勢力は赤松義祐の勢力を凌いでいた。1568年、足利義昭が室町幕府第十五5代将軍に就任すると、赤松政秀は自分の娘を足利義昭の侍女として仕えさせようとした。赤松義祐は、赤松政秀の行動を抑制させるため、御着城主小寺政職に命じて京へと向かう政秀の娘を拉致させた。赤松義祐は、浦上宗景と結んで赤松政秀と戦った。劣勢に立たされた赤松政秀は足利義昭に救援を求めた。池田勝正を大将とする摂津衆に別所安治が加わった軍勢が赤松義祐領に侵攻した。浦上宗景も宇喜多直家の謀反によって備前国に撤退した。浦上宗景勢を失った赤松義祐は小寺政職と結んで池田勝正、別所安治に対抗したが庄山城、高砂城などを次々と攻略され窮地に立たされた。しかし、摂津衆は途中で織田信長によって呼び戻され畿内へと撤退し、別所安治も兵を退いた。赤松義祐は織田信長に接近し関係修復を行い、織田信長に臣従し龍野城を攻める浦上家勢と戦ったが、まもなく浦上宗景が降伏した。1570年、嫡男赤松則房に家督を譲り隠居した。

飾磨赤松則房【あかまつのりふさ(1559~1598)】

赤松義祐の男。衰退した赤松家であったが、赤松則房は旧守護としての権威を利用し、播磨国内において一定の影響力を保持していた。織田信長の命を受けた羽柴秀吉率いる中国方面軍が侵攻して来ると降伏し、羽柴秀吉の麾下に属した。1580年、宇野政頼の拠る長水城攻めに参陣した。1583年「賤ヶ岳の戦い」に参陣した。以後も「小牧、長久手の戦い」や「四国征伐」「文禄の役」に参陣した。1585年、阿波板野郡住吉城に転封になった。

飾磨赤松則英【あかまつのりひで(15??~1600)】

赤松則房の次男。官途は上総介。阿波国住吉城(板野郡23ヶ村)10,000石を領した。1598年、父赤松則房の病没により赤松家の家督を相続した。1600年「関ヶ原の役」では石田三成方に属して、大坂天王寺より平野口の警備を受け持った。決戦前に石田三成の居城である佐和山城本丸に籠城したが、東軍に寝返った小早川秀秋らの攻撃を受けて佐和山城は落城し、赤松則英は落城直前に佐和山城から落延びたが、赦されず京都の戒光寺で自刃した。

飾磨赤松則家【あかまつのりいえ(15??~15??)】

赤松晴政の次男。

上月赤松政元【あかまつまさもと(1500~15??)】

佐用郡上月城主。赤松義村の男(佐用則答の養子)。官途は右京大夫。1557年、武勇に優れていたと伝えられ上月城に入城し「西播磨殿」と称された。大内義隆、陶晴賢、毛利元就らの度重なる侵攻を撃退し、八年間にわたって上月城を死守した。その後浦上宗景を追放して備前国主となった宇喜多直家の攻撃に遭い、上月城を攻め落とされ、赤松政元は山中に落延びた。宇喜多直家は「三顧の礼」を持って、赤松政元を迎えた。

上月赤松正満【あかまつまさみつ(15??~15??)】

赤松政元の男。播磨鞍掛山城主。嫡男であったが、赤松家の家督は弟赤松政範に譲られていた。1577年、羽柴秀吉勢が上月城に攻め寄せた際、弟赤松政範に属した。 上月城が落城すると、赤松政範ら一族と共に自刃した。

上月赤松政範【あかまつまさのり(15??~1578)】

赤松政元の次男。官途は蔵人大輔。通称十郎。室は櫛橋伊定の娘。赤松政範は、佐用郡、赤穂郡、揖東郡、揖西郡、宍粟郡の五郡を領し「西播磨殿」と称された。1577年、羽柴秀吉勢が兵30,000余りで上月城を攻めた際、宇喜多直家の弟宇喜多広維勢3,000と赤松家本隊7,000余りの計10,000余りで迎え撃った。織田信長勢の猛攻凄まじく敗色濃厚となった。室が自刃した後し、家臣の赤松政直、赤松正満、高島正澄、早瀬正義、国府寺入道、中村伊勢入道と援将の宇喜多広維と共に自刀した。

上月赤松政直【あかまつまさなお(15??~1578)】

佐用郡早瀬城主。赤松政元の三男。通称次郎。1577年、羽柴秀吉勢が上月城に攻め寄せた際、兄赤松政範に属した。 評定の際「上月城で籠城し、たとえ勝利しても兵力の損害が大きく、不利になり我が家は滅亡してしまうのが明白である。姫路まで進軍し、羽柴秀吉勢と決戦を臨むべきであると思う。そうすれば、東播磨の諸友たちも加勢して局面は新たな方向に向かうだろう」と述べた。上月城が落城すると、赤松政範ら一族と共に自刃した。

上月赤松政茂【あかまつまさしげ(15??~1578)】

赤松政元の四男。通称三郎。別名佐用三郎。1577年、羽柴秀吉勢が上月城に攻め寄せた際、兄赤松政範に属した。上月城が落城すると、赤松政範ら一族と共に自刃した。

上月赤松政之【あかまつまさゆき(15??~1582)】

赤松政元の五男。1577年、羽柴秀吉勢が上月城に攻め寄せた際、兄赤松政範に属した。 落城寸前の時、密かに兄たちの遺児を引き連れて落延びた。隠棲し山下影五郎と称して宇喜多直家に仕えた。 1582年、羽柴秀吉勢に属して「山崎の戦い」に参陣したがまもなく病没した。

上月赤松政宗【あかまつまさむね(15??~15??)】

赤松政範の男。1577年「上月城の戦い」では、赤松政之と共に毛利輝元を頼って落延びた。1600年「関ヶ原の役」に参陣した。

上月赤松頼兼【あかまつよりかね(15??~15??)】

赤松政宗の男。

上月赤松頼尚【あかまつよりなお(15??~15??)】

赤松政宗の次男。

丸山赤松正澄【あかまつまさずみ(15??~1578)】

佐用郡丸山城主。赤松正満の男。通称右馬助。鞍掛山城の家督を受けず、丸山城主となった。1577年「上月城の戦い」では、叔父赤松政範、赤松政直らと共に織田信長勢と戦い討死した。

龍野赤松村秀【あかまつむらひで(1493~1540)】

揖保郡龍野城主。赤松政則の男。西播磨半国守護代。官途は下野守。赤松村秀は、赤松政則の庶子であったために、家臣団、枝連衆の支持を得られず家督相続することができなかった。赤松宗家の家督は娘婿赤松義村が相続した。赤松村秀は、塩屋城主宇野政秀の養子となり、龍野城を築城すると、その城主となった。赤松本家の補佐に努め、小寺則職や宇野村秀と協力し浦上村宗との抗争に貢献した。

龍野赤松政秀【あかまつまさひで(1510~1570)】

赤松村秀の男。官途は下野守。別名宇野下野守。室は赤松晴政の娘。1540年、父赤松村秀の病没により龍野赤松家の家督を相続した。1558年、赤松晴政が置塩城を赤松義祐に奪われると、赤松政秀は赤松晴政を庇護し、以後は赤松晴政の復権を目指して赤松義祐と争った。1562年、赤松義祐勢と戦いで毛利元就に援軍を要請した。1564年、赤松義祐勢の浦上政宗が備前国の浦上宗景と和睦して、小寺政職と同盟を結ぶなどして地盤を固め、勢力を伸長する動きに危機感を募らせた赤松政秀は、浦上清宗と黒田職隆の娘との婚礼当日に室津城に夜襲を仕掛け浦上親子を討取った。1565年、赤松晴政が病没すると、赤松義祐と和睦し赤松宗家と龍野赤松家の対立は一旦は収まった。1566年、赤松政秀は赤松義祐方の利神城主別所中務を攻撃するなど、赤松宗家の属した訳ではなかった。1568年、足利義昭が将軍となると、赤松政秀は足利義昭の元に娘を仕えさせる為に京へ上らせようとしたが、赤松義祐の指示により、赤松政秀の娘は小寺政職の兵に捕らわれてしまった。1569年、浦上宗景が率いる備作衆の攻撃を受け赤松政秀は織田信長に助けを求めた。織田信長は池田勝正ら摂津国衆を派遣し、これに別所安治、別所重棟、明石祐行らが加わり赤松義祐家領に攻め込んだ。宇喜多直家が浦上宗景に対抗する姿勢を見せた為、浦上宗景も備前国へと撤退した。1569年、赤松政秀は姫路城攻めの為に兵3,000余りを率いて姫路主黒田職隆勢は兵300余りという寡兵であった。黒田孝高は姫路城の西の青山に兵を伏せて赤松政秀を待ち伏せて突撃し、赤松政秀勢は敗走した。赤松政秀は兵3,000余りを率いて小丸山に布陣し、黒田職隆勢は土器山に陣を張った。赤松政秀は先手を取って土器山に夜襲を仕掛け、井出友氏を討取るなど黒田孝高勢を追い詰めたが、英賀城主三木通秋が救援に現れ、南から赤松政秀勢を攻撃すると姫路城の小寺職隆も参陣して赤松政秀勢を攻撃した。、黒田職隆勢が小丸山の赤松政秀本陣を奇襲、赤松政秀勢は龍野城まで撤退した。浦上宗景が再度備作衆を率いて赤松政秀領に侵攻してくると、軍事的な抵抗力を失った赤松政秀は浦上宗景に降伏した。1570年、赤松政秀は何者かに毒を盛られて失意のうちに世を去った。2014年、NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」では団時朗が演じた。

龍野赤松広貞【あかまつひろさだ(15??~1570)】

赤松政秀の男。1570年、父赤松政秀が謀殺後、赤松広貞が龍野赤松家の家督を相続するが、まもなく病没した。

龍野赤松政広【あかまつまさひろ(1562~1600)】

龍野赤松政秀の次男。別名斎村政広。官途は左兵衛佐。通称弥三郎。室は宇喜多直家の娘。1570年、父赤松政秀が謀殺され、兄赤松広貞も早逝したため龍野赤松家の家督を継承した。赤松政広の家系の龍野赤松家は、血統上は、本家とされた赤松義祐の家系(七条流)よりも、むしろ嫡流の家柄であった。織田信長の命を受けた羽柴秀吉による「中国討伐」では抵抗した。1577年、羽柴秀吉に降伏し、羽柴秀吉勢の麾下に属した。羽柴秀吉勢では蜂須賀正勝の麾下となった。「小牧、長久手の戦い」などに参陣して戦功を挙げ但馬国竹田城22,000石を領した。「九州討伐」や「小田原の役」「文禄の役」などにも参陣した。儒学者藤原惺窩に教えを受けるなど、文化人としての一面もあった。姜沆とも交友を持ち、彼の帰国も支援した。1600年「関ヶ原の役」では石田三成方に属して、田辺城主細川 藤孝を攻めた。石田三成が敗れると松平元康方に属して、石田三成方の宮部長房の因幡国鳥取城を攻めた。このときの城下焼き討ちが後に問題となり、役後、松平元康から自刃を命じられた。

龍野赤松祐高【あかまつすけたか(1559~1615)】

赤松政秀の三男。官途は伊豆守。通称太郎左衛門。1577年、中国地方に侵攻してきた羽柴秀吉に兄赤松政広と共に降伏した。後に半田山家鼻城10,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では兄赤松政広と共に石田三成方に参陣した。松平元康方に寝返った兄赤松政広の自刃後に流浪した。1614年「大坂冬の陣」では浪人衆として、羽柴秀頼に仕え大坂城に籠城した。「大坂夏の陣」の後、播磨国に落延び干大覚寺に入るが、池田利隆の兵に囲まれ、衆兵を救わんとして自刃した。

石野赤松氏貞【あかましうじさだ(15??~15??)】

別所長治家臣。石野城主。室は藤田新右衛門の妹。

石野赤松氏満【あかまつうじみつ(1553~1606)】

赤松氏貞の男。官途は和泉守。通称小六郎。室は有馬則頼の娘。1579年「三木城の戦い」で羽柴秀吉勢の古田重則を討取った。1580年、別所長治が自刃すると羽柴秀吉に仕えた。のち前田利家に仕えて3,000石を領した。1590年「小田原の役」では、戦功を挙げた。

石野赤松氏置【あかまつうじおき(1574~1612)】

赤松氏満の男。通称八兵衛。室は内藤家長の娘。幼少の頃は外祖父有馬則頼に養育された。松平元康の近習として仕えた。その後は名門の血筋と見識を買われて御伽衆となった。1600年「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して諜報活動を行った。役後、伊豆国で1,000石を領した。

在田村長【ありたむらなが(15??~15??)】

多可郡野間城主。在田忠長の男。赤松勝範家臣。官途は筑前守。丹波街道、但馬街道の交差する通る野間城は戦略上の拠点とされ度々他国から攻撃を受けた。1521年、浦上村宗は赤松義村を謀殺したが、在田村長は赤松晴政を推し、浦上村宗に対抗した。そのため、赤松勝範を推した浦上村宗と対立、野間城は攻撃を受けた。撃退したが、赤松勝範は討死した。それでも浦上村宗は攻城を諦めず、野間城を攻撃、在田村長は撤退した。1531年、浦上村宗が「天王寺に戦い」で討死すると、再び在田村長が野間城を奪還した。

在田元長【ありたもとなが(15??~15??)】

在田村長の男。1566年、嫡男在田国泰と共に連署して掟状を出し、多可荘内の普光寺の寺域を確定し、守護不入権を安堵した。1575年、別所重棟の攻撃を受け野間城は落城した。

在田国泰【ありたくにやす(15??~1575)】

在田元長の男。通称源八郎。1566年、父在田元長と共に連署して掟状を出し、多可荘内の普光寺の寺域を確定し、守護不入権を安堵した。1575年、別所重棟の攻撃を受け野間城は落城した。

伊王野土佐守【いおのとさのかみ(15??~15??)】

福原助就家臣。1577年、羽柴秀吉勢の黒田孝高の攻撃を受け、黒田孝高勢に討取られた。

井口時重【いぐちときしげ(15??~1555)】

古川城主。官途は備前守。1555年、脇田城主脇田小二郎と荒川城主藤田広興に宴会に招かれ、その帰途に謀殺された。

石川源吾【いしかわげんご(15??~15??)】

小寺政職家臣。龍野赤松政秀に内通した石川源吾は、小寺政職の家老小河良利と江田善兵衛に黒田職隆に謀反の噂を流した。小寺政職は、黒田職隆の謀反は、信じなかったが小河良利と江田善兵衛は信じようとしなかった。黒田孝高が、石川源吾の家臣吉田平蔵が野武士の頭目との密議とを行っているところを見つけられ、吉田平蔵が黒田職隆に謀殺されると、龍野赤松政秀の元に落延びた。

岩崎源兵衛【いわさきげんべい(15??~1580)】

野上館主。1577年、別所長治が織田信長から離反すると、別所長治に属して三木城に籠城したが討死した。

魚住吉長【うおずみよしなが(15??~15??)】
 
明石郡魚住城主。官途は右近大夫。室は小寺政職の娘。魚主城は播磨国五泊の一つ魚住泊の元に発展した地に魚住長範が築いた城。浦上則宗の台頭によりこれに属した。1565年、弟魚住治吉と共に小寺則職に属して戦功を挙げた。

魚住治吉【うおずみはるよし(15??~15??)】

明石郡天神山城主。1565年、兄魚住吉長と共に小寺則職に属して戦功を挙げた。

魚住頼治【うおずみよりはる(15??~15??)】

魚住吉長の男。官途は左近亮。1578年、別所長治、小寺政職らが織田信長離反すると呼応し、城下に毛利警固衆、雑賀衆を迎い入れた。魚住城は三木城への兵糧補給基地となり、湊には毛利警固衆の小船が多数停泊していた。1580年、三木城が落城すると、魚住頼治も没落した。

内海綱範【うつみつなのり(15??~15??)】

光明山城主。龍野赤松村秀家臣。通称弥四郎。龍野赤松家の年寄衆として揖東郡、揖西両郡の郡代も務めた。

内海範秀【うつみのりひで(15??~15??)】

内海弥四郎の男。通称勘解由。1566年、赤松政秀が室山城主浦上政宗を攻撃した時、内海範秀は先陣を務め戦功を挙げた。羽柴秀吉の攻撃を受けて光明山城は落城した。

宇野村頼【うのむらより(15??~15??)】

宍栗郡長水城主。西播磨守護代。通称蔵人。1548年、宇野村頼は宇野家の家督を嫡男宇野政頼に譲った後も、陣代として活躍した。1542年「広岡城の戦い」では、赤松晴政に属して家臣の安積平次郎が戦功を挙げた。

宇野政頼【うのまさより(15??~1580)】

宇野村頼の男。赤松家臣。西播磨守護代。官途は下総介。別名宇野祐重。1551年、尼子晴久の「播磨侵攻」が開始されると、備前国、美作国の国人衆が激しく動揺した。1552年、備前国、美作国の守護職が赤松晴政から取り上げられると尼子晴久に属した。宇野政頼は広瀬衆を率いて赤松晴政、赤松政祐と戦った。1556年、赤松晴政が美作国吉野郡で、尼子晴久、宇野政頼連合軍と戦った。1558年、赤松義祐が父赤松晴政を追放する内訌が発生すると西播磨が混乱した。但馬守護山名祐豊がこ播磨国に侵攻したが、宇野政頼家臣田路秀吉が奮戦し、これを阻止した。1562年、宇野政頼は家老職小林三河守と下村丹後守を作事奉行に任じて播磨国一宮伊和神社を造営した。1573年、宇野政頼は織田信長と手を結ぼうとしたが、毛利輝元の家臣安国寺恵瓊に阻まれ、毛利輝元勢の宇喜多直家から攻撃を受けた。1574年、宇野政頼は嫡男宇野満景を謀殺した。その後、隠居して宇野家の家督を次男宇野祐清に譲った。

宇野祐政【うのすけまさ(15??~15??)】

宇野村頼の次男。

宇野満景【うのみつかげ(15??~1574)】

宇野政頼の男。通称蔵人。1574年、父宇野政頼は、織田信長と結ぶ事に失敗した、宇野満景を疎んじ次男宇野祐清に宇野家の家督を相続させようと考えた。宇野満景を長水城に呼び出して謀殺した。

宇野祐清【うのすけきよ(15??~1580)】

宇野政頼の次男。通称民部大輔。1574年、兄宇野満景が父宇野政頼に謀殺されると宇野家の家督を相続した。1577年、織田信長勢の「中国討伐」が開始されると、織田信長に属した。1578年、宇野祐清は広瀬衆をを率いて大河内に参陣して、赤松則房勢と戦った。この戦では宇野祐清の家臣田路与介、赤松則房家臣の高屋正左衛門、高橋四郎大夫らが死傷した。毛利輝元勢が西播磨に侵攻して佐用郡上月城を陥落させると、毛利輝元に寝返った。1580年、毛利輝元に属して織田信長勢に抗した宇野祐清だったが、羽柴秀吉勢の攻撃により長水城は陥落した。宇野祐清は、美作国に落延びたが、羽柴秀吉勢の追撃を受けて宇野政頼、宇野祐清父子は播磨国宍粟郡千草自刃した。

赤鵜野弥太郎【うのよたろう(15??~15??)】

上月赤松政元家臣。侍大将を勤めた。

江田善兵衛【えだぜんべい(15??~15??)】

小寺政職家臣。通称善兵衛。西から延びる毛利輝元勢と畿内から播磨国に勢力を拡大する織田信長勢の狭間にある小寺政職は、毛利輝元に属するか、織田信長勢に属するか議論がなされた際、小河良利と共に毛利輝元勢に属することを主張し、織田信長勢に属するべきとする黒田孝高と対立した。2014年NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」では、上杉祥三が演じた。

淡河元範【おうごもとのり(15??~15??)】

美嚢郡淡河城主。赤松範行の次男(淡河則盛の養子)。室は淡河則盛の娘。1521年、浦上村宗が赤松義村を謀殺し、赤松家を傀儡化して播磨国、備前国、美作国の三ヶ国を収めた。1531年、浦上村宗は、細川晴元を擁する三好長慶勢と天王寺で戦い討死した。浦上村宗の討死後、守護赤松家は置塩城、龍野城とに分かれ、東播磨は別所安治の支配下となった。

淡河範之【おうごうのりゆき(15??~15??)】

淡河元範の男。1554年、三好長慶勢の有馬重則が摂津国衆を率いて播磨国に侵入すると、別所安治勢の城を次々と攻撃し、淡河元範の淡河城も攻撃され落城した。1558年、有馬重則が討死したため、淡河元範は別所家の支援を得て淡河城を奪還した。その後別所村治の支援を得て淡河城を回復、別所村治の麾下として淡河家に勢力を維持した。淡河範行は子をなさないまま病死した。

淡河範政【おうごのりまさ(15??~15??)】

淡河元範の次男。淡河範政は、丹波攻めで討死した為、兄淡河元範の養子淡河定範が淡河家の家督を相続した。

淡河定範【おうごさだのり(1539~1579)】

備前国江見城主江見祐春の次男(淡河範行の養子)。官途は弾正忠。室は別所村治の娘。家老職として、若年の別所長治を、別所安治の弟別所吉親、別所重棟と共に支えた。1578年、三木城主別所長治が織田信長から離反すると別所長治勢に属した。淡河城は毛利輝元勢からの補給基地として機能した。これに対し、羽柴秀吉は長松寺などに付城を築いて補給線の分断を図った。1579年、淡河定範は、近隣より牝馬を集め、淡河の城は守りが手薄であると噂を流し羽柴秀長勢をを引き寄せると、集めていた牝馬を羽柴秀長勢の中に解き放ち、混乱したところに攻め込んで多くの頸を挙げた。羽柴秀長勢の攻撃を撃退したが、羽柴秀吉勢に対抗する為に淡河城に火をかけ、三木城に退き別所長治勢に合流した。
毛利輝元勢が三木城に兵糧を運び込む作戦が行われた際、羽柴秀吉勢と木村坂で戦ったが、敗走途中で淡河定範は自刃した。

大谷正義【おおたによしまさ(15??~1569)】

上月赤松政元家臣。丸山城主。

大谷義房【おおたによしふさ(15??~1577)】

大谷正義の男。通称新左衛門。1569年、父大谷正義の病没後に丸山城主となった。1577年、上月城主赤松政範に属して「上月城の戦い」に参陣したが敗れて自刃した。

大谷義時【おおたによしとき(15??~15??)】

大谷義房の男。1577年、父大谷義房が上月城主赤松政範に属して「上月城の戦い」で自刃すると、羽柴秀吉勢に属したが間もなく帰農した。

太田則近【おおたのりちか(15??~15??)】

上月赤松政元家臣。通称新兵衛。七条赤松家三家老衆のひとり。

岡本光慶【おかもとこうけい(15??~15??)】

赤松家臣。別名祝融軒光慶。天文中頃までは難波泰興と共に書状に署名した。

岡本周登【おかもとしゅうとう(15??~15??)】

岡本光慶の男。別名祝融軒周登。赤松家老職。

小河秀春【おがわひではる(1567~1571)】

赤穂郡小鷹山城主。赤松秀光の三男。官途は丹後守。通称小太郎。1571年、三宅与三右衛門に攻撃を受けて敗北し自刃した。

小河良利【おごうよしとし(15??~15??)】

小寺政職家臣。赤穂郡小河城主。官途は三河守。西から延びる毛利輝元勢と畿内から播磨国に勢力を拡大する織田信長勢の狭間にある小寺政職は、毛利輝元に属するか、織田信長勢に属するか議論がなされた際、江田善兵衛と共に毛利輝元勢に属することを主張し、織田信長勢に属するべきとする黒田孝高と対立した。2014年NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」では、磯部勉が演じた。

------------------------------------------------------

【か】

梶原景則【かじわらかげのり(15??~15??)】

加古郡高砂城主。官途は駿河守。通称平三兵衛。1538年、尼子晴久が播磨へ侵攻した際、赤松晴政は高砂城主梶原景則に落延びた。

梶原景行【かじわらかげゆき(15??~15??)】

梶原景則の男。通称平三郎衛。1578年、別所長治が織田信長から離反すると、播磨国海賊衆を率いて別所長治勢に属した。羽柴秀吉は高砂城から三木城への兵糧の補給を絶とうと高砂城を攻撃した。羽柴秀吉勢は1,000余りで攻撃したが、梶原景行は兵300余りを率いて、羽柴秀吉勢を撃退した。その後の羽柴秀吉勢の大軍の前にはなす術もなく落城し淡路国へ落延びた。

梶原景次【かじわらかげつぐ(15??~1578)】

加古郡中津城主。通称重右衛門。別名梶原冬庵。高砂城主梶原景秀の枝連衆。常楽寺の僧侶である千門院高理と親しく交際し、米や金を借りたが、長年の交誼に免じて病没後その借金を帳消しにするよう置文を残されてた。剛勇で知られ、別所長治が織田信長勢から離反して、羽柴秀吉勢の攻撃を受けると、梶原景次は神吉城に応援として赴き織田信忠勢と戦った。神吉頼定の討死後、梶原景次も織田信忠勢に突撃して討死した。

糟谷友政【かすやともまさ(15??~15??)】

加古郡加古川城主。1577年、羽柴秀吉は「中国討伐」の軍議を加古川城で開いた。1578年、別所長治が謀叛すると、嫡男糟谷朝正は別所長治への義理を守ってこれに三木城の籠城に参陣したが「平山の戦い」で討死した。

糟谷武則【かすやたけのり(15??~15??)】

糟谷友政の男。官途は内膳正。通称正之助。1577年、羽柴秀吉に小姓して仕えた。1582年「本能寺の変」後は羽柴秀吉に属し「賤ヶ岳の戦い」では「賤ヶ岳の七本槍」のひとりとして戦功を挙げ、加古郡で3,000石を領した。その後も「小牧、長久手の役」「九州征伐」「小田原の役」に参陣した。1586年、方広寺大仏の作事奉行を務めた。1592年「文禄の役」では、新庄直忠らと共に朝鮮人逃亡流民の帰郷を促す訓令を発布した。1593年「晋州城の戦い」に参陣し、加古郡12,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では、石田三成勢に属して「伏見城の戦い」及び「関ヶ原の戦い」に参陣した。役後改易処分を受けた。1602年、松平元康仕えて500石を領した。

川島頼村【かわしまよりむら(15??~1578)】

上月赤松家臣。赤松村秀の男。通称杢太夫。1578年、赤松政範に属して「上月城の戦い」で討死した。

川島義行【かわしまよしゆき(15??~15??)】

上月赤松家臣。赤松村秀の男。通称三郎四郎。1578年、赤松政範に属して「上月城の戦い」で討死した。

神吉頼氏【かんきよりうじ(15??~15??)】

印南郡神吉城主。官途は下野守。別所家枝連衆として10,000石を領した。

神吉頼定【かんきよりさだ(15??~1578)】

神吉頼氏の男。通称民部少輔。1578年、織田信長の「播磨征討」に際、端谷城主衣笠範景、淡河城主淡河定範、福中城主間島氏勝、野口城長井長重、志方城櫛橋伊定、高砂城主梶原景行らと共に三木城主別所長治に属した。神吉頼定は、別所長治が援軍として梶原景治、柏原治郎右衛門、黒田若狭守、中村壹岐守らと共に兵1,800余りで籠城した。織田信忠は、織田信孝、織田信包、明智光秀、荒木村重、筒井順慶ら30,000余りの軍勢で神吉城を包囲し対峙し善戦して半月近くをよく防戦に努めた。佐久間盛隆が神吉頼定の叔父神吉貞光を内応させ、神吉貞光の守る西の丸の城門を開かせた。羽柴秀長、蜂屋頼隆、佐久間信盛らの軍勢が侵入すると神吉頼定は神吉貞光によって謀殺された。

神吉貞光【かんきさだみつ(15??~15??)】

神吉頼定家臣。通称藤太夫。1578年、甥神吉頼定と共に神吉城に籠城するが、織田信長勢の佐久間盛隆に内応して、織田信長勢を城内に引き入れ甥神吉頼定を謀殺した。

神吉長右衛門【かんきよりさだ(15??~15??)】

神吉頼定の男。1578年、父神吉頼定の討死後、黒田孝高に仕えた。

喜多野柏阿【きたのはくあ(15??~15??)】

赤松晴政家臣。元亀年間頃に活躍した。

衣笠範弘【きぬがさのりひろ(15??~15??)】

明石郡端谷城主。赤松義村家臣。通称五郎左衛門。1520年、浦上村宗からの攻撃を受け置塩城主赤松義村は、衣笠範弘の元に落延びた。1521年、赤松義村勢の先鋒赤松村秀、弘岡左京らが室津まで侵攻し浦上村宗勢と対峙したが、弘岡左京が突然浦上村宗に寝返り赤松義村勢は崩壊した。

衣笠範景【きぬがさのりかげ(1517~1585)】

衣笠範弘の男。官途は豊前守。1554年、三好長慶と戦って敗れ、以後三好長慶勢に属して畿内各地を転戦したが、三好長慶が病没すると三木城主別所安治に属した。1578年、別所長治が織田信長に離反すると衣笠範景は淡河城主淡河定範、福中城主間島氏勝、野口城主長井長重、志方城主櫛橋伊定、高砂城主梶原景行らと共に別所長治に属した。1580年、羽柴秀吉勢の織田信澄、明石則実らの攻撃を受け衣笠範景、津村市助らが勇戦したが、再度にわたる猛攻に落城した。

衣笠景延【きぬがさかげのぶ(1552~1631)】

衣笠範景の男。官途は因幡守。通称久右衛門。黒田孝高に仕え「黒田家二十五騎」のひとり。小寺政職に仕えていたが寄騎衆として黒田孝高に属した。智謀、歌道に秀で、包囲された栗山利安を救い、旧主小寺家への使者を務めた。1587年「豊前国人衆一揆」では、姫隈城主日熊直次を降した。1592年「文禄の役」「慶長の役」では、後藤基次と先鋒についた。1600年「関ヶ原の役」では、松山城を守備した。黒田長政が筑前国に転封になると中老並みの3,000石を領した。

櫛橋伊家【くしはしきれいえ(15??~1542)】

印南郡志方城主。櫛橋則伊の男。別名櫛橋秀則。

櫛橋伊定【くしはしこれさだ(1527~1578)】

櫛橋伊家の男。官途は豊後守。通称左京亮。別名櫛橋伊則。室は小寺政職の娘。1542年、父櫛橋伊家の病没により櫛橋家の家督を相続した。1578年、別所長治が織田信長より離反すると別所長治に属して志方城に籠城した。別所長治も羽柴秀吉勢に三木城を包囲され、櫛橋伊定に援軍を送ることが出来なかった。櫛橋伊定は自身の命を城兵に引き換えることで自刃した。娘三人は、長女(力姫)は赤松正範の室。次女(光姫)は黒田孝高の室。三女は井上之房の室。2014年NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」では、益岡徹が演じた。

櫛橋政伊【くしはしまさこれ(15??~1578)】

櫛橋伊定の男。1578年、父櫛橋伊定が織田信長勢から離反すると、櫛橋伊定と共に志方城に籠城した。1587年、宝岩宗珍和尚が城主の墓碑を守る為に城の本丸跡に観音寺を建立した。

櫛橋弥五三【くちはしよごみ(15??~1579)】

櫛橋伊定家臣。1579年、別所吉親に属して、羽柴秀吉勢に突撃して討死した。

櫛田頼久【くしだよりひさ(15??~1577)】

佐用郡櫛田城主。上月赤松政範家臣。官途は左馬助。別名櫛田景則。1577年、羽柴秀吉勢の「中国討伐」で、柏原城主間島景綱を攻撃した際、救援のために柏原城に赴く途中、羽柴秀吉勢と戦い討死した。

上月恒織【こうづきつねおり(15??~1577)】

佐用郡浅瀬山城主。上月赤松政範家臣。1577年「上月城の戦い」後、羽柴秀吉勢が毛利輝元勢を追撃した際、側面より羽柴秀吉勢を攻撃したが討死した。

国府寺良義【こくふじよしまさ(15??~1578)】

上月赤松政範家臣。通称左近太郎。侍大将。

小寺則職【こでらのりもと(1495~1576)】

飾東郡御着城主。官途は加賀守。通称藤兵衛。1523年、小寺則職は浦上村国と共に浦上村宗打倒の兵を挙げたが、逆に浦上村宗の攻撃を受けて惨敗した。1530年、父小寺政隆は浦上村宗から攻撃を受け討死した。1531年「天王寺の戦い」で浦上村宗を討取り御着城へ戻り、庄山城は家臣長浜長秋をして守らせた。

小寺政職【こでらまさもと(1517~1582)】

小寺則職の男。通称藤兵衛。1521年、赤松義村が浦上村宗に謀殺されると、赤松義村の嫡男赤松晴政と共に細川晴元を頼って落延びた。1531年、浦上村宗と細川高国を討って赤松義村の再興に尽力した。小寺政職は、黒田重隆、黒田職隆など多くの家臣を登用した。1545年、黒田職隆を家老職に引き上げ、姫路城代を任した。1576年、播磨国は東からの織田信長、西からの毛利輝元と大勢力の衝突が迫っていた。黒田孝高の進言を聞き入れ小寺政職は織田信長に属した。1578年、荒木村重が摂津有岡城で織田信長に離反すると、織田信長を裏切り毛利輝元勢に属した。1580年、織田信忠によって討伐されて御着城は落城、小寺政職は毛利輝元の元へ落延びた。2014年NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」では、片岡鶴太郎が演じた。

小寺氏職【こでらうじもと(15??~15??)】

小寺政職の男。官途は加賀守。御着城落城後、小寺政職は毛利輝元の元に落延びた。黒田孝高は、羽柴秀吉に「小寺氏職には罪はありません。私にとっては、旧主の嫡男です」と訴え、客将として預かることを許された。黒田長政が筑前国に転封されると200石を領した。

小寺正則【こでらまさのり(15??~15??)】

小寺政職の次男。

小林満末【こばやしみつすえ(15??~15??)】

大日山城主。通称宇右衛門。上月赤松家三家老のひとり。

------------------------------------------------------

【さ】

笹倉則賢【ささくらのりかた(15??~15??)】

笹倉城主。1578年、別所長治が織田信長から離反して三木城に籠城した。1580年、三木城が落城すると別所長治と共に自刃した。

笹倉則知【ささくらのりとも(15??~15??)】

笹倉則賢の男。1580年、父笹倉則賢が三木城で自刃すると、近江国長浜へ逃れて隠棲し没した。嫡男笹倉平左衛門が帰郷して笹倉城跡に屋敷を構え、長浜と姓を改めた。

播磨島津忠長【しまづただなが(1501~1534)】

赤松晴政家臣。島津忠持の男。官途は左近将監。1534年「朝日山の戦い」で、赤松晴政に属して浦上村宗と戦い討死した。

播磨島津忠之【しまづただゆき(15??~1569)】

島津忠長の男。室は山本村岡の妹。1534年、父島津忠長の討死後、播磨島津家の本領である播磨国布施郷、下揖保庄は、欠所となっていた。1554年、島津忠之は赤松晴政の奉行衆難波泰興から、布施郷、下揖保の地頭職を返付された。1569年、赤松政秀と小寺政職とが戦った「青山の戦い」に参陣して討死した。

播磨島津義弘【しまづよしひろ(1576~1636)】

島津忠之の男。通称彦兵衛尉。室は宇野政頼の娘。1569年、父島津忠之が「青山の戦い」で討死すると、母は二歳の島津義弘を連れて落延びた。元服して宇野家の娘を娶った。弟島津佐渡守忠之、嫡男島津忠遠、次男長井大膳太夫忠頼と共に羽柴秀頼に仕えた。1614年「大坂冬の陣」では、大坂城に籠城した。1615年「大坂夏の陣」で、大坂城が落城すると落延びて赤松祐高らと共に網干大覚寺に籠城した。池田輝政勢に包囲され、赤松祐高は衆兵を救わんとして自刃したが、島津義弘は再び下揖保に落延びたが池田輝政勢に包囲され、嫡男島津忠遠と次男島津忠頼は自刃した。

島村貴則【しまむらたかのり(15??~15??)】

島村城主。官途は弾正左衛門。島村貴則は、備前国三石城主浦上村宗に属して龍野赤松政秀と戦い戦功を挙げた。「播磨野里の戦い」では敗れ、淡路国へ落延びる途中に自刃した。

世良田則康【せたらのりやす(15??~15??)】

芥田城主。官途は肥前守。1575年、在田元長との「芥田表の戦い」では、在田元長勢の内藤藤次が戦功を挙げた。

曾根宗太郎【そねむねたろう(15??~15??)】

阿弥陀宿城主。1578年、羽柴秀吉勢の攻撃を受けて落城した。

------------------------------------------------------

【た】

高島正澄【たかしままさずみ(15??~1577)】

佐用郡高野須城主。赤松義村の三男。官途は右馬介。上月赤松家の三家老のひとり。上月城主赤松政範と共に毛利輝元勢に属して籠城した。1577年、羽柴秀吉勢の攻撃を受け赤松政範が討死すると、枝連衆の早瀬正義らと共に殉死した。

高島政友【たかしままさとも(15??~15??)】

高島正澄の男。

高島正建【たかしままさたて(15??~15??)】

上月赤松家臣。通称七郎兵衛。

高田政光【(15??~15??)】

田原城主。官途は丹後守。

孝橋秀光【たかはしひでみつ(15??~1549)】

中道子山城主。孝橋政頼の男。1531年「天王寺の戦い」で浦上村宗を撃破した。1537年、尼子晴久の「播磨侵攻」では、赤松晴政に属して抵抗した。1549年、細川晴元に属して「三宅城の戦い」に参陣したが討死した。

孝橋秀時【たかはしひでとき(15??~15??)】

孝橋秀光の男。通称新五郎。1555年、三好長慶勢の攻撃を受け、佐用郡浅瀬山城に退去した。

高橋平左衛門【たかはしへいざえもん(15??~15??)】

神木館主。櫛橋伊定家臣。1577年、別所長治が織田信長から離反すると、櫛橋伊定に属して志方城に籠城した。1578年、櫛橋伊定は羽柴秀吉勢に降伏した。

田尻忠行【たじりただゆき(15??~1578)】

加東郡念仏寺城主。別所家臣。1578年、羽柴秀吉勢の攻撃を受けて討死した。

垂井雅治【たるいまさはる(15??~15??)】

垂井城主。官途は武蔵守。1578年、垂井雅治が三木城主別所長治に属して、三木城に籠城し戦功を挙げた。

津田家職【つだいえもと(15??~15??)】

室津城主。赤松家臣。官途は若狭守。

得平祐清【とくひらすけきよ(15??~15??)】

佐用郡米田城主。赤松家臣。官途は能登守。1538年、尼子晴久の攻撃を受けて降伏した。1567年「上月城の戦い」では、上月城落城間際に落延びた。

富田釆女【とみたうねめ(15??~15??)】

赤穂郡尼子山城主。1578年、羽柴秀吉の攻撃を受けて落城し、富田釆女は自刃した。

鳥居職種【とりいもとたね(15??~1579)】

赤松晴政家臣。岡本周登や難波泰興と共に連署状に署名した。

------------------------------------------------------

【な】

内藤藤次【ないとうふじつぐ(15??~15??)】

多可郡満久城主。在田元長家臣。1575年、三木城主別所長治が野間城を襲撃した際、在田国泰から離反して別所長治に属した。また、別所長治が織田信長に離反した際、織田信長勢に属した。

長井長重【ながいながしげ(15??~15??)】

加古郡野口城主。通称四郎左衛門。別名長井政重。鉄砲の名手。1578年、羽柴秀吉の「三木城の戦い」では、別所長治に属して野口城に籠城した。野口城は、三木城の搦め手にあたり、最初の激しい戦いが行われた。野口城には長井長重の一族郎党380人余りの他、近くの教信寺の僧兵や農民も城方に加わり勇戦し、 怪力の僧兵不動坊や十輪坊等が奮戦した。羽柴秀吉勢3,000余りの猛攻を受けたが、三木城からの援軍も無く、多勢に無勢で孤立し遂に長井政重は降伏した。野口城を支援した教信寺も火を掛けられ全焼した。

長浜長秋【ながはまながあき(15??~15??)】

小寺則職家臣。庄山城主。官途は河内守。1530年、小寺政隆は浦上村宗に攻められ討死すると、小寺政隆の男小寺則職は浦上村宗を討取り御着城へ戻ると、長浜長秋は庄山城主となった。

中西正常【なかにしまさつね(15??~15??)】

西畑城主。通称兵助。1563年、三木城主別所長勝が箱木家氏を攻撃した際、箱木方に味方して別所長勝勢を撃退した。和睦の際、別所長勝に謀られて中西正常は居館を焼失。以後、中西正常は別所長勝に従属した。所領問題でもめて再び西畑城に戻った。

中村景利【なかむらかげとし(1551~1581)】

別所家臣。通称孫之進。主家滅亡後は羽柴秀吉に仕えた。1581年「鳥取城の戦い」で討死した。

中村重房【なかむらしげふさ(15??~15??)】

中村景利の男。官途は修理大夫。主家滅亡後父中村景利とともに秀吉に仕えた。

中村忠滋【なかむらただしげ(15??~15??)】

別所家臣。羽柴秀吉勢に娘を人質にして内応を約束するが実は計略で、羽柴秀吉勢を敗退させたため娘は殺された。落城後綾部に潜んでいるところを発見されて捕らえられたが、娘を犠牲にして主家に尽くしたことを認められて中村一氏の寄騎衆になった。

難波泰興【なんばやすおき(15??~15??)】

赤松晴政家臣。官途は備前守。飾磨赤松家三奉行衆のひとり。祝融軒光慶、野村職久と共に奉書に署名した。

------------------------------------------------------

【は】

早瀬正義【はやせまさよし(15??~1578)】

佐用郡柏原城主。官途は帯刀。上月城主赤松政範と共に毛利輝元勢に属して籠城した。1577年、羽柴秀吉勢の攻撃を受け赤松政範が討死すると、高島正澄らと共に殉死した。

広峰長職【ひろみねながもと(1512~1577)】

小寺政隆の次男。広峰神社の神職。1538年、赤松晴政が堺に逃亡した際、これに同道した。

平井祐利【ひらいすけとし(15??~1564)】

赤松村秀の三男。通称次郎八。官途は備中守。1564年、赤松政秀の属して浦上政宗と戦った際に討死した。

平井貞利【ひらいさだとし(15??~15??)】

平井祐利の男。官途は備中守。1564年、父平井祐利が、赤松政秀の属して、浦上政宗と戦った際に討死した為、平井家の家督を相続した。1577年、羽柴秀吉の「中国討伐」では、龍野城を明け渡した赤松政広を領地の佐江村に匿った。後に赤松政広が但馬国竹田城を領すると赤松政広に仕えた。1600年「関ヶ原の役」で敗れて、赤松政広が自刃すると再び龍野に戻った。

平井利政【ひらいとしまさ(15??~1582)】 

平井祐利の次男。通称助之進。1564年、父平井祐利が討死すると、備前国に逃れ宇喜多直家に属して上道郡赤土山城主となった。1569年、妙実寺を再建した。1579年、美作国苫田郡西屋城主となった。1582年、小早川隆景勢の攻撃を受けて落城、自刃した。

福原則高【ふくはらのりたか(15??~1577)】

佐用郡福原城主。通称左京進。1577年、羽柴秀吉勢と戦って討死した。

福原則尚【ふくはらのりなお(15??~1577)】

福原則高の男。通称藤馬允。室は赤松政元の娘。1577年、羽柴秀吉勢の竹中重治と黒田孝高の攻撃を受けた。福原則高勢は野戦を行い多くの討死を出した。乱戦の中、福原則高は平塚為広に討取られた。助太刀に現れた福原助就も討死hした。敵の大将を討ち取った羽柴秀吉秀勢、城を攻め崩し城兵をことごとく討取った。

福原助就【ふくはらすけなり(15??~1577)】

佐用郡高倉山城主。通称主膳。室は福原則高の娘。1577年、羽柴秀吉勢の黒田孝高の攻撃を受け、黒田孝高勢に討取られた。

藤田広興【ふじたひろおき(15??~1578)】

美嚢郡毘沙門城主。官途は河内守。別名藤田幸綱。1578年、別所長治と羽柴秀吉勢との戦いが始まると、藤田広興は嫡男藤田右近と共に別所長治に属して三木城に籠城して、羽柴秀吉勢と戦った。1580年、三木城が落城すると、別所長治は領民や残る将兵の為、自刃した。藤田広興と藤田右近は自城に戻り自刃した。

藤田右近【ふじたうこん(15??~1578)】

藤田広興の男。1578年、別所長治と羽柴秀吉との戦いが始まると、藤田右近は父藤田広興と共に別所長治に属して羽柴秀吉勢と戦った。三木落城後に毘沙門城に戻り自刃した。

藤田家臣団【うじたけかしんだん】

鍛冶屋城主:藤田右馬大夫、奥谷城主:藤田山城守。

別所村治【べっしょむらはる(1502~1563)】

美嚢郡三木城主。別所則定の男。官途は加賀守。別名別所就治。東播磨200,000石余りを領した。1520年、赤松義村、浦上村宗が対立すると浦上村宗を支援した。1530年、柳本賢治と共に東播磨に勢力を持つ豊地城主依藤秀長を攻撃したが、攻城中に柳本賢治が謀殺された。別所村治は、依藤秀長勢の反撃を受け三木城に敗走するが、三木城も細川高国と浦上村宗からの攻撃を受け落城した。別所村治は、

摂津国に落延びた。1531年、三木城を奪還した。1539年、赤松義祐を三木城に保護した。1553年、尼子晴久の「播磨討伐」では籠城して戦った。続いて有馬重則に攻められるが、これは撃退した。1554年、有馬重則、赤松晴政、三好長慶の連合軍による攻撃を受けたが撃退した。細川晴元と結んで東播磨に勢威を広げ、三好長慶に属して畿内各地を転戦した。1556年、隠居して家督を別所長勝に譲った。

別所長勝【べっしょながかつ(1532~1570)】

別所村治の男。官途は大蔵大輔。通称小三郎。1556年、父別所村治より別所家の家督を相続した。はじめ細川晴元、三好長慶に属したがやがてこれと対立した。父別所村治に劣らず武勇に優れ、播磨東部に勢力を張り、三好長慶勢の侵攻を度々撃退した。1568年、織田信長に擁立された、足利義昭の上洛に際して弟別所重宗を京都に派遣した。1569年「本圀寺の戦い」では、弟別所重宗が白井河原で三好三人衆と戦いで、足利義昭より感状を得る戦功を挙げた。

別所重宗【べっしょしげむね(15??~1591)】

加東郡阿閉城主。別所村治の次男。官途は主水正。通称孫右衛門。1575年、加東郡豊地城主依藤太郎左衛門を討取り居城とした。1568年、足利義昭が織田信長に擁立されて上洛すると、別所重宗は別所家の使者として派遣された。織田信長が近畿地方まで勢力を伸ばすとこれに属した。1570年、兄別所長勝が病没すると、弟別所吉親と共に甥別所長治を補佐した。1575年、別所長治と共に上洛して織田信長に謁見した。1577年「紀州討伐」では、援将としてり別所長治と共に参陣した。別所重宗は織田信長勢に属して畿内を転戦したが、弟別所吉親は国元にあり政務、内政を取り仕切り、家臣団を掌握した。1578年、別所長治が織田信長から離反して毛利輝元に属すると、別所長治と袂を分かち、羽柴秀吉勢に属した。15
80年、三木城は落城別所長治は自刃した。

別所吉親【べっしょよしちか(15??~1580)】

別所村治の三男。官途は山城守。別名別所賀相。室は畠山昭高の娘(波姫)。若年の別所長治を後見した。毛利輝元勢に属するべきとする別所吉親に対し、兄別所重宗は織田信長勢に属するべきと説いた。家中を二分する争いになったが、別所重宗を失脚させ、別所長治と共に三木城に籠城した。1579年、羽柴秀吉の本陣を急襲したが失敗、甥の別所治定が討死するなど多くの犠牲者を出した。1580年、籠城は二十ヶ月に及び、城主の別所長治は降伏の道を選ぶが、別所吉親は最後まで抵抗した降伏を選ぶ家臣によって謀殺された。

別所長治【べっしょながはる(1556~1580)】

別所長勝の男。通称小三郎。室は波多野晴通の娘(照子)。西から毛利輝元、東から織田信長とゆう二大強国に挟まれた。1575年、小寺政職や赤松政広と共に上洛して、織田信長に属した1578年、織田信長勢から離反して毛利輝元勢に属すと、羽柴秀吉勢の攻撃を受けた。別所長治は三木城に籠城して戦ったが、麾下の城主である、野口城主長井政重、神吉城主神吉頼定、志方城主櫛橋伊定、高砂城主梶原景行が次々に降伏した。1579年「平井山の戦い」で弟別所治定が討死するなど苦境に立たされた。二十ヶ月の及ぶ籠城で兵糧は尽き、羽柴秀吉から出された別所長治と別所賀相の自刃による城兵救命を受け容れた。毛利輝元勢はこの間、荒木村重の内応、上月城の戦い、石山本願寺への支援など織田信長勢の侵攻を遅らせることはできたが、三木城救援など効果的な作戦を行うこたができなかった。辞世の句である「いまはただうらみもなしや諸人の命にかはる我が身と思へば」。

別所友之【べっしょともゆき(1560~1580)】

別所長勝の次男。通称彦之進。室は山名豊恒の娘(綾姫)。若年だったが、勇猛で近隣に勇名を轟かせた。1579年、兄別所長治に属して「三木城の戦い」に参陣した。鷹ノ尾城に拠って羽柴秀吉勢に抵抗したがまもなく落城。三木城に入って兄別所長治と共に籠城を続けた。1580年、兄別所長治と共に降伏したが、城兵の命を救う為、枝連衆のひとりとして、綾姫と共に別所長治の脇差で自刃した。辞世の句は「命をもおしまざりけり梓弓すゑの世までも名の残れとて」。綾姫の辞世の句は「たのめこし後の世までに翅をもらぶる鳥のちぎりなりけり」。

別所治定【べっしょはるさだ(1561~1578)】

美嚢郡正入寺城主。別所長勝の三男。通称小八郎。1578年、兄別所長治が織田信長から離反すると、別所長治と共に三木城に籠城した。1579年、別所賀相らと共に兵800余りの奇襲部隊を率いて、羽柴秀吉の本陣がある平井山襲撃したが失敗、羽柴秀吉の家臣樋口雅兼に討取られた。

別所吉治【べっしょよしはる(15??~1652)】

別所重宗の男。官途は豊後守。室は山崎家盛の妹。1591年、父別所重宗の病没により別所家の家督を相続した。1592年「文禄の役」に参陣した。1592年、渡海して京城に進出した。1594年、伏見城普請に参加した。1597年、丹波国園部城15,000石を領した。1600年「関ヶ原の役」では、石田三成方に属して丹後国田辺城を攻撃したが、役後所領は安堵された。役後、丹波国由良城に転封となった。1615年「大坂夏の陣」では、戦功を挙げ、丹波国何鹿郡波綾城20,000石を領した。1628年、遊猟に耽り参勤交代を怠ったとして改易処分とされた。

利神別所清治【べっしょきよはる(15??~15??)】

佐用郡利神城主。赤松政元家臣。別所家の庶家。赤松政元に属して、播磨国内の転戦した。

利神別所定道【べっしょさだみち(15??~1577)】

別所清治の男。通称太郎左衛門。1577年、赤松政範、福原則尚らと共に、羽柴秀吉勢と戦った。釜須坂において人質を差し出して羽柴秀吉に降伏した。利神城は引き続き甥の別所林治が領した。

利神別所林治【べっしょしげはる(15??~1580)】

別所清治の次男。官途は日向守。通称左衛門。兄別所定道が病弱の為、利神別所家の家督を相続した。1578年、織田信長から離反すると、羽柴秀吉勢の尼子勝久らにより利神城は攻略された。別所林治は長水城主宇野政頼を頼って落延びた。1580年、長水城も落城、討死した。

本郷祐之【ほんごうすけゆき(15??~1580)】

赤松政広家臣。宇野政頼の四男(本郷信濃守の養子)。通称二郎兵衛。年貢を巡って京都祗園神社と連絡を取った。1575年、置塩城が敵の襲撃を受けた際、上月右衛門佐に見舞状を送った。1580年。羽柴秀吉勢の攻撃を受け滅亡した。

------------------------------------------------------

【ま】

間島景綱【ましまかげつな(15??~15??)】

柏原城城主。

真嶋元治【ましまもとはる(15??~15??)】

飯山城主。通称新左衛門尉。上月赤松家で侍大将を勤めた。

三木通明【みちみちあき(15??~15??)】

飾磨郡英賀城主。

三木通秋【みちみちあき(15??~15??)】

三木通明の男。「石山本願寺城の戦い」では、本願寺方に属して織田信長に抵抗した。三木通明が治める英賀湊は毛利家海賊衆の前線基地の一つともなった。三木城主別所長治が織田信長に反抗すると別所長治に属して兵糧、武器、情報の中継点として重要な位置を占めた。1580年、三木城と共に英賀城も落城した。三木通秋は嫡男三木安明と共に毛利輝元に元に落延びた。

三宅治忠【みやけはるただ(1538~1580)】

別所安治家臣。官途は肥前守。通称祐五郎。幼少時に寺坊に入っていたが、別所安治に気に入れられ、三宅家の家督を相続した。1578年、別所賀相と共に羽柴秀吉に招かれて播磨国糟谷における軍議に参加したが、そのときの羽柴秀吉の態度が横柄であったため立腹し、別所長治に織田信長勢からの離反を勧めた。三木城が落城する際、別所長治、別所友之兄弟の介錯を行ったのち自刃した。辞世の句は「君なくばうき身の命何かせん残りて甲斐のある世なりとも」。

------------------------------------------------------

【や】

八代道慶【やしろどうけい(15??~15??)】

八代山城主。小寺則職家臣。小寺則職は御着城を本城として、姫路城を支城し家老の八代道慶を城代に任じた。

八代長利【やしろながとし(1547~1627)】

八代道慶の男。黒田孝高家臣。「黒田家二十四騎衆」のひとり。数多くの戦いで戦功を挙げ1,500石を領した。生涯通じて挙げた頸級は母里友信 、栗山利安に次ぐ。

山脇六郎左衛門【やまわきろくろうざえもん(15??~1568)】

飾東郡山脇城主。小寺則職家臣。黒田孝高より先に親織田信長派を打ち出し、小寺政職に疎まれた。1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛しすると、諸侯に上洛要請を行った。東播磨で勢力を持つ三木城主別所長治は、三好三人衆の三好長逸、三好政康、岩成友通に対抗するため、織田信長と友好関係を結んでいた。西播磨で勢力を誇る龍野城主赤松政秀は、織田信長が擁する足利義昭と友好関係を結び、播磨国守護職を狙っていた。別所長治と赤松政秀の二人が織田信長と親交を深めたため、赤松政秀と対立関係にあった小寺政職は、黒田孝高に命じて、山脇六郎左衛門を謀殺して、足利義昭の上洛要請を無視した。

横山義祐【よこやまよしすけ(15??~1577)】

佐用郡室山城主。赤松政元の三男。通称藤左衛門。「亀甲の中に、右文字を付けたる茜の旗」を旗指物にした。1577年「上月城の戦い」により、室山城も落城、美作国英田郡に落延びた。

吉田伊賀守【よしだかがのかみ(15??~15??)】

屋口城主。別所重宗家臣。1578年、別所長治が羽柴秀吉によって滅ぼされると、帰農した。

吉田平蔵【よしだへいぞう(15??~15??)】

石川源吾家臣。密かに龍野赤松政秀に寝返った石川源吾の命を受けて、小寺政職領の村々を野武士に襲わせた。石川源吾は、黒田職隆の謀反の噂を流し、黒田職隆の離反を誘うが、企みが露見し吉田平蔵は黒田職隆の闇討ちに遭い討死、石川源吾は赤松政秀の元に落延びた。2014年NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」では、山本芳郎が演じた。

依藤秀長【よりふじひでなが(15??~15??)】

加東郡豊地城主。播磨国守護赤松家の勢力が衰えると、細川高国方の浦上村宗の援助を得て別所就治と東播の覇権を争った。1530年、柳本賢治との戦いである。別所則治以降三木城を拠点に東播磨支配をすすめてきた別所家との対立が顕在化した。依藤秀長は柳本賢治勢を相手に一ヵ月半にわたって戦い、柳本賢治が謀殺されると、柳本賢治勢の混乱に乗じて撃ち破って敗走させた。細川高国に属する党浦上村宗が三木城別所村治を攻めたため、別所村治は東条谷進出の好機を逸しただけでなく、しばらく三木城を没落して逃亡生活を余儀なくされた。

依藤太郎左衛門【よりふじたろうざえもん(15??~1578)】

依藤秀長の男。1578年、別所長治が細川荘の冷泉為純、冷泉為勝を攻めた際、冷泉家救援に駆けつけたが敗れ、依藤太郎左衛門は自刃した。

冷泉為純【れいぜいためずみ(1530~1578)】

美嚢郡嬉野城主。下冷泉為豊の男。1578年、羽柴秀吉勢に協力して嬉野城に籠城したが、羽柴秀吉から援軍が送られなかった為、別所長治勢の攻撃を受けて自刃した。

冷泉為勝【れいぜんためかつ(15??~1578)】

冷泉為純の男。1578年、別所長治の攻撃を受け父冷泉為純と共に戦ったが討死した。

冷泉為将【れいせん(15??~15??)】

冷泉為純の三男。

藤原惺窩【ふじわらせいか(1561~1619)】

冷泉為純の次男。別名。山城国相国寺に入って禅僧となり朱子学を学んだ。中国で儒学を学ぼうと明に渡ろうとするが失敗に終わった。その後朝鮮儒者姜沆との交流を経て、それまで五山僧の間での教養の一部であった儒学を体系化して京学派として独立させた。朱子学を基調とするが、陽明学にも共感を得た。近世儒学の祖として門弟に林羅山、那波活所、松永尺五、堀杏庵の四人が惺門四天王と称された。和歌や日本の古典にも通じていた。羽柴秀吉、松平元康にも儒学を講じた。松平元康には仕官することを要請されたが辞退し、門弟の林羅山を推挙した。

藤原為景【ふじわらためかげ(1612~1654)】

藤原惺窩の男。別名冷泉為景。後水尾天皇の勅命で,叔父冷泉為将の跡をつぎ下冷泉家の歌学を継承した。木下勝俊と深く交際し、父没後、その遺産を編集するに当たり、漢文は林羅山に、和文は長嘯子に編纂を依頼した。後光明天皇の侍講となるが、その崩御すると冷泉為景は殉死した。

渡瀬好光【わたせよしみつ(15??~15??)】

美嚢郡渡瀬城主。別名佐々木好光。1576年、羽柴秀吉が「加古川の評定」後、別所長治が毛利輝元に通じて籠城を決したため、渡瀬好光もそれに属して渡瀬城の防護を固めた。佐々木好光はめに羽柴秀吉の攻撃を受けたが守りきれず城に火をかけ、伊丹城主荒木村重を頼り落延びた。

脇田小二郎【わきたこじろう(15??~15??)】

美嚢郡脇田城主。1555年、古川城主井口時重を荒川城主藤田広興と共に宴会に招きその帰路に謀殺した。そのため井口時重の遺臣たちによる報復を受け、脇田小二郎の枝連衆は謀殺され、脇田小二郎は丹波国へ落延びた。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

播磨国(12郡/546,000石)

明石郡:明石城、加古川城、高砂城、魚住城、端谷城、船上城、太山寺。
美嚢郡:三木城、淡河城、豊地城、河合城。
多可郡:野間城、比延城、黒田城、野中城。
加古郡:
印南郡:
賀茂郡:
飾磨郡:英賀城、姫路城、御着城、志方城、神吉城、中道子城。
神崎郡:置塩城、広峯神社、書写山城、坂本城、垣屋城、山田城。
揖保郡:龍野城、城山城、林田城、塩谷城、香山城。
宍粟郡:
佐用郡:上月城、広瀬城、佐用城。
赤穂郡:赤穂城、赤松城、室山城、白旗城。

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

上月赤松家三家老衆【あかまつけさんかろうしゅう】

高島正澄、太田則近、小林満末。

飾磨赤松家三奉行衆【あかまつけさんぶぎょうしゅう】

難波泰興、祝融軒光慶、野村職久。

惺門四天王【せいかしてんのう(15??~15??)】

林羅山、那波活所、松永尺五、堀杏庵。

播磨国五泊【はりまこくごはく】

船泊、住泊、室津泊、飾磨泊、高砂泊。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

播磨国【はりまのくに】

山陽道の東端に位置する国。東は摂津、丹波、国、西は備前、美作国、北は但馬、因幡国に接し、各方面とも山地を国境とし、三方を山に囲まれた国。南側は播磨灘に接し、淡路、讃岐、阿波国を臨む。東西に伸びる中国山地を北に控え、西播磨の山地、東播磨の低平な丘陵地が国土の多くを占めるが、播磨灘沿岸に播磨平野が広がる。加古川、市川、揖保川の流域に形成された平野は肥沃であり、農耕に適している。このため古くから開発が進み生産性が高い地域になっている。また播磨灘での漁業も盛んで、山海の産物に恵まれている。地勢的には播磨平野東部の明石の南方に明石海峡があって淡路国に近く、また摂津国とも平野伝いに交通が盛んである。陸路では中国地方を結ぶ要所であり、海路では瀬戸内海をはさんで淡路、四国地方と結ぶ重要な拠点である。

那波【なば】

相生湾最奥の矢野川の河口部に位置した湊街。中世、東寺領となった矢野荘の倉敷地として物資の集散地を担った。鎌倉期、地頭として矢野荘に入部した海老名家の拠点でもあり、南北朝期から室町期にかけて那波浦の支配をめぐり、東寺と海老名家との間で激しい争論が展開された。湊街として荘園の内外から物資が集まる那波には那波市と呼ばれる市場があり、矢野荘における東寺の年貢も、那波市での相場に基づいて銭に換貨されて納められた。矢野荘では、市場で農作物を換貨し、安い時期の和市で年貢を納めてその差額を得ようとする農民側と、高い時期の和市で年貢を納めさせようとする東寺側が度々対立した。那波に市場が立つ背景には、水運による物資や銭の流通があった。1375年、東寺は関料のかさむ「海道」ではなく、陸路で京都に運ばせようとしているが、その途上で群盗に遭い、結局海路で輸送させており、那波市で換貨された年貢が那波から海路で京都に送られていた。那波には水運に携わる業者も多くいた。『兵庫北関入舩納帳』によれば、那波船籍の船は九回、兵庫北関に入港しており、米、豆、雑穀類をはじめ、英賀や小豆島の塩、山崎胡麻などを運んだ。

兵庫【ひょうご】

畿内外縁における水陸交通の要所にあり、中世、京都への物資陸揚港として瀬戸内海屈指の重要湊として栄えた湊街。平清盛のもとで経ヶ島が築かれるなど日宋貿易、瀬戸内海航路の基点として大規模な整備事業が展開された。この兵庫の国際湊としての性格は、15世紀も変わることはなかった。遣明船派遣の基地港として大型船が発着し、幕府による湊湾整備事業が行われるなどしており、兵庫が「応仁、文明の乱」で衰退し、堺にその地位を譲るまで、畿内最大の国際湊として重要な機能を果たした。兵庫は瀬戸内海流通において、一大消費地、京都への物資陸揚港として機能していた。兵庫には東大寺管轄の北関、興福寺管轄の南関が置かれていた。「兵庫北関入舩納帳」には、瀬戸内海全域、四国各地から計二千余艘にものぼる船が、兵庫に多くの物資を運び込んでいたことが記載されている。その中でも兵庫船籍の「地下」船は最も多く記録され、米や塩など周辺、淡路、阿波などの産品を積載して入湊した。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(西国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(西国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、「播磨戦国史 群雄たちの興亡」神戸新聞総合出版センター、「播磨灘物語(1)~(4)」講談社文庫、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------